アドセンス広告 ジャンル。 グーグルアドセンスアフィリエイトで稼げる(高単価)ジャンルの選び方

アドセンス広告で10年以上稼ぎ続けるブログテーマ(ジャンル)を選ぶ方法

アドセンス広告 ジャンル

書籍関係• 車の『運転技術』など、技術的な内容• 子ども向けの内容 ゲームの攻略サイトなど もちろん、どんなジャンルでもアクセス数さえ確保できれば高い収益になります。 そのためにはユーザーの検索数が圧倒的に多いジャンルで検索順位1位を目指すことになります。 高い単価なら検索数が少ないワードでも高収入を狙えます。 ユーザーが興味を持つためクリック率が上がります。 クリック率が上がれば収入がアップ。 広告主からの評価もがあり、さらに単価が上がる可能性があります。 広告主のあるジャンルはそれだけで有利です。 アドセンスのコンテンツの許可から一般カテゴリを選択します。 このカテゴリ内にあるジャンルは必ず広告主がいます。 さらに 『広告必須のジャンルかどうか』を考えます。 例えばAmazonやユニクロはアドセンス広告必須ではありません。 他の広告でも露出が多く、ユーザーに認知されているためです。 私の経験上、広告が必須なのは以下のようなジャンル。 ただし、キーワードを変えれば人気ジャンルもOKです。 エステ・美容でもサービスを売ること以外に注目すれば検索数を伸ばせます。 エステサロンに通わせるのではなく、自宅でできる方法を徹底して研究・紹介するようなイメージですね。 アドセンスの強みとは何でもマネタイズできること。 アフィリエイトと違いサービスを売る必要はありません。 企業が好まない発言もドンドン書けます。 アフィリエイターが選びそうなキーワードを避ける。 『アフィリエイト 稼ぎ方』で検索して、アフィリエイターが選ぶワードを研究しましょう。 ビッグワードを避けるだけでもライバルが減りますからね。 詳しくは 『』をご覧下さい。 関連コンテンツ設置を目指す ブログのアクセス数が伸びるとアドセンスで使える広告の種類が増えます。 あなたが目指すは新広告 『関連コンテンツ』の設置です。 【アドセンス実験結果報告】 ・関連コンテンツを3つのブログに導入 収益が1. 関連コンテンツは 『あなたのブログ内のオススメ記事と共に広告を表示する』 という特徴があります。 クリック率の増加+内部リンク的な効果も発揮します。 私が試したところ1. 2倍の収益増加となりました。 しかし、その条件は詳しく分かっていません。 しかし、月5万PVなのに設置可能になっているブログもあります。 アクセス数だけでなく直帰率と滞在時間も求められます。 ユーザーの直帰率・滞在時間を減らすために、 私は7つのブログにアドセンスを設置しています。 どのジャンルが稼ぎやすいかの勉強にもなります。 あなたなりの得意ジャンルが見つかったところで、より稼ぐための新ブログを立ち上げれば良いんです。 1つのブログで稼いでいると突然売上がゼロになる危険があります。 アドセンスでもアフィリエイトでも同じです。 複数のブログを別ジャンルで運営していれば、売上がゼロになる危険はありません。 複数のブログを運営していれば互いにリンクを飛ばして評価を上げることが可能です。 ブログ立ち上げ初期は本当にアクセス数が伸びません。 自演リンクで少しでも評価を上げ、ブログのアクセス数を伸ばす努力をしましょう。 広告サイズの調整• 広告の位置• 広告の配置数• 収益の低い広告カテゴリの表示禁止 のようなことです。 「アドセンスで稼げない」と言えるのは、アドセンスで稼ぐための全ての方法を試した上で稼げない状況の場合だけです。 ここから設定します。 このテストから、他の広告サイズ調整など自力で取り組むテストへつなげていきましょう。 テストしましょう。 アドセンス系の有名な方々の話を聞いても『アドセンス特化なら自動広告は3割上がるよ。 』と言われます。 1度はお試しください。 検索流入アップを考える アクセス数が多いのにアドセンスが全くクリックされない状況があります。 それが 『検索以外の流入が多いこと』。 SNS経由やお気に入り登録ユーザーはアドセンスをクリックしません。 アフィリエイトの場合はクリックされます。 この違いを知っておきましょう。 詳しく解説します。 あくまで『配置』することになります。 本格的にブログを読んでいるユーザーはアドセンスをクリックしません。 SNS経由・お気に入りユーザーはあなたのブログを見る目的意識がはっきりしています。 バズってお祭りになっている場合以外はアドセンスの収入は増えません。 アドセンスで稼ぎたいなら『検索流入』を増やすことが大切です。 グーグルとユーザーのためにタイトルを考える アドセンスの場合、アフィリエイト以上に記事のタイトル付けが大切です。 アフィリエイトはタイトルで『ユーザーの悩みの解決』を考えますが、アドセンスは検索流入アップを考えなければいけません。 グーグルとユーザーの両方に注目されるタイトル付けが必要です。 注意すべきは• タイトルの左側にキーワードを入れる• タイトルでユーザーに読みたくなる『価値』を見せる の2点です。 内容がどれだけ優れていても、あなたの記事のタイトルが悪いと検索流入は少なくなります。 検索順位が低くてもタイトルが優れていればユーザーを集められます。 あなたのブログは本屋に並んでいる1冊に過ぎません。 ユーザーが思わず手に取るタイトルを付けないと埋もれたまま。 アフィリエイトの場合は悩みの深いユーザーを獲得できれば良いため、タイトル付けよりもキーワードの選定が重要です。 アドセンスはとにかく本を立ち読みさせなければいけません。 「宣伝するって何かイヤらしいよね。 」 と思っている間はブログは伸びません。 自信を持って書いた記事なんです。 それに見合ったタイトルでユーザーを獲得して下さい。 あなたが目指すは月10万PVです。 達成するには1日3,333PV必要です。 本屋の目立つ場所に展示され、目立つタイトルでユーザーを集める。 この意識を忘れないで下さい。

