飛鳥 キラキラ と。 明日花キララ

飛鳥

飛鳥 キラキラ と

より飛鳥全景 飛鳥(あすか)は、かつてにあった地域である。 現在の周辺を指した。 上記の他に、に現在の及びあたりを指した飛鳥という地名があり、両者を区別するために、河内国(大阪府)の飛鳥はとよばれ、大和国(奈良県)の飛鳥は「 遠つ飛鳥」「 大和飛鳥」と呼ばれる。 この場合の「近つ」「遠つ」はかつて都があった()からみて近いかと遠いかによるとする説もある(なお、遠つ飛鳥と近つ飛鳥を逆に解する説もある)。 現在では、単に「飛鳥」といった場合には、大阪府の飛鳥(河内飛鳥)ではなく奈良県の飛鳥(大和飛鳥)を指すのが一般的である。 したがって、ここでは奈良県の飛鳥について記述している(大阪の飛鳥は「」を参照)。 概要 [ ] 古い時代においてのみ公的名称であったのではなく、近年においてものによって明日香村がうまれるまではこの地域に飛鳥村がありの名称として飛鳥は存在した。 また、現在においても明日香村の(おおあざ)として飛鳥というは存在している。 だれしもが大和の『万葉集』所縁の地を訪ねようとすれば、おのずと飛鳥を訪れるといっても過言ではない。 名称の由来 [ ] 読み [ ] 「あすか」という読みの語源については由来説、地形名称由来説などがあるがはっきりとしたことはわかっていない。 外来語説• :アソカ 、阿輸迦の木 、などのサンスクリット語とする説 "。 海外地名:安宿(アンシュク)の渡来人による転訛とする説。 地形由来説• その他• の一種で渡来するである(交喙、鶍)に由来するという説。 たちがアスカの地で、大陸から飛来した冬鳥が故郷を想起させたとする説。 スカは古語でなどの神聖な意味を持つことから、神聖なる土地を意味するという説。 漢字表記 [ ] 「飛鳥」の漢字を和訓に当てている由来として、以下の説がある。 万葉集枕詞:『』に見える下記の歌の枕詞に由来するとする説。 飛鳥(とぶとり)の 明日香の里を置きて去(い)なば君が辺は見えずかもあらむ 1-78• 飛鳥の 明日香の河の上ッ瀬に生(お)ふる玉藻は下ッ瀬に流れ触らふ玉藻なす(略) 2-194• 飛鳥の 明日香の川の上ッ瀬に石橋渡し下ッ瀬に打橋渡す石橋に生ひ靡(なび)ける(略) 2-194• 元号:朝に、を意味するをとし(686年〜)、造営したに「飛鳥」と冠したのが初め とする説。 範囲 [ ] 飛鳥時代当時に「飛鳥」と称されていた地域は、飛鳥盆地を中心としての東側に当たるあまり広くないところ(平地にかぎれば南北1. 6キロ、東西0. 8キロほど)と考えられている(岸俊男など)。 今日では飛鳥川の上流(一帯)や下流(・一帯)、更には飛鳥時代には「(檜前)」と称された流域地域までを含み 、行政区域的には明日香村一帯、あるいは人によってはその近隣までを含んで飛鳥と指ししめすこともある。 更にの発掘調査の結果、藤原京は想定以上に広い範囲に及んでその南端は飛鳥の北部地域を含む可能性が指摘され、藤原京(新益京)も本来は「京」としては飛鳥との連続性を持つ地域であったとみられ、後に条坊制の整備とともに独立した空間として確立されたと考えられている。 飛鳥京 [ ] この飛鳥には()の宮がおかれたことがおおく、が崇峻5年()の豊浦宮(とゆらのみや)での即位から8年()のへの移転までの、約100年間をとして と称している。 また、永らく日本の政治・文化の中心地であったので、やの邸宅などがたちならび、帰化系の人々も段々と付近に居住するようになり、なかでものちに有力氏族に成長した(あちのおみ)を氏祖とするがはやくから飛鳥にちかいに居をかまえていた。 6世紀半ばには飛鳥周辺に仏教が伝来して文化が発達していった。 7世紀には、飛鳥は古代日本の政治と文化の中心地となり、都市機能の整備がおこなわれるなど宮都の様相を呈していたので、「倭京」もしくは「飛鳥京」とも呼ばれていた(『紀』)。 飛鳥時代には、豊浦宮が飛鳥の西方、飛鳥川をはさんだ対岸に置かれた。 また小墾田宮は飛鳥の北側の小墾田(小治田)と称される地域にあったとされている。 そのため、厳密には飛鳥におかれた宮ではない。 豊浦宮は豪族の邸宅を利用していたと推定されており、の使者が往来するようになると小墾田宮を造営して、推古天皇が遷宮している。 これは外国の使者の饗応にふさわしい宮殿が必要になったのだろうと推測されている。 また、にしるされるの遠飛鳥宮、にしるされるの近飛鳥八釣宮については、前者がこの地で後者が河内飛鳥とする説、前者が河内飛鳥で後者がこの地とする説、両者ともに河内飛鳥とする説とがある。 なお、斉明と天武の間の・(大友皇子)の両代では飛鳥をはなれ大津にがおかれた。 当地にあった天皇(大王)の宮• (推古天皇)• (推古天皇)• (飛鳥岡本宮)()• 岡本宮(後飛鳥岡本宮)(斉明天皇)• (・) 脚注 [ ] []• 2010年8月14日閲覧。 北村優季『平城京成立史論』吉川弘文館、2013年、 pp. 18-20• 網伸也『平安京造営と古代律令国家』塙書房、2011年、 pp. 28-35 関連項目 [ ] には、 に関する旅行情報があります。 :大魔王が飛鳥に建造した迷宮が舞台。

