出会系アプリ完全無料。 出会系アプリ完全無料のラブチャット!の評価・口コミ

【課金なし!!】おすすめ無料出会系アプリを紹介!完全無料のアプリを利用する時も注意点も解説!

出会系アプリ完全無料

以前に公開した『』という記事が好評でしたので、今回はその 続編です。 出会い系アプリの運営にはどのくらいの費用がかかるんだろう・・・利益はどの程度のものなのだろう・・・ そもそも出会い系アプリって本当に儲かるの? 様々な不安から、出会い系アプリのオーナーへの一歩を踏み出せない方は多いのではないでしょうか? どんなに素晴らしいアイデアを思いついても、利益が出なければビジネスは継続できません。 その為にもコストや売上の予測を立て、事前の試算が大事なのは言うまでもないでしょう。 出会い系アプリの運営は上手くやれば大儲けすることも可能(だと僕は思っています)です。 しかし、試算を誤ると 大変な損害を被ってしまうリスクがあります。 そこで今回は、元出会い系業者である僕が、実際のデータを基に出会い系アプリの運営に関する数字のお話をしたいと思います。 出会い系アプリの制作費• デヴェロッパーアカウント取得費• ドメイン費• テスト端末(スマホ)代金 など 出会い系アプリの運営を開始する迄にかかる主な費用は上記の通りです。 ちなみに、出会い系アプリは運営開始前に、警察へインターネット異性紹介事業の届出をする必要がありますが費用はかかりません。 出会い系アプリの制作費 出会い系アプリを開始する前、最も大きい出費となるのがアプリの制作費です。 僕の場合『』でも書いたとおり、クラウドソーシングを利用してプログラマーやデザイナーを探しました。 自分の理想を追求することはとても大事ですが、 制作費に費用をかけすぎてしまうと自らの首を締め付けてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。 制作を依頼する場合の費用は、内容や依頼先にもよりますが、 安く見積もっても150万円~といったところでしょうか。 制作費については妥協せずにじっくりと相手と交渉しましょう。 デヴェロッパーアカウント取得費 App Storeでアプリを公開したい場合はで、Google Playでアプリを公開したい場合はGoogle Play Developer Consoleで、それぞれアカウントを取得する必要があります。 アカウント取得にかかる費用は、 Apple Developer Programが年間料金$99、 Google Play Developer Consoleが登録料$25となっています(2018年7月現在) ドメイン費 Webサイトを用意する場合はドメインを取得する必要があります。 アプリのみでのサービスを考えている場合、基本的にはWebサイトは必要ありませんが、アプリ紹介の為のWebサイトがあったほうがユーザーからの信頼度は高くなります。 ドメインの登録料は、ドメインの種類によって異なりますが、 年間で数百円~数千円程度です。 テスト端末(スマホ)代金 開発中のアプリはリリース前に実機でテストプレイしてみる必要があります。 したがって、App StoreとGoogle Playの両ストアでアプリ公開を考えている場合、iPhoneとAndroidのそれぞれのスマホを用意する必要があります。 ちなみに僕は白ロムと呼ばれる中古のスマホを用意しました。 古すぎるモデルはテスト端末には適していませんが、無理して最新のものを用意しなくても問題ありません。 運営を開始した後にかかる費用• ストア手数料• サーバー費• 広告費• 人件費• 保守管理費 など 出会い系アプリの運営を開始した後(運営中)にかかる主な費用は上記の通りです。 ちなみに、サーバー費はアプリ開発段階からかかるケースがほとんどですが、この記事ではアプリ運営を開始した後の費用として紹介しているのであしからず。 ストア手数料 ストア手数料は、ストア上でアプリを公開させてもらう代わりに、デヴェロッパー側に対して発生する支払いのことです。 簡単に言うと、出店料みたいなものです。 僕はサーバーに知識が乏しかったので、プログラマーにアプリの構想を伝えつつ、言われるがままにクラウドサーバーを利用しました(笑)ちなみに、 月額15,000円程度の費用でスタートしました。 運営が軌道に乗ると、売上に比例してユーザー数も増加するので、アクセス負荷の状況に併せてサーバー費用も増えていくことになります。 広告費 出会い系アプリ運営における成功への鍵の一つとも言えるのが広告です。 ネットの広告と言えば、リスティング広告、アドネットワーク、アフィリエイト広告、SNS広告などがありますが、出会い系アプリは審査が厳しく、一般のアプリと比べ広告が出しづらい傾向にあります。 また、広告を出せたとしても、無課金ユーザーばかりを誘導してくる広告先では赤字です。 したがって、広告に関しては十分に吟味する必要があるのですが、基本的には、 ユーザー1人あたりの平均課金額 > ユーザー1人あたりの獲得費用 となればその広告先は合格ということになります。 広告先は常にユーザーの動向を確認しながら、慎重に判断しなければなりませんが、僕の場合、初期は 月100,000円程度の広告予算を組み、効果に併せて広告費を増減させていました。 広告費が多いと大変ですが、少なすぎても効果を判断しづらいので、自身のプランと予算に併せて調整しましょう。 