芸能人 入院。 エスパー伊東、脳梗塞で入院「お医者さんから二度とバッグの中に入れませんと言われた」

精神病院に4年閉じ込められた彼女の壮絶体験

芸能人 入院

9日に保釈された高畑裕太さん。 保釈後弁護士から 「高畑裕太さんは、心身ともに不調を来していることから、しばらくの間入院されるということです。 」とコメントがありました。 その入院先が判明したようです。 埼玉県越谷市にある医療法人秀峰会の心療内科病院『楽山』(らくざん)だということです。 HPを見て見るとすごい・・こんな病院あったんだ・・ ホテル並みの豪華さでまず病院とは思えない「楽山」を調べてみました。 高畑裕太さんの入院先心療内科病院『楽山』が豪華すぎると話題 まずはHP上の数々の豪華写真をご覧ください。 外観です。 シアタールーム?! シェフ?! エントランス ゲストルーム 緑も多い。 ホテルではありません。 ここは心療内科病院です。 ちゃんとした保険施設なのです。 スポンサーリンク 心療内科病院『楽山』 まずは秀峰会グループを見てみます。 秀峰会グループ主要施設 心療内科病院・楽山(らくざん) 精神科急性期病院・北辰(ほくしん) 精神科デイナイトケアセンター・生徳(せいとく) 越谷地域生活支援センター・有朋(ゆうほう) 精神障害者グループホーム・一瓢(いっぴょう) 越谷南部訪問看護ステーション・好楽(こうらく) 介護老人保健施設・南面(なんめん) 通所リハビリテーション 南面デイケア・福田(ふくでん) 通所介護 デイサービス・里仁(りじん) 居宅介護支援事務所・徳風(とくふう) 地域包括支援センター・大孝(たいこう) 認知症デイケアセンター・佳境(かきょう) 事業所内託児施設・有教館(ゆうきょうかん) 診療科目:精神科・神経科・心療内科・内科 精神科、神経科、心療内科、内科ということで、メンタル疾患やに精神科疾患、認知症などの神経疾患に特化した病院であることが伺えます。 癌などの外科治療を必要とする患者が増える一方で精神科疾患、特に心療内科疾患も増え続けている印象です。 治療薬の研究は進められていますが、劇的に良くなると言った話は聞いたことがありません。 結局は薬ではなく、楽山が勧めておられるように休むことが一番なのかもしれませんね。 そして、楽山は最高のリフレッシュを提供してくれそうですね。 また、秀峰会の創立者中村吉伸氏が掲げる秀峰会の理念がすごい! 病気を治すことが目的ではなく、『社会的弱者を救うこと』 これを理念に掲げている病院はなかなか珍しいのではないでしょうか。 ここでは、人は人として扱われ、また人が一人ひとり尊重されることを約束してもらえそうです。 医療施設と言えども、本当にピンキリですから・・ そして、何より、患者さんではなく、『ゲスト』として対応して頂けるようです。 『楽山』では、病室という概念はなく、『ゲストルーム』なのです。 すごい・・ では楽山の特徴を見てみたいと思います。 ゲストルーム• 全室カードキー付きの個室• 室料差額は6,000円~10,000円• 各種治療プログラム• 認知行動療法、カウンセリングなどの心理療法• 絶食、プチ断食などの心身療法• 内観療法・森田療法など、ご自身の内面を見つめなおす療法• アロママッサージなど五感を通して心へ働きかける療法• 芸術心や運動により生命力を高める療法(ダンス・音楽・陶芸・水彩・墨絵など)• 光照射療法など生体バイオリズムへ働きかける療法• サプリメントなどの食事療法 もちろん、何もしないで、ゆったりとした時間をお過ごしいただくことも大切な治療のひとつです。 スパとアロマ• 五感を通じて心と体の両方に働きかける療法• 治療の一環としてアロママッサージを取り入れている• 東京青山に本店をもつ、人気エステサロン「ラ・フラーム」と提携している 思いやりフロア 世界初のフルオープンのスタッフステーション ゲスト(患者さま)と医療スタッフを隔てるものはすべて取り去り、真に心が通うコミュニケーションの充実とチーム医療の実現のために考案された、「楽山」ならではの創意工夫です。 まとめ 高畑裕太さんが入院している病院は、富裕層相手のえせ高級病院ではなく、とことんゲストのための病院を追求した立派な心療内科病院でした。 ここでは、高畑裕太さんも心優しいスタッフに見守られて安心して過ごす事が出来そうですね。 こういった病院があることにびっくりしました。 今後、このようなゲストを中心としたサービスを提供する医療施設は増えていくのではないかと思いました。 高畑裕太さんは示談が成立し保釈されましたが、依然として世間の目は厳しく芸能界復帰は無理でしょう。 今後どうするか、そして、どう償っていくか、高畑裕太さんにとってはしばらくいろんなことと向き合う厳しい時期が続くでしょうね。 頑張ってほしいと思います。 ここまでお読みいただきありがとうございます。 あなたに届けるピンフルエンサー! ここまでお読みいただきありがとうございます! 一人でも多くの方に、もっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いているものです。 私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。 信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。 人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。 ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤 想一郎 ( そういちろう )さんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。 まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。 そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。 過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました! もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。 「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

