散乱 類語。 散乱の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

レイリー散乱とミー散乱 Rayleigh and Mie scattering

散乱 類語

電磁波の伝搬路に電気的構造の不連続な変化がある場合、その領域に誘発される表面電流や分極電流による電磁波の再放射現象を散乱という。 電磁場と散乱体との間のエネルギーの授受の有無によって、散乱光の波長が変化しない 弾性散乱と 波長が変化する非弾性散乱に分けられる。 図1に、入射波長と粒子半径に対する散乱過程の関係を示す。 可視光の波長領域では、空気分子はレイリー散乱、ダスト・スモッグ・ヘイズなどのエアロゾル粒子はミー散乱に分類される。 さらに粒子サイズが波長よりも大きい雨滴などの散乱は、幾何光学近似で表現できるようになる。 また、非弾性散乱には、分子の振動準位や回転準位などの分子エネルギー準位間の遷移に伴い、入射光とは異なる波長の光が散乱されるラマン散乱などがある。 レイリー散乱は、散乱強度が入射波長の4乗に反比例し、前方と後方の散乱強度はほぼ同程度になる(等方散乱という)。 空気分子や微小な粒子に白色光が照射されると、レイリー散乱により短波長である青色の光ほど強く散乱される。 一方、光路長が長くなると強く散乱される青色の光ほど減衰が大きくなり、長波長側の赤色の散乱成分が卓越するようになる。 日中には空が青く見え、太陽放射が大気を通過する際の光路長が延びる夕方に赤く見えるのは、このレイリー散乱過程に起因している。 この過渡電流により共振現象が発生して、複雑な強度変動が現れる。 球形粒子に対するこのような散乱現象をミー散乱とよび、大気では、エアロゾルや液相の雲粒の光散乱に関与する。 ミー散乱過程は、粒径や光の波長のほか、物質固有の散乱・吸収特性を示すに依存する。 1個の粒子に対する消散断面積を幾何学的断面積で割った値を消散効率因子 Qextと呼ぶ。 消散効率因子は、可視光においてはサブミクロン領域で極大を取り、粒子径が大きくなるほど2に漸近する(図2)。 均質な粒子に対するミー散乱過程は、波長と粒径の比である粒径パラメータで決まるため、粒径を固定して波長を変化させた場合も、粗大粒子の消散効率因子は波長によらず2に近い値をとる。 つまり、粒子サイズが大きくなると、波長に対する散乱特性の依存性が小さくなる。 このことは、サイズが大きい雲粒の光散乱では、色ごとの散乱強度の差がはっきりしなくなり、雲が白っぽく見える理由となる。 また、等方散乱を示すレイリー散乱とは異なり、ミー散乱では、粒径パラメータが大きくなるほど(入射波長が一定の場合は粒径が大きくなるほど)前方散乱が卓越しが複雑化する(図3)。

