辛いのを食べると下痢。 辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!

激辛好きは要注意!辛いものを食べ過ぎるとどうなるの?

辛いのを食べると下痢

下痢の原因は意外な食べ物の中にあった 別に思い当たる原因がないのに下痢になった、または下痢がずっと続いている、という人は珍しくありません。 むしろ原因が不明なケースがほとんどです。 これはストレスの度合いや、食生活、アレルギー症状など、実に様々な 下痢の原因が存在するせいでもあります。 また、そうした原因が無自覚な下痢の場合「思いがけない食べ物が 下痢の原因だった!」というケースは少なくありません。 例えばリンゴや豆腐、ブロッコリーなど、ぱっと見、健康に良さそうな食べ物でも人によっては 下痢の原因になることがあります。 下痢になると「食あたり?」「古いもの食べたかな?」とまずは思ってしまいがちですが人それぞれ体質的にあわない食べ物もあります。 どんなものが 下痢の原因になるのか?主要なものは下記の通りです。 1.刺激物が原因の下痢 辛いものや酸っぱいものなど刺激の強いものは腸のぜん動運動が活発になりすぎ、しっかりと便の水分が吸収されずに直腸まで運ばれ 下痢の原因になります。 2.冷たいものが原因の下痢 冷たいものを飲み過ぎてお腹が冷えてしまうと内臓の血流が悪くなって活動が鈍くなり消化不良を起こすことで下痢になることがあります。 また、刺激物と同じく冷たいものも腸のぜん動運動を促進するので、活動が活発になりすぎると下痢になります。 夏になると決まって下痢をする、という方は疑ってみましょう。 3.アレルギーが原因の下痢 食物アレルギーが 下痢の原因になっていることもあります。 やっかいなのが遅滞性フードアレルギーと呼ばれる時間が立ってからアレルギー反応が起こるタイプ。 食べた翌日だけでなく2,3日後にアレルギー反応が起こることがあり、これに気づくためには普段から口にしたものを記録しておく必要があります。 4.食品添加物 が原因の下痢 加工食品を食べて下痢になる場合は食品添加物が原因の場合もあります。 例えば、豆腐に入っている「にがり」や中華麺に入っている「かんすい」、ホットケーキミックスなどに入っている「ベーキングパウダー」は 下痢の原因として有名です。 その他、増粘剤や酸化防止剤、色調安定剤、着色料にいたるまで下痢の原因となる可能性がある添加物がたくさんあります。 5.食品中の成分 が原因の下痢 コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール、にんにく・ネギに含まれるアリシンなど、本来は健康に良いとされるものでも体質や食べ過ぎによって下痢の原因になることがあります。 6.乳糖不耐症 乳製品を食べて乳糖が分解できないために起こる下痢です。 大人になるにつれ乳糖を分解する酵素が減少するのが原因で、病気でも何でもなく、ごく自然な事です。 人によって程度に大きな違いがあるので「これくらいなら大丈夫」という自分の体の目安を知っておく事が大事ですね。 7.食べ過ぎ・飲み過ぎ アルコールの飲み過ぎや脂っこいものの食べ過ぎは下痢の原因になります。 わかっていてもついついやりすぎてしまうものですが、お腹の調子が悪い時は特にご注意を。 下痢を起こしやすい食品 また、 下痢の原因になりやすい食品は次のとおりです。 「たくさん飲まなければ大丈夫」という人がいる一方で「シチューやグラタンでもダメ」という人もいるなど、下痢になる程度は人によって大きく差があるようです。 また、ヨーグルトでも下痢になる人も多い点にも注目、お腹の調子を整えるとされる食べ物でも人それぞれの体質によるということですね。 なかには「唐辛子は大丈夫だけど山椒はちょこっとでも下痢になる」という人もいるので 辛さだけでなく香辛料の種類も関係があるようです。 ラーメンは材料から作り方までそれぞれ違うので、コレだ!という原因を特定するのはなかなか難しいものでもあります。 500ml入りの缶コーヒーだったり、いつもLサイズのコーヒーを頼む、という方は飲み過ぎの可能性大!下痢だけでなくカフェイン中毒の心配もあるのでほどほどにしましょう。 また、コーヒーを飲む際、いつも多量の砂糖やコーヒーフレッシュを使用していませんか? コーヒーフレッシュは添加物の仲間ですので、それに反応してしまう方も実は多いのです。 また、最近はカロリーゼロをうたった甘味料も多く出回っていますが、これらはほとんどが体内で分解できない種類の糖です。 そのため、体は異物として早く外に出そうという動きが強まります。 結果、下痢が起こるというわけです。 ちょっと食べただけでも下痢になる人は果物アレルギーも疑ってみましょう。 果物アレルギーは花粉症との関係もあったりします。 牡蠣には貝毒やノロウイルス、腸炎ビブリオなどの食中毒もあり、あたりやすいようです。 アミノ酸やミネラルなど栄養たっぷりでおいしい牡蠣ですが、抵抗力の弱いお年寄りや小さなお子さんなどは特に注意が必要です。 青ネギや白ネギ・玉ねぎ・ニンニクなどネギ系の野菜には硫黄化合物の「アリシン(元はアリイン)」という強い抗菌作用、殺菌作用を持った成分が含まれています。 風邪の予防やスタミナ補給など健康に良いイメージが強いネギ系野菜ですが、その強い抗菌作用、殺菌作用が胃腸への刺激になり下痢の原因になるのではないかといわれています。 アリシンは加熱で減らせるので、生では下痢になるという人でも加熱調理なら問題ないという人もいます。 適量ならば下痢になる事は無いのですが、もともとおなかが緩い方が食べてしまうと、少量でも下痢の原因になることもあります。 また、プルーンには果糖とブドウ糖の他にソルビトールという糖分が入っています。 このソルビトールには緩下作用があり、摂りすぎると便がゆるくなったり下痢になることがあります。 水溶性食物繊(ペクチン)が豊富で便秘対策としてはうれしい食材ですが、食べる量には注意が必要です。 大豆製品は大丈夫なのに下痢になるなら豆腐に入っている添加物が原因かもしれません。 豆腐は「にがり」で固めていることは有名ですが、この「にがり」とは塩化マグネシウムのことです。 塩化マグネシウムは便秘の治療薬として使われるもので摂りすぎると軟便や下痢を引き起こします。 凝固剤として「にがり」 のほかに、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトン、塩化カルシウム、硫酸マグネシウムなどを使っている商品もあります。 また、製造工程で発生する泡を消すために消泡剤という添加物も入っているなど、豆腐って意外と添加物の多い食べ物なんです。 昔の人は、体験からこのように感じていたのだと思いますが、現代では医学的に証明されています。 生活習慣から起こる病気の9割は腸内環境が悪い事が原因となっているようです。 下痢は腸内環境が悪いよというSOSのサインです。 慢性的な下痢をそのままにしておくと将来重篤な病気に罹って生命が危ぶまれる状況になってしまいます。

