精査とは。 「精査」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

営業が出来ない人が使う意外な言葉「精査します」

精査とは

精査 読み方:せいさ 意味:細かく、詳しく調べること 「精査」の「精」にはくわしい、こまかい、という意味、そして「査」にはしらべる、明らかにするという意味があります。 「調査」や「検査」など、よく似た言葉がありますが、 「精査」は「対象をより細かく調べること」を表す言葉です。 1-1.一般的に使われる「精査」の意味 「精査」は一般的には、「チェックをする」という意味で使われます。 会社などで、「この書類を精査しておいてください」といわれた場合は、「間違いがないかどうかチェックしてください」ということです。 ただし単なるチェック=間違いを見つけるということだけでは、「精査」にはなりません。 間違いがあれば、正しいものを調べて「ここが間違いでした、こちらが正しいものです」と報告するところまでが「精査」。• 1-2.ビジネスの場で使われる「精査」の意味 「精査」は正しいかどうかチェックをする意味でも使われますが、 ビジネスの場で多く使われる「精査」には、「正しく判断するために詳しく調べる」という意味があります。 取引先などで書類の受け渡しをする際に、「精査」は「内容を確認し判断します」と相手に伝える言葉です。 「内容を確認します」という言い方をするよりも、「精査してお返事いたします」といった方が、より相手にな言い方になるため使われます。 また逆に、相手にしっかり確認してもらいたい時にも同じように「精査」が使われます。 1-3.監査で使われる「精査」の意味 ビジネスの場ではよく耳にすることがある監査ですが、「精査」は監査用語としても使われます。 監査用語としての「精査」は、対象となるすべての書類を細かくチェックするという意味です。 会社では毎年1年の売上を決算書という書類にまとめ、「今このような経営状況です」と公開しなければなりません。 その決算書が正しいかどうかをチェックするのが監査です。 監査を務めるのは、会社から指名された公認会計士の仕事となっています。• 1-4.銀行で使われる「精査」の意味 「精査」は銀行でも使われる言葉です。 銀行では毎日、 業務終了後に帳簿とATMや窓口にある現金を突き合わせて、金額に間違いがないかどうかチェックをします。 このことを「現金精査」、また「精査」といい、精査後に金額が一致することを「互明」(ごめい)といいます。 互明になるまで、銀行員は帰宅できない決まりです。 1-5.病院で使われる「精査」の意味 健康診断などで「要精査」と指示が出ることがあります。 この場合の精査は、 「精密検査」の略で、「より詳しく検査した方がいい」と医師が判断した場合に出される指示です。 「他の病気が隠れている可能性もあるため、もっと専門的な検査をしてください」ということです。 また、重大な病気が発見された場合に、判断材料となる検査結果や心電図、レントゲン写真などを第三者も含めて詳しく調査する場合にも「精査」が使われます。 病院では一人の医師の判断だけでは治療ができないため、「精査」が必要なのです。•

次の

「精査する」の意味と使い方は?丁寧語や敬語に言い換えるには?

精査とは

ご質問どうもありがとうございました。 以上の質問に関する他の表現を見てみましょう。 例えば、 ビジネス上では、「Audit」を使う場合は、その意味は An audit is an official inspection of an organisation's accounts, typically by an independent body. また、他の精査の場合は、 A closed inspection. Scrutiny. Careful examination. などを使って頂ければと思います。 以上は「精査」に関する英語の例文でした。 ご参考までにして下さればと思います。 お役に立てれば嬉しいです。 ビジネスでよく使われている「精査」を英語で「close investigation」または「careful examination」と言います。 「close」-> 近く)詳しく 「investigate」->調べる、調査すること 「careful」->ゆっくり、気をつけるように 「例文1」 この会社と貿易契約を結びたいため、会社自体を精査しました。 We wanted to make a trading deal with a this company so we had it closely examined. 「例文2」 契約の翻訳を送る前良く精査すること。 Do a careful examination before sending the translated contract. 精査という名詞はcareful examination,inspectionと言います。 動詞はinspect, investigate carefully, examine carefullyとなります。 また、じっくり考えるとか熟考するという意味ではporeを使えます。 We need to examine the data carefully before the presentation. プレゼンの前にそのデータを精査する必要があります。 All the foods from our factory undergo quality inspection before they are sold in the store. 工場のすべての食品は店頭で売られる前に品質検査を受けます。 We have to pore over this issue. 私たちはこの件について熟考しなければなりません。

