ドライヤー ホコリ 掃除。 ドライヤーのお掃除は月1回。ホコリを放置していたらオーマイガー!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

【写真で解説】ドライヤーにつまったホコリを分解せずに取る方法

ドライヤー ホコリ 掃除

パナソニックのドライヤー EH-NA95 の背面にほこりが溜まっていたので取った。 見た方が早いから掃除前後の写真掲載。 症状 対象のドライヤーはこれ。 一応、手前にもフィルターがあるんだけど、使い続けているとそのフィルターから内部にほこりが入り、2つ目のフィルターに溜まる。 これくらい溜まってくると動作音も安定せず、吸気が不足しているような感じ。 分解!! 分解してほこりを取ることにした…が、結果的には分解するまでもなくフィルターを外せることが判明。 今となっては意外と簡単に掃除できることがわかったけど、どうやったら外せるか?という情報がネットにもなくて試行錯誤した。 以下、不要な写真も含まれているけど、やったこととして載せている。 まずは5箇所のネジをはずす。 1つ目は背面フィルターの上にあるネジ。 2つ目と3つ目は本体下の2箇所。 4つ目と5つ目はハンドル部分の2箇所。 ハンドル部分のネジを外すとハンドルが分解できるが、ここは分解せずに閉じたままでよい。 ネジを外したら背面フィルタの下側 画像では上になっているがネジが無い方 に小さなマイナスドライバーを差し込みテコの原理でフィルターを浮かせる。 少し浮いてきたら手を使ってひっぱると外れる。 灰色のフィルターが外れるとその下に黒いフィルターがあって、そこにほこりが溜まっている。 このほこりを掃除機で吸い取って完了。 あとはフィルターを外した手順と逆のことをやって元に戻す。 すっきり!!.

次の

ドライヤーのホコリは掃除しないと発火する?!安全に使う方法とは?

ドライヤー ホコリ 掃除

パナソニックのドライヤー EH-NA95 が埃臭い・奥から埃に火がついたようなにおい。 お風呂上りにパナソニックのヘアドライヤーを使って髪を乾燥させていると、ドライヤーから焦げ臭いニオイがしてきました。 この感じ、前に体験したことがある。。。 ひとつ前に使っていたドライヤーの壊れる直前にも、同じようなことがあったのを思い出しました。 いわば、ドライヤーが壊れる前兆現象です。 現在利用しているパナソニックのヘアドライヤーは家電量販店で1万くらいで購入したもので、もう少し頑張ってほしいなと思いましたが、危険性を感じてまでは使いたくありませんでした。 買い替えか修理にだすべきかと、色々と考えていたのですが、購入してから一度もドライヤーのフィルター掃除をしていないことに気づいたのです。 本来であれば、電化製品を分解はしたくないのですが、このまま放っておくと絶対に壊れてしまうと思ったので、思い切って分解清掃をしてみることにしました。 今回は、使った道具、分解のコツ、清掃後の様子など一連の記録を書いていきます。 ドライヤーの分解方法は精密ドライバーを使用してネジをはずす。 パナソニックドライヤー EH-NA95 の分解には、小さなプラスドライバー(精密ドライバー)があればOKです。 このドライヤーを分解するには、小型のネジ・超小型のネジと二つ必要になるので100均で売っている、マルチに対応できる複数はいっているもので対応可能です。 もし、持っていなければ近所の100均ショップで調達しましょう! ドライヤー EH-NA95 のネジは、二カ所はずす。 ドライヤーのネジを外すのはたった二カ所です。 ネジを外した後ですが、はずすのに少しコツがいります。 ドライバーをネジ穴につっこんで、ネット部分を手前に引き出すような作業が必要です。 なお、外す作業には 力は一切使いません。 うまくいかないからと 力任せでやって壊さないようにしましょう。 テコの原理で反対側の面を、引き出すような感覚でやるとうまくいきます。 後ろのネットをテコの原理で外してみたところ、衝撃の光景がありました。 ホコリがついたフィルターだったのですが、そういう種類の画像が苦手な方は、このままそっと閉じてください。