次の

下痢の原因・辛い刺激物

辛いのを食べると下痢

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『辛いモノを食べるとお腹が痛くなるのはなぜ? 』をご紹介させて頂きます。 夏です。 辛いモノの季節です。 カレーやタイ料理を食べて、ガーッと汗をかいて、暑さを吹き飛ばしましょう! でも辛いモノを食べると、お腹を壊す人がいます。 辛いモノは刺激物なので、胃が悲鳴を上げているのです。 きょうはそのメカニズムについてみてみましょう。 結論はカプサイシンです 「メカニズムを解説する」と言いましたが、答えは簡単です。 辛いモノに含まれているカプサイシンが「悪さ」をしているのです。 カプサイシンについて最も信頼がおける情報は、実は農林水産省にあります。 カプサイシンの「本名」は2つあります。 1つは「C18H27NO3」といいます。 2つめの名前は、「バニリルアミンと脂肪酸がアミド結合したカプサイシノイドと呼ばれるアルカロイドの一種」です。 カプサイシンは「植物」に含まれる「成分」です。 レモンやキウイにビタミンCが含まれているように、トウガラシやハバネロにはカプサイシンが含まれているのです。 「内側の壁」にある カプサイシンが多く含まれる場所は、トウガラシやハバネロの「内側の壁」です。 トウガラシやハバネロを「分解」する人はあまりいないと思うので、「内側の壁」と聞いてもピンとこないかもしれません。 そこで、トウガラシやハバネロの仲間である、ピーマンを思い浮かべてください。 ピーマンの内側は空洞ですが、空洞はいくつかの「部屋」に区切られていますよね。 部屋を区切っているのが「内側の壁」です。 トウガラシやハバネロの「外側の果肉」部分には、あまりカプサイシンは含まれていません。 「食べた瞬間は平気だったのに、後からじわじわ辛さに襲われた」といった経験はありませんか。 それは「外側の果肉」を歯で噛んだときは辛さがなく、「内側の壁」を噛み砕いたときに、カプサイシンが口の中に広がるからです。 カプサイシンよ、お前は私に何をした!? それでは、カプサイシンは人体にどのような作用を及ぼすのでしょうか。 カプサイシンは「感覚を管理している神経」にくっ付きやすい性質があります。 「感覚神経」は体が危険な状態に陥ったときに、激しい痛みを発して「警報」を鳴らす役目があります。 「感覚神経」がこれだけの痛みを発するので、私たちはその危険から逃げようとするのです。 ですので「感覚神経」はかなり敏感です。 カプサイシンの「感覚神経にくっ付きやすい性質」は、例えていうなら「高層ビルの中のすべての警報装置を押して歩く」ようなものです。 カプサイシンは自分が通過するあらゆる場所で、感覚神経という警報装置を鳴らしているのです。 カプサイシンは水に溶けにくいので、最終的には排便のときに肛門が痛みます。 胃酸が分泌される 「感覚神経」は全身に張り巡らされているので、舌を麻痺させたカプサイシンは、次に喉の感覚神経を刺激します。 辛いモノを食べると、むせるのはこのためです。 次に胃の中に入ると、胃の感覚神経を刺激します。 胃は感覚神経が刺激されると、胃酸を多く分泌します。 これが「お腹が痛い」症状を起こします。 胃の中には「胃酸」と「胃粘液」という2つの液体があります。 この2つは絶妙なバランスを取りながら「食べ物は溶かすけど、胃は溶かさない」ようにしています。 ところが胃酸が多くなるとこのバランスが崩れてしまい、胃が溶けてしまうのです。 「胃が溶ける」ことを、「胃の粘膜が傷つく」といいます。 胃粘膜が傷つくと、シクシク、ズキズキという痛みが発生します。 胃酸はストレスが増えても分泌されます。 つまりストレスによる胃痛も、辛いモノによる胃痛も、原因は同じなのです。 胃を保護する機能も失われる カプサイシンの攻撃はこれにとどまりません。 胃の「感覚神経」には、胃粘膜を保護する働きがあります。 しかし、カプサイシンによる胃への攻撃が長期にわたると、「感覚神経」は「胃粘膜の保護」をしなくなってしまうのです。 つまり胃は、自分を守ってくれる味方を失うわけです。 そんなところに追加のカプサイシンがやってきたら、胃痛はさらに悪化するでしょう。 辛いモノの食べ過ぎは良くないのです。 カプサイシンの長所 ではカプサイシンは健康を悪化させる成分なのかというと、そうではありません。 なんと「少量のカプサイシン」が、胃粘膜を保護する作用があることが分かっているのです。 「少量のカプサイシン」を摂っている人は、摂っていない人に比べて、胃潰瘍を起こすリスクが少ないというのです。 大量のカプサイシンは人間を攻撃するのに、少量のカプサイシンは人を健康にするのです。 不思議な関係ですね。