次の

グーグルアドセンスの収入が300万円越えたので「稼ぐための20の方法」を公開します。

アドセンス広告 ジャンル

「Google」や 「広告主」が、 どのWebサイトにどんな広告を配信するのかを選んでるんですよね。 Googleは主に 4つの方法で配信する広告内容を決めてます。 ・コンテンツ ターゲティング さまざまな要素(キーワード分析、語句の使用頻度、フォントサイズ、ウェブ全体のリンク構造など)に基づいてウェブページの内容が分析され、それぞれのページのコンテンツに合った Google 広告が配信されます。 ・プレースメント ターゲティング プレースメント ターゲティングでは、広告の表示先とするプレースメントやサイトの一部分を、広告主様が自分で指定します。 プレースメント ターゲティングで配信される広告はページの内容と密接には関連しない場合もありますが、広告主様が提供する商品やサービスとお客様のサイトのユーザーの興味や関心に関連性があると判断した広告主様によって掲載先が手動で指定されます。 ・パーソナライズド ターゲティング パーソナライズド広告は、ユーザーの興味や関心、属性(「スポーツファン」など)、その他の条件に基づいて、広告主様が広告を表示できるフォーマットです。 ユーザーは広告設定で、パーソナライズド広告が表示されないように自分で設定を変更できます。 ・ネットワーク掲載ターゲティング 広告主様は [ネットワーク掲載] を指定することで、利用可能な広告枠に基づいて、AdSense ネットワークのすべてのサイト(明示的に除外されているサイト以外)をターゲットに設定できます。 そこまでやってくれてるなら仕方ないか! また広告主が広告配信するWebサイトを直接選べるようにもなってます。 なのでWebサイト運営者はアドセンスの広告内容を一切選べないんです。 アドセンス広告とコンテンツの関連性を高める方法 Webサイト運営者はGoogleアドセンスの広告内容を選べません。 でも、コンテンツとアドセンス広告の内容の 関連性を高める方法はあります。 それは「 ブログジャンルを絞る」です。 映画なら映画だけ、旅行なら旅行だけ、スポーツ系ならスポーツ系だけと。 こんな風にサイトで扱うコンテンツのジャンルを絞れば、 アドセンス広告内容の関連性を高められます。 実際にGoogleはアドセンス広告内容について、このように情報公開をしてます。 現在のところ AdSense では、キーワードやカテゴリではなく、全体的なサイトのコンテンツに基づいて広告を表示しています。 ウェブサイトの特定のトピックに関連した広告を表示するには、該当のトピックに関するコンテンツをできる限りテキストで作成し、文や段落が途中で切れないようにサイトに記載されることをおすすめします。 こうすることで、Google のクローラがページの情報を収集し、関連性のある広告を選出して表示できるようになります。 サイトの変更内容が広告配信に反映されるまでに 1、2 週間ほどかかる場合がありますので、ご了承ください。 雑記ブログよりも特化ブログの方が 関連性は高まるってことです。 AdSense ではウェブページのコンテンツをクロールし、その情報を基に広告を配信します。 このため、コンテンツが少ないページではクローラがそのページの情報を把握できず、結果的にページと関連性の低い広告が表示されることがあります。 こうした問題を避けるには、ページに魅力的なコンテンツを豊富に掲載するようにします。 クローラが収集するテキスト ベースの情報のテーマが絞り込まれているほど、Google のシステムでページの内容を的確に判断して、より関連性の高い Google 広告を配信することができます。 これにより AdSense プログラムの効果が高まるため、ページに広告を掲載する広告主はもとより、サイトのユーザーの利便性も向上します。 雑記ブログを運営してる場合には、どんどん活用するのがおすすめです。 それではブロックする方法を解説します。 ブロックしたい広告を選ぶ手順 まずはにログインします。 Googleアドセンス管理画面の「 ブロックコントロール」をクリックしてください。 左上の「 審査前」「 審査済み」「 ブロック済み」では下記項目を確認できます。 上部右側の「 Search部分」では「URL」や「ドメイン」で広告を検索できます。 あらかじめ表示したくない広告が決まってるなら活用しましょう。 それでは1つ1つの広告をブロックする方法を解説します。 左下の「 禁止マーク」をクリックすれば、選択したアドセンス広告内容をブロックできます。 また右下の「 関連広告を検索」をクリックすると、 表示されてる広告に関連する広告が表示されるので、 上手く活用しながらブロック作業を進めるといいですね。 1日でブロック作業をするのではなく、定的的に審査するのがおすすめです。 出来るだけのことはしよう! 今回は、表示させたくないアドセンス広告内容のブロック方法を解説しました。 Webサイト運営者はGoogleアドセンスの広告内容を選べません。 でもコンテンツ内容とアドセンス広告内容の関連性を高める方法はあります。 ・ブログジャンルを絞る ・コンテンツ自体のボリュームを増やす ・ブログジャンル関連のコンテンツ数を増やす コンテンツと広告内容をマッチさせたいなら、ブログ運営するときに意識しましょう。 またコンテンツと著しく内容がかけ離れてるアドセンス広告をブロックできるので、 上手く活用するといいですね。

