カワウソ 飼うの禁止。 カワウソはペットとして飼える?臭いや鳴き声には注意が必要?

カワウソの飼育方法と必要な物・注意点について

カワウソ 飼うの禁止

コツメカワウソ(Asian small-clawed otter、Amblonyx cinereus)をタイから密輸しようとした男2人が逮捕された。 報道によれば、5匹のカワウソのうち発見時に2匹が死んでおり、その後に2匹が死んだという。 ペット需要があるため、高値で売買されている闇市場があると考えられるが、日本の住環境でカワウソを飼うことは不可能に近い。 まず合法的に入手できない 近年、ワシントン条約で国際的な商取引が規制されている動物の密輸入が急増している。 コツメカワウソは、カワウソの仲間の中でも特に小型で愛らしい姿形をしている。 動物園で見たりテレビ番組などで紹介されたコツメカワウソに魅了され、ペットとして飼おうと考える人が増え、違法な取引も急増しているのだろう。 もちろん、ごく少数だが国内の民営動物園などで繁殖した個体が流通し、ペット市場へ出てくることもなくはない。 だが、これだけの数では、需要をまかなえないだろう。 少なくとも上野動物園など公営の動物園から、コツメカワウソがペットとして売りに出されることはありえない。 だから、コツメカワウソがペットとして扱われていたとすれば、それはほぼ間違いなく違法に密輸されたものといえる。 テリトリーは周囲10km前後と広大で、豊かな水辺が必要だ。 ペットとして飼うのは虐待 つまり、1匹や2匹の野生のコツメカワウソを、日本の狭い住環境で飼うことは一種の虐待と同じことになる。 家族とのつながりが強く、仲間同士での音声コミュニケーションが必要なコツメカワウソが、精神的なストレスを感じることは間違いない。 また、コツメカワウソもアナグマなどと同じイタチ科の動物で肉食獣だ。 鋭い牙を持ち、凶暴な一面もある。 コツメカワウソの密輸が絶えないのは、国内にそれだけの需要があるからだ。 ペットとして飼うことは、彼らを悲惨な境遇に落とすことにほかならない。 日本には、北は札幌市の丸山動物園から南は鹿児島市の平川動物公園までコツメカワウソに会える動物園も多い。 コツメカワウソを本当にかわいいと思うのなら動物園で会ってあげて欲しい。 本部はスイス。 89の国家会員、129の政府機関会員及び1163の非政府機関会員等が加盟(2017年2月現在)。 日本は政府とともに国内のNGO団体などが加盟している。 95, Issue1, 128-139, 2014.

