メルカリ 購入。 【猿でも分かる】メルカリで購入する方法を解説します。

【猿でも分かる】メルカリで購入する方法を解説します。

メルカリ 購入

メルカリでコメントなしで購入はマナー違反?• メルカリ的には問題はない行為 メルカリってさ。 なんでいちいちコメントしなきゃならないんだろ。 逆になんでいちいちコメントしてから買うんだろ。 メルカリのルールではコメントなしOKなのに。 時間の無駄すぎる。 挨拶は購入してからでいいと思うのよね。 私はそれさえも特にいらないけど。 おかおの見えないお取引って書いてるけど、 — ぽっぷ💎ちょる kpop171717 メルカリでは、商品の購入前にコメントを送ることを、義務付けてないんですね。 そのため、 メルカリルール上は、即購入OKってこと。 そもそも、オークションでもないので、売値に満足したら、即購入できるのがメルカリの良いところ。 コメントなしで買うことは、正しい使い方なんです。 でも、 気をつけないと、コメントなしでの購入は、危ない時もアリ。 出品者によって、マナー違反になる可能性がある 「 コメントなしの購入なんて、非常識だ!」 と出品者から言われることも。 事前に「買いたいのですが、平気でしょうか?」 と、 コメントを送らないと、マナー違反と思われてしまう人もいるってことですね。 即購入する、具体的なデメリットをまとめてみました。 コメントなしで即購入する3つのデメリット 独自ルールがある人だと、購入後がめんどくさい ねーメルカリで独自ルールガッチガチの人ってなんなの????? たぶんあちこちに出品してるから勝手に購入されると困るんだろうけどさー 「プロフ必読」 「コメントなしでの購入禁止」 とか完全自己都合じゃん。 メルカリ公式はそれ認めてないからな? 出品者の数だけルールがあったら超面倒だよ。 出品者によっては、プロフィールに、 購入後にトラブルになりたくない場合は、事前コメントが必要かどうか、チェックすることが大切なんですね。 見てみると、意外と多くの出品者が、買う前のコメントを求めてることがわかります。 最悪、キャンセル申請がくることも メルカリでプロフィール必読とか書いてる人からコメントせず即購入 プロフ読んだら「購入前にコメントしてください。 コメントなしで購入されても非常識です」みたいなこと書いてあったけど大丈夫やろと思ってたけど甘かった キャンセル申請がソッコーで届いて理由が「迷惑です」だった。 謎ルール嫌い — モバ兄 Cellular6067 マイルールに厳しい出品者は、 最終的には、キャンセルされるまでに発展するケースもあるんです。 その出品者でしか買えない商品でない場合は、引き下がった方が、めんどくさくならずに済みますね。 買った側からしたら、 「 メルカリのルールにのっとってるのに・・・」 と何とも言えないモヤモヤが残りますが。 個人で売買ができるフリマアプリだからこそ出る問題なので、注意しながら利用したいですね。 以下で、トラブルを防ぐためにも、購入前にコメントすべき具体的な例を紹介します。 メルカリで購入前にコメントしたほうがいい例• プロフィールに、「購入前にコメント必須」と書かれている 正直、いちいちプロフィールの文章を見るのってめんどくさいですよね。 でも、購入後に、 マナー違反を指摘されて、不快な思いをするくらいなら、配慮すべきかも。 在庫の確認をしてくださいと注意書きがある 中には、• ヤフオク• ラクマ などと同時出品中で、すでに売れてしまっている場合も。 そのため、在庫を確認して欲しい出品者もいるんですね。 マナー違反と指摘する人も、もしかしたら在庫を気にしているのかも。 でも、基本的に、 2重で出品することは、メルカリで禁止されてるんです。 「出品者の方がマナー違反してるじゃん~?」 って感じがしますが、なかなか取り締まるのも難しいんでしょうね。 >> 商品の内容で気になることがある時 購入前に、聞きたいことがある って場合は、必ず質問をしておきましょう。 購入後に色々、商品のことを聞くと、 「事前にコメントしてくれませんか?」 なんて、相手を怒らせてしまうことも。 確かに、• 何かモヤモヤがあったり• 商品に疑問点がある って時は、 購入前にコメントして、スッキリさせてから、買う方が安心です。 購入後に 「 それなら、やっぱりいらないです。 」 って対応は、かなりのマナー違反になるので、要注意。 お互いが気持ちよく取引できるよう、配慮できる売買をしたいですね。 まとめ• メルカリでコメントなしで購入は、メルカリ上では問題ない• でも、出品者によっては、マナー違反になることも• 即購入する時は、事前にプロフィール文章の確認が大切• 出品商品の疑問をなくし、確実に購入意思のあるタイミングで買うように.

