話 が ある よ 聞い て 欲しい よ。 「聞いてよ」の英語!話を切り出す/聞いて欲しい時の表現11選!

足立佳奈 話がある 歌詞

話 が ある よ 聞い て 欲しい よ

記事の目次• 話題を切り出す時 まずは、見聞きした話や愚痴など、新しい話題を提供する時に使える「聞いてよ」の英語フレーズを紹介していきます! Guess what! 実際に当ててこようとする人も中にはいますが、この表現を使っている本人は「きっとビックリするだろう」という期待を込めて使っています。 A: Hey guess what! (ねぇ、ちょっと聞いて!日本に帰国することになったよ!) B: Oh my God! (やばい!待てない!) Listen! A: Listen! (聞いてよ!インターンを募集しようと思うんだ。 (とても良いアイデアだと思うけど、準備がかなり大変になりそうだね。 ) I have to tell you something. 聞いてよ。 相手に知ってもらう必要がある真面目な話、相手が絶対聞きたがるような話のどちらでも使える表現です。 A: I have to tell you something. (聞いてよ。 ) B: What? (どうしたの?) A: Anne might leave the office. I want to at least try to convince her to stay. (アンがこの仕事を辞めるかも。 できるか分からないけど、一度説得を試みたい。 ) There is something I need to tell you. 聞いてほしいことがあるんだ。 より大事な内容について話をしたい時はこちらの英語表現がおすすめです。 やや真面目な表現なので、おちゃらけた話題には不向きです。 A: There is something I need to tell you. (聞いてほしいことがあるんだ。 It better be a good news. (そんな真面目な顔しないでよ!いい話じゃないと困るよ。 ) I have some big news! A: I have some big news! (ナンシーが結婚するんでしょ!) A: Oh you already knew? 聞いて驚くよ。 「絶対ビックリする話がある!」という意味のこちらの英語表現は、相手の関心と驚きを誘う英語フレーズです。 自分が用意している話題が、必ず相手を驚かすだろうという自身満々な気持ちを表す表現なので、ビックリするような話を切り出す時に使うのがベストです。 (聞いて驚くよ。 ) B: That again. (またいつものか。 ) A: Your name is on the paper! 今から言うことに驚かないでね。 「びっくりしないでね」と会話を始める前にワンクッションを置きたい時はこちらの英語フレーズがおすすめ! 深刻そうにも聞こえますが、例えば「誰かが入院してしまった」などのシリアスな話題には不向きです。 それくらいの感覚です。 Are you ready? (今から言うことに驚かないでね。 (どうせ何しても言うんだからどうぞ。 ) A: Our hotel room got upgraded to deluxe suite! For free! ちょっとありえないんだけどさ! こちらは「今あり得ない事が起きたんだけど、聞いてよ!」というニュアンスの英語表現です。 (ちょっとあり得ないんだけど、聞いてよ!) B: What happened? (どうしたの?) A: My ex was with a girl. Holding hands. We broke up only three days ago! (元彼が女の子といた。 手をつないで。 3日前に別れたばかりなんですけど!) スポンサーリンク 相手が話を聞いていない時 続いて、自分の話にきちんと耳を傾けて欲しい時に使える「聞いてよ」の英語フレーズを紹介していきます! You have to hear me out. 最後まで話を聞いてよ。 聞いている相手によって話が遮られたり、勝手に結論付けされそうになった時に「ちょっと待って最後まで聞いてからにして」というニュアンスで使えますよ。 A: Just tell me yes or no. (イエスかノーだけ教えて。 ) B: Wait, you have to hear me out! (待って、最後まで話を聞いてよ!) Listen up! なお、こちらの英語フレーズは、一対一よりも、一人が大勢に対して注意を促す手段として使うことが一般的です。 