初盆 相場。 新盆・初盆【提灯の飾り方と期間】値段の相場や処分方法は?

初盆(新盆)に必要なお布施はいくらなの?渡すために必要なマナーは?

初盆 相場

事前に誰がいくらの香典を出すか大体予想し、2千円~5千円くらいのものを用意しておきましょう。 香典が1万円以上の方には、後日追加で返礼品を送ります。 追加で送る場合は、盆明け~月末までには届くように手配しましょう。 香典返しの表書き 表書きは、 「初盆志」「志」です。 香典返しの返礼品は? 香典返しでの返礼品は 消耗品を用意しましょう。 形の残る物などは、故人が亡くなったときの辛い気持ちを残してしまうため消耗品を用意するといわれています。 海苔や素麺・お茶などの日持ちする食品や洗剤などがよいとされます。 最近では高額な香典のお返しにカタログギフトも一般的になってきています。 カタログギフトだと双方にストレスが無いのでいいですね。 地域によっては会食を香典返しとしていることもあります。 会食に出席せずに帰る方には、お酒や仕出し弁当などを持ち帰っていただきます。 お布施の金額の相場はいくら? ・表書き・・・御布施・御経料 ・濃い墨で書く 新盆(初盆)では表書きに、 薄墨ではなく普通の墨を使います。 間違えがちなので注意しましょう。 表書きには「御布施」「御経料」と書き、施主のフルネームを記載します。 お布施はご本尊に奉納するものです。 新札で用意しましょう。 新盆のやり方・マナーを確認! 新盆(初盆)は招く側も招かれる側も不慣れな場合が多いです。 大切なのは故人への気持ちですが最低限のマナーなどには気をつけましょう。 新盆(初盆)とは 仏教行事のひとつで 故人が亡くなった後、初めてのお盆のことをさします。 お盆の際に忌明けが済んでいない場合は翌年に新盆(初盆)を行います。 新盆(初盆)は二回目以降のお盆より、厳粛で丁寧に、盛大にとり行います。 服装 新盆(初盆)では 略式喪服を着用するのが一般的ですが、案内状などに「平服で」など指定がある場合はしたがいましょう。 施主より格上の服装をするのはマナー違反となります。 また、女性の方は黒か白の無地のエプロンを持参しましょう。 新盆(初盆)のやり方 ・13日・・・迎え火・盆棚・お墓参り ・14・15日・遺族・親族でお墓参り・法要・会食 ・16日・・・送り火 お盆の初日の 13日に「迎え火」を焚き、祖先の霊を自宅に招きます。 盆棚(精霊棚)の用意をした後お墓参りをし、お墓の掃除などをします。 盆棚のお供え物・水は毎日交換してください。 14・15日に遺族が集まり、お墓参りをし、その後自宅に僧侶を呼び、親族・故人の親しかった知人などと 法要・会食をします。 お布施は法要の前後どちらで渡しても良いとされています。 16日のなるべく遅い時間に「送り火」を焚き祖先の霊を見送り、新盆(初盆)が終了です。 お供え物 親族の新盆(初盆)にお供え物を持参、または送ることもありますよね。 どんなものを用意すればよいのかまとめてみました。

