ナイトブラ 毎日 洗濯。 ナイトブラは何枚必要?毎日使うなら3枚以上がおすすめ!

【ナイトブラ洗濯方法】長持ちさせる秘訣とは?10倍変わるお手入れのコツ

ナイトブラ 毎日 洗濯

ナイトブラは型崩れや伸びで効果がなくなる! ナイトブラは、せっかく自分にピッタリなものを選んでいても、間違った洗濯方法や干し方をすることで、伸びや変形を起こしやすくなります。 ナイトブラはバストにジャストフィットすることにより、 寝ている間のバストの流れを防止しながら、集めた脇肉もバストに定着させるという役割を担っています。 そのため、伸びて緩んでしまったものやカップの形が崩れているナイトブラを着用しても効果がないばかりか、反対にバストの形を崩す原因になってしまいます。 そのようになってしまったナイトブラ(日中用のブラジャーも同じことがいえる)は、その役目が終わった(寿命がきた)ということなのです。 ナイトブラはそのつくりから(ノンワイヤー・ソフトカップなど)日中用のブラジャーほど注意して扱われないことが多いように思います。 もちろん、ナイトブラは就寝中の動きに対応できるように伸縮性に優れた素材を使用し丈夫につくられていますが、正しい洗濯方法や干し方で、できるだけ長くナイトブラの効果を持続させましょう。 ナイトブラを洗う頻度は? 「 ナイトブラは寝るときに着けるだけで、あまり汚れないから数日着用しても大丈夫」なんて思っていませんか? 寝ている間は活動しないため汗も多くはかかないと思いがちですが、深い睡眠に入るには体温を下げる必要があります。 この眠るための体温調節などによって、 一晩に200ml〜600ml程度の汗をかくといわれています。 高温になる夏はもちろん多くの寝汗をかきますが、冬でも布団や毛布などで暖かくして眠るため夏よりも寝汗が多くなることもあるとか。 女性は特に生理中や妊娠中は体温が上がるため寝汗も多くなります。 さらに 皮脂は、夏よりも冬の方が多く分泌されます。 特にナイトブラと接触する肩や背中・胸などの皮脂の分泌量は夏の4倍以上になります。 一晩の間にしっかり汗や皮脂を吸い込んだナイトブラは、毎日着替えるようにしましょう。 また、汗や皮脂汚れは時間が経つほど取れなくなってしまい、ナイトブラが黄ばみや変色を起こしやすくなります。 まとめて洗濯するのではなく、一晩着用したものはなるべく早く洗うことでナイトブラの変色を防ぐようにしましょう。 理想的な洗濯頻度は、お風呂に入るときに朝脱いだナイトブラと日中着けていたブラジャーを一緒に洗うことです。 少し面倒と思うかもしれませんが、ブラジャーを長く美しく保つためにも習慣にすることをおすすめします。 ナイトブラの正しい洗濯方法と干し方 ナイトブラも日中用ブラジャーと同じように手洗いが基本です。 洗い方と干し方の手順は以下の通りです。 ナイトブラに挿入されているパッドを取り外す(脱着可能な場合)。 洗い桶にぬるま湯をはり、中性洗剤(おしゃれ用洗剤ならベスト)をよく溶かし、ナイトブラと取り出したパットを入れる。 洗い方は振り洗いと押し洗いが基本(もみ洗いやつかみ洗いは不要)。 洗剤成分がなくなるまでしっかりすすぎをする。 ネットに入れて洗濯機で軽く脱水する。 