話を聞いていない人に注意する時と、話し始める時に注目を集める時の、二通りの使い方が出来ますよ! A: Listen up guys! Ben, turn around. (みんな聞いて!ベン、こっち向いて。 ) B: Oh sorry. (おっと、ごめん。 ) Are you with me? 聞いてる? 話している途中なのに、相手が上の空だったり、内容を理解出来ていないような表情だったりする事ってありますよね。 そんな時に使いたいのがこちらの英語フレーズです! 「ちゃんと聞いてる?」「話についてこれてる?」というニュアンスで、相手の様子を伺うことができます。 A: Hey are you with me? (ねぇ、聞いてる?) B: Sorry I was spacing out for a second. (ごめん、一瞬ぼーっとしてた。

次の

話を聞いてくれる男性とは女性の話を遮らない男性である4つの理由

話 が ある よ 聞い て 欲しい よ

やっぱり、この悩みを解決する方法はないのか… 話をきいてもらえない女性 と失望するのだろう。 だとすれば、今もっとも 優先的に解決したいと考えている悩みであり、今まさにその悩みに直面している最中ではないだろうか。 誤解がないよう最初に断っておくが、互いに感情を持ち合わせる者どうしで築き上げていかなければならない人間関係において、 自分が望んでいる結果を100%実現できる方法は皆無である。 これはいつ、いかなる場合においても共通して言えることで、科学の力をもってしてもそれは不可能だ。 人の持つ『(複雑な) 感情』のせいで、その障害を100%避けることはできないからである。 ただ、100%実現できる方法はないにしても、100%に 近づける方法は存在する。 その方法にどこまで近づけられるかがこの悩みを解決に導くカギになり、その解決方法をお伝えするのが今回の記事である。 相手の感情をくみ取ろうとする姿勢を示さない人に、人は決して心を開かない。 この記事を読んだだけで「話を聞かなかった人が聞いてくれるようになる」と思っている人は、間違いなく 今までと何ら変わらない状態が続くだろう。 あなたがどちらを望むかは、あなた自身が決めればいい。 話を聞いてほしい人に限って、聞いてくれない… 女性 自分の話を聞いてもらえないのに悩むのは、相手が自分にとって『 意味のある人』の場合にしか起こらない悩みのはずである。 大切なパートナーであったり、 家族であったり、職場の 上司部下の関係であったり…。 人は、自分の裁量で判断が許される事柄において、やってはいけないところで感情による意思決定を行う場合がある。 例えば、自分が任されている仕事で誰にも文句を言わせないだけの結果を出しているのに、「 生意気」「 気に入らん」「 人間的に好かん」という個人的な感情による理由で成果を還元しなかったり、わざと本人の負担になるようなことや困ることを社内での立場を利用して命じる上司などがそうだ。 大企業では、気に入らない部下を困らせようと社内での自分の立場や権限を利用して、大がかりな引っ越しをしなければならなくなるほどの人事異動をかけ、断れば解雇するといったタチの悪い人間もいる。 本来、人事異動は社員や組織の成長および事業方針によって決定されるものだが、会社や組織がもつ人事権は意外にも強く、人事異動は原則として 拒否できないことになっている。 業務命令の一環により拒否すれば「懲戒」の対象になるため、表向きは本人の意思で退職を願い出たかのように見せかけるために、給料を減額する口実としてわざと慣れない仕事や閑職に異動させて心理的に追い込み、自主退職に誘導するケースも珍しくない。 気の毒な話だが、今も日本のどこかで人事権、懲戒権の乱用に苦しめらている人がいる。 クソみたいな人間が人の上に立つと、それ以上のクソ会社ができ上がる。 そういう人間と関わっているとそれが普通になってしまい、気づいたときには人を見る目が腐っていて、まともな人間からは相手にされなくなっていたりするものだ。 人を蔑(さげす)む人間に余計な『力』を持たせると、その力を感情で行使するようになる。 大人の図体をした子供だ。 人が苦しむのを楽しむような人間は、いずれ 人に苦しむ自分に後悔するときが来る。 心のない人間に、人は決して振り向かない。 話を聞いてもらえない人の大半は、話を聞いてほしい相手に 自分では気づいていない『なにか』を欠いていることから気づかなければならない。 話を聞く人と話を聞かない人 人は無意識に 人を選んでいる。 いくらあなたの話を聞かないといっても、その人が耳を傾ける人は 必ずどこかにいる。 