次の

TOP

飛鳥 キラキラ と

createElement 'script' ; gcse. google. getElementsByTagName 'script' [0]; s. parentNode. 日本が世界に誇る客船で華やかなクルーズライフを。 郵船クルーズ所有の日本最大のクルーズ客船。 キャビンは全室海側で約半数はバルコニー付き。 充実した設備と日本船ならではの細やかなサービスでクルーズライフが満喫できる。 客船の基本情報 総トン数 50,142トン 全長 241m 全幅 29. 6m 航海速力 最高21ノット 就航 2006年2月 乗客定員 872名 乗組員 約470名 客室数 436室(全室海側) 喫水 7. 10 2020年1月10日 金 より乗船予約受付を承っております。 お気軽にお問い合わせください! ラインナップはこちら デジタルパンフレットはこちら パンフレット請求はこちら 客室 デッキプラン 船内施設 フォト ロイヤルスイート アスカスイート スイートC バルコニーD,E ステートF,K アスカプラザ(メインロビー) パームコート ビスタラウンジ シーホースプール 動画• 画像はすべてイメージです。 画像提供:郵船クルーズ 飛鳥II乗船記 実際に乗船されたお客様による乗船レポートを紹介しています。 旅の様子やお客様のおすすめポイントなど、ぜひご参考にしてください。

次の

名前について。自分の名前で悩んでいます。私は女子なのですが下の名前が飛鳥...