人件費&家賃 制作するアプリのプランや予算によりますが、初期は1人もしくは2人での運営体制で問題ないと思います。 少人数で運営できるのもこのビジネスの魅力の一つですし、人を増やすとその分の人件費や家賃がかかるわけなので。 もしスポットで人材が必要であれば、クラウドソーシングで探すこともできます。 もちろん売上を伸ばしたり、事業をスケールさせたいと考えているのであれば、人を増やすことはとても重要なことです。 僕の場合、最初の数ヶ月は1人で運営を開始し、売上にあわせて少しづつ人を増やしていきました。 保守管理費 アプリは完成して公開したから全てOKというわけではありません。 運営中の不具合やトラブルはつきものです。 場合によっては新しい機能を追加した最新バージョンへのアップデートも必要となります。 僕の場合、アプリを制作してもらったプログラマーに毎月一定の保守管理費を支払い、様々な対応をしてもらっていました。 出会い系アプリの売上について考えてみよう 出会い系アプリの売上は料金体系によって異なります。 ここで言う料金体系とは、ユーザーがサービスの利用料をどのように支払うかを定めたもので、 アプリ内広告の掲載イメージ図 ここで自身の体験を思いだして欲しいのですが、アプリ内の広告を積極的にタップする人はあまりいません。 したがって、ビジネスを成り立たせるにはより多くのユーザーを集める必要があります。 もちろん完全無料なのでユーザーが集まりやすいのですが、一方でサーバー代の負担が大きくなりやすいという側面もあるのがこのモデルです。 僕の経験からして、 1インストールに対し平均して2円〜数十円の売上といったところ。 売上を伸ばそうと広告を増やし過ぎると、リジェクト(アプリ削除)の対象となるので注意も必要です。 定額制の場合 『』や『 』など、今流行している多くのマッチングアプリが採用しているのが定額制。 月額3,000円程度の料金を支払えば、基本サービスは使い放題となる料金体系です。 気になる売上に関してですが「市場調査メディア ホノテ(株式会社マクロミル)」によると、 まず課金した経験を尋ねると、男性は75%、女性は18%が「アプリ内課金をしたことがある」と回答しました。 中略 今までに合計でいくら課金したか尋ねた結果、平均累計額は、男性が「11,557円」、女性が「9,600円」でした。 引用: という調査結果が出たそうです。 とても魅力的な数字に見えますが、上記はあくまでも大手マッチングアプリの話。 リリースして間もない新規アプリが同等の結果になるということはまず在り得ないでしょう。 しかしながら、やり方次第では将来大きな収益を生む可能性を秘めていると言えるのがこのモデル。 開発やブランディングに対する先行投資がポイントとなるでしょう。 ポイント制の場合 『』や『』など、老舗の出会い系アプリが採用しているのがポイント制です。 定額制とは異なり、ポイント制はサービスを使いたい分だけのポイントを事前に購入する仕組みなのでユーザーは無駄な出費を無くすことができます。 一方で、魅力的なサービスを提供することによってユーザーの課金額も増える為、運営側にもメリットがあると言えます。 ちなみに、僕が運営していた出会い系アプリの料金体系もこのポイント制でした。 意味はユーザー1人あたりの平均課金額。 出会い系アプリの利益ってどのくらい? では、ここまでのことを踏また上で、出会い系アプリの利益は一体どれくらいになるのでしょうか? 僕が運営していた出会い系アプリ(ポイント制)の運営開始から数ヶ月経過した、ある月の数字を公開します。 実際に計算してみましょう。 売上:1,374,000円• 経費:1,030,200円(以下内訳)• ストア手数料:412,200円• サーバー費:18,000円• 広告費:250,000円• 人件費:200,000円• 少ないと感じましたか?それとも多いと感じましたか? もちろん上記より利益が多い月もあれば、少ない月もありました。 ちなみに、売上をARPUで割ると会員数を算出できますが、僕が運営していた出会い系アプリは業界内では小規模でした。 したがって、全てのポイント制の出会い系アプリが上記の通りというわけではなく、あくまでも一つのサンプルとして参考にしてもらえたら、と思います。 しかし現実はそれほど甘くなく、利益を確保する為の綿密な計画が必要です。 それは一般的なビジネスと同じで、 いかにコストをおさえて売上を伸ばすかがポイントになります。 特にアップルやグーグルストアに対して支払うストア手数料(売上の30%)が重くのしかかる為、その他の経費を抑える必要があるのですが、広告費や人件費などを削り過ぎてしまって運営に支障をきたすようでは本末転倒です。 したがって、売上と経費のバランスの舵取りに経営センスが問われるわけですが、忘れてはならないのが ユーザーに受け入れられるサービスを常に提供し続けることです。 このアプリもっと使いたい! 友達にも教えてあげたい! そんな風に思ってもらえるアプリであれば、自然と会員が増え、事業はスケールしていくわけです。 冒頭にも書いた通り、出会い系アプリの運営には 大変な損害を被ってしまうリスクがあります。 出会い系アプリをこれから運営してみたい!という方は、後悔がない様に自分のアイデアとプランを入念に練って下さいね。