内容問わず、話しかけてもらえるだけで嬉しい人(好意)• 話し出すと、気分が良くなっていつまでもしゃべってしまう人(聞き上手)• 必要なこと以外は話しかけないでほしい人(極力しゃべりたくない)• 話どころか同じ空気を吸うのも嫌な人(話をする理由がない) あるという人は、自分がどういう理由で彼らを分類しているのか考えてみほしい。 自分自身を問い詰めれば、その答えは簡単に出てくるはずだ。 話を聞く気になれない人 まずは、 話を聞く気になれない人にはどういう特徴があるかを知っておく必要がある。 これがわからない人は、一生話を聞いてもらえる日は来ないだろう。 考えるのが難しいという人は、自分が 話を聞く気になれない人を想像してみるといい。 世界で販売部数3000万部を記録した、TSUTAYA以上の規模を持つ書店(丸善・紀伊国屋など)ならどこでも見つかるほど有名な著書だ。 この本の著者の スティーブン・R・コヴィーは、世界でもっとも影響力のあるアメリカ人25人の一人に選ばれ、国際的に高く評価されるリーダシップ論の権威であると同時に、家族問題のエキスパート、教育者、組織コンサルタントとして活躍した実績を持つ人物である。 彼はこの著書の「 第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される」の中で、 今回の内容に直結するともいえる核心に触れている。 特に著書の内容に関する引用に規制はかけられていないようなので、その一部を引用してみよう。 ある父親が私にこう言った。 「息子のことが理解できない。 私の言うことをまったく聴こうとしないんですよ」 「今あなたがおっしゃったことを繰り返すと、あなたは息子さんを理解していない、 息子さんが あなたの話を聴かないからだ、ということですね?」と私は尋ねた。 「そのとおりです」 「もう一度言いますよ。 息子さんが あなたの話を聴かないから、あなたは息子さんを理解できないのですね?」 「そう言ったはずですが」と彼は苛立たしげに答えた。 「誰かを理解するには、その人の話を聴かなければならないものだと思っていましたが」「あなたは息子さんの話を聴く必要があるのです」と私は示唆してみた。 「そうか」と彼は言った。 しばらく間をおいてから、「そうか」とまた言った。 霧が晴れたようだった。 「そうですよね。 でも私は息子を理解してはいるんです。 息子の今の状況をよくわかっているんです。 私も昔同じような経験をしましたから。 理解できないのは、なぜ彼が私の話を聴こうとしないのかということなんです」 この父親は息子の頭の中で何が起きているのかまったく見ていなかった。 彼は自分の頭の中を見て、そこに息子の世界も見えているものだと思い込んでいたのである。 — 『7つの習慣 人格主義の回復』 — 彼は、ほとんどの人が これと同じようなことをしているという。 加えて彼は、話を『聞く』姿勢は以下の4つのレベルの どれかだと続ける。 相手を 無視して話をまったく聞かない。 聞くふりをする (あいづちは打つが、話の中身はまったく耳に入っていない)。 選択的に聞く (話の部分部分だけを耳に入れる。 3歳~4歳ぐらいの子供のとりとめもなく続くおしゃべりには、大人はたいていこんなふうにして付き合う)。 注意して聞く (神経を集中して、相手が話すことに注意を払う)。 ほとんどの人は4番目のレベルが最高。 ところが、実はもう一段上に5番目のレベルがある。 これができる人はそういないのだが、それは… — 『7つの習慣 人格主義の回復』 — 話を聞いてもらえない人の大多数が、相手の話は1~3で聞き、自分が話す側になると 相手には4以上の姿勢を求める傾向がある。 こういう人は、相手の話を聞くことよりも自分の話を聞いてもらうことのほうが重要になっているはずだ。 だから相手の話には上っ面で、聞いているように振る舞い、自分がしゃべりたくなると相手の話を遮ってでも自分のタイミングでしゃべりだしたりする。 相手の話を1~3の姿勢で聞くということは、自分の話も1~3で処理されることに同意しているのと同じである。 相手は何も悪くない。 あなたと同じことをしているだけである。 お前の話は聞かれへんけど、俺の話は聞いてもらう! 国や自分が所属する組織の決定事項なら、納得するしないは別として人はそれに従うだろう。 ところが、 個人と個人の間でこの理屈は通用しない。 上司と部下であろうが、親と子であろうが、先輩後輩であろうが関係ない。 立場が上だろうが、人生の先輩であろうが、明らかに年下に見える相手であろうが、それ以前に人を人として見れない人間はその時点で問題があり、ナメられる。 