飛鳥 キラキラ と

外来説 がいらいせつ 1 渡来人 とらいじん が 日本 にほん に 来 き て 安住 あんじゅう の 宿 やど とした 場所 ばしょ を安宿(あすか)となずけた。 安宿 あすか は、 朝鮮語 ちょうせんご でアンスク、これが 訛 なま ってアスカになったという 説 せつ。 外来説 がいらいせつ 2 古代 こだい 朝鮮語 ちょうせんご で 村 むら を 意味 いみ するスカに、 接頭語 せっとうご のアがついて 出来 でき たという 説 せつ。 外来説 がいらいせつ 3 仏教 ぶっきょう 発祥 はっしょう の地インドのアショカ王の名前から 転化 てんか したものであるという 説 せつ。 インドではアスカとは 理想 りそう の 楽園 らくえん という 意味 いみ の 言葉 ことば だとも 言 い われている。 鳥 説 とりせつ 古代 こだい においては、 年号 ねんごう 等 とう に 白雉 はくち 、 朱鳥 しゅちょう 、 白鳳 はくほう と 用 もち いられているように、 鳥 とり はしばしば 瑞兆 ずいちょう として 尊 とうと ばれた。 アスカの 音 おん はイスカという 鳥 とり の 名前 なまえ から 転 てん じたとする 説 せつ。 地形説 ちけいせつ 地形 ちけい を 表現 ひょうげん する 単語 たんご が 合成 ごうせい されて 出来 でき たもので、 ア( 接頭語 せっとうご )スカ(洲処ー 川水 かわみず 、 海水等 かいすいとう によって 生 しょう じた 砂地 すなち )、 或 ある いはアス( 浅 あ すー 川 かわ 、 海等 うみとう が 浅 あさ くなる又は 水 みず が 涸 か れる)+カ(処)もしくはアス( 崩地 あす )+カ(処)であるという 説 せつ。 飛鳥地方 あすかちほう は、 川原 かわはら とか 豊浦 とゆら といった 水辺 みずべ に 関係 かんけい ある 地名 ちめい が 残 のこ っており、 水 みず ( 海 うみ )で 覆 おお われていた 部分 ぶぶん が 山 やま の 浸蝕 しんしょく 土砂 どしゃ の 堆積 たいせき 等 とう によって 陸地化 りくちか する 過程 かてい で 生 う まれた 地名 ちめい である。 この 説 せつ によると 横須賀 よこすか 等 とう も 同 おな じ 語源 ごげん であり、アスカから 訛 なま った 場合 ばあい として、 安積 あさか 、 朝香 あさか 、 浅香等 あさかとう があるという。 聖地説 せいちせつ スカという 語 ご がイスケ、イスズ、ミソギ 等 とう と 同様 どうよう 、 禊 みそぎ をする 等 とう の 神聖 しんせい な 意味 いみ を 持 も ち、 神聖地 しんせいち に 用 もち いられたという。 飛鳥 とぶとり の 明日香 あすか 、 飛鳥 とぶとり の 明日香 あすか と 枕詞 まくらことば として 使 つか われてる 内 うち に、 飛鳥 とぶとり といえば、それだけでアスカという 代名詞 だいめいし に 用 もち いられ、 時間 じかん の 経過 けいか とともに、 飛鳥 とぶとり がアスカと 訓 よま れるようになったと 言 い う 説 せつ がある。 空 そら 飛 と ぶ 小鳥 ことり の 姿 すがた がカスカに 見 み えたので、アスカの 字 じ に「 飛 と ぶ 鳥 とり の」という 説明 せつめい の 言葉 ことば を 冠 かぶ せたという 説 せつ。 渡来人 とらいじん が 流浪 るろう の 旅 たび の 末 すえ 、 安宿 あんじゅう ( 明日香 あすか )の 地 ち に落ち着いた。 流浪 るろう の 旅 たび はあたかも 飛 と ぶ 鳥 とり の 移動 いどう のようなもので、 明日香 あすか の 地 ち に「 飛 と ぶ 鳥 とり 」の 枕詞 まくらことば を 冠 かぶ せたという 説 せつ。 アスカの 地名 ちめい としては、 飛鳥 あすか の字が 一般的 いっぱんてき に 定着 ていちゃく しており、 昭和 しょうわ 31年 高市村 たかいちむら 、 阪合村 さかあいむら 、 飛鳥村 あすかむら の3 村 そん が 合併 がっぺい して 生 う まれた 村名 そんめい である 明日香村 あすかむら は、 現代的 げんだいてき 感覚 かんかく で 新 あたら しく 造 つく られた 名前 なまえ のように 理解 りかい されている 向 む きが 多 おお い。 アスカの 表記 ひょうき について、 古事記 こじき 、 日本書紀 にほんしょき 、 万葉集 まんようしゅう 等 とう から 拾 ひろ ってみると、明日香、飛鳥、安宿、阿須賀、阿須可、安須可等 色々 いろいろ の 文字 もじ が 用 もち いられており、 地名 ちめい 或 ある いは 川 かわ の 名前 なまえ としては、 明日香 あすか 及び 飛鳥 あすか は 最 もっと も 頻繁 ひんぱん に 用 もち いられている。 古事記 こじき 、 日本書紀 にほんしょき では、 主 しゅ として 飛鳥 あすか が 用 もち いられ、 万葉集 まんようしゅう では、 明日香 あすか と 出 で てくる 場合 ばあい が 多 おお く、飛鳥は、アスカという 場合 ばあい とトブトリとして 明日香 あすか の 枕詞 まくらことば になっている 場合 ばあい とがある。

次の