冥福 意味。 ご冥福をお祈りしますの意味と使い方:お悔やみの言葉|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

「ご冥福」の意味と使い方とは?使えない宗教に返事の仕方を解説

冥福 意味

「ご冥福をお祈りいたします。 」の意味は、どのような意味なのでしょう。 「死後の幸福をお祈りいたします。 」と言う敬いの言葉です。 また、葬儀知識では、「ご冥福」をキリスト教や浄土真宗では使ってはいけないとされていますが、参列している側がそれを把握することは難しいですよね。 仏式か神式かを問われたとしても、その場に行って見ないとわなから無いものです。 そんなこともあり、参列する側は気に留めなくてもよいとされています。 ご冥福をお祈りするのは、あくまで 故人への気持ちであり遺族に対しての気持ちではありません。 遺族の悲しみを理解し遺族に対して「ご冥福をお祈りいたします。 」と使うことは、違和感を覚えます。 故人に対しての言葉を、遺族の悲しみを理解するように使うのは、使い方として正しいとは思えないからです。 実際遺族に対して、「ご冥福をお祈りいたします。 この度は、大変でしたね。 」とお話をされている姿を目にしたことがありましたが、遺族の方々は返答に困っている様子でした。 「死後の幸福を祈っています。 この度は、大変でしたね。 」と残された遺族に対して伝えているのですから、戸惑う気持ちも理解できます。 「ご冥福をお祈りいたします」と遺族に用いるのであれば、 「故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまで「故人」に対しての気持ちだと、一言付け足さなければなりません。 また、「ご愁傷様でございます。 この度は急なことで驚いております。 また、 電報とし送るのであれば、決まったテンプレートを利用することも可能ですが、言葉にして直接伝えるのであればやはり、 遺族に対して「ご冥福をお祈りします」と言う言葉を単体で使うことは間違えた使い方で、「ご冥福を」遺族に対しての言葉だと勘違いしている人も多く、オリジナルの文章で電報を送り、赤恥を書くなんてことも度々あります。 電報を送る立場も考えなければならないからです。 故人が自分に対してどのような間柄なのかをまず考えてから、文章を選んだほうがよいでしょう。 先輩の親なのか義理の親なのか、自分の友人の親なのか義理親なのかで、電報の中の呼称も内容も変わってきます。 故人のとの関係性を整理し、遺族に対して送るのか、生前故人との深い付き合いの中で送るのかを、自身で考え送ってください。 遺族に対して使っては失礼になる言葉や不機嫌になるような内容ももちろん避けるべきです。 社会人としてのマナー、マメ知識として頭の片隅には残しておかなければならないことです。 画像:alsok-denpo. com ビジネスでも、取引先の社長と公私ともに仲のよい自社の社長が 電報を送る際は、「在りし日のお姿を偲び、ご冥福をお祈りいたします。 」と故人を偲び故人の死後の幸福を祈ります。 従業員の義理の父の場合は、「御岳父様のご冥福をお祈りしますと共に安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 」などと、少しずつ 送る側の立場を尊重した文章でなければ失礼にあたりますので、気をつけたいものです。 マメ知識としては、• 施主の配偶者である場合、夫の場合「ご主人様」、妻の場合「ご令室様」と使われます。 用いる悔やみ言葉の種類だけでなく、どのような故人へ、遺族へ送るのかによって、 呼称を変え使う言葉を選定し、失礼の無い内容で伝えることが社会人としての最低限のマナーです。 場の雰囲気を考えず、大きく明るい通る声で「故人のご冥福をお祈りいたします。 元気を出してくださいね」と、あえて明るく伝えられても、憔悴しきっている遺族からすれば場の雰囲気にそぐわない対応だと感じられます。 場に合った言葉だけでなく、 身なり、 声の高さや 話し方、 メイクなど 場に合わせて使いこなせることが社会人に必要な気遣いでもあります。 葬儀の場で、大きな声で世間話をしている方々もいらっしゃいます。 歳を重ねるとそのような場でしか顔を合わせなくなるということも理由として考えられますが、それでも故人を偲び冥福を祈るのであれば、小さな声で話す、場所を変えて話す等の気遣いをしてほしいと思います。 Hohoron. comでは他にも、 いまさら聞けない葬儀の作法について説明した記事があります。 空いた時間にサッと読んで、社会人としての知識やマナーを学んでおきましょう!•