話を聞かないという態度は、相手に対して内に秘めた何らかの感情からくる反発や抵抗を意味する。 心のどこかでナメられていることを示す態度の一つと言えるかもしれない。 そして、あなたの話を聞かない人を作った原因は、その相手ではなくほぼ100%に近い確率であなたにある。 相手があなたの話を聞かないのは、あなたの話を聞くことで何らかのストレスを抱えることになるという結果を、話を聞く以前にわかっているからだ。 話の内容そのものを聞きたくないのではなく、 話をする人間を拒絶しているのである。 この場合、何を言っても相手は話を聞こうとしない。 心理テクニックやそのスキルというのは、人格や人間関係の土台からは切り離されたものである。 テクニックを使って相手の話を聞くのは、場合によっては相手を侮辱することにもなる。 テクニックを使うということは、相手の立場ではなく自分の立場で聞き、結局のところ自分の自叙伝を押し付けようとすることに変わりはない。 例え自分の話をしなくとも、話を聞こうとする動機がどうしても自叙伝になってしまうのである。 神経を集中して熱心に話を聞いているかもしれないが、頭の中は 結局、最後はお前が決めるんやんけ。 そう思われても仕方ない。 しかし、まだ企画が進んでいる最中に意見を求められると、聞かれたほうはどう感じるだろうか。 まず、自分の存在がそこにあることを自覚するだろう。 次に、直接意見を求められたことで少なからず自分に期待と信用があることも確認できる。 また、「 俺は頼りにされている…」という心地よささえ感じる人もいるかもしれない。 同じ目的に向かって動いている間柄において、「 あなたの意見をぜひ聞かせてください」と言われて気分を悪くする人や断る人はいない。 なぜなら、「あなたの意見をぜひ聞かせてください」という表現の中には、 こちらの目的を断りにくくするための心理的要素が埋め込まれているからだ。 話を聞かせるための心理的要素を埋め込む 結局のところ、人を動かすために最後に必要なってくるのは心理学である。 知識の有無にかかわらず、それを感覚的にもわかっていない人間に人は絶対に振り向かない。 下記の例を比べてみると、その違いがよくわかるはずだ。 今度の企画の件、 これに決めようと思います。 今度の企画の件、 どう思いますか?• 今度の企画の件に、 意見はありますか?• 今度の企画の件で、 あなたの考えをぜひ聞かせてください。 説明するまでもないだろう。 ほぼ決定やけど「 意見だけ聞いておく」ともとれる表現だ。 また、 「答えても答えなくてもいい」という選択肢を排除し、「聞かせてください」という謙譲表現を使うことで相手を立て、より 「 答えなくてはならない」「 答えてあげてもいいか」という心理をあおっている。 ほとんど字数の変わらない一文だが、「何を言うか」ではなく「 どう言うか」で、相手のとり方はこれほどまで変わってしまうのである。 自分が言いたいことをそのまま口にするのは誰にでもできる。 自分が相手の立場になって、実際にこういう表現をすると自分ならどう聞こえるかを事前にシミュレーションしてから発言できるようになると、口から出てくる言葉も相手に伝える言葉も、その場に応じてどういう言葉が適切であるかがわかるようになってくるだろう。 押しつけたり決め付けたような言い方ではなく、 相手の主張が採用される可能性がある段階でその機会をふってあげる( 『主張( 意見 )できる機会を必ず相手に与える』)必要がある。 そうすることで相手は自分の存在を無視されているとは思えなくなり、あなたの話に耳を傾けるようになる。 相手の口から 直接相手の言葉で意見を求めることで、 いや、『テクニックやスキルは使わない』て言いましたやん! 『心理的要素を埋め込む』て、それテクニックですやん! そんな声が聞こえてきそうなので、これも誤解がないよう説明しておこう。 テクニックやスキルは、使う必要がなければ使わなくていいものである。 しかし、 使わなければならない場所もあるということはわかっておいてほしい。 例えば、成功するマーケティングやマネイジメントの背景には、必ずと言っていいほど人の心理をカバーした戦略が取られている。 目には見えないところでそれが機能しているため、人はその事実に何の疑いをもつこともなく、自分の思考や行動を『 自分の意思』によるものだと思い込む。 AppleもMicrosoftもAmazonも当たり前のように使っている。 新しいiPhoneが出るたびにそれを追いかける人がいたり、今でもMacよりWindowsユーザーが多い理由であったり、Amazonは「早い」「安い」と 思い込んでいる人がいたり、これらはすべて私たちが任意に選択した結果の集合ではなく、こうなるように仕組まれた結果なのだ。 