周知 類語。 周知(しゅうち)の意味とは?類語や対義語と合わせて徹底解説

「ご承知おきください」の意味は?類語やメールでの使い方を解説

周知 類語

ビジネスでの「周知」の使い方 ビジネスシーンで使える「周知する」「周知させる」 「広く知れ渡る」「広い範囲に知らせる」を意味する「周知」という言葉。 ビジネスシーンでは「周知する」「周知させる」の形で、多く使用されています。 一部では「周知する」は誤用だという意見もありますが、「広い範囲に知らせる」という意味では「周知する」が適しています。 また、新聞や国会会議録に「周知する」が使用されていることからも、誤用であるとは言い切れません。 状況を判断し使用しましょう。 敬語表現を使った「ご周知ください」 ビジネスシーンで目上の相手に「周知」を使用する場合、前後の言葉を敬語表現に置き換える必要があります。 丁寧な表現である接頭語をつけた「ご周知ください」や「ご周知願います」が当てはまるため、状況に応じて使用しましょう。 注意が必要なのは「ご周知ください」や「ご周知願います」は、「周囲に知らせてください」を意味しているという点です。 「知っておいてください」という意味では、使用できません。 「あなたから周りの人へ知らせてください」と言いたい状況で使用しましょう。 広く知られるために計画をする「周知を図る」 「周知」の使い方の1つに、「周知を図(はか)る」があります。 「広く知られるために計画をする」「働きかける」を意味しており、ビジネスシーンでも使用されます。 例えば、「社内に新しいシステムが導入されたため、従業員への周知を図ったが、やはり慣れるまで時間がかかるようだ」などの使い方をします。 「周知の事実」とは「広く知られている事実」 「周知の事実」とは、「広く知られている事実」を意味します。 誰しもが知っている事実や、一般常識とも言えることに対して使用されます。 ただ、反対に「知っていなければおかしい」という意味にもなるため、目上の人へ使用する場合は注意しましょう。 徹底的に広く知らせる「周知徹底」 「周りに徹底的に知らせる」を意味する、「周知徹底」という四字熟語。 「徹底」とは「すみずみまで行き渡る」を意味する言葉であるため、すみずみまで知らせたい状況で使用されます。 「周知徹底する」や「周知徹底を図る」などの使い方をしてください。 「周知」の類語を紹介 「教え導く」を意味する「啓蒙」 「周知」の類語には「正しい知識を教え、合理的な考えへ導くこと」を意味する「啓蒙」が当てはまります。 読み方は「けいもう」です。 「周知」の「知らせること」という意味と、「啓蒙」の「教えること」という意味が似ていることから、類語に当てはまります。 ただ、「啓蒙」の「蒙」という漢字には、「愚か」や「無知」という意味が含まれているため、相手に失礼と捉えられることがあります。 中には差別用語と受け取られることもあるため、使用には注意しましょう。 「広く知られている」を意味する「公知」への言い換え 「世間に対して広く知られていること」を意味する「公知」も、「周知」の類語です。 「こうち」と読み、物事が広く知れ渡っている状況で使用されます。 例えば、「周知の事実」を類語の「公知」で言い換えると「公知の事実」となります。 「周知」の英語表現 「周知」は英語で「Known」「Public」 「周知」を英語で表現する場合、「known」が適しています。 「知られている」を意味する単語であり、「Well known」で「よく知られている」という意味になります。 また、「国民一般の」や「公開の」を意味する「Public」を使った「Make it public」も「周知」の英語表現です。 まとめ 「広く知れ渡る」または「広い範囲に知らせる」を意味する、「周知」という言葉。 「周知させる」や「周知する」などの使い方をして、ビジネスシーンでも使用されます。 目上の相手に使用する場合、敬語表現の「ご周知ください」が適していますが、上から目線に感じられることもあるため注意しましょう。 場合によっては類語「公知」への言い換えが可能です。