次の

コツメカワウソとは? ペットで人気 ⇒ 絶滅危機で輸出入禁止へ

カワウソ 飼うの禁止

コツメカワウソ Aonyx cinerea 食肉目イタチ科の半水生の動物。 カワウソ13種の中では一番小さい。 インドから東南アジア、中国南部などの河川や沼地・水田などに棲み、甲殻類や魚、軟体動物、カエル、小鳥などをいろいろなものを捕まえて食べます。 家族で暮らし、家族間の絆が強い動物です。 生息地の減少や密猟などのために生息数を減らしており、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでは、危急種(UV)。 絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約(CITES)では、長い間附属書II掲載種でしたが、2019年の締約国会議で附属書I掲載が決まりました。 2019年11月26日から、日本の国内法である「種の保存法」の適用も始まっています。 もし登録票のついていない個体が売られていたら、それは、違法な販売です。 SNSで動画が拡散するなど、かわいらしい姿が災いして、コツメカワウソのペット飼育やふれあい展示などの需要が高まってしまいました。 それにより増加した密猟・違法取引が野生での生息数に影響を与えているとして、日本が国際的に批判されています。 コツメカワウソは、そもそも飼うことに向きません。 長い年月をかけて人類と関係を持つことで改変されてきた犬や猫などの動物とは、根本的に違います。 幼いころは人に懐くでしょう。 しかし性成熟して大人になると、カフェなどでもお客さんに触らせることができなくなっていたり、オスとメスの間で闘争が起き、悲惨な事故につながったりしています(写真は)。 飼い主さんも、家じゅうの物を壊されるので飼うことは勧めないとインタビューで答えていました。 コツメカワウソたちが棲むべきは、本来の生息地である野生の環境です。 人間が楽しみたいからと、野生からコツメカワウソを奪って飼育するのは、拉致・監禁であり、搾取です。 必読! 飼育下で病み、負傷し、死んでいくコツメカワウソたち• ショップや室内展示施設では最低限の福祉すら担保できない 動物たちのそれぞれの種や個体が持つ自然な欲求を満たしてあげる必要があります。 それが動物福祉泳ぐことのできる環境は必須です。 しかし、カフェなどでは水に自由にアクセスできない環境であったり、水があってもトレー程度しか置かれていなかったりします。 活発な行動欲求に対して飼育スペースも狭く、IUCN(国際自然保護連合)の専門家グループが推奨する2頭につき最低でも60平方メートルに到底及びません。 また、家族で生活をするため、1匹だけで飼育することは好ましくありません。 売られているコツメカワウソは、密輸だらけ 多くのコツメカワウソが日本に密輸され、売られました。 密輸では、親を殺して密猟された幼いコツメカワウソが、キャリーバッグなどに詰められ、日本まで運ばれます。 輸送が原因で命を落とすこともあります。 一部は水際などで摘発され、事件化したものもあり、裁判の傍聴をした記録も載せました。 コツメカワウソは2019年に付属書Iに掲載になったので、パンダやチンパンジーなどと同じ強さの国際取引規制がかかったことになります。 国際商業取引は原則禁止で、国内取引には種の保存法上の国際希少野生動植物種としての登録が必要ですが、2020年3月現在、登録されている個体は1匹もいません。 もし売られていたら、違法な販売です。 2018年6月 カワウソカフェ「コツメイト」への密輸個体持ち込み事件& 2018年10月 同じ実行犯が関わる密輸事件• テレビやネットで煽られないで! コツメカワウソ人気は、「天才! 志村どうぶつ園」で放映された、芸能人がカワウソの赤ちゃんを連れて日本全国の観光地を旅して回るコーナーの頃から、既に始まっていました。 この番組にカワウソを貸した室内展示施設兼ペットショップも、異常に狭いケージにコツメカワウソを入れて飼っていました。 最近、多少改善された後も、繁殖をしようとして失敗し、メスが怪我を負い、死にました。 どうか、メディアやSNSが見せる作られたかわいさに騙されないでください。

次の

【元動物園の飼育員が解説】カワウソはペットにできる?カワウソの生態やコツメカワウソの値段・飼い方を解説

カワウソ 飼うの禁止

しかし、中には「ペットに向かない動物」もいる。 例えば今大人気のカワウソ。 実は家庭で飼うには向かないという。 その理由と問題点とは何か。 今年10月、全国の水族館や動物園で飼育されているカワウソのナンバーワンを決める「第一回カワウソゥ選挙」が開催された。 総投票数は、目標の1万票を大きく上回る51万票以上を記録し、大きな反響を呼んだ。 また、カワウソと触れ合えるカワウソカフェも全国的に増えており、今、空前のカワウソブームが起こっている。 そもそも、ほとんどのカワウソは絶滅危惧種だ。 多くの動物園・水族館で飼育されているコツメカワウソも、ワシントン条約では附属書II(国同士の取り引きを制限しないと、将来絶滅の危険が高くなる生き物)に入っており、日本に輸入するためには、輸出国の輸出許可証が必要となるが、法律上自宅でペットとして飼うことは禁止されていない。 カワウソの愛嬌のある表情や仕草にハマり飼いたいと思う人も多く、ペットショップでは1匹50万~100万円で販売されている。 「動物園や水族館などでの飼育のマニュアル化は進んでいますが、カワウソの生態はいまだ未知の部分が多い。 人への感染症の有無についてもはっきりしておらず、リスクが高いんです」(佐々木さん) 欧米では傷ついたカワウソを保護するケースはあるが、一般家庭でペットとして飼うのは世界的にも珍しいという。 飼育には、水浴びや運動ができる広いプールやケージなどが必要なうえ、カワウソは群れで生活するため、多頭飼いが理想となる。 経済的負担が大きい点も、日本で飼うには不向きな理由になっている。 需要が急激に増えたため、ペットショップでの価格も高騰を続けており、その影響で、深刻な問題も起こっている。 今年10月にタイの首都バンコクの空港からカワウソ10匹を密輸しようとしたとして21才の女子大学生が野生動物保護法違反で逮捕された。 同様の密輸事件は今年だけで4件起きている。 「これは異常事態です。 絶滅危惧種であり自然の状態でも減りつつある中で、絶滅に拍車をかけることになりかねない」(佐々木さん) 本来なら保護しなければいけないカワウソを、危険にさらしているのだ。 佐々木さんの研究グループはこの状況を危惧し、タイの研究所と今後の対策について検討を始めたという。

次の