脱水後はブラの形を整え、ナイトブラのアンダー部分の2箇所を洗濯バサミでとめて日陰に干す(ショルダー部分が下になるように)。 パットも形を整えて日陰干しする。 新洗濯表示記号の意味 JISによる洗濯表示はISO(国際規格)との整合を図るため、平成28年12月以降から変更になっています。 新しい洗濯表示は、洗濯記号が41種類になり(従来までは洗濯記号の種類が22種類であった)、繊維製品の取り扱いに関するきめ細かい情報が提供されるようになっています。 ラディアンヌのナイトブラは、背中の内側部分に新しい洗濯表示が明記されています。 ナイトブラを正しく洗濯していただくためにも、新しい洗濯表示とその意味を理解していただければと思います。 参考: 桶のマーク 桶のマークは洗濯処理記号です。 ラディアンヌのナイトブラの洗濯処理記号は桶に手の記号が付加されていますが、手洗いによる洗濯処理ができるということです。 これは、漂白処理ができないということです。 アイロンのマーク アイロンのマークはアイロン処理マーク。 ほとんどのブラジャーでアイロン処理はできなくなっています。 以上5つの洗濯表示内容から、ラディアンヌのナイトブラは、手洗い・漂白剤不可・日陰干し・ノーアイロン・ドライクリーニング不可ということがわかります。 消費者庁, 洗濯表示(平成 28年12月1日以降) ナイトブラの保管方法 ナイトブラは日中用ブラジャーと同じく毎日着用するものなので、できるだけ取り出しやすい場所に収納しましょう。 以下はナイトブラの保管方法です。 パッド付きナイトブラの場合 収納の際は、十分に乾燥しているか確認することが大切です(特にパッドは乾燥が遅いため注意)。 湿り気があると、カビや悪臭の発生につながります。 収納するときは、外していたパッドを元に戻し形を整えます。 パッドを取り出したまま収納してしまうと、着用の際にパッドを入れる手間が面倒になります。 また、どのパッドがどのブラジャーのものかわからなくなってしまう可能性もあります。 たたみ方は日中用のブラジャーと同じように、ショルダー(肩紐)や背中部分とカップ横(サイドベルト)部分をカップ内にきれいにたたみ込みます。 なるべくカップの形を維持したまま引き出しなどに収納しましょう。 収納のコツは、詰込み過ぎないことです(ブラジャー専用ボックスなどを使用すると便利)。 詰込み過ぎると取り出しにくくなり、ナイトブラの型崩れの原因にもなります。 パッドなしナイトブラの場合 ほとんどのナイトブラにはパッドが挿入されていますが、中にはパッドなしのナイトブラもあります。 パッドがないナイトブラは、ナイトブラを真ん中で二つ折りにして、ショルダー部分やベルト部分をカップの中に収めるようにきれいにたたみ込みます。 なるべく立てて収納すると、取り出しが簡単で便利です。 最後に ナイトブラは日中用のブラジャーと同じで、女性のバストを美しく保つための大切なアイテムです。 ナイトブラも、正しく洗濯して正しく干す、そして正しく保管することで型崩れや素材の伸びを防ぎ、ナイトブラの機能を維持し長持ちさせることができます。 日中用のブラジャーと同じようにナイトブラも大切に扱い、できるだけ長く着用しましょう。