テストもせず、戦略もなしに新しい商品を開発したところで売りたいものは売れない。 企業は経費をかけて商品を開発しており、売れたらいいではなく、 売らなければならないのである。 そう、 失敗はできないのだ。 となると、そこにはモノを売る、すなわちユーザーの興味を引き、関心を集め、商品を提供する代わりに 『支払い』という壁を消費者が確実に超えてくる戦略が必要になる。 どうしても伝えたい…• わかってほしい… というときは、 「なぜ」を抜かさない言葉で伝えてみるといい。 「なぜ」が抜けている場合、受け取った側にその「なぜ」が届いていないと相手は本当のメッセージに気づかないからだ。 二回に分けて、後から「なぜ」を付け加えると後付けみたいに聞こえることがあるので、できるだけ一回で言えるほうが望ましいだろう。 自分の話を聞いてほしいときはまず相手に言い分がないかを探り、あると判断した場合は 先に相手の話を聞くことに努めるようにすると聞いてくれるようになる。 相手のストレスをグラス一杯の水に例えるなら、相手が腹の中に溜め込んでいるものがあるのに、そのグラスが受けられないほどの水(要求)を入れようとすると当たり前だが水は零れて流れていく。 まずは、グラスに残っている汚れた水を捨てなければならない(相手が溜め込んでいるものをすべて吐き出させる)。 そうすることで、空っぽになったグラスは、グラス一杯の新鮮な水を受けられる(あなたの話を聞く 準備が整う)ようになる。 (相手に言い分があるときは) 先にしゃべらせる。 相手がしゃべっている途中に 話を遮ったり欠点や詰めどころを探してはならない。 相手と同じ気持ちになって相手の目線から相手が見ている世界を一緒に見るようにする。 相手が どういうことを言いたいのかが理解できたら、それらを整理して自分の頭の中にある言葉や自分が言いたい言葉ではなく、 相手が望んでいることに共感や同意を示す言葉に置き換えて発言する。 相手が落ち着いてきたのを確認したら、本当の要求を一つだけ伝える (このときの 相手の反応は気にしなくていい)。 すでに関係がこじれている場合はすぐには難しいと思うので、その場合はとにかく『 相手を優先』にすることから始めてみるといい。 少しずつこのプロセスを重ねていくことで改善されるようになるはずだ。 人は誰もが『 自分が理解されたい』と思って生きている。 この心理をわかっている人間は、『 先に相手を理解する』ことで『 自分も理解される』ことをわかっているため、最後に「 自分の話を聞いてもらいたい」という要求がある場合は、その目的の障害になることやわざわざ自分が不利になるようなことはしない。 相手の現状を知る前に 自分の都合だけで相手に絡みだすと、余計な悪材料が出る可能性が高くなる。 先に相手の話を聞くことに徹すれば、• 今この話はしないほうがいい• 今この話をしても耳に入らない 先に相手の話を聞くことで、 今やるべきではないことにも事前に気づけるようになる。 「 聞き上手は、話し上手」と言われるのは、決して話そのものが上手い人のことを言うのではなく、 先に相手を理解することに努めることによって、最後は相手も こちらの要求を聞かずにはいられなくなってしまうよう、 相手の心を動かすのが上手い人のことをいうのである。 話を聞かない人に悩んだときは、この記事を何度でも読み返してみてほしい。 何を書いているかではなく、 どういうことを書いているかがわかったとき、この悩みとは縁が切れるからだ。 今回の内容をもっと深く知りたいという方は、先ほど触れた以下の名著を手に取ってみることをおすすめする。 姉が誰に対しても被せるように否定してきます。 自分だけが正しい他は間違っている。 私が正しいから教えてやってるのになぜわからないんだ、バカだ、頑固だ、と押し付けてくるのにウンザリしています。 3の部分を拾って聴ける部分を聞くだけだと自分を尊重されてないと思うらしく、怒ります。 姉の操り人形として生きるか絶縁するか、しか選択肢がない場合はどうしたらいいのでしょうか。 例文で例えるとの「他の人の迷惑になるので」 の、迷惑に、、くらいで被せて「そんなのあんただって!!!!」と、ひたすら責めてまるきりキャッチボールにならずこちらの言いたいことはまるきり発せません。 ひとしきり聞いた後は自己完結しているのでそこから自分の意見を伝えるとあんたは人の話を聞いてなかったのか!!が始まりひたすら自己主張しかしません。 そういう人にはどうしたらいいのでしょうか.