次の

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

冥福 意味

番号 用途 文例 SN01 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN02 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 SN03 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN04 お悔やみ(一般) ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN05 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN06 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 SN07 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 SN08 お悔やみ(一般) ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、 故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN09 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN14 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかと お察し申しあげますとともに、 在りし日のお姿を偲び、 心からご冥福をお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の 思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、 お祈りしております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出され、胸が痛みます。 教えていただきたい事が沢山ありましたのに、 残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN17 お悔やみ(一般) 突然の訃報、驚きと悲しみでいっぱいです。 幾多のご厚情を思えば、すぐにでも最後のお別れに 駆けつけなければならないのですが、 参列できず残念です。 衷心よりご冥福をお祈り申しあげます。 故人と共に過ごした日々を思い出すと、胸が詰まります。 ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、 安らかなご永眠をお祈りいたします。 SN19 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお気持ちを思いますと心が痛みます。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈りいたします。 お元気だった頃が走馬灯のように思い出され、 深い悲しみでいっぱいです。 どうぞ安らかにお眠りください。 ご家族皆様のお悲しみ、ご落胆を思いますと、 胸が張り裂けんばかりです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ここに謹んでお悔やみ申しあげ、故人の安らかなる ご冥福を心よりお祈りいたします。 ご遺族の皆様のお悲しみは、 いかばかりかとお察し申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈りいたします。 SN24 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN25 お悔やみ(一般) いつまでもお元気で長生きしてくださるものと 思っておりましたので、大変残念でなりません。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN26 お悔やみ(一般) 社長様のご訃報に、当社社員一同、 謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、 心からお悔やみ申しあげます。 SN27 お悔やみ(一般) ご逝去の知らせを受け、誠に驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、 ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 SN31 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、 在りし日を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN32 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 SN35 お悔やみ(一般) このたびの訃報に接し、いまだ信じられません。 生前のご厚情に深く感謝申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN36 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、大変驚いております。 遠方のため駆け付けることができず申し訳ありません。 在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN38 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみは いかばかりかと拝察いたします。 遠方により、お別れもできず残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN39 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、いまだ信じられずにおります。 遠方のためお別れすらできず、誠に申し訳ございません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN40 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご家族様のご心情 いかばかりかとお察しいたします。 ご生前のお姿をお偲びしますとともに、安らかに ご永眠されますようお祈りいたします。 SN41 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、 いまだに信じられずにおります。 今はただ、故人の安らかなるご永眠を祈るのみです。 SN42 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN43 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN44 お悔やみ(一般) 悲しいお知らせに、ただ呆然としております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 お別れにもうかがえず残念でなりませんが、 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう 心からお祈りいたします。 SN45 お悔やみ(一般) ご逝去の報に愕然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、沢山ありましたのにと悔やまれます。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 SN46 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、呆然としております。 最後のお別れにも伺えず、残念です。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますようにと 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN47 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 本来ならば拝眉の上、 お悔やみ申し上げるべきところでございますが、 遠方ゆえお伺いできないことをどうぞお許しください。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご家族皆様へのお慰めの言葉もございません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 お別れにも伺えず、申し訳ございません。 心からご冥福をお祈りいたします。 心から哀悼の意を表し、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺うことができず、残念でなりません。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、 ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 SN57 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 心より故人のご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご指導に感謝いたします。 ご功績に敬意を表し心からご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 心よりご冥福をお祈りしています。 そのうち会えると思っていた矢先の悲報に、 とても残念でしかたがありません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 元気だった頃の背筋をしゃんと張られた姿を思い出し、 とても残念でなりません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 ただ残念でなりません。 ご葬儀には残念ながら出席できませんが、 遥かな地より心からご冥福をお祈りいたしております。 SN64 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、大変驚愕しております。 幾多のご厚情に対するご恩返しもできず、 誠に痛惜の念でいっぱいです。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN65 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN66 お悔やみ(一般) 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 ご家族皆様がお力を落としている中、 お慰めするすべもなく、無念でなりません。 ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 SN67 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、 心からお祈りいたします。 SN68 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 父もすっかり肩を落とし、在りし日の思い出に 声を詰まらせています。 故人の安らかな旅立ちをお祈りいたします。 SN70 お悔やみ(一般) 最愛の友の訃報を聞き、言葉を失っております。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にも一生懸命だった故人。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN71 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 遅ればせながら心ばかりのお線香をお贈りしますので、 仏前にお供えいただければ幸いです。 ご家族みなさまがおだやかな年末年始を過ごされますよう、 心からお祈り申し上げます。 天国にいってしまうのは寂しいけれど、 ゆっくりと休んでください。 そして私達みんなを見守っていてね。 在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ST03 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、 励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を 心よりお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ST06 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 OR01 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 ご逝去の知らせを受け、弊社全員ただ、ただ驚いております。 先日まであんなにお元気でいらしたので、驚きを禁じ得ません。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR02 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 海の見える小高い丘の上にある写真館。 1枚1枚違う表情の家族の写真がありました。 楽しそうな家族に喧嘩している家族、笑顔の家族に、 違う方向を見ている家族。 でもこれはどれもあの人が作った理想の家族だったのです。 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。 素晴らしい人生をあなたと分かち合えた喜びは 何物にも替えがたく感謝しております。 ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を 今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、 一刻も早く立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR04 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 故人には生前、本当に良くして頂き、 何のお返しも出来ないままのお別れとなってしまいました。 残された皆様におきましては、今後も御家族お力を合わせて 一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 OR05 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 大きな川の向こうは仏様の世界で彼岸といいます。 その反対側の岸は此岸と言って苦しみの世界です。 心からご冥福をお祈りいたします。 OR06 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「天国はすごくいいところらしい。 だって、行った人が誰一人帰ってこないのだから」 と言う笑い話があります。 不謹慎だとは思わないで下さい。 残された御家族の皆様に少しでも、 故人と精一杯の人生を謳歌された喜びを感じていただき、 力一杯明日からの人生を歩んで頂きたいのです。 故人のご逝去に深く哀悼の意を表します。 OR07 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 レオナルドダヴィンチの言葉に 「あたかも良く過ごした一日が、 安らかな眠りをもたらすように、 良く生きられた一生は、安らかな死をもたらす。 」 という諺があります。 故人こそ、この言葉通りの人生をまっとうされました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 OR08 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「裏を見せて、表を見せて、散る紅葉」 有名な良寛和尚の理想的な最期の捉え方です。 あの方は見事にそれを実現されました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