次の

周知徹底の意味とは?使い方や例文・英語を解説

周知 類語

ビジネスシーンで注意が必要な使い方とは 周知の使い方の例として、 「周知のとおり」「言うまでもなく」という表現は 上から目線の文章として受け取られる可能性があります。 なぜなら、「周知のとおり」「言うまでもなく」は使役・命令調であり、 「事前に知っていて当然ですが」の意味合いがあるのです。 そのため、ビジネスシーンにおいては、目下の人間が「周知」を使うのは失礼に当たってしまうため、使わないにしましょう。 次からは、具体的な例文とともに「周知」の使い方を紹介していきます。• <例文>• 周知のとおり、我が社では地球温暖化対策のため、エアコンを使わずにクールビズをしています。 昨今、株価が上昇しているのは周知の事実ですが、その理由をでしょうか? 例文で用いたように、「周知の事実ですが~はご存知ですか?」という表現は、後に具体的な話を展開する際に重宝する表現になります。 「周知徹底する・させる」 「周知徹底する・させる」の場合は、「周知する・させる」を強調した表現になります。 「しなければならない」「当然すべきである」などの印象を与えることが可能です。 特に、「異常・危険」などのケースを通して、「周知徹底する・させる」は使われることが多いので、 絶対にお知らせすべきことがある場合に活用できます。

次の

周知の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

周知 類語

ビジネスでの「周知」の使い方 ビジネスシーンで使える「周知する」「周知させる」 「広く知れ渡る」「広い範囲に知らせる」を意味する「周知」という言葉。 ビジネスシーンでは「周知する」「周知させる」の形で、多く使用されています。 一部では「周知する」は誤用だという意見もありますが、「広い範囲に知らせる」という意味では「周知する」が適しています。 また、新聞や国会会議録に「周知する」が使用されていることからも、誤用であるとは言い切れません。 状況を判断し使用しましょう。 敬語表現を使った「ご周知ください」 ビジネスシーンで目上の相手に「周知」を使用する場合、前後の言葉を敬語表現に置き換える必要があります。 丁寧な表現である接頭語をつけた「ご周知ください」や「ご周知願います」が当てはまるため、状況に応じて使用しましょう。 注意が必要なのは「ご周知ください」や「ご周知願います」は、「周囲に知らせてください」を意味しているという点です。 「知っておいてください」という意味では、使用できません。 「あなたから周りの人へ知らせてください」と言いたい状況で使用しましょう。 広く知られるために計画をする「周知を図る」 「周知」の使い方の1つに、「周知を図(はか)る」があります。 「広く知られるために計画をする」「働きかける」を意味しており、ビジネスシーンでも使用されます。 例えば、「社内に新しいシステムが導入されたため、従業員への周知を図ったが、やはり慣れるまで時間がかかるようだ」などの使い方をします。 「周知の事実」とは「広く知られている事実」 「周知の事実」とは、「広く知られている事実」を意味します。 誰しもが知っている事実や、一般常識とも言えることに対して使用されます。 ただ、反対に「知っていなければおかしい」という意味にもなるため、目上の人へ使用する場合は注意しましょう。 徹底的に広く知らせる「周知徹底」 「周りに徹底的に知らせる」を意味する、「周知徹底」という四字熟語。 「徹底」とは「すみずみまで行き渡る」を意味する言葉であるため、すみずみまで知らせたい状況で使用されます。 「周知徹底する」や「周知徹底を図る」などの使い方をしてください。 「周知」の類語を紹介 「教え導く」を意味する「啓蒙」 「周知」の類語には「正しい知識を教え、合理的な考えへ導くこと」を意味する「啓蒙」が当てはまります。 読み方は「けいもう」です。 「周知」の「知らせること」という意味と、「啓蒙」の「教えること」という意味が似ていることから、類語に当てはまります。 ただ、「啓蒙」の「蒙」という漢字には、「愚か」や「無知」という意味が含まれているため、相手に失礼と捉えられることがあります。 中には差別用語と受け取られることもあるため、使用には注意しましょう。 「広く知られている」を意味する「公知」への言い換え 「世間に対して広く知られていること」を意味する「公知」も、「周知」の類語です。 「こうち」と読み、物事が広く知れ渡っている状況で使用されます。 例えば、「周知の事実」を類語の「公知」で言い換えると「公知の事実」となります。 「周知」の英語表現 「周知」は英語で「Known」「Public」 「周知」を英語で表現する場合、「known」が適しています。 「知られている」を意味する単語であり、「Well known」で「よく知られている」という意味になります。 また、「国民一般の」や「公開の」を意味する「Public」を使った「Make it public」も「周知」の英語表現です。 まとめ 「広く知れ渡る」または「広い範囲に知らせる」を意味する、「周知」という言葉。 「周知させる」や「周知する」などの使い方をして、ビジネスシーンでも使用されます。 目上の相手に使用する場合、敬語表現の「ご周知ください」が適していますが、上から目線に感じられることもあるため注意しましょう。 場合によっては類語「公知」への言い換えが可能です。

次の