次の

聞いて欲しい話があるよ

話 が ある よ 聞い て 欲しい よ

家に居た息子を拾って大手ショッピングモールに。 私は車の助手席でグッタリ・・・。 私はランチとお茶でおなかが減っていなかったので、 二人に付き合って何かちょこっと食べればいいや。 と思っていた。 すると息子もお昼ごはんの時間が遅かったらしく 「あんま減ってないや。 」との事。 「なんだよ減ってるの俺だけ?」夫は何故か不機嫌そう。 「夫の好きなの食べていいよ~。 お店どこにする?」 ヘロヘロになりながらもとにかく座りたい私はそう促したのだが、 「俺だけだったら何か買って帰ればいいんじゃん!」とか 意味わかんないんだけど夫が怒り出した。 「いやいや何も喰わないって言ってる訳じゃないのよ。 息子もちょこっと食べるよ?なぁ? 私も何か・・・餃子とビールダケ。 みたいのでいいのさ。 」 「えー!?何で俺が決めなきゃいけないの?じゃあこんなお店とかじゃなくて フードコートとかで勝手に好きなもん注文すりゃイインじゃん!」 何でどんどん怒って行くのかがわからない。 息子と顔を見合わせる。 「・・・いや、それでいいならいいんだけどさ。 夫は何か食べたいもの無いのかな? 合わせるよ?って言ってるんだけど?」 「なんだよ!俺ももう喰わねえよ!・・・お前がはっきりしないから!」 とか息子に何故か八つ当たりし始めたのでブチッと来てしまった。 何意味わかんない事言ってんだ。 息子関係ないだろが! 人の腹の減り具合に指図すんな。 食べたくないって言ってるやつに無理に何食わす気だ。 お腹の減ってるお前が決めていいってのの何ににハラたててんだ。 自分で決めたくないだけか!じゃあ何も喰うな!私はもう帰る。 勝手にしろ。 ワケわかんないんですけど喧嘩になりました・・・。 私は振り返りもせず夫と息子を置いて電車とバスで帰ることにしたのでした。 いったい何がいけないの?こちとらクタクタだってのに ご飯食べて、ゆっくりしてそれからですよ。 いつもいつも!!勘弁してよもおおおおお! 夫ってば単身赴任先から帰省してくる度色々くっつけてくるのとオツカレ様なので 初日~3日目くらいはこんな風にいつもワケの分からないイライラを ぶつけてくるんです。 ワガママというかカマッテちゃんというか。 非常にムカツクつっかかりかたをしてくるのでホント勘弁してくださいなのでした。 今回もお憑かれ様な感じはしてたんだけれど、 私が忙しかったのでケアはあとでゆっくりね。 と思ってたんです。 「今は勘弁してよねーーー!!昼間の母&姉達VSでライフゼロなのよ!」 逃げたんですワタシ。 ほんと耐えられなくて。 こんなこと初めてなんだけども夫の顔見るのも嫌になって逃げたんです。 そこからバスと電車乗り継いでホントに家に帰ってしまったのでした。 夕方最寄の駅のスーパーでヨロヨロして「もう・・歩けない・・・」とかなってたのに ここからバス乗って電車乗って駅から・・・やっぱ歩くのか。 (泣) 家まで1時間は掛かるな・・・。 モーローとしながらもなんとか家路に着いた。 そして塩風呂にがっつり浸かってる時に夫からメールが。 「そろそろ閉店だし集合しよう。 帰ろう」 ん?何を言っている?私はもう家にいますが? そして何平静な感じのメールを送って来てるのかしら? 「家に帰っているのだけど?」 そう返信したら 「そうか。 すまなかったな。 」 と返ってきた。 バッキャロー!何が「すまなかったな。 」だ!何か食べたのかな・・・? ちょっと心配なんかしながら帰ってくるのを不機嫌そうに待ってたんです。 ま・・・まだ許すもんか。 こっちだって怒ってんだ。 そんな風にモヤモヤしながら。 ところが!! 