次の

初盆・新盆とは?お供えや香典の金額相場。お布施と服装のマナー

初盆 相場

スポンサードリンク 初盆の提灯の飾り方は? お盆の提灯の飾り方は宗派や地域によっても変わってきますが、一般的には精霊棚 盆棚 や、仏壇の前に一対、二対と飾ります。 盆提灯は飾る数に決まりは無いので、数が多ければ故人がいろいろな人に慕われていたんだということなので誇らしいことではありますが、最近は広い場所がない家庭が多いので 小さくて良い物を少数飾ることが多いようです。 提灯は置くタイプや吊るすタイプなど飾る場所によって種類や形が何種類もありますが、特に決まりはないので どんなタイプの提灯を飾っても構いません。 盆提灯は家紋や絵柄の入ったものを飾りますが、 初盆の時だけは新盆用の白提灯を飾ります。 白提灯は1つあればいいですよ。 初盆の時は白提灯を玄関や門柱に飾りますが、場所や防犯などの関係で縁側や軒先に飾ることもあります。 盆提灯を飾る時期はお盆の月の8月 7月 に入ったらすぐに飾り始めることが多いです。 盆提灯は迎え火という大切な役割があるので遅くても8月13日 7月13日 までには飾ってください。 スポンサードリンク 16日の送り火が終わってから盆提灯は片付けましょう。 来年以降もお盆には盆提灯を飾るので丁寧にしまっておいてください。 白提灯は送り火で燃やしたりしていましたが、最近は庭先で燃やすことが出来なくなったので、 お寺に持って行って処分してもらったり新聞紙などに包んでゴミとして処分することも多くなってきています。 初盆の提灯は誰が買うの? 初盆の 白提灯は初盆を迎える家で購入して、普通の家紋や絵柄の入った 盆提灯は兄弟や親戚から贈られてくるのが一般的です。 ですが最近では住宅事情で提灯を飾る場所が狭いなどの理由で白提灯や盆提灯は初盆を迎える家ですべて用意することが多くなっています。 盆提灯を贈る代わりに提灯代として現金を贈るようです。 提灯を飾る場所に合わせて大きさや数を決めて 上質な盆提灯を購入すればいいですね。 盆提灯はお世話になった方への感謝の気持ちを込めて贈ることもあるので、故人にお世話になった方から盆提灯が贈られることもあります。 初盆の提灯代の相場はいくら? 提灯を贈らずに提灯代を包むときの 相場は1万円から2万円ですね。 提灯代はお返しは必要ありません。 香典やお供え物と提灯代を一緒にして供えてくれる人もいますが、精進料理やお土産でお返しになるので、別途提灯代のお返しは考えなくても良いですよ、 まとめ 初盆は故人が初めて帰ってくるので特に手厚く供養してあげたいですね。 迎える側も気持ちよくお迎えしたいので初盆ならではの提灯の飾り方などを覚えておきましょう。 住宅事情で盆提灯を飾ることも少なくなっているかもしれませんが、故人が迷わず家に帰ってこられるように提灯を灯して迎えてあげたいですね。

次の

初盆の提灯の飾り方は?誰が買う?提灯代の相場はどれくらい?