次の

散らかるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

散乱 類語

公開日: 2018. 19 更新日: 2018. 19 「散見」の意味と使い方、類語、対義語、英語表現 「散見」という言葉をご存知でしょうか。 「散見される」「散見する」などと使います。 では、「散見」はどのような意味なのでしょうか。 あまり日常会話では使わないため、分からないという方も多いでしょう。 しかし、字面から「見ること」を表す言葉であることはイメージできますよね。 普通の表現よりも堅い感じがしますが、どのような場面で使うのでしょうか。 「散見」を知っておくと、いざという時に使うことができます。 そこで今回は「散見」の意味や使い方、類語、対義語について紹介します。 「散見」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「散見される」は誤用?「散見」の正しい使い方 「散見」を使う場合、主語になるのは「人」ではなく 「もの」になります。 「人が見る」ということではなく、「ものが見られる」ということを表します。 「散見される」は本来は誤用です。 「散見」は「見られる」ということなので、「れる」を付けると意味が重複してしまいます。 「散見される」とすると、「あちらこちらに見えられること」「ちらちらと目に触れられる」という意味になってしまいます。 ただ、間違った使い方ではありますが、 「散見される」は現代は認められています。 一般的には「〜が散見される」が多く使われていますが、より適切に表現したい場合は「〜に散見する」と使いましょう。 「散見」の例文 ・筆者の素晴らしい観察力が、作品のあらゆるところに散見されている。 ・あの通りにあるアーケードには、すでに店じまいしている店が散見している。 ・新しい企画についての意見には批判的な声が多くあったが、評価する声も散見した。 ・あなたの考えは間違いが散見されているが、だいたい正しいだろう。 ・新しい企画を実施するには、未解決の課題が散見される。 ・一般的にはあまり有名でないコンビニではあるが、町の至る所で散見する。 ・仕事に夢中になってしまい、結婚する時期を逃してしまうという人が散見される。 ・君の作成したレポートには、常識や知識不足が散見される。 ・A社では何かと、顧客と会社との間でトラブルが散見されている。 ・その計画は大きな失態はないものの、細かいミスが散見される。 ・実写映画では、原作には一切登場しない独自のキャラクターが散見される。 「散見される」と「見受けられる」の違い 「見受け」の意味は、 ・見てとる。 見て判断する ・見かける。 目にとまる です。 「見受けられる」は「見受け」+受け身を表す「られる」なので、 「見られる。 見てとれる」という意味になります。 「見受けられる」は「見られる」よりも堅い表現です。 主に、第三者に説明するときに使われます。 「散見される」は「あちこちにちらばっている物を見かける」という意味で、実際に目に見えたものに関して使います。 一方で、 「見受けられる」は実際に見えたもの以外にも、何かを推測する場合にも使われます。 例えば、「この事件は、被害者の身内の犯行であることが見受けられる」とは言いますが「この事件は、被害者の身内の犯行であることが散見される」とは言いません。 例文 ・お祭りでは、浴衣姿の女性も見受けられた。 ・体調が悪いと聞いていたが、少し見た感じだとだいぶ元気になっているように見受けられた。 ・今回起きた事件の犯人は、現場からそう遠くはない場所に住んでいる人物であることが見受けられる。 「散見する」の類語 往々(おうおう)にある 「往々」の意味は 「繰り返し起こるさま。 ところどころに物事があるさま」です。 「往々にある」とした場合は「よくある」「しょっちゅうある」ということになります。 頻度が多い、起こる可能性が高いということを表します。 「散見」は「往々」に置き換えて表現できます。 例えば、「あなたの考えには間違いが散見されているが、だいたい正しい」という文を「あなたの考えには間違いが往々にあるが、だいたい正しい」などと言い換えれらます。 例文 ・物事を進めていく上で、ちょっとした失敗というものは往々にある。 ・今回のような事例は往々にあるから、あまり落ち込まないほうがいいよ。 ちらほら見える 「ちらほら」の意味は 「あちらこちらに少しずつあるさま。 散発的に認められるさま」です。 「あちらこちらに少しずつまばらにあるさま」などと少しずつではあるがある様子を表す場合は、「ちらほら」を使います。 例えば、「お客さんがちらほらいる」「ちらほらと花が咲いている」などと言います。 「ちらほら見える」とすることによって、「まばらであるが見える」「少しずつではあるが見える」という意味になります。 例文 ・連絡されていなかったので必要なものを持ってくるのを忘れたが、忘れ物をしている人はちらほら見えた。 ・知らない人ばかりかと不安に思っていたが、中には馴染み深い顔がちらほら見えた。 窺(うかが)える 「窺う」の意味は「のぞいて様子を見るさま。 そっと様子を探るさま」です。 じっと観察するといったことではなく、そっと静かに様子を見るというイメージです。 「窺える」は 「多く推察できる。 感じ取れる」という意味になります。 ものごとから何かがわかるというような場合に「窺える」を使います。 例えば、「聞こえてくる音から、中に人がいるのが窺える」「外の気候から夏が訪れているのが窺える」などと言います。 同じ読みですが「伺える」と表記しないように注意しましょう。 「伺う」は「聞く」「問う」の謙譲語です。 例文 ・通りの桜がポツポツと咲いてきて、だんだんと春の様子が窺える。 ・聞こえてくる音やら声やらで、中に大勢の人がいることが窺える。 「散見」の「聞く」バージョンは「散聞」? 「散見」の「聞く」バージョンである「ちらほらと聞く」という意味の熟語はあるのでしょうか? 「散聞」という言葉は日本語には存在しません。 一番近い言葉は 「仄聞/側聞」になります。 「そくぶん」と読みます。 「少し耳に入ること」という意味になります。 何人もの人を伝ってきた話を小耳に挟んだという場合に使います。 「仄聞したところによると」「側聞したところでは」というフレーズで使うことが多いです。 例文 ・仄聞したところによると、あの人は不倫しているらしいよ。 ・側聞したところでは、彼はエリートぶってはいるが裏でかなり悪いことをしているらしい。 「散見」の英語 「see... here and there」「There is... here and there」など 「散見」の英語表現は、「here and there」という表現を使います。 「あちこちに」という意味になります。 ・see... here and there ・There is... here and there という形になります。 「定期的に見かける」というニュアンスならば、 ・see... regularly ・see.. at regular intevals などと表現します。

