フェード カット ツー ブロック。 ツーブロック後ろのおすすめの形は?後ろ姿だけの髪型100選!後ろの頼み方は?かぶせると刈り上げの違いを現役理容師が解説

海外の髪型|メンズの刈り上げはフェードカット×オールバックが定番|ヘアスタイルマガジン

フェード カット ツー ブロック

サイドからバックにはハイフェード 高い位置のみにフェードを入れたスタイル を入れています。 フェードを入れることで、よりオシャレなツーブロックになっていますね。 どのようなトップの長さでも試しやすいヘアスタイルですが、最低5cmほどはないとうまくキマらないことが多いので注意が必要です。 このようなスパイキーヘアとツーブロックの組み合わせは海外でも人気となっています。 少し個性を出したいあなたは、是非試してみてください。 このようなヘアスタイルにする際、整髪料をつけすぎてしまうとべとべとしてうまくいかないことが多いので、整髪料のつけすぎには注意が必要です。 セットはトップの髪をサイドへ流すだけなので特に難しいことはありません。 長く残した前髪はがっつりアップバングにしていますね。 爽やかなヘアスタイルなので、興味がある方は是非試してみてください。 スリーブロック 出典: サイドを2層に分けてカットしていますね。 日本特有の言い方ですが、このようなタイプの髪型はトップと合わせて3段に分かれていることから「スリーブロック」と呼ばれることがあります。 トップは立ち上げてバック側へ流れを作っていますね。 頭頂部から前髪に向けて、少しずつ髪の長さを長くしているようです。 耳周りは完全に刈り上げており、サイドにはフェードを入れてトップへとつなげています。 綺麗な毛流れが作られていて、立体的な仕上がりになっていますね。 トップは無造作にカールを出し、毛束感を出してややスパイキーな感じになっています。 サイドのフェードも綺麗な仕上がりになっていますね。 こちらもラインを境目に刈り上げの長さを少し変えており、スリーブロックと言っても良いでしょう。 髪色は明るく茶髪に、くるくるパーマをかけてオシャレに仕上げていますね。 トップとサイドの境目にはラインを入れています。 刈り上げ部分を大きめに取り、トップは横流しにしたコームオーバーへアとなっています。 関連記事: アイビーカット 出典: アイビーカットは、文字通りアメリカのアイビーリーグの大学生の間で流行ったスタイルのことを指しています。 アップバングにして七三で分けたようなスタイルで、スポーティで男らしい印象を受けるため現在でも幅広く採用されています。 スーツにも合いそうな髪型ですし、短髪好きの方は是非試してみてください。 ロールブラシやコームを使って、綺麗なサイドフォワードへの流れを作っていますね。 ロールブラシを使いこなすと、こんな感じで様々なヘアスタイルにアレンジが可能なんですね。 髪型に自由が利く方向けのヘアスタイルですが、ちょっと個性を出したい、雰囲気を変えてみたいときはこんなスタイルを試してみるのも面白いかもしれませんね。 最後のまとめ ここでは、『 【海外 メンズ】ツーブロック アンダーカット の髪型・セット法解説』というテーマでお送りしてきました。 国内外ともに大人気のツーブロックですが、海外のツーブロックは日本のものとはまた違ったワイルド感や個性がありますね。 あなたも是非、海外のツーブロックも自分のヘアスタイルに取り入れてみてくださいね。

次の

フェードカットで短髪に!刈り上げとツーブロックに飽きたメンズ必見

フェード カット ツー ブロック

床屋さんで美しいツーブロックをしたいのであれば、床屋選びも重要です。 床屋選びに失敗してしまうと、どれだけ頼み方が上手くても、あなたの理想通りのツーブロックになりません。 そこで、管理人が思うツーブロックが上手い床屋の 『特徴・条件』を解説していきます。 反対に今から解説する 『特徴・条件』に当てはまらない床屋はオススメできません。 店主が若ければ、トレンドヘアに対するアンテナも張っているでしょうし、知識も豊富なので安心して頼むことができます。 ちなみに管理人は床屋さんを選ぶときは『店主の年齢』を一番に注目します。 それにホームページがしっかりと綺麗に整えられていると、その床屋さんの色が見えてくるので面白いですよ。 黒を貴重としているホームページですと、大人っぽくてワイルドなヘアスタイルが特印なんだろうな〜とか。 白を貴重にしていると、爽やかなベリーショート系のカットが好きなんだろうな〜とか。 ホームページで決めつけるのは良くないのですが、ホームページも立派なお店の一部ですから、外観やレイアウトにこだわっているお店に行きたくなるのは当然です。 カットサンプルがないと『この床屋さんはどういう風に仕上げてくれるんだろう?』と不安になってしまいますからね。 オシャレでかっこいいカットサンプルフォト集みたいなのがあれば、イメージが湧きやすいですし、あなたが理想としているヘアスタイルにしてくれそう。

