高額 医療 費 制度 計算。 高額医療・高額介護合算療養費制度とは?

高額療養費制度、簡単にわかるよう解説します!【民間の保険の活用法も】

高額 医療 費 制度 計算

高額療養費制度とは?適用要件や計算方法を解説 公的健康保険にある高額療養費制度の適用要件や計算方法などの仕組みについてまとめてみました。 申請することで医療費負担が軽減される、誰でも知っておくべき制度です。 加入している健康保険へ確認してください。 自己負担限度額は所得区分によって5つにわかれています。 69歳以下の方の場合 例えば、年収が500万円(所得区分が5つのうちの真ん中)の人だと、ひと月の自己負担限度額は• 仮に、医療費が50万円だとすると、• 「150,000円-82,430円=67,570円」 が戻ってきます。 2 医療費を計算する上でのルール 高額療養費の算定は下記のように行われます。 例えば、8月中旬から9月中旬まで入院した場合は、8月と9月で別々に計算します。 同じ病院や診療所であっても、歯科は他の診療科と分けて計算します。 また、入院時の食事療養や差額ベッド代、先進医療にかかる費用、保険のきかない診療などは高額療養費の対象になりません。 70歳未満の人は、医療費の自己負担額が1カ月、1人、1医療機関、1入院・通院ごとに21,000円以上でなければ、高額療養費の対象となる計算には含められません。 3 医療費の世帯合算の特例 同一世帯で1カ月、1人、1医療機関、1入院・通院につき21,000円(住民税非課税者も同額)以上の医療費自己負担が複数ある場合は、世帯で合算した負担額が自己負担限度額を超えていれば、その分が合算高額療養費として払い戻されます。 同じ人が1カ月に複数の医療機関で診療を受けた場合も、各医療機関での自己負担額が21,000円以上の場合は世帯合算の対象になります。 4 高額療養費の計算例 ある夫婦を例に、高額療養費制度でどれくらいお金が戻ってくるかを計算してみましょう。 A病院で8月下旬から9月上旬まで入院し、一部負担金21万円(8月分3万円、9月分18万円)• C病院へ9月に外来し、一部負担金6万円 最初に、月ごとの一部負担金(21,000円以上のもの)を合算します。 8月分:夫3万円(A病院入院分)のみ• 次に、歴月ごとに支給額を計算します。 9月は高額療養費として154,570円が支給されます。 5 同じ世帯で1年に3回以上、高額療養費に該当した場合の特例 1年(直近12カ月)の間に同じ世帯で3回以上高額療養費に該当している場合は、多数回該当にあたり、医療費負担が更に軽くなります。 多数該当の特例 4回目以降の自己負担限度額は44,400円(所得区分が住民税非課税世帯24,600円、上位所得者は93,000円または140,100円)で、1%の加算もありません。 6 特定疾病の特例 血友病や抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群、人工透析を必要とする慢性腎臓疾患など、長期にわたって高額な医療費を負担する疾病で厚生労働大臣が定めるものについては、特定疾病として高額療養費の対象となり、1カ月の自己負担額は1万円で済みます。 ただし、人工透析を必要とする慢性腎臓疾患については、所得の多い人は自己負担額が1カ月2万円になります。 7 高額療養費の申請方法 加入している公的な健康保険に高額療養費の支給申請書を提出することで、支給が受けられます。 国民健康保険では、高額療養費に該当するような場合、一般的に保険者である区市町村から申請書が送られてきます。 高額療養費の申請をしなくても、自動的に計算し、該当していれば口座へ振り込んでくれる健康保険もあるようです。 高額療養費の支給申請書 なお、申請には時効があります。 世帯主以外でも手続きは可能なので早めに済ませておくと良いです。 ただ、医療機関への支払いが済んでいない場合は申請できません。 また、一部負担金は医療機関から請求され審査決定した診療報酬明細書(レセプト)の点数に基づいて算定されるので、支払った額(領収書の額)とは一致しない可能性もあります。 8 限度額適用認定証の利用も検討を 高額療養費制度は、患者が医療機関で治療費等を支払った後に、自己負担限度額を超えている分を払い戻してもらう「償還払い方式」が原則です。 しかし、限度額適用認定証があれば、医療機関の窓口に提示することで、自己負担限度額までの支払いで済みます。 入院の場合は経済的な負担が大きくなるため、事前に申請して限度額適用認定証を受け取っておくと良いでしょう。