次の

レイリー散乱とトムソン散乱などの違い

散乱 類語

公開日: 2018. 19 更新日: 2018. 19 「散見」の意味と使い方、類語、対義語、英語表現 「散見」という言葉をご存知でしょうか。 「散見される」「散見する」などと使います。 では、「散見」はどのような意味なのでしょうか。 あまり日常会話では使わないため、分からないという方も多いでしょう。 しかし、字面から「見ること」を表す言葉であることはイメージできますよね。 普通の表現よりも堅い感じがしますが、どのような場面で使うのでしょうか。 「散見」を知っておくと、いざという時に使うことができます。 そこで今回は「散見」の意味や使い方、類語、対義語について紹介します。 「散見」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「散見される」は誤用?「散見」の正しい使い方 「散見」を使う場合、主語になるのは「人」ではなく 「もの」になります。 「人が見る」ということではなく、「ものが見られる」ということを表します。 「散見される」は本来は誤用です。 「散見」は「見られる」ということなので、「れる」を付けると意味が重複してしまいます。 「散見される」とすると、「あちらこちらに見えられること」「ちらちらと目に触れられる」という意味になってしまいます。 ただ、間違った使い方ではありますが、 「散見される」は現代は認められています。 一般的には「〜が散見される」が多く使われていますが、より適切に表現したい場合は「〜に散見する」と使いましょう。 「散見」の例文 ・筆者の素晴らしい観察力が、作品のあらゆるところに散見されている。 ・あの通りにあるアーケードには、すでに店じまいしている店が散見している。 ・新しい企画についての意見には批判的な声が多くあったが、評価する声も散見した。 ・あなたの考えは間違いが散見されているが、だいたい正しいだろう。 ・新しい企画を実施するには、未解決の課題が散見される。 ・一般的にはあまり有名でないコンビニではあるが、町の至る所で散見する。 ・仕事に夢中になってしまい、結婚する時期を逃してしまうという人が散見される。 ・君の作成したレポートには、常識や知識不足が散見される。 ・A社では何かと、顧客と会社との間でトラブルが散見されている。 ・その計画は大きな失態はないものの、細かいミスが散見される。 ・実写映画では、原作には一切登場しない独自のキャラクターが散見される。 「散見される」と「見受けられる」の違い 「見受け」の意味は、 ・見てとる。 見て判断する ・見かける。 目にとまる です。 「見受けられる」は「見受け」+受け身を表す「られる」なので、 「見られる。 見てとれる」という意味になります。 「見受けられる」は「見られる」よりも堅い表現です。 主に、第三者に説明するときに使われます。 「散見される」は「あちこちにちらばっている物を見かける」という意味で、実際に目に見えたものに関して使います。 一方で、 「見受けられる」は実際に見えたもの以外にも、何かを推測する場合にも使われます。 例えば、「この事件は、被害者の身内の犯行であることが見受けられる」とは言いますが「この事件は、被害者の身内の犯行であることが散見される」とは言いません。 例文 ・お祭りでは、浴衣姿の女性も見受けられた。 ・体調が悪いと聞いていたが、少し見た感じだとだいぶ元気になっているように見受けられた。 ・今回起きた事件の犯人は、現場からそう遠くはない場所に住んでいる人物であることが見受けられる。 