次の

ツーブロックやフェードのメンテナンスをされる方に:LB2

フェード カット ツー ブロック

「テーパー」との違い 海外のフェードによく似たヘアスタイルに「テーパー taper 」というものがあります。 taperという単語には「先細る」などという意味があるので、fadeとほとんど意味は同じですね。 テーパーとフェードは混同されがちなのですが、微妙に意味合いは異なっています。 というのも、• テーパー・・・徐々に短くしていくが、0mmに刈り上げることはしない• フェード・・・徐々に短くしていき、最終的には0mmの部分と繋ぐ 要は、グラデーションで短くしていった先が0mmかどうかというのが違いのようです。 ビジネス等の場面だと、フォーマルなルックスが求められるのでフェードよりはテーパーを採用するのが良いとされています。 フェードカットの種類 一口にフェードカットといっても、その種類は様々です。 続いて、主なフェードカットの種類を紹介していきます。 とはいってもこれらの区分の定義はあいまいなので、覚えたりする必要はないと思います。 ハイフェード High fade ハイフェードは、フェード部分を小さくして刈り上げ部分を大きくしたフェードカットです。 トップ部分とサイド部分にコントラストが形成され、個性的なスタイルになります。 日本人が試すとやや奇抜な感じになるかもしれません。 ロウフェード Low fade ロウフェードは、文字通りハイフェードとは逆のスタイルですね。 耳周り~首のライン付近までフェードを施し、0mmの部分を少なくしたスタイルです。 トップからサイドへの流れが自然になるので、フォーマルなシーンでも使いやすいスタイルですね。 ミッドフェード Mid fade ミッドフェードは、文字通り頭部の中間ぐらいまでフェードを施した髪型です。 ハイフェードとロウフェードの中間と考えて頂ければよいと思います。 ハイフェードとロウフェードの間で迷ったら、このミッドフェードを採用するのも手ですね。 アンダーカットフェード Undercut fade 日本でいうツーブロックの事を海外では「アンダーカット」と呼びます。 海外のアンダーカットにおいては、サイドやバックは均一な長さに刈り上げることが多いです。 アンダーカットフェードは、ほとんど均一ながらも、トップのつなぎ目にわずかにフェードを残すようなスタイルのことを云います。 海外のフェードカット画像集 冒頭でも述べたように、フェードカットは海外で主流となっているスタイルです。 ここからは、海外のフェードカットを取り入れたスタイルを紹介していきます。 もともとは女性の髪型であるポンパドールですが、最近はこのようにツーブロックとポンパドールを組み合わせたスタイルが海外で人気となっています。 既存のツーブロックに飽きた方は是非試してみてください。 トップの髪は前髪に比べるとボリュームを抑えて短くカットしているようです。 ピンパーマ系のパーマであれば、5cmほどの長さがあればかけることもできるので、ベリーショートにお洒落を加えてみたい方は是非試してみてください。 トップは無造作にカールを出し、毛束感を出してややスパイキーな感じになっています。 サイドのフェードも綺麗な仕上がりになっていますね。 サイドは刈り上げてフェードを入れ、前髪はダウンバングにしています。 シーザーカットの名前のもととなった、カエサル像にも似た髪型です。 前髪に重心を置いており、頭頂部のほうは前髪に比べると髪の長さは短めになっているようです。 自然な仕上がりのフェードもカッコいいですね。 このようにトップの髪を束ねて後ろ側で団子状に結ぶようなスタイルをマンバンと呼んでおり、メンズのお洒落スタイルとして人気があります。 サッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチ選手をはじめ海外の有名人が多く採用しているマンバンですが、日本でも徐々に人気が高まっています。 個性を出したい方は是非このようなスタイルにもチャレンジしてみてください。 サイドとトップのつなぎ目にはフェードを入れ、その下にはラインを入れるなどかなり個性的なスタイルになっています。 このような感じで、ラインを間に施したフェードカットも海外では多く見られるスタイルです。 トップの髪はストレートに近い感じで、センターパートにありがちなパーマ等もかけていないようです。 トップの髪にかくれていますが、サイドにはフェードも施されています。 関連記事: フェードカットのやり方 では、実際に自分の髪をフェードカットにしたい場合、どうすれば良いのでしょうか? 一番無難なのは、当たり触りの無い答えになってしまいますが美容院でお願いすることですね。 というのも、セルフカットによってフェードカットを施すのは慣れないうちは難しいです。 なので、失敗したくない場合は美容院などでお願いしましょう。 美容院でオーダーする際には、できれば自分がしたいヘアスタイルの写真を見つけて持っていくと良いでしょう。 とはいっても、どうしても自分でやりたいという方もいるかもしれませんね。 セルフカットによってフェードカットを作るには、まずは長さの調節が利くバリカンを用意します。 一般的なバリカンで良いですが、できればアタッチメントが豊富で様々な長さにカットできるバリカンを用意するとのがお勧めです。 以下画像のような感じで、何段かに分けてバリカンでカットしてください。 上へ行くにつれて、少しずつ長くなるようバリカンでカットしていきます。 1段ごとに何ミリ長くするかはお好みですが、だいたい3mmぐらいずつ長くするパターンが多いようです。 何ミリから始めるか、どこからどこまでフェードを入れるか、などに関してはお好みで決めてくださいね。 これでおおもととなるカットは完成ですが、このまま放置するとカクカクした感じになってしまいますね。 そのため、段差をつけた箇所の境目あたりに再度バリカンを入れていき、自然なフェードになるようカットしていきます。 この「ぼかす」作業が肝要です。 これをマスターすれば、あなたも自分自身で綺麗なフェードカットが作れるようになること間違いありません! 最後のまとめ 今回は『 フェードカットは海外で人気|セルフカット・バリカンの使い方を解説』というテーマでお送りしてきました。 ツーブロックにフェードカットを施すことにより、より一層お洒落なヘアスタイルを作ることも可能です。 また、フェードカットを施すことで自然な仕上がりになるので、ウケも間違いなく良くなると思います。 あなたも是非、フェードカットにチャレンジしてみてください。

次の