次の

辛い物を食べるとなぜ下痢や腹痛が起きるのか?治し方をご紹介

辛いのを食べると下痢

下痢になる香辛料の食べ方・使い方 香辛料は身体にもよいものというイメージを持っている人も多いかと思います。 ではなぜ香辛料によって下痢になるのでしょうか。 実はそれは香辛料の食べ方や使い方に原因があります。 香辛料の使い過ぎ 香辛料によって下痢になる原因として、もっとも多いのが香辛料の使い過ぎです。 香辛料の中には、身体を温めたり、胃腸の調子を整えたりするものもありますが、どのようなものでも使いすぎると身体にマイナスの影響を与えてしまいます。 また、体質によってはもともと香辛料などを受け付けないということもあり、そういった体質の人が香辛料を食べると、少量であってもお腹を下してしまうということがあります。 食べてるうちに舌の味覚が麻痺して度を超す 香辛料を食べ過ぎてしまう原因には、味覚のマヒも挙げられます。 どれだけ辛い香辛料でも、食べていると辛さに慣れてきて食べれるようになってきますが、それは舌がマヒしているため。 舌がマヒしてしまうと、辛さが苦手な人でもついつい香辛料を食べ過ぎて、内臓を刺激、下痢の原因となってしまいます。 また、辛いものが好きという人の中には、通常の辛さを超えてどんどん辛さをアップさせていく人もいますが、その場合脳の中で辛さに耐えるための快楽物質が生まれ、辛さが快楽になっていることもあります。 そういったケースでは、ついつい香辛料を食べ過ぎてしまうことが考えられます。 辛さを和らげるために大量の水を飲む 辛いものを食べているとついつい水を飲みすぎてしまうこともありますが、この大量の水も下痢の原因になります。 水分は身体の中に入ると腸から吸収されますが、腸の水分の吸収力には限界があり、それを超えると処理しきれなかった水分がそのまま排出されるということになってしまいます。 もともと、食事には多くの水分が含まれているため、食事中に水を取るとどうしても水分オーバーになることも少なくありません。 そのとき、気を付けたいのがミネラルウォーター。 ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれているものですが、日本の水はミネラル分を含まない軟水なので、日本人の中には体質的にミネラルウォーターを受け付けにくいという人も少なくありません。 もし食事中にミネラルウォーターを大量に飲むと、さらに下痢を悪化させてしまう恐れがあります。 なお、辛いものを食べたときには水分が欲しくなりますが、実は唐辛子などの成分は水には溶けません。 そのため、辛いものを食べたときに水を飲んでも、実際には辛さの成分が口の中で拡散して、辛さが収まることはなく、さらに水を飲みたくなってしまいます。 辛さを抑えるためには、アルコールか、脂肪分を含んだ牛乳などが適していますが、こちらも飲みすぎると下痢の原因となるので注意したほうがよいでしょう。 下痢になる原因 そもそも、香辛料は身体にプラスの影響を与えるもの。 では香辛料が原因で下痢になるときにはどのようなメカニズムが働いているのでしょうか。 香辛料には胃腸を刺激しすぎる性質があるものも 香辛料の中には、消化の促進や整腸効果のあるものも少なくありません。 しかし、もし香辛料を摂りすぎた場合、それらの作用が過剰に働いてしまうことがあります。 そうなると、胃腸の働きが過敏になりすぎて、身体は体内から悪いものを排出しなければならないと判断して、下痢の原因となってしまいます。 蠕動運動を高める 下痢の直接的な原因には、腸の蠕動運動があります。 