次の

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

冥福 意味

参列マナー 作成日:2019年11月29日 更新日:2020年01月24日 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?• 通夜や葬儀の際によく耳にする「 ご冥福をお祈りします」という言葉ですが、使ってはダメなシーンについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。 使用してはダメな状況や代わりにどのような言い回しをすればいいかを知ることで常識に沿った挨拶ができます。 そこでこの記事では、「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない場面についてご紹介します。 メールや電話でお悔やみの言葉を伝える方法やほかの言い回しもお教えしますので、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメな状況とは?代わりに使う言葉は? 通夜や葬儀に参列したとき、ご遺族に「 ご冥福をお祈りします」と伝えた経験がある方もいるでしょう。 「冥」は「死後の世界」という意味を持つ仏教の思想なので、 宗派によっては不適切な場合があります。 使ってはいけないわけではありませんが、気にする方がいるかもしれません。 お悔やみの言葉はどの宗派でも使える言葉で伝えることをおすすめします。 ここでは、なぜ「ご冥福をお祈りします」がダメなのかを宗派別に解説します。 宗派に適した代わりとなる言葉についてもお教えしますので、参考にしてみてください。 浄土真宗の葬儀の場合について 浄土真宗では「ご冥福をお祈りします」という言葉の使用はおすすめできません。 亡くなった後はすぐに仏様になる「臨終即往生」という考えの浄土真宗の方には、「死後の世界である冥土に迷い込んでしまう」という意味にとらえられてしまいます。 浄土真宗の方の通夜や葬儀の際は、 「お悔やみ申し上げます」という言い回しを使うとよいでしょう。 「心より」をつけると深い悲しみを、 「謹んで」をつけると敬意を表すことができるため、目上の方に失礼になりません。 神道の葬儀の場合について 神道の場合もほかの言い回しをおすすめします。 神道では 故人は家の守り神になると考えられていることから、死後の世界である冥土という思想はふさわしくないとされています。 また、 成仏や供養といった仏教用語も神道には不向きです。 神道の方には「 御安霊の安らかならんことをお祈りします」「 御霊のご平安をお祈りします」という言葉を使いましょう。 キリスト教の葬儀の場合について キリスト教の葬儀では お悔やみの言葉を使いません。 ほかの宗派ではお悔やみの言葉は必須ですが、キリスト教の場合は死に対する考えが異なります。 キリスト教における死とは、 地上での罪を許され天に召されることをいいます。 祝福されるべきものと考えられていることから、キリスト教の葬儀では故人の死を悲しむお悔やみの言葉を使わないようです。 「 安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」といった言葉がふさわしいでしょう。 冥福という言葉の意味とその使い方とは? 「冥」は冥土、つまり「死後の世界」を、「福」は「幸せ」を表します。 「冥福」とは 「死後の世界の幸せ」を意味し、「ご冥福をお祈りします」は 死後の世界での幸せを祈っているという気持ちを伝える言葉になります。 一般的にお悔やみの言葉はご遺族の方に向けたものですが、「ご冥福をお祈りします」は 故人に伝えるべき言葉です。 その他のお悔やみ言葉とは? 「ご冥福をお祈りします」という言葉がふさわしくない宗派の通夜や葬儀に参列する場合に備えて、これに代わる言い回しを覚えておきましょう。 いくつかの言い回しを頭に入れておけば、相手の宗派に関係なく適切なお悔やみの言葉を伝えられます。 ここでは、お悔やみの言葉をいくつかご紹介します。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」は ご遺族の方に向けたお悔やみの言葉で、気の毒に思うという意味が込められています。 どの宗派でも使えますが、「ご愁傷様です」だけではお悔やみの言葉としては不十分です。 「 突然のことにより言葉がございません」「 なにかお役に立てることがあればお申しつけください」といった一言を添えることをおすすめします。 ご遺族へのお悔やみとともに悲しい気持ちや相手を気遣う気持ちを伝えられるでしょう。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ申し上げます」は ご遺族の気持ちを配慮する、故人の死を悲しむという意味を持つお悔やみの言葉です。 