「散見する」の類語 往々(おうおう)にある 「往々」の意味は 「繰り返し起こるさま。 ところどころに物事があるさま」です。 「往々にある」とした場合は「よくある」「しょっちゅうある」ということになります。 頻度が多い、起こる可能性が高いということを表します。 「散見」は「往々」に置き換えて表現できます。 例えば、「あなたの考えには間違いが散見されているが、だいたい正しい」という文を「あなたの考えには間違いが往々にあるが、だいたい正しい」などと言い換えれらます。 例文 ・物事を進めていく上で、ちょっとした失敗というものは往々にある。 ・今回のような事例は往々にあるから、あまり落ち込まないほうがいいよ。 ちらほら見える 「ちらほら」の意味は 「あちらこちらに少しずつあるさま。 散発的に認められるさま」です。 「あちらこちらに少しずつまばらにあるさま」などと少しずつではあるがある様子を表す場合は、「ちらほら」を使います。 例えば、「お客さんがちらほらいる」「ちらほらと花が咲いている」などと言います。 「ちらほら見える」とすることによって、「まばらであるが見える」「少しずつではあるが見える」という意味になります。 例文 ・連絡されていなかったので必要なものを持ってくるのを忘れたが、忘れ物をしている人はちらほら見えた。 ・知らない人ばかりかと不安に思っていたが、中には馴染み深い顔がちらほら見えた。 窺(うかが)える 「窺う」の意味は「のぞいて様子を見るさま。 そっと様子を探るさま」です。 じっと観察するといったことではなく、そっと静かに様子を見るというイメージです。 「窺える」は 「多く推察できる。 感じ取れる」という意味になります。 ものごとから何かがわかるというような場合に「窺える」を使います。 例えば、「聞こえてくる音から、中に人がいるのが窺える」「外の気候から夏が訪れているのが窺える」などと言います。 同じ読みですが「伺える」と表記しないように注意しましょう。 「伺う」は「聞く」「問う」の謙譲語です。 例文 ・通りの桜がポツポツと咲いてきて、だんだんと春の様子が窺える。 ・聞こえてくる音やら声やらで、中に大勢の人がいることが窺える。 「散見」の「聞く」バージョンは「散聞」? 「散見」の「聞く」バージョンである「ちらほらと聞く」という意味の熟語はあるのでしょうか? 「散聞」という言葉は日本語には存在しません。 一番近い言葉は 「仄聞/側聞」になります。 「そくぶん」と読みます。 「少し耳に入ること」という意味になります。 何人もの人を伝ってきた話を小耳に挟んだという場合に使います。 「仄聞したところによると」「側聞したところでは」というフレーズで使うことが多いです。 例文 ・仄聞したところによると、あの人は不倫しているらしいよ。 ・側聞したところでは、彼はエリートぶってはいるが裏でかなり悪いことをしているらしい。 「散見」の英語 「see... here and there」「There is... here and there」など 「散見」の英語表現は、「here and there」という表現を使います。 「あちこちに」という意味になります。 ・see... here and there ・There is... here and there という形になります。 「定期的に見かける」というニュアンスならば、 ・see... regularly ・see.. at regular intevals などと表現します。

次の