次の

【ブロックして稼げ!】ブロックすべきアドセンスの広告ジャンル一覧とその理由

アドセンス広告 ジャンル

Googleアドセンスとトレンド系ブログは相性が悪い トレンド系ブログと言えば、芸能や地域などの新着ニュースや、季節ごとのイベントや新商品情報などを中心に取り扱うテーマですね。 ブログへアクセスは集められるものの、記事がいわゆる「チラシ」のような賞味期限のあるテーマになってしまうため、長期間安定したアクセスを維持するためには・・・ 記事をストックし続けなければいけない。 古くなった記事を新しい情報にリライトしなければいけない。 この2つの作業が伴うので、ほぼブログを運営しているうちはずっと手間をかけて面倒を見ていかなければいかなくなります。 もちろん「面倒見るよっ!」って方は、常にブログと向き合えば良いものの、こうなると次のステップ(収益化拡大)に進めず、ランサーズなど別でライターを雇わない限り非常に効率の悪いブログ運営になってしまいます。 アドセンスに最適なブログテーマは、 全ての記事を資産化できるジャンルにすることが理想です。 つまりブログへ投稿した記事に、ほぼ手を加える(リライトする)ことなく、ほったらかしで運営できるジャンルです。 トレンドに左右されずに長期間安定したアクセスを集められるテーマは、アドセンス収益も安定しながら伸び続けていきます。 流行り廃りに影響するトレンド系テーマは、アドセンスブログと相性が悪い。 トレンド系ブログはアクセスを集められるものの、メンテナンス(新規投稿、リライト)作業が常に必要になる。 例えばこのブログ。 僕は「WordPress」を中心としたテーマやブログノウハウ、SEOなどの情報発信をしています。 ではアドセンス広告をクリックしてくれるユーザーが多いか?と言うと少ないです。 IT関係の情報発信がテーマであるブログは、アドセンスに精通したユーザーが多いので、広告に警戒するユーザーの方が多くなります。 また天気や時刻表、干支年齢表などパッと見て満足してしまうような調べもの系テーマもNG。 検索エンジンから調べたい情報を探し、あなたのブログにたどり着いて 情報に満足してしまうと同時に、すぐ離脱してしまうユーザーが多い傾向が強いからです。 こういった理由から、ブログに集めるユーザー層を考える対策は非常に重要なポイントです。 アドセンスブログは一定ボリュームで収束するテーマが良い アドセンス収益を目的としたブログは、100記事から多くて150記事程度に収め、横展開で新たなブログを生み出していくのが理想です。 理由は「 キャッシュポイントを増やしてリスク分散する」ためです。 安定したアクセスを集められるアドセンスブログが構築出来ても、Googleによるアルゴリズムや競合サイトが参入してくると、検索順位が大きく変動する恐れがあります。 こういったケースは、記事を追加したりリライトする他ありませんけど、 収入源がこのブログのみであると非常にリスクが高くなりますよね。 逆を言えば、リスク回避しながらキャッシュポイントを増やしていくことで、更に安定した収益を拡大することが出来ます。 アドセンス収益は「アクセス命」のマネタイズなので、成功報酬型アフィリエイト(物販)以上にリスク回避を考えた戦略が必要です。 