ルビーウェポン ff14。 【FF14】極ルビーウェポン討滅戦(前半)

極ルビーウェポン討滅戦攻略 後半フェーズ【動画あり】

ルビーウェポン ff14

極ルビーウェポン前半・ボスの技概要 ボスが使用する技名と攻略概要を一覧します。 詳細な攻略方法は、記事最後にあるタイムライン表に則って後述しますので、参考にしてください。 フレキシブルクローは詠唱が見えるので表記していますが、この技自体は何も起きません。 フレキシブルの次に何を詠唱するかでギミックを判断しましょう。 円と円の間に立った時、ボスに向かってやや左側が安地。 ひび割れの上にルビースフィアを捨てていく。 レイヴェンクロー後の2つの技どちらかが、それぞれ前半と後半にきます。 前半にこなかった方が後半に採用されます。 ルビースフィア…対象者のいた位置に赤いダメージ床設置。 レイヴェンダイブ…ボスが矢印の向きに突進してくる。 1回目の突進(3方向)は爪無し。 2回目の突進はボスを確認し、爪の出ていない側で回避。 東西の端に4名ずつ並んで処理。 なるべく 安地以外に待機してレーザーを誘導してから回避しましょう。 (中央の3円の発動を見てすぐ中央に飛び込んでも回避できます) 《レイヴェンクロー(タイムライン11〜12、26〜27)》 8方向にひび割れが伸びてくるので、自分の散会場所に 伸びてきたひび割れの長さを確認します。 短ければひび割れの先端から離れる、長ければ内周の範囲の外ギリギリでひび割れに乗ると、AoEに接触せず回避可能です(画像赤丸の位置が回避目安)。 基本は 短ければ外、長ければ内。 近接に短いひび割れがきた場合、隣のひび割れ位置で回避しても大丈夫です。 ひび割れの後に「 クローマイン」か「 リクェファクション」の詠唱が始まります。 クローならひび割れに乗らない、リクェファクションなら乗る(自分の持ち場のひび割れ)と覚えておきましょう。 クローマインなら、自分のひび割れから時計回りにずれた広場で3回捨てましょう。 リクェファクションならひび割れ以外が流砂になるので、ひび割れ上で最も外側から順に捨てていきます。 最後に中央に全員が集合する事になるので、中央には捨てないよう注意してください。 《レイヴェンダイブ1回目(タイムライン17)》 1回目のレイヴェンダイブです。 ボスが出現場所から矢印に沿って突進攻撃を行います。 矢印の幅よりもかなり広い判定になっているので、流砂を踏まないギリギリのところに退避しましょう。 下図は突進矢印の出現例です。 爪の位置(画像の赤いギザギザ)まで来たら、ボスが左右どちらかの爪を出すために少し動きが止まります。 この時しっかり 爪のない方を確認し、そちら側の端に退避しましょう。 退避目安は下画像のように、 1回目の爪範囲だった方角を意識すると良いでしょう。 ルビーダイナモと、ヒラ2名に頭割りの詠唱が始まります(頭割りは高出力誘導レーザーですが、詠唱中の技名は表示されません)。 ボスの足元が安地なので、 左右4名ずつ分かれて頭割りを処理。 その後ボスがいた位置からクロースラッシュ(前方扇型範囲を行いつつ直進)です。 頭割りを処理したら、図のようにボスを挟んだエリア両サイドに散会。 突進しながら扇型範囲攻撃をし続けるので、両端に並んで回避しましょう。 この時全員にAoEが発生するので、重ねないように並びます。 クロースラッシュ後は距離減衰が着弾するので(散会で並んでいた列の中央2箇所に発生)、すぐにボス足元に集合して回復をもらいましょう。 《レイヴェンダイブ2回目(タイムライン32)》 2回目のレイヴェンダイブです。 事前にリクェファクションで内周が流砂に変化しているので、 外周でボスの突進矢印を確認します。 爪まで到達すると、再び片側に爪が出現。 前半と同じように確認し、 爪のない方の端で回避しましょう。 ボスの向きを参考にすると回避の準備が楽になると思います。 タイムライン33で時間切れの魔導アルテマを見ましたが、場合によっては19〜22へループしてから時間切れになる模様? HP残によるのかもしれませんが、詳細は不明です。 ヒーラー視点ポイント レイヴェンクロー(ひび割れギミック)中は3連AoEがあるので、事前にhot等かけておきましょう。 ヒールをつぎ込むならこの辺りに取っておきましょう。 爪は今のところバリアなど張ってもタンク以外即死級のダメージです。 爪ターンは回復よりも回避を優先してください。 タンク視点ポイント ストンピング後に耐性低下が付与されるので、このタイミングで随時スイッチしましょう(一応そのままでも行けないことはないです、要相談)。 大技を使うときはボスが勝手に移動するので、位置固定で大変なシーンは少ないと思います。 基本的なギミックは全員共通。 タンクとしては後半戦(前半終了後)の方が痛い攻撃が多いので、前半戦はどれだけ余計な被弾をしないかが鍵となります。 前半はどのロールもギミック処理を身につけるのがポイントとなるでしょう。 極ルビーウェポン前半タイムライン No 技名 概要 1 魔導アルテマ 全対攻撃 2 ビット射出 エリア外にビットが出現 3 フレキシブルクロー 詠唱のみ 4 魔導レーザー ビットから直線範囲攻撃 5 スパイラルクロー 曲線に沿って連続円形範囲攻撃。 レーザーを誘導してから安地へ(円同士の間のやや左) 6 魔導レーザー ビットから直線範囲攻撃 7 スパイラルクロー 曲線に沿って連続円形範囲攻撃。 レーザーを誘導してから安地へ(円同士の間のやや左) 8 魔導レーザー ビットから直線範囲攻撃 9 ストンピング MTに強攻撃(スイッチ) 10 フレキシブルクロー 詠唱のみ 11 レイヴェンクロー 8方向にひび割れが起こり、ひび割れの先端を中心に円形範囲攻撃 12 リクェファクションorクローマイン リクェファクション・・・ひび割れ以外が流砂に。 ひび割れの上にAoEを捨てていく クローマイン…ひび割れ部分がダメージ床に。 同時にヒーラー2人に頭割。 ボスの足元で2組に分かれて受ける 21 クロースラッシュ 前方扇型範囲攻撃を行いながら、ボスがエリア端まで突進。 同時に全員にAoE 22 (魔導爆雷) クロースラッシュ後の距離減衰攻撃。 ボス足元に集合 23 ルビーレイ ボス前方広範囲に攻撃 24 魔導アルテマ 全対攻撃 25 フレキシブルクロー 詠唱のみ 26 レイヴェンクロー 8方向にひび割れが起こり、ひび割れの先端を中心に円形範囲攻撃 27 リクェファクションorクローマイン(12でこなかった方) リクェファクション・・・ひび割れ以外が流砂に。 ひび割れの上にAoEを捨てていく クローマイン…ひび割れ部分がダメージ床に。 ひび割れから離れてAoEを捨てる 28 ルビーレイ ボス前方広範囲に攻撃 29 魔導アルテマ 全対攻撃 30 フレキシブルクロー 詠唱のみ 31 リクェファクション 内周が流砂に変化 32 レイヴェンダイブ 矢印に沿ってボスが突進攻撃。 1段階目の突進が終わると外周が流砂に変わるので、内周に行く準備をしておく 33 魔導アルテマ 残HPによって時間切れor19〜22の後時間切れ?.