次の

メルカリの購入方法や購入後の流れを徹底解説!

メルカリ 購入

メルカリの「即購入禁止」に注意! メルカリにはユーザー同士の独自のルールがいくつかあります。 代表的なものが「専用出品」です。 他の人は買わないでねという意味で、基本的にはフリマアプリ全般で使われています。 専用については、「」で書いているのでご覧ください。 専用の他にも暗黙の了解のようなルールがあり、そのひとつが「 即購入禁止」なのです。 メルカリのようなフリマアプリでは、提示されている価格ですぐに購入することができます。 それが最大の特徴でもあるのですが、それを禁止するのが「即購入禁止」なのです。 つまり、出品者にコメントをして確認した後で購入してくださいということです。 なぜ即購入してはいけないのか?出品者の心理 出品者が即購入禁止にする理由は大きく2つあります。 やラクマなど、他のサービスも使っている可能性があります。 しかも1つの商品を、同じタイミングで複数のサイトに出品していることもザラにあります。 もし他のサービスで購入されてしまったら、その商品が売り切れになるので、メルカリで買い手がついてしまうと困ってしまいます。 しかも、すぐに支払いを済ませるユーザーも多いので、キャンセルの理由の説明をしなければなりません。 それを防ぐためには、メルカリで購入されるときに商品を確保しておく必要があるので、コメントがあったタイミングで他のサービスの出品を停止するといった対応をするのです。 注意したいのは、ヤフオク! とメルカリでは同時に 同じ商品を出品することができない点です。 ヤフオク! の禁止行為の中に「同じ商品を、他社のサービスやその他の方法によって、二重に出品すること」とあるからです。 ヤフオク! では、他のサービスに同じ商品を同時に出品してはいけないことになっている メルカリには記載がないとはいえ、ヤフオク! ではルール違反になるので、二重出品をしてはいけません。 また、ラクマには二重出品についての記載がないので、メルカリとラクマでの二重出品は可能といえそうです。 そういったユーザーとの取引を避けるために、いったんコメントをしてもらうこともあります。 評価を見て問題がなければそのまま購入手続に入ってもらいますが、評価が悪い場合には取引を断ってしまうユーザーもいます。 即購入禁止の反対「即購入可」「即購入OK」 メルカリのシステム上では、すべての商品は提示されている価格での購入ができます。 これが正式なルールなのですが、あえて「即購入可」と書いて、即購入禁止ではないとアピールする出品者もいます。 即購入可能とあれば、出品者にコメントをする必要もありません。 同じような意味では「即購入OK」が使われます。 即購入禁止はメルカリの公式ルールではない メルカリ内で浸透している即購入禁止ですが、実はメルカリの公式なルールではありません。 冒頭でも書いたように、ユーザー同士が決めているルールなので、これを破ったからといってペナルティを受けることはないのです。 とはいえ、メルカリではかなり使われているルールなのは事実です。 即購入禁止を破って購入してしまうと、コメントでクレームを言ってくることもありますし、中には取引をキャンセルする出品者もいます。 スムーズな取引を行うためには、出品者が決めているルールを知り、納得できるのであればできるだけ従った方がいいかもしれません。 即購入禁止が書いてある場所 購入希望者は、出品者が即購入禁止にしているかどうかを確認しておいた方が無難です。 多くの出品者は商品説明欄に「即購入禁止」あるいは「コメントしてから購入」と書いています。 他に書いてあるのはプロフィールです。 プロフィールに書いておけば、出品した商品度に「即購入禁止」を書かなくて済むからです。 稀に商品名(タイトル)やアカウント名に「即購入禁止」を含めている出品者もいます。 過去にトラブルがあったのでしょうか、余程気をつけてほしいのだと思います。 何も書いていなければ即購入可能 商品説明やプロフィールを見ても「即購入禁止」となければ、即購入可能と思っていいでしょう。 値下げ依頼をする場合は別ですが、しないのであれば、そのまま購入手続に入っていきます。 もし出品者から何か言われたら、「何も書いていませんでした」と伝えれば問題ありません。 購入していいか聞いているときに横取りさることも あるユーザーが出品者に購入の意思を伝えるコメントをしているときに、他のユーザーが購入してしまうこともあります。 メルカリでは「横取り」といって、ユーザーから嫌われる行為ではあるのですが、先に購入手続をした人が優先されるのがメルカリの基本ルールです。 出品者によっては、先にコメントをしてくれた人を優先して、横取りをした購入者との取引をキャンセルすることも稀にあります。 ただ、本当に稀なことですし、出品者としては提示された価格で買ってくれる人がいればいいので、横取りの取引のキャンセルはあまり期待はできないと思います。 即購入禁止を無視してトラブル? 出品者が即購入禁止にしているにも関わらず、コメントをしないで購入してしまうと、キャンセルなどのトラブルが起きる可能性があります。 いくら購入者が欲しい商品だと思っていても、出品者が発送しないと手元には届きません。 時間がたつとキャンセル依頼をメルカリ事務局に出せるので、何もなかったようにキャンセルしてしまうこともあります。 メルカリ事務局はトラブルを解決してくれる? 即購入禁止による出品者と購入者のトラブルが起きた場合、メルカリ事務局は間に入って解決をしてくれるのでしょうか。 残念ながら、解決はしてくれないと思います。 理由は、即購入禁止がメルカリの公式ルールではないからです。 あくまでユーザー同士が勝手に決めていることなので、当人同士が話し合いなどをして解決するのが妥当だと思われます。 トラブルを防止するには? メルカリにおいて即購入禁止のトラブルを防ぐためには、商品説明やプロフィールをちゃんと読むことです。 その上で、即購入が禁止されていたら、それに従うのがベターといえます。 いくらメルカリの公式ルールではないとはいえ、トラブルに発展してしまうのは面倒です。 また、即購入禁止などが書いてなくても、念のため出品者に質問するのも手です。 「購入希望です」だけでもOKです。 それに対して出品者から何らかの返事があれば、購入手続を進めます。 そうすれば、トラブルもなく取引ができるはずです。 相手が見えない取引だからこそ、自分の方で注意をしておくことが、結局自分を守ることにつながっていくのです。 【関連記事】.