次の

男性向け!無料で出会えるマッチングアプリおすすめランキング【2020年7月最新】

出会系アプリ完全無料

完全無料の出会系アプリ『ラブチャット!』のアプリ評価や口コミ評判などをご紹介。 また本当に完全無料なのか、またサクラなどの悪質な運営をしていないのかなど詳しくレビューしています。 本アプリ『ラブチャット!』は、異性紹介事業ではないものの出会い系アプリに分類されるであろう内容になっています。 基本的には面識の無いユーザーとチャットを楽しむだけになっていて、出会い系アプリに限りなく近いシステムです。 完全無料ではありますが、近場の異性と出会うのがちょっと難しいシステムになっているので、出会い系アプリを探しているという方には決しておすすめ出来ないアプリです。 どちらかというと、本当に暇つぶしでチャットを楽しみたい方向けですね。 アプリレビュー 完全無料 まず気になるのがここですよね。 実際に一通り使ってみましたが、『ラブチャット!』は間違いなく完全無料。 課金が必要なコンテンツなどはなく、無料でチャットを楽しめるアプリになっています。 一応、広告が表示されていますが、さほど邪魔にならない程度の広告なので気にはならないかな。 出会えるのか? 冒頭で「出会い系アプリに限りなく近い」という形容をしましたが、『ラブチャット!』は登録ユーザー同士が出会えるようには作られていません。 異性紹介事業とは一線を画しているとも言えます。 利用規約にもこのような一文が書かれています。 『ラブチャット!』はSNSであり、出会い系ではございませんという内容ですが、それならばなぜ配信元で「出会系アプリ完全無料のラブチャット!」という広告を打っているのか謎なんですが・・・ 笑 一応フォローすると、異性紹介事業と決定的に異なる点としては、 検索項目に「住まい」が無いところでしょう。 口コミ等では地域検索機能を追加して欲しいという書き込みがいくつか見受けられますが、これをやっちゃうと完全に異性紹介事業になってしまうので、ラブチャットでは地域検索を省き、出会い系アプリとチャットトークアプリのギリギリのラインに立っているような感じですね。 その為、近所での出会いを探すのは一苦労です。 まず同じ都道府県の異性を探すのが面倒な上に、見つかったとしても近所なのかどうかを本人に確認しなくてはなりません。 男性であれば答えてくれるかもしれませんが、いきなり住まいを聞いて気軽に教えてくれる女性なんてほとんどいませんからね。 出会いを求めるには不向きなアプリだと思いますが、完全無料なのでチャットを楽しむためだけであれば問題はなさそう。 機能 『ラブチャット!』では以下の機能が使えます。 タイムライン• 写メ検索• チャット もう、ここだけを見ると大量に出回っているぼったくり出会い系と同じようなシステムですが、完全無料なので良しとしましょう。 一応検索項目には、「アプリ利用の目的」「NGの話題」などいくつかの選択項目があるので、ある程度は希望に沿った検索が可能になっています。 タイムラインは、一般的にイメージされるようなものではなく、プロフィール編集の最初の入力項目になっている「掲示板」のメッセージを変更することでタイムラインに新たなメッセージが投稿されるという感じです。 その為、使い勝手は非常に悪く、SNSと言えるような機能ではありません。 一応タイムラインを使っている方もいるようですが、次第に面倒になる事は間違いないでしょうね。 サクラ 完全無料なのでサクラを使っているという事は考えにくいでしょう。 何しろサクラを使う資金や労力を考慮すると、あまりにも効率が悪すぎますからね。 しかし、私が登録した直後にサクラっぽい女の子からメッセージが届いたので、恐らくこれは業者かな~と。 適当に無視していますが、恐らく他サイトに誘導されるか、LINEのIDを収集しようとしているのでしょう。 男女比は圧倒的に男性が多いですね。 これは口コミにも書かれていましたが、この手のサービスは男性ばかりが積極的で、女性は本当に暇つぶしで使っているという事が多いので、結構温度差が明白になってテンションが上がらないという感じになりそう。 まぁ、これは私の体験談ですが 笑 今後女性が増えれば、もう少し盛り上がるかもしれませんね。 総合評価 完全無料なので、ダウンロードする上で特に心配する必要は無いかもしれませんが、現時点ではさして盛り上がっているわけではないので、メリットは小さいかも。 また、個人的にはグループを作れるようにすると同じ話題で盛り上がったりできるのになぁと思いますが、恐らく出会い系アプリのシステムをコピーして使っているだけなので、そういう機能は一切見当たりませんでした。 チャットアプリというよりは、完全に出会い系アプリ寄りのシステムです。 広告が少ない点などは評価できますが、チャットを楽しむにも、出会いを求めるにも、非常に中途半端なのかな。 口コミ 『ラブチャット!』に関する口コミを一部ご紹介。