次の

ナイトブラのお洗濯を教えます!頻度や注意点は?

ナイトブラ 毎日 洗濯

本アンケート調査は、自由に引用いただいて構いません。 引用する際は「眠れるひつじのナイトブラ教室」という文言と、当記事のリンクを必ず明記いただくようにお願いいたします。 みんなナイトブラは何枚持ってるの? ナイトブラを持っている女性100人に「 ナイトブラを何枚持っていますか?」という質問を投げたところ、以下の答えが返ってきました。 Q「あなたはナイトブラを何枚持っていますか?」 1枚持っている 22人 2枚持っている 37人 3枚以上持っている 41人 ナイトブラを持っている枚数が1番多かったのは「 3枚以上持っている」という答え。 ほとんどの人が3枚以上ナイトブラを購入して着用しているようです。 またアンケート調査では、ナイトブラを持っている枚数に加えて使う頻度も聞いてみました。 Q「ナイトブラを使う頻度はどのくらいですか?」 毎日使っている 48人 週5〜6日使っている 13人 週3〜4日使っている 21人 週1〜2日使っている 18 人 約半数の方が「 ナイトブラを毎日使っている」という回答に。 毎日使うならやっぱり3枚以上は持っておきたいですね。 ナイトブラは何枚必要? 毎日使うなら3枚以上がおすすめ! ナイトブラの購入枚数に迷ったら、 まずは3枚用意すること をおすすめします。 ナイトブラは昼用ブラと同じように毎日使うこと、毎日洗濯するのが当たり前です。 1枚だと確実に少ないですし、2枚だとギリギリ洗濯がまわりません。 洗濯中も着まわしが出来て安心な枚数が 3枚 です。 ちなみに1枚を使いまわすと1ヶ月〜2ヶ月でゴムがヨレてきます。 3枚以上準備すれば半年〜1年は使えます。 1枚のナイトブラを使いまわすよりも確実に長持ちするので、余裕があれば3枚用意しておきましょう。 3枚のナイトブラは同じ種類を選びましょう! 用意する3枚のナイトブラは 全部同じ種類を選ぶようにしてください。 たまに違う種類のナイトブラを3枚用意する私みたいな人がいますが非常におすすめできません。 ナイトブラには特有の締め付け感や補正力があるため、毎日違う種類のナイトブラを着ければ効果も半減します。 柄や色味を変える分には問題ありませんが、 ナイトブラの種類を変えるのは避けるようにしましょう。 3枚セットなら値段も安くなる! しかも 同じ種類のナイトブラなら複数枚セットで値段も安くなります。 3枚以上の購入なら送料無料、割引価格適用など、キャンペーンを実施しているナイトブラもあるので要チェックです。 単品購入は値段も高くなるし、長持ちもしないので1番損する買い方 (私は単品購入で損をしてしまいました、、、) 何枚準備すれば良いか悩んだら、 まずは3枚用意してナイトブラ生活を続けてみましょう! どのナイトブラが良いか悩んだら以下がおすすめです!.

次の

ナイトブラの正しい洗濯方法。専用ネットで安心☆乾燥機を使うのはダメ?