夫ったら息子をショッピングモールに置いたまま帰って来てしまっていたのでした。 ワタシにくっついて息子は一緒に帰ったと勘違いして。 息子は・・・親達が喧嘩を始めてしまい、あらあら・・・と思ってる間に 二人ともプンスカして行ってしまって、さてさてどうしたものか。 と思いながら・・・・ ショッピングモールをお父さんを探しながらブ~ラブ~ラしてたんだそうだ! なんでだ! その内閉店のアナウンスが流れ始めたので駐車場に行って見た所、 うちの車が無かったので「しまった置いていかれた。 」と思ったんだそうだが、 この時携帯もお財布も持っていなかった息子は連絡の手段も無く とりあえず外に出ようかな。 とショッピングモールを出て・・・・ 「走って帰ろ。 」 と思って走り出したんだそうだ。 車で30分掛かる距離だ。 家まで20キロくらいあるだろうか・・・。 もっとある? 夜中の10時だよ。 夫は家に戻って息子が居ない事に気がついて焦ってまた車で出て行った。 ワタシは「バカじゃねーの!」と不機嫌を引きずりつつ こりゃまずいことになった・・・と青くなっていた。 息子の事だから警察に駆け込むなどいう知恵はないだろう。 走って帰ってくる気だろうなのは想像できたけれどこの距離だ。 どうしたものかなぁ・・・やきもき考えていたら夫から連絡が。 「捕まえたから。 連れて帰る」 息子はショピングモールから10キロ地点くらいで汗だく状態で夫の車に確保された。 それが不思議な話で、海側の大通りを走っていた息子はふと、 「この先人って走って通れるんだっけ?やばいかもなぁ。 」と思い 市街地の旧道にコースを変えようと細い道を上がって来ていた。 夫は海側とは逆の市街地の旧道よりも更に山側の大通りを車で走っていた。 急いでいるのに前の車が鈍い。 こんな遅い時間なのに全然進まない。 焦った夫は市街地の旧道にコースを変えようといつもは曲がらない道に 入って細い道を下がって来ていた。 そして市街地旧道に出ようと右折したところで 海側から旧道に出てきた息子と出会ったと言うのだ。 奇跡や!夫と息子ははしゃぎながら帰ってきた。 10キロも走らされて奇跡も無いもんだわ。 とも思ったが いくら相手を探しているとはいえ、夜中に見知らぬ町のいつも通ったことの無い道で 親子がばったり会うなんてこと無いよね・・・。 何通りもあるコース、時間も違えば絶対逢えないままだった。 ワタシ達は息子に平謝りをしたのだが息子は 「いーよいーよしゃーないやん。 気にしない~。 」 と快く許してくれた。 子供みたいなケンカをした父と母を大人な息子は すごい包容力で許してくれたのだった・・・。 どんだけ恥ずかしいか。 それで夫は少しは息子への八つ当たりをやめるかと思いきや、 次の日も変わらず当り散らしていたので息子に嫌われていた。 ww やっぱり夫も「聞いて欲しい。 」「話したい事がある。 」なんだよね。 ずっとブツブツ怒ってた。 腰も痛くてなぁ・・・。 まいった。 ワタシは寝てなんとか回復したので 次の日夫の憑かれを取るため浄化の限りを尽くしたのだった。 あいつ・・・ほんとに自分でガードすること覚えて欲しい。 毎回毎回ホントに勘弁して欲しい。 だけどあの日は私も昼の間に母&姉達と一緒に居て いろいろ私の中からも噴出して滲み出てきてた物があったのだと思う。 疲れて余裕も無くなってた。 私だって「聞いて欲しい。 」「話したい事がある。 」だったんだろう。 はっきり「何が」という事はわからなかったけど、 そういう解放したい感情がまだ私には沢山あるんだということと、 息子の底なしの包容力に私も「母の娘」としての物凄い可能性を感じた。 私にも母を許せるかもしれない。

次の