次の

志村けんさん、新型コロナに感染 重度の肺炎で入院:朝日新聞デジタル

芸能人 入院

お笑いタレントの志村けん(70)が新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院していることが25日、分かった。 所属事務所が発表した。 今月中旬に米俳優のトム・ハンクス(63)が新型コロナ感染を公表したが、国内での芸能人の感染者は初めて。 また、同日に行われたNHKの総局長会見では、志村が次期連続テレビ小説「エール」に出演し、すでに収録に参加していることが公表され、芸能界にも感染拡大の危機が忍び寄っている可能性が浮上した。 世界各地で猛威をふるう新型コロナウイルス。 爆発的に感染者が急増する今、日本芸能界に脅威が直撃した。 志村は3月17日に倦怠(けんたい)感で自宅療養。 19日に発熱と呼吸困難に見舞われ、20日に都内の病院に搬送された。 重度の肺炎と診断され、都内の病院に入院。 新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして検査した結果、23日夜に陽性と判明した。 24日に保健所による調査が実施され、発症日と濃厚接触者の特定が完了。 対象者は自宅待機しており、志村は現在も病院で闘病中。 TBSは、人工心肺装置を装着するために24日に別の病院に転院したと報道。 一時、気管挿管を伴う重症だったという。 芸能界を代表する大御所の志村だけに、業界全体に与える影響も甚大。 発症後には番組収録等には参加していないが、現状では感染経路も不明な状況であり、業界内での感染拡大や集団感染にもつながりかねないという危ぐも持たれている。 放送各局は対応に追われた。 NHKは、30日スタートの連続テレビ小説「エール」に志村が出演することと、6日の収録に志村が参加したことを公表。 関係者によると、この日、同局では緊急会議が開かれ、今後の対応が話し合われたという。 レギュラー番組は、日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」を5日に収録。 フジテレビ系「志村でナイト」は発症前日の16日に収録予定だったが、別事情で収録が行われず、30分ほどでスタジオを離れたという。 今月分は既に収録済みで4月の放送は未定。 テレビ朝日では、25日放送の「あいつ今何してる?」の収録が10日に行われた。 発症日以前に収録が行われたことから各局は、濃厚接触者にはあたらないと判断している。 12月公開予定の主演映画「キネマの神様」には4月上旬からクランクイン予定だった。 撮影は今月上旬から始まっており、配給の松竹は、撮影スケジュールやクランクイン時期などを含めて対応を協議中としている。 高齢者は重症化するリスクが高いとされる新型コロナウイルス。 志村は16年8月にも肺炎で入院し、今年1月には、ポリープ切除の内視鏡手術で入院しており、体調が心配される。

次の

エスパー伊東、脳梗塞で入院「お医者さんから二度とバッグの中に入れませんと言われた」

芸能人 入院

この連載は今回が初回です 退院から10日ほどたった1月半ば。 取材に応じた米田さんは、そう笑顔で話した。 病院では週に1度しか食べられなかった好物の麺類を好きなときに食べたり、少し夜更かしをしてテレビを見たりすることに、幸せを覚える日々だという。 「何よりいちばんの幸せは、家族や友人と自由に連絡が取れることです」。 「逆に今のほうが本当は夢で、目が覚めたらやっぱり現実は閉鎖病棟内のままだった、と想像すると、怖くなって泣き出しそうになります。 入院しているときは外で生活しているイメージがまったくできなくて、声を上げても誰も助けてくれず、2度とここから出られないと思ったこともありましたから」 米田さんはそう振り返ったあと、語気を強める。 「この4年間、家族とは面会はおろか、声を聞くことすらかないませんでした。 入院当時、中学1年生だった次男は今では高校生。 すっかり声変わりしていて成長がうれしい半面、一緒にいられなかった悲しみもあります。 人生の貴重な時間を奪った病院のことは、決して許せません」 30代から40代にかけての、この4年間。 米田さんが長期入院を余儀なくされた背景にはいったい何があったのか。

次の