ナイトブラ 毎日 洗濯

買い替えや洗い替え用にあと1枚 限定価格のキャンペーン実施中 ナイトブラの正しい洗濯方法|長持ちさせるポイント5選 まずは、ナイトブラの正しい洗濯方法を学んでいきましょう! ナイトブラを長持ちさせるためには、5つのポイントをおさえることが大切です。 ずばり可能な限り、「手洗いが望ましい」です。 ナイトブラは機能性に優れたブラジャーです。 サイドやアンダーのゴムの位置や幅、適度な締めつけ具合、生地の伸縮性、カップの位置など、細やかに計算されて作られています。 洗濯機を使うと、洗濯物はぐるぐる回されたり、引っ張られたりしますよね。 それが積み重なると、どうしてもナイトブラの複雑な構造に影響を及ぼしてしまいます。 だから、できることならば手洗いをおすすめします。 でも、手洗いには時間も手間もかかります。 忙しい現代人にとっては、正直言って難しい! ナイトブラは睡眠中の肌に直接着けるもの。 睡眠中には一般的に約500mlの汗をかくと言われています。 下着は一晩でそれだけの量の汗を吸っているのです。 手洗いができないからといって毎日洗濯しないのは、生地の傷み以前の問題。 とっても不衛生です。 ですから、 手洗いが難しい場合は、迷わず洗濯機を使いましょう! 最近の洗濯機の進化は著しく、昔のものと比べると、生地の傷みを格段に減らせるようになっています。 この後紹介するコツ4つを同時に守れば、ナイトブラを洗濯機で洗濯しても、ある程度長持ちさせることができますよ! もちろん手洗いに比べると、洗濯機を使う方が、ナイトブラの寿命は縮まります。 手洗いでも洗濯機でも、洗剤はご使用中のナイトブラに合わせ、• 中性洗剤• 弱アルカリ性洗剤 を使いましょう。 「中性洗剤」とは、「おしゃれ着洗剤」とも呼ばれる種類の洗剤です。 「弱アルカリ性洗剤」は普段使いの一般的な洗濯洗剤です。 「中性洗剤」は「弱アルカリ性洗剤」に比べ洗浄力が弱いのですが、その分生地に優しいため、「シルク」「ウール」などのデリケートな素材を洗うのに適しています。 もしも「シルク」などの素材に「弱アルカリ性洗剤」を使ってしまうと、生地が傷んでしまいます。 どちらを使えばいいかは、お持ちのナイトブラの取り扱い表示を参照します。 生地に縫い付けられているタグがあるかどうか、探してみましょう。 取り扱い表示中に「中性」など洗剤の指定がある場合は、それに従います。 表示が見つからなければ、素材を確認してみましょう。 「ポリエステル」や「綿」や「ナイロン」などを用いたナイトブラならば、弱アルカリ性洗剤を使って洗濯してOKです。 もし、「シルク」などを用いているなら、中性洗剤で洗うようにしてください。 ナイトブラを生地の急速な劣化や型崩れから守るためです。 洗濯機の中にそのままナイトブラを入れてしまうと、中でぐるぐる回り、生地が引っ張られてしまいます。 また、他の衣類とこすれたり、絡まったりします。 洗濯ネットに入れれば、ナイトブラが他のものとこすれたり絡まったりすることを防ぐことができます。 下着専用のネットに畳んで入れることができれば、さらに良い対策になります。 ナイトブラのサイズに不相応な大きさのネットだと、ネットごと他の衣類と絡んでしまうこともありますが、下着専用ネットは小さいのでその心配がなくなるからです。 ナイトブラがネットの中で遊んでしまうことも避けられます。 下着専用の小さな洗濯ネットは百円ショップなどで簡単に手に入るものなので、お持ちでない方はこの機会にぜひ揃えておきましょう。 ちなみに洗濯ネットは、ナイトブラの購入特典としてついてくることもありますよ。 ナイトブラは特に、コットン、ナイロン、ポリウレタンなど、熱を加えると縮みやすい素材で作られていることが多いです。 他と比較しても、縮みの起きやすい衣類だといえます。 せっかくぴったりのサイズを選んで買っても、縮んでしまっては使い続けることが困難になります。 ほどよい締め付けも、ナイトブラの機能の一つ。 これが失われては、ナイトブラの仕事は全うされません。 加えて、洗濯機で洗うときもネットに入れなければならないほど、ナイトブラはデリケートな衣類です。 乾燥機にかけてしまったが最後、ナイトブラはひどく傷みます。 たとえ少し面倒だと感じても、干して乾かすようにしましょう。 それを可能にするために、洗い替えのナイトブラも準備しましょう! 洗い替えも含めたナイトブラの枚数は、3枚以上がおすすめです。 2枚しか持っていないと少し悪天候が続いただけで上手くローテーションが回らなくなり、困ってしまうかもしれないからです。 