次の

健康保険・高額療養費制度とは?支給額の計算方法

高額 医療 費 制度 計算

高額療養費制度とは? 月々の医療費自己負担が上限額を超えた場合に、超えた分を支給してくれるのが高額療養費制度です。 例えば、70歳以上で年収が370万円~770万円の場合、100万円の医療費がかかったとすると3割負担で30万円になります。 これに高額療養費制度を適用すると、自己負担の上限が87,430円となるため、差額である212,570円が支給されるのです。 支給の申請をするには、加入している公的医療保険に支給申請書を送る必要があります。 申請の期限は、受診した月の翌月初日から2年間です。 また、申請してから支給されるまで約3ヵ月かかります。 申請の際は念のため医療機関の領収書を準備しておきましょう。 年収別の医療費上限 以下の表はにあるPDFファイルをもとにまとめました。 また、以下の表はすべて「平成30年8月診療分から」適用される内容です。 その他の時期における計算等は厚生労働省のWebサイトを参照してください。 もちろん同じ人が複数回受診しても、別の医療機関で受診しても1ヵ月以内であれば足し合わせることができます。 ただし、70歳以上だと平成30年8月以降の診療分が対象であり、70歳以上の住民税非課税区分の方は対象外です。 意外に知られていない制度なので、医療費が高額になったときは積極的に活用しましょう。

次の

高額療養費制度の概要と計算方法(改正情報も有り)

高額 医療 費 制度 計算

高額療養費制度について、3つのポイントに絞って解説します!• 『自己負担限度額』の確認方法• 『自己負担限度額』の計算イメージ• 手続きの方法、用意するもの 自己負担限度額を確認しよう【年収・所得によって違う】 高額療養費制度の 自己負担限度額は年収・所得によって違います。 表の左側「年収・所得区分」で自分に当てはまるものを探し、右側 「自己負担限度額の計算式」に医療費総額を当てはめます。 当てはめて出た金額が 『医療費の自己負担限度額(一か月ごと)』です。 ここを知らなかったばっかりに 「思っていた以上に自己負担が大きかった」「こんなはずじゃなかった…」となってしまう方も多いです。 高額療養費制度を考える際は注意点もしっかり確認してくださいね。 4つのポイントです!• 高額療養費制度『対象外』の治療がある• 高額療養費制度は入院にかかる費用が『全額』対象ではない• 高額療養費制度を適用させても『自己負担限度額』が大きくなってしまうケース• 高額療養費制度では保障されない『休業による収入減』 高額療養費制度の対象は「保険適用治療」のみ 高額療養費制度は『健康保険』『国民健康保険』の保障です。 なので、対象になるのは 「保険が適用される治療にかかった費用」のみ! 詳細は後述しますが、 自由診療と呼ばれる「保険適用外の治療」や「先進医療の技術料」には高額療養費制度は使えません。 「自由診療」ってこんな治療・費用はこのぐらい! 『抗がん剤治療(日本で承認されていない薬を使う場合)』 抗がん剤治療で日本で承認されていない薬を使う場合は自由診療扱いで保険適用外。 費用はピンキリだが、高いもので一回10万円ほどするケースも。 『免疫療法』 身体の免疫力を回復させてがん細胞を排除する治療法。 保険適用になっている治療法もあるが、保険適用されていない治療法を使う場合は自由診療扱い。 費用は数万円~数十万円ほどで、治療する部位や状況で異なる。 『などなど…』 自由診療は本当にたくさんあるので、ここではほんの一例のみ。 「先進医療の技術料」「自由診療」は いくらお金がかかったとしても、高額療養費制度で払い戻しは一切できません。 頭の片隅に置いておいてください。 入院時は要注意!差額ベッド代(個室代)と食事代は対象外 入院した時にかかるお金も、健康保険の対象であればもちろん高額療養費制度が使えます。 ですが 『入院にかかったお金の全額が高額療養費制度の対象ではない』ことを知らない人は意外と多いです。 高額療養費制度の大きな注意点ですね。 自己負担限度額の確認を行う時は、治療が終わるタイミングも一緒に見ておくと安全です。 治療のための「休業による収入減」の補償は一切なし 高額療養費制度は公的な医療保険の保障なので、当たり前の話といえばそうなんですが…。 特に痛いポイントは 『収入は減る・支出は治療費分増える(高額療養費制度を使ったとしても)こと』ですね。 貯蓄がいっぱいある人はまだ良いんですが、そうでない人は治療期間が長引けば長引くほど辛くなることが予想されますね。

次の