初盆 相場

故人が亡くなられてから初めてのお盆の「初盆」に参列することになった場合には、香典をどの程度包めば良いのか迷われる方も多いです。 香典の額は故人との関係などにより変わります。 ですが、大体の相場を知っておきたいのではないでしょうか。 初盆は故人が初めて家に帰られるので遺族にとっても大切な行事です。 その為、親族以外にも故人と生前親交の深かった友人や知人なども招いて盛大に行う事が多いです。 招かれた方は香典を用意するのがマナーです。 そこで今回は、 初盆の香典の相場や香典袋の書き方、マナーについて詳しく解説しています。 初盆のお布施についても紹介していますので、合わせて確認してみて下さい。 マナーに注意して失礼のないようにしましょう。 初盆を迎える方はお盆に僧侶を招き法要を行う事が一般的です。 親族や故人の友人、知人なども参列します。 その際に香典を包まなくてはいけないのかと疑問に思われる方もいますが、基本的に香典をお渡しするのはマナーです。 法要の進め方や香典の額は地域により違いはありますが、香典は必用です。 当日に用意すると慌ただしいので施主から法要の案内や電話がきたら、お金を用意しておくようにすると慌てずにすみます。 香典袋が近くのお店に無い場合もあるので早めに準備しましょう。 初盆の法要は自宅で行う場合も多く葬儀などより規模が小さい事が多いですが、僧侶へのお布施や参列客へのおもてなしの為に費用が発生します。 その為、 香典により故人や遺族へのいたわりの気持ちや経済的な負担を減らす意味もあります。 初盆の香典の相場は地域や年齢、立場により異なりますが 大体5000円~1万円程度です。 20代~30歳の場合の香典の相場は3000円~5000円程度で知人や祖父母、叔父、叔母の初盆の場合にもこの程度で構いません。 50代以上の場合には5000円~3万円程度です。 両親や兄弟姉妹の初盆の場合、20代~30代の香典の相場は1万円以上です。 また、法要の後に会食のお斎に参加する場合には、相場の金額に食事代を入れて5000円~1万円程度多めに包みましょう。 家族でお斎に参加する場合には人数分を多めに包みます。 近所の方や故人と仕事で付き合いがあった場合などに職場の代表として香典を包む時には、1人1000円~5000円前後が相場です。 会食に参加する場合には食事代もプラスしましょう。 連名で包む場合には 4や9等の不吉な金額を避けてなるべく端数がでないようにしましょう。 初盆に使用する不祝儀袋は地域により異なります。 一般的なものを紹介します。 水引きは双銀や藍銀、黄銀を選びます。 関西や北陸地域などは黄白の水引がよく使用されます。 結びは結切りか鮑結びにします。 結びきりは解けなく固く結んでいて弔事全般で使用されます。 鮑結びでは、結び目が複雑に絡んでいるもので弔事も慶事もどちらでも使用できます。 のしは不要で、水引だけの不祝儀袋を使用します。 どれを選べば良いのか分からない場合にはお住まいの地域の文具店や近所の方に、初盆用の不祝儀袋はどういったものを選べば良いのかを聞いてみるようにしましょう。 当日には不祝儀袋が用意が難しい場合もあるので早めに用意しておくようにしましょう。 まず表面の水引の結び目の上に「御仏前や御供物料」などと表書きを書き、結び目の下にフルネームで名前を書きます。 親族のみで集まる場合にも、表に名前を書きます。 遺族が後で香典返しやお礼状を送るのできちんと書くようにしましょう。 夫婦で参加する場合には夫の名前のみ書くのが一般的です。 夫婦ともに故人と生前、よく親交があった場合には妻の名前を夫の名前の左横に書きましょう。 香典袋は連名で包めるのは3名までです。 4名以上で香典を包む場合には香典袋を分けるか、名前を「一同」などと書いて中袋の中に香典を包んだ方の名前と住所、金額を書くようにします。 1人当たり3000円程度の場合には香典返しを辞退する方が遺族の負担を減らせます。 中袋にはお金を入れます。 不祝儀袋の中には中袋が付いていないタイプもあるのでよく確認して選びましょう。 中袋には香典を出される方の住所と名前、包んだ金額を書きます。 書く欄があらかじめ印刷されているものや横書きのものも中にはあります。 その場合には、それに従いましょう。 何も書かれていない場合には名前と住所は中袋の裏面の左下に書き、金額は中袋の表面の真ん中か裏面の右上に書きます。 金額は難しい大字で書きます。 大字を紹介します。 1は壱、2は弐、3は参、5は伍、10は拾、千は仟、万は萬、円は圓です。 1万円を包む場合には「金壱萬圓や金壱万円」と書きます。 表書きにも名前を書いていますが、中袋にもきちんと名前をフルネームで記入しましょう。 初盆の香典では表書きを薄墨で書きます。 故人が亡くなられて悲しくて涙で墨が薄まってしまった事を表すために薄墨が使用されます。 墨の用意が難しい場合には筆ペンや薄墨の筆ペンも販売されているのでそれを使用しましょう。 薄墨を用意する事が難しい場合には普通の筆ペンなどで代用も可能ですが、あまり良く思われない方もいるのでなるべく薄墨で書くようにしましょう。 また、市販の香典袋の場合、御仏前や御佛前などが印刷されています。 この場合も、名前の部分は薄墨を使用して書くようにするのがマナーです。 なるべくサインペンやボールペンは使用しないようにしましょう。 いざという時の為に薄墨の筆ペンなどを用意しておくと安心です。 初盆の法要で僧侶にお渡しするお布施ははっきりと決まっているわけではなく、お寺に問い合わせても「お気持ちで」と言われる事が多いです。 ですが、初めて初盆を迎える方の場合にはどの程度包めば良いのか悩む方も多いです。 相場は宗派や地域、その家の慣わしにより異なりますが一般的な相場を紹介します。 通常のお盆の場合のお布施の相場は5000円~2万円です。 初盆の場合のお布施の相場は3万円~5万円が多いです。 普通のお盆より相場の金額が高いのですが、故人が初めて家に戻られると考えられており、親族や故人と生前親交の深かった友人、知人などを招き盛大に行う事が多く僧侶にも手間が必要になるため、このような相場になります。 お布施は法要で僧侶が読経をあげるなどの儀式を執り行って頂く事へのお礼のお金です。 こちらの他にお車代や御膳料が必用な場合もあります。 この場合も忘れずに用意してそれぞれを別々に包むようにします。 御車代はお寺以外の場所で法要を行う際の交通費としてお渡しします。 どのような交通手段で来られるのかをあらかじめ確認しておきましょう。 タクシーを使用される場合にはタクシーの手配を遺族がして支払いも済ませておくようにします。 御膳料は法要の後の会食を欠席される時にお渡しするのですが、お盆の時期には僧侶は特に忙しいので会食は欠席される場合が多いです。 食事の用意などもあるので早めに会食に参加されるのかを確認しておきましょう。 お布施の渡し方を紹介します。 お布施を袱紗で包み切手盆に乗せておくのは事前に用意しましょう。 お車代や御膳料を一緒にお渡しする時には、別々で包み上からお布施、お車代、御膳料の順になるように準備してお盆に乗せておきましょう。 お布施を弔事用の袱紗で包みます。 黒い切手盆か小さいお盆に乗せて自分の右横に置きます。 「本日は~の初盆のために、心のこもったお勤めをしていただき誠にあがとうございました。 こちらは些細ではありますが、お礼でございますので、どうぞお納めください。 今後とも宜しくお願いいたします。 」などとお礼を述べます。 切手盆を差し出して封筒に書いたお布施が僧侶の方に向くようにして切手盆に乗せてお渡しします。 袱紗の場合には袱紗を両手の平に乗せて封筒に書いたお布施が僧侶の方に向くようにして僧侶にお渡しします。

次の