次の

【FF14】【攻略記事】極ルビーウェポン破壊作戦

ルビーウェポン ff14

~前置き~ 極ルビーウェポンを攻略していきましょう。 ルビーウェポンはノーマルも極も前半フェーズと後半フェーズに別れており、極では一度後半フェーズに突入すると全滅後は後半フェーズから始まるシステムになっています。 なのでまずは前半フェーズ安定クリアを目指して進めていきましょう。 前半フェーズの解説はこちらからどうぞ。 後半フェーズは正直なところ前半フェーズよりも簡単なのでは?説が僕の中で話題になっています。 実際の戦闘時間は3~4分程度ですし、案外アッサリです。 とはいえ、崩れやすいギミックはあるので詳しく解説していきます。 大抵のPTでは後半フェーズ移行後、あえてワイプするPTが多いです。 正直ワイプしなくてもいいかなと思いますが、そのへんはお好みで。 (野良だと今の所100%ワイプしています。 リセットしたほうが楽な感じがしますね。 うまくコピペできない場合はtxt形式でダウンロードしてください。 追記:野良(RF)では以下のものがよく見られます。

次の

ウェルリト戦役

ルビーウェポン ff14

4 Y:31. ボスの爪から伸びる細い線に乗ることで沈下状態を回避できる。 ダラガブが地上に着弾するまでに雑魚を倒し、エーテル密度を下げる。 (倒すと1体毎にエーテル密度が50減少) メテオストリーム DPS4名対象の円範囲攻撃 ダラガブインパクト 全体範囲攻撃(エーテル密度が下がっていないと被ダメージ増加) メテオ計劃 ダラガブエーテル密度表示(密度100) 魔導メテオ 上空からメテオが降ってくる。 魔導コメット後に着弾 魔導コメット フィールド4箇所に距離減衰攻撃。 ダラガブが地上に着弾するまでにコメットを破壊し、エーテル密度を下げる。 ボスの爪から伸びる細い線に乗ることで沈下状態を回避できる。 1回目の魔導アルテマ後、ルビーウェポンは上記の順にアクションを行います。 「リクェファクション」でフィールドが砂に覆われ沈下状態になりますが、放置していると即死するため、 ボスの爪から伸びる細い線に乗って即死を回避しましょう。 フィールド中央の線の内側に入っていると、範囲が避けやすいです。 レイヴェンダイブ フィールドの模様に沿ってボスが突進攻撃を行います。 当たるとタンク以外即死なので、ボスと範囲をよく見て攻撃を回避しましょう。 1回目では線の上が安置でしたが、3回目では線の模様の範囲外が安置となるため気をつけましょう。 後半フェーズで注意すべき攻撃 メテオ計劃1回目 メテオ計劃1回目では、雑魚が2体出現します。 雑魚を倒すとエーテル密度が50ずつ減り、2体倒すことで0になります。 その後のダラガブインパクト(全体範囲攻撃)着弾までに雑魚を倒し、エーテル密度を0まで下げて被ダメージを抑えましょう。 なお、雑魚処理の最中にDPS4名に断続的に「メテオストリーム(円範囲攻撃)」が行われるため、ヒーラーはDPSのHPをしっかりと戻していきましょう。 メテオ計劃2回目 メテオ計劃2回目では「魔導コメット」でフィールド4箇所に距離減衰マーカーがつくので、フィールド中央か外周で距離減衰を受けます。 着弾後、着弾後4箇所に岩が出現するので、岩陰に隠れてメテオを回避しましょう。

次の