キャッシュポイントを1つに留めずリスク分散の為に100記事~150記事で完結出来るテーマを選ぶ。 複数アドセンスブログを展開することで、リスクを回避しながら収益を拡大出来る。 市場規模が大きくユーザーキャパが多いテーマを選ぶ このポイントは、まず 成功報酬型アフィリエイトと真っ向から違う考え方です。 アドセンス収益は、とにかく「アクセスが命」なので、シンプルにアクセスだけを集められるジャンル・クリックしてくれるユーザー層を集客できれば、収益を伸ばせます。 一方で成功報酬型アフィリエイトは、記事(コンテンツ)が検索順位で上位に表示されないと、収益に繋げるのは非常に難しいです。 もちろんアドセンスブログも、記事を検索順位で上位表示させなければアクセスも伸ばせません。 ただ物販のように、 何かを売るブログではなくアクセスだけを集めるマネタイズなので、出来るだけ需要が高くユーザー数が多いテーマでないと、上位表示出来てもアクセスが少ないという本末転倒なブログになってしまいます。 逆に成功報酬型アフィリエイトは、需要が少なくても「売る(契約を取る)ことが目的のブログ」なので、上位表示が必須ですし、ニッチな市場で少ないアクセスであっても十分収益を上げられます。 規模の大きな市場であれば、上位表示出来るブルーオーシャンのようなキーワードは、ワンサカありますから大丈夫です(笑) 競合(アフィリエイトブログや企業)が少ないテーマを選ぶ 同じアドセンスブログやアフィリエイトサイトの土俵上で、競合がワンサカいるテーマ(ジャンル)は避けましょう。 競合サイトの規模にもよりますけど、例えば「ダイエット」とか「脱毛」とか「クレジットカード」など、アドセンス広告も高単価で"旨み"がありますけど、これからブログを立ち上げるような弱小サイトでは到底かないません。 企業やアフィリエイター、ブロガーによる大規模なサイトは多数存在し、検索エンジン上にPPC広告を出しているほどなので、資金もあればサイトのオーソリティも高いため避けた方が無難です。 では競合の少ないテーマ(ジャンル)はどう探せばいいのか? 手順としては、まず「このテーマだっ!」と決めたらで需要ボリュームと、例年を通して安定した検索需要であるか?を調べます。 例として「犬 しつけ」というキーワードを「過去5年間」という期間で検索してみます。 ほぼ横ばいの安定感なうえ、月間で約400~500件の検索需要があります。 数ヶ月サイクルで情報が古くなってしまう「トレンド系」テーマは避ける。 アドセンス広告をクリックしてくれるユーザー層が集まるテーマにする。 市場規模が大きく、ユーザー数が多いテーマにする。 アフィリエイターや企業(競合)が少ないテーマを選ぶ。 知恵袋」を使い、市場規模と長期にわたる安定性を調査してテーマを選ぶ。 ぜひ参考にしながら、アドセンス広告の収益を最大化できるブログテーマを選んでいきましょう。 アドセンス入門~応用知識を分かりやすく解説した殿堂入り書籍「Google AdSense マネタイズの教科書」はおすすめ。 10年先も安定して稼ぎ続ける50の王道チャプター形式なので、すぐ実践できる内容が盛り込まれています。

次の