腸の蠕動運動は、摂取した食物を吸収したり、たんぱく質の腸内での腐敗を防いだりするために必要なものですが、この蠕動運動が激しくなると、腸の水分吸収が阻害され、結果としてお腹を下してしまいます。 香辛料の中にはこの蠕動運動を高めるものも含まれていて、食べ過ぎると過剰な蠕動運動の原因になります。 胃腸の負担になり消化不良をおこす 実は日本人の食事に香辛料が使われるようになったのはごく最近のこと。 伝統的な和食の中でもワサビなどの香辛料が使用されているイメージがありますが、そもそも生の魚が流通するようになったのはそれほど昔のことではありません。 そのため、日本人の体内環境はまだまだ香辛料に慣れているとはいいがたい状態です。 そのため、人によっては香辛料を摂取するとどうしても胃腸の負担になってしまいます。 胃腸に負担がかかると消化不良や腸内環境の悪化につながり、これもお腹を下す原因となってしまいます。 下痢の原因なりやすい香辛料 使い過ぎには注意したい香辛料ですが、具体的にはどのようなものに注意すればよいのでしょうか。 七味唐辛子 七味唐辛子は日本人にとってもおなじみの香辛料で、そばやうどんなど使う機会の多い物。 しかし、七味唐辛子の辛さは舌をマヒさせやすく、結果として使い過ぎにつながってしまいます。 にんにく 料理に風味を添えてくれるにんにくは、スタミナ食というイメージですが、生の状態で食べると胃腸に大きな負担をかけます。 マスタード マスタードは比較的辛みの柔らかい香辛料で、消化を促進するなどの働きがありますが、こちらも食べる過ぎると下痢の原因となります。 また、すでに加工されたイエローマスタードなどは、塩や砂糖が添加されているため、こちらも胃に負担を掛けることがあります。 タバスコ タバスコは強い辛みが特徴の香辛料で、摂取量が増えると下痢になるほか、胃腸の粘膜を痛めることもあります。 香辛料でお腹を下さない対策 このように香辛料は取りすぎるとお腹を壊しやすいものですが、それでも香辛料が食べたいときにはどのような対策を行えばよいのでしょうか。 生野菜と一緒に食べる 香辛料でお腹を下しやすい体質だという場合には、生野菜と一緒に食べると下痢を防いだり緩和したりといった効果が期待できます。 唐辛子など、特に辛い香辛料を摂取するときには生野菜はおすすめ。 生野菜には、消化酵素が含まれていて、辛み成分を緩和してくれるだけでなく、食物繊維も豊富に含まれていることから、腸内の環境を整える効果もあり、お腹の不調を緩和してくれます。 お腹が不調の場合は香辛料はさけ、整腸作用のあるハーブなどを使う 普段は香辛料を食べてもなんともないという人でも、風邪をひいているときや胃腸が弱っているときには香辛料に過剰に反応してしまうこともあります。 そのため、身体に不調を感じるときには香辛料の使用は控えたほうがよさそうです。 それでも食事にアクセントや刺激が欲しいというときには、フェンネルやコリアンダーなど整腸作用があるハーブがおすすめ。 昔のヨーロッパではハーブは家庭薬の一種として使用されていたという歴史もあり、お腹の不調には最適です。 ほどほどに楽しむ 香辛料でお腹を壊さないようにするための対策として、もっとも効果的なのが「ほどほどに楽しむ」ということ。 どんなに美味しいものでも食べ過ぎると良いことはありません。 常に適度な量を心がけるとよいでしょう。 まとめ 食卓のアクセントとなる香辛料ですが、使い過ぎは身体に毒。 もし香辛料でお腹の不調を感じるときには、普段の食生活を見直してみる必要があるかもしれません。

次の