次の

【レビュー付き】柔軟剤を使った簡単掃除でほこり対策する方法

ドライヤー ホコリ 掃除

ドライヤーから火花がでる原因や対処法を解説します 髪を乾かすのに必需品のドライヤー。 ほとんどの人が毎日のようにドライヤーを使っていると思いますが、髪を乾かしていたら突然 ドライヤーから火花が出たという経験をした人がたくさんいることをご存知でしょうか? 今回の記事では、 ドライヤーから火花が出る原因について、その 対処方法、火花がでないための使い方やお手入れについて分かりやすく解説したいと思います。 また、 緑色や青色の火花のような光の理由についてもご紹介します。 ドライヤーから火花がでる原因は? ドライヤーの構造とは、吹き出し口、吸い込み口、安全装置が備わっており、ヒーター、ファン、モーターが内蔵されています。 吸い込み口から取り入れられた空気がヒーター部分を通る際にヒーターの熱を奪い、温風となって吹き出します。 この吸い込み口にホコリやチリ、髪が詰まっていると熱の排出がうまくできなくなり、 ドライヤーの温度が上がり過ぎて火花がでる原因になります。 また、ドライヤー本体の温度が上がりすぎて 電源コードに過剰な負荷がかかることで火花がでることもあります。 ドライヤーの電源コードを本体に巻きつける、電源コードを強くしばってまとめて保管していると、 電源コード内部の銅線の断線が起きやすくなってしまいます。 断線した状態で使用すると、内部の銅線(素線)が溶けて火花がでます。 また、火花が飛んで火傷や火事の原因になることもあります。 ドライヤーは風の通り道が均一ではないため、ヒーター内部が ところどころ赤い時がありますが問題ないとのこと。 ただし、 全体的にヒーターが赤く見える場合は点検するよう、メーカーの取扱説明書に記載されています。 異常がある状態で使い続けると、火花がでる原因になります。 ヘアドライヤーを使用中に、電源が入ったり切れたりする、またはコードの一部だけが熱いなど、いつもと違う状態を感じた場合は、 コード内部の銅線が断線している可能性があるので使用を中止してください。 そのまま使い続けると、ドライヤーが故障して使い物にならなくなってしまいます。 また、ドライヤーの吹き出し口から炎が上がるという事例も存在するので、火傷の危険もあります。 電源を切る前に数秒間冷風にする事をおすすめします。 コンセントから電源プラグを抜く際は、コードを引っ張らずにプラグ本体を持って抜いてください。 ・ドライヤーの吸い込み口にホコリが付着していないか確認する ホコリが付着していたら、ドライヤーの吸い込み口側から掃除機でゴミを吸い出してください。 電源プラグと、コンセントの穴とその周辺のホコリも掃除機で吸い取りましょう。 ・コードがよじれていないか確認する 電源コードのよじれがある場合は、ねじれを真っ直ぐに直します。 または、 製造不良の可能性があります。 メーカーのお客様相談窓口に相談または修理の依頼をすることをおすすめします。 異常が出た時だけでなく、普段からホコリが付着していないか、コードがねじれていないかを確認することで事故を未然に防ぐことができます。 ドライヤーの内部にホコリやチリなどのゴミがたまると発火の恐れがあるので、ドライヤー本体の 吸い込み口や吹き出し口の定期的なお手入れは必要です。 火花がでていなくても「焦げ臭い」と感じる時は、ホコリやチリ、髪がヒーター部分でたまって焦げている可能性があります。 また、乾かす時は髪が吸い込み口に巻き込まれないように、ドライヤーを近づけすぎないように使いましょう。 ドライヤーを保管する際に、 電源コードを本体に巻きつけているとコードの中で断線することがあります。 素線の一部が切れると、切れていない部分に過度の電流が流れ、発煙・発火にいたることがあります。 ドライヤーは消費電力が1200Wと大きいため、コードが断線して火花が出ることが多いといわれています。 電源コードがねじれた状態で使い続けないよう、コードがねじれていたら ねじれを解消してください。 また、 ドライヤー本体や電源コードは巻き付けずにフック等で吊るすなどして電源コードに負荷がかからないようにしましょう。 参考元:、 【コラム】緑や青色の火花のような光は故障ではない?? 吹き出し口の奥からパチッと音と共に緑色の火花のような光が見える。 中でカチッと音がして青い火花が見える。 …このように、 緑色や青色の火花のような光が見えることがあり、不安に感じる人が多いようです。 青色や緑色の火花のような光は、ドライヤーの内部にある サーモスタットという自動温度調節の稼働によるものです。 サーモスタットとは、加温・冷却を制御することで温度を一定に保ちます。 感熱体としてバイメタルソリ式を用いたドライヤーでは、あらかじめ設定した温度に達したときに 接点が自動的に開路・閉路します。 つまり、ドライヤーが熱くなるとサーモスタットのスイッチが切れて加熱をやめ、冷えるとスイッチが入り加熱を始めます。 温度調節の度に、 接点から青色や緑色の火花のような光がでるのですが 故障ではありません。 ただし、焦げ臭いニオイや発煙した場合は、故障の可能性があるので使用しないようにしましょう。 吸込口を掃除しても時々火花が見える場合は、危ない火花の可能性があります。 ドライヤーにも寿命があるので、定期的にメーカーに相談し、点検をお願いする必要があります。 参考元:、、 ドライヤーの火花について疑問が残ったら ドライヤーから火花がでて火傷をしたり、火事になってしまった場合、下記のように 状況保存を行うと、イザという時に役に立ちます。 ・事故品はそのまま保存(残す)しておく。 無理なら写真を撮っておく。 ・事故が発生した状況や使用状況などは記録する。 ・警察や消防署へ連絡するとともに、病院で診てもらった時は診断書などを受け取る。 また、 消費者庁の消費者ホットライン(3桁の電話番号で188)に相談することをおすすめします。 消費者ホットラインは、どうすればいいのか困った時の最寄りの相談窓口を教えてくれます。 年末年始(12月29日~1月3日)を除き、原則毎日利用できます。 製品事故に関する情報は、下記のサイトから調べることができますので知っておくとよいでしょう。 、 参考元:.

次の