次の

出合いは登録なし完全無料でSNS交換&出会系アプリ未来彼女 for Android

出会系アプリ完全無料

1位: 2位: 3位: 4位: 5位: 1位:Tinder ティンダー Tinderは 遊びやお試し登録も多く、真剣度は低め …というイメージがありました。 しかし現在、 Tinderはユーザーが安心して出会いを見つけられるサービスに変化しています。 「Tinder=遊び」は過去のものとなりつつあります。 Tinderの主な特徴は次の3つ。 無料で出会える 他のアプリが有料であるメッセージが無料で出来るので、課金しないでデートまで行けます。 セキュリティが向上 以前は年齢確認がありませんでしたが、2020年3月から開始しました。 外国人と出会い易い 世界NO1のマッチングアプリなので、外国人が多数登録しています。 Tinderがおすすめな理由 ・男性でも無料で出会える ・世界最大のマッチングアプリ ・近年セキュリティを強化している 1位 2位 3位 1位:ペアーズ Pairs ペアーズの3ヶ月以上のプランは、 どのマッチングアプリよりも安いです。 ハッピーメール・ワクワク・Jメール ハッピーメール・ワクワク・Jメールは、日本で昔から存在する出会い系アプリの一例です。 ログインポイントを貯めればある程度は無料で使えますが、メッセージ送るごとに料金がかかります。 数人とやりとるするだけで、 マッチングアプリの月額料金をオーバーすることも…。 出会い系アプリの主な特徴は、次の3つ。 課金をさせたらポイントを還元するアプリもあり、「キャッシュバッカー」と呼ばれるサクラがいます。 業者もいる 割り切った体目的の出会いの場もあり、風俗関係の業者もいます。 既婚者も多数 手軽なセフレ探しが多いので、既婚者もいます。 恋人探し、結婚相手探しには向いてません。 まとめ 無料で使える・コスパの良いマッチングアプリおすすめランキングを紹介しました。 ただ、無料やコスパで選ぶよりも、 自分に合うマッチングアプリを選んだほうが時間もお金も節約できます。

次の