最低3枚あれば、天気が悪く乾かなかったときや何かの拍子に汚してしまったときにも安心です。 多くのナイトブラはお得なセット販売も実施しているので、うまく利用して、お得に洗い替えを入手しましょう! ちなみに普段からナイトブラを愛用している私は、枚数に余裕をもたせ、5枚所持しています。 毎日使い、毎日洗濯して1年経っても、5枚すべて現役です。 薄い色は多少の色あせなどが生じていますが、特に機能の劣化は感じていません。 買ったナイトブラを気に入ったら、多めに買い足しておくと、1枚1枚の寿命も延ばすことができます。 洗い替えは最低3枚、気に入ったら多めに用意し、ナイトブラを長持ちさせましょう! 買い替えや洗い替え用にあと1枚 限定価格のキャンペーン実施中 ナイトブラは洗濯後の干し方も重要! ナイトブラを洗濯するときに大事な5つのポイントをマスターしたところで、今度は正しい干し方も学んでいきましょう! ポイントを3つまとめました。 手洗いの場合は脱水もタオルなどで挟んで行います。 それでとれる水分には限度がありますので、間違いなく水分が残りますよね。 洗濯機の場合も、脱水機能がついているとはいえ、やはり完全に乾くことはありません。 すぐに干さずに放っておくと、雑菌が湧いて臭くなったり、ついたシワが伸びにくくなったりすることも・・・。 特に、コットンやシルクなど天然の繊維で作られているナイトブラは紫外線に弱いです。 ナイトブラによく使われているナイロンも、紫外線に弱い素材の代表格です。 紫外線に弱い素材は、直射日光に当たり続けると変色したり、繊維の強度が落ちたりします。 つまり直射日光は、ナイトブラの寿命をぐっと縮めてしまうのです。 外干しの場合は、屋根の陰になる場所やほかの洗濯物の陰になる場所に干すのが良いでしょう。 風をしっかり当てれば、部屋干しでもOKですよ。 陰干しのコツは、早く乾く場所、つまり風通しのいい場所を見つけること。 ナイトブラを干すときはちょっぴり工夫が必要。 でもこれも、ナイトブラを綺麗に長く保つためです。 でも、実はナイトブラ自身の重みを逃がすことができず、負荷がかかってしまうため、むしろ型崩れを招きやすい干し方です。 ナイトブラはパッドが厚いものも多く、濡れた状態ではそれなりの重みがあります。 ですから、平干しは適さないのです。 逆さ干しだと、アンダー側を洗濯ばさみでとめる形になります。 重いアンダー側は洗濯ばさみでしっかり支えられ、軽い肩紐側がぶら下がる状態なので、ナイトブラへの負担は最小限で済みます。 このとき、洗濯ばさみでどこを挟むかが肝心です! たとえばアンダーゴムのところを挟んでしまうと、ゴムがだんだんと重みで伸びていってしまいます。 これでは型崩れしてしまい、逆さ干しにした意味がありません。 アンダーゴムと他の生地の継ぎ目、パッドの脇など、ナイトブラの形に影響の少ない場所、つまり伸びにくい場所を見つけて、そこを洗濯ばさみで挟むようにします。 ナイトブラは面積の小さな衣類ではりますが、それでも乾くまでには数時間かかりますよね。 その間、ダメージが最小になるように干せているかどうかは、ナイトブラを長持ちさせられるかどうかに大きく関わります。 ですから、干し方も決して疎かにはできない、大切なポイントなのです。 買い替えや洗い替え用にあと1枚 限定価格のキャンペーン実施中 ナイトブラ 洗濯に関するよくある質問 【Q】ナイトブラはどのくらいの頻度で洗濯しますか? 【A】 ナイトブラは着用した日に洗濯するようにしましょう。 冒頭にもお話しした通り、寝ている間は大量の汗をかいています。 洗わずに放置すれば、雑菌が増えたり、汗で色が変わってしまったりと悪いことだらけです。 【Q】洗い替え用のナイトブラは何枚必要ですか? 【A】 3枚用意しておくと、毎日着けられますし、長持ちもします。 多くのナイトブラは、セット購入だと割引価格になるので、3枚もしくは5枚セットを購入してまわし使いしましょう 【Q】ナイトブラを長持ちさせるコツはありますか? 【A】 洗い替え用のナイトブラを用意し、出来るだけ手洗いをすることです。 私は5枚のナイトブラを毎日使っていますが、1年経った今でも現役で使えるほど持ちが良いです。 【Q】ナイトブラ用の洗濯ネットはどこに売っていますか? 【A】 市販の薬局やスーパーに売っています。 安い値段で買えるので、わざわざ高級な洗濯ネットを買う必要はありません。 【Q】おすすめの洗濯洗剤はありますか? 【A】 中性洗剤のアクロンがおすすめです。 中性洗剤なので、どんな生地でも痛めませんし、値段もお手頃で使いやすいです。 あくまで私のおすすめですが、中性洗剤なら指定は特にありません。

次の