次の

メルカリで購入後に住所変更はできない?匿名配送の場合や古い住所に送ってしまった時の対処法とは?

メルカリ 購入

メルカリを利用していると 即購入OK、即購入NGなどの文言が目立つ。 いったい、これはどういう意味なのだろうか? メルカリ初心者の人にとってはメルカリの即購入ルールは少し分かりづらいものかもしれない。 そこで、メルカリの即購入にまつわるルールについて、即購入OK・NGを例に挙げて紹介していく。 メルカリの謎ルール…即購入とは? メルカリではローカルルールとして即購入という文化がある。 ローカルルールとは、運営側が正式に認めていないユーザー独自のルールというわけだ。 そのルールを破ったからと言って何も問題ないのだが、知らないとユーザー間のトラブルに発展しやすいのでメルカリの即購入にまつわるルールは覚えておいて損はない。 メルカリの即購入NGとは? メルカリの即購入NGとは、購入前にコメント欄で「購入してもいいですか?」と出品者に尋ねることを出品者側が設定したルール。 出品者がこうしたルールを設定するのは以下の理由が挙げられる。 他のフリマアプリやオークションでも出品しており、購入の重複を避けるため• 評価の悪い購入者を弾くため どちらも、出品者の気持ちとしては即購入NGを設定したい理由も分かる。 それを知らずに即購入してしまうと、初めから微妙な空気の中で取引がスタートするので、購入者は「即購入NG」と書いてあれば、先にコメント欄でやり取りした方が良いだろう。 それが、即購入OKだ。 これは文字通り、「コメントせずにそのまま購入してOKですよ」というものだ。 出品者によってはコメント欄で購入の許可をするやり取りが面倒な場合もある。 たくさん出品しているユーザーならばなおさらだ。 また、コメント欄でのやり取りを先に求めると値下げ交渉に巻き込まれる可能性があるので、値段と商品が気に入ったならすぐ購入していいですよ〜というスタンスの方が効率は上がる。 僕自身、即購入OK派だ。 購入者はどちらに対応すべきか このように出品者によって、即購入の可否が分かれる。 冒頭でも述べたように、即購入自体はユーザーが独自に設定したローカルルールなので守る必要はないのだが、無用なトラブルを避けるためにも出品者の希望に応じてに対応すべきだろう。 特に即購入NGを設定している出品者の場合は横取り問題も発生しやすいので、 気づかない内に商品を横取りしてしまっていた、ということがないように注意したい。 メルカリってさ 自分が先にコメントで 会話していたのに 第3者が無言で即購入していくの すごい腹立つよね わかってくれる人いるかね。 — 尾原 18NyABmhpY868ST メルカリのルール自体は問題ないのだが、このようにユーザー間のトラブルを招きやすい。 haruharu5.

次の