次の

「精査」は見るだけじゃない?ビジネスでの意味と類語との違いとは

精査とは

スポンサーリンク 「精査する」の意味と使い方は? まずは、 「精査する」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「精査(せいさ)」とは、 細かい点まで物事を詳しく調べることです。 「精」とは、細やかで詳しいことで、「査」とは調べる、よく見て明らかにするという意味になります。 同じ調べるでも「調査」にくらべて「精査」はさらに事細かく、詳しくという意味が加わりますね。 「精査を要する」「現在精査中です」「精査してご回答します」など、内容をじっくり見てみないとすぐには判断できない事柄や、専門家などが細かく分析した上で決めるべき事柄に使われます。 ひとえに詳しく調べるといっても、状況はさまざまだと思います。 「精査する」は 調べる目的が、判断をするために内容をよく見て考える、完成したものが正しいか細かく調べる、などの場合にも使うことができます。 「精査する」の類語と例文は? 次に 「精査する」の類語や例文を見ていきましょう。 「精査」の類語はたくさんあるので、意味ごとにご紹介していきますね。 物事を詳しく調べるという意味を持っている言葉は、• 解析する• 分析する• 調査する• 考証する• 点検する• 検証する• 探索する• 調べ上げる• 洗い出す などです。 物事の判断を下すために、よく調べて考えることは、、• 検討する• 吟味する• 品定めする• よく考える• 念入りに調べる などがあります。 内容が正確かどうかを調べ、時に修正することは• 校正する• チェックを入れる• 校閲する• 推敲する などがあります。 ちなみに 「精査」の反対語には 「通覧(つうらん)」「瞥見(べっけん)」があり、ひと通り全体に目を通すことを意味します。 スポンサーリンク 日常ではあまり使われない言葉ですね。 それでは「精査する」を使った例文を見ていきましょう。 多数の専門家によって精査した結果、次の通り決定いたしました。 ご提出いただいた資料を精査して判断いたします。 この対策がどのような効果をもたらすか、十分に精査した上で実行しましょう。 研究レポートをご提出します。 ご精査のほどよろしくお願いいたします。 類語を使った例文もご紹介します。 調査結果を分析して、新商品の開発に役立てよう。 これらのデータをひとつひとつ検証していただけますか。 問題点をすべて洗い出して改善策を考えよう。 A案とB案の違いを吟味した上で、どちらを推薦するか決めましょう。 完成した原稿は、よく推敲してからご提出ください。 その後、編集部で校正いたします。 「精査する」の丁寧語と敬語も教えて? では次に 「精査する」を目上の人に対して使うときは、どのように表現するのでしょうか。 「精査してください」と言いたいとき、「精査する」の頭に「ご」をつけて「ご精査ください」と言うと丁寧語です。 ただ、「ください」は命令形のため、目上の人に対しては少しぶっきらぼうな印象になってしまいます。 「ご精査のほどよろしくお願いいたします。 」「ご精査くださいますよう、お願い申し上げます。 」と言った方が、より敬意が伝わる表現になります。 また、 「詳しく調べていただけますよう」「細かく調査してくださいますよう」など、シンプルな言葉で言い換えるのもわかりやすいですね。 調べるという意味の言葉は実にたくさんありますね。 そのなかでも「精査する」は、より詳しく細かく調べる意味合いが伝わる言葉です。 ビジネスの場で便利ですから、他の言葉との違いを知り、何をどのように調べるのかによって上手に使い分けたいものですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「精査する」の詳しい意味や正しい使い方、そして類語や例文について詳しくご紹介しました。 「精査」という言葉にはたくさんの類語があるということが分かったと思います。 これだけたくさんの類語があると使うシーンなど迷ってしまうと思いますが、時と場合、さらに使う相手を見極めてその都度、使い分けたり言い換えたりしたいですね。 日本人として普段、使う言葉の意味や正しい使い方など最低限はしっかりと頭に入れておきましょう!.

次の