通夜や葬儀の定型句なので、 宗派を気にせず使えます。 故人の死を悲しく思う気持ちとともに、ご遺族への配慮も伝えられるので「お悔やみ申し上げます」という言葉だけで十分です。 さらに、 「心より」「謹んで」と頭に付け加えれば、 目上の方に対しても失礼のないお悔やみの言葉になります。 哀悼の意を表します 「哀悼の意を表します」は口頭では使わず、 弔電やメールのような書き言葉で使う言い回しです。 文章なら違和感のない文語体のため、 口頭で伝えるには不向きといえるでしょう。 故人の死を悲しみ、心を痛めているという意味なので、ご遺族へのお悔やみの言葉としては適切です。 弔電はもちろん、失礼に当たらない間柄であれば、メールやメッセージツールでお悔やみの言葉を送る際に使うとよいでしょう。 胸中お察しいたします 「胸中お察ししたします」は 相手の心情を理解し、察知しているという意味を持つ言い回しです。 ご遺族の気持ちに配慮した言葉なので、 どの宗派でもお悔やみの言葉として使えます。 ただし、 上司や目上の方には使わないほうが無難でしょう。 「あなたの気持ちを理解している」と伝えると、「私の気持ちのなにがわかるのか」と不快に思われる恐れがあります。 相手との関係性によってはトラブルを招きかねないので注意が必要です。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? メールの場合 突然の訃報をメールで知ることもあるでしょう。 その場合、通夜や葬儀への参列の有無を返信する必要がありますが、連絡事項の前に相手へのお悔やみの言葉を入れることをおすすめします。 ここでは、「ご冥福をお祈りします」を使ったメールの文章例をご紹介しましょう。 私でお役に立てることがあればなんでもいってください。 故人の死を悲しむ気持ちとともに、連絡をくれた方への配慮を忘れないことが大切です。 親戚に対しての場合について 突然の訃報に驚いております。 遠方のためメールでのお悔やみとなり申し訳ありません。 心身ともに大変かと思いますが、体調を崩されないようご自愛ください。 後日改めてご自宅に伺います。 こちらは遠方で通夜や葬儀に行くことが難しい場合の文例です。 参列する場合は「遠方のため」「後日改めて」の部分を省き、参列する旨を伝えます。 その際、 葬儀場の名前と住所について確認することを忘れないようにしましょう。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? 電話の場合 訃報を電話で受けた場合、 すぐにお悔やみの言葉を述べる必要があります。 知識のないままお悔やみの言葉を伝えると、相手に失礼になるかもしれません。 そのようなときに備えて、適切な言い回しを身につけることをおすすめします。 ここでは、電話でお悔やみの言葉を伝える場合の文例をご紹介しましょう。 知人や友人に対しての場合について お辛い中ご連絡いただきありがとうございます。 ご迷惑でなければこれからご自宅に伺わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか まずはお悔やみの言葉を伝え、自宅に伺ってもよいか確認しましょう。 すぐに伺うことが難しければ、訪問可能な日時を確認し、後日改めて焼香に行くことをおすすめします。 亡くなってすぐに連絡があったときは、 通夜の有無と葬儀形式について聞きましょう。 身内だけの家族葬の場合、落ち着いた頃に自宅を訪ねて家族や故人にお悔やみの言葉を述べます。 親戚に対しての場合について お辛い中お知らせありがとうございます。 故人のご冥福をお祈りいたします。 これから準備をし、すぐに伺います 親戚の場合、亡くなってからすぐに連絡がある場合がほとんどでしょう。 連絡をくれた方が自宅、病院、葬儀場のどこにいるかわからないので、 伺うべき場所を確認する必要があります。 葬儀場にいるなら葬儀場の名前と住所を聞き、何時頃に到着するか伝えておくとよいでしょう。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」は通夜や葬儀のときの定型句ですが、宗派によっては使ってはダメな場合もあります。 浄土真宗、キリスト教、神道の葬儀では「ご冥福をお祈りします」ではなく、ほかの言い回しを使うようにしましょう。 通夜や葬儀に参列する方の中には「 お悔やみの言葉をどう伝えたらいいかわからない」「 どの言い回しを使えばいいのか困っている」という方もいるでしょう。 葬儀に関することでお悩みなら、葬儀の専門業者であるにご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の