方言 ちんちん。 意外と卑猥だった富山弁ワースト10

【滋賀弁】「ちんちん」は方言で親しい関係という意味?

方言 ちんちん

概説 [ ] 言語は変化しやすいものなので、地域ごと、話者の集団ごとに必然的に多様化していく傾向があり、発音や語彙、文法に相違が生じる。 したがって、差異の程度が別の言語までには広がっておらず同じ言語の変種と認められるものの、部分的に他の地域の言葉と異なった特徴を持つようになったものを方言と呼ぶ。 なお、方言同士が時を経てそれぞれ異なる方向に変化し、やがては意思の疎通ができなくなる。 しかし、このような過程のある段階で各々の方言は別言語だと看做されるようになる。 同じに属する言語とは、理論上、そもそも同じ言語()の方言がさらに変化して別言語に枝分かれしたものである。 方言・共通語・標準語 [ ] 的には「同・同・同の同系統の別の言語」と「同一言語の中の方言」を区別する明確な基準はなく、言語と方言の違いは曖昧である。 中には、隣接する地域同士ではそれぞれ意思疎通が可能でも、数地域隔たると全く意思疎通ができなくなる場合もある。 国境の有無や、友好国同士か敵対国同士かというような政治的・歴史的な条件、の有無・差異などを根拠に両者の区別が議論されることもあり、例外は多々存在する。 そのため、「世界にいくつの言語が存在するか」という質問への明確な答も存在しない。 これは、自分たちが話す言葉がはたして「方言」であるか、それとも独立した「言語」であるかについての認識には、その言葉を使う共同体が独立国家を持つか否かといった政治的・軍事的要因に左右される面があることを示す。 この警句はユダヤ人言語学者のの発言としてよく引用されるが、実際の発言者が誰なのかは不明である。 西洋の一般的な感覚ではしばしば「お互いに意思の疎通が可能」であることが方言か別言語かの基準とされるが、東洋では、文語は共通であるが、会話での疎通が不可能な場合は方言という認識が歴史的に存在した。 この場合、「方言」とは地方言語の略語に相当する。 また西洋では、支配階層はフランス語やラテン語などの口文語を使用し、被支配階層はそれぞれの地域の土着言語を話すという政治的な構造が中世から存在した。 近代になってから標準語あるいは国語が制定され、中・上流階級は「標準語」を教育機関から習得する一方で、学校に行かなかった下層階級が「方言」を話すという文化的は背景があったので、方言は「標準語」の亜流の下位言語であるという意味でDialectと表現されるようになった。 また民族主義の起こりから、政治的独立を一地域が主張する場合は地域の方言が亜流の非標準語ではなく独立した言語であるという主張が重要な政治的意味を持つようになる。 逆に言えばイタリア語やスペイン語やルーマニア語は国家的な独立を勝ち取ったラテン語の方言のとみなすこともできる。 各国での方言の実例 [ ] 「言語」と「方言」の境界が曖昧な事例は、世界中で見られる。 旧の、、地方などでは、、、といった言語が話されてきたが、これらの言語は表記体系・正書法・規範的な語彙に違いがあってもお互いに非常に近く、第二次大戦後の旧ユーゴスラビアにおいてはという1つの言語だとされた。 しかしを経て国家が分裂した現在、それぞれの国家・民族でセルボクロアチア語は・・という相異なった3つの言語であると再び主張されるようになり、独立後は更にの存在も主張されるようになった。 一方でセルボクロアチア語には発音・語彙的に多くの方言が存在するが(を参照)、セルビア語・クロアチア語・ボスニア語の分布は発音・語彙的な方言とは一致せずむしろそれらに対して横断的になっており、発話上のセルビア語・クロアチア語・ボスニア語の違いを決定付けるのは最終的には発話者の民族意識となる。 なお、Wikipediaには、、が存在し、それらとは別に更にも存在する。 の公用語であるはの公用語であるの方言を基盤に整備されたものである。 そのためインドネシア語とマレー語の共通性は元々非常に高く、更に現在では両言語は正書法も同一のものとなっている。 しかし、一般的には両言語は別言語として扱われている。 の公用語であるとの公用語であるは両国が同一ののころは同じ言語()であったが、インドとパキスタンの分裂により別の言語とされ、その後はイスラム共和国であるパキスタンがやの単語や文字を取り入れ、インドがヒンディー語からイスラムの影響を排しを代わりに取り入れるインド化をおこなうなどの差別化を行った。 ただし、現在でも両言語の話者の意思疎通は可能である。 の下位区分である・・などは中国語では「方言」と呼ばれるが、それぞれが独立した言語(または語群)と呼べるほどの違いを持ち、日本語でいうところの「方言」や英語でいうところの「」とは異なる。 は「dialect」のかわりに「方言」を直訳した「」という語を使うことを提案している。 は北部方言()と標準語を擁する南部方言()とで互いに通じないほど違うが、どちらもドイツ語を構成する方言とされている。 一方でドイツ語北部方言はときわめて近い関係にあるが、オランダ語はドイツ語の方言とみなされない。 そのため、ドイツ語北部方言とオランダ語は会話が可能でありながら別言語とされ、ドイツ語北部方言とドイツ語南部方言は会話が困難でありながら同言語とされる奇妙な現象が起こる。 はで用いられるものとのものとで細部が異なり、前者はBritish English()、後者はAmerican English()と呼称される。 このほか例えばイギリス北部訛とアメリカ南部訛の英語は同じ文章を読むにおいても発音の仕方が著しくことなるので強い訛り型の場合は意思の疎通が困難である。 またInglish()やSinglish()など、かつてイギリスのだった地域には独自の方言がある。 がほぼ共通している地域内で、は同じであってもや・・が異なる地方のを言う。 地域人口の集中程度により同一方言が形成されるが、隣接地域に人の交流が多い場合は方言に明確な区分はない。 また、離れた地域間ではほとんど会話が通じないことがあり、その場合はが使用されることがある。 [ ] 近代(国民)国家と標準語政策 [ ] 詳細は「」を参照 に至ってフランス型の標準語政策は形成、国民統合と建設に欠かせない要件として世界中の国々に受け入れられていく(後述するの標準語化政策も例外ではない)。 フランスの方言政策 [ ] 期のでは、によって系の北フランスの方言を基にした標準語が定められ、それまで南部で話されるオック語系のなどや、()には属さない系統の、の方言に属す系統のなど、標準フランス語とは系統の異なるを標準に対する方言と定義付けて、方言より標準語を優越させる政策が始められた。 例えば、学校教育において、方言を話した生徒にを付けさせて見せしめにするということが行なわれた。 この制度は日本にも取り入れられた。 現在でも、フランスでは標準フランス語を優越させる政策が続いている。 イタリアの方言政策 [ ] 長い間、統一政府が作られずに分裂状態であり、さらに多くの都市が外国に支配されていたイタリアでは、様々な方言が存在する。 方言が様々で争いさえ起きたでは、ラジオ・テレビ放送が始まった当初多くの人々が驚いたと言われている。 それは、「放送局が、標準語を定義した」というイタリアで初めての試みであったからである。 「テレビ放送が始まってから、初めて標準語を知った」農村地方の老人も多かったと言われている。 日本 [ ] 詳細は「」を参照 においては、既に頃成立の『東大寺諷誦文稿』には「此当国方言、毛人方言、飛騨方言、東国方言」という記述が見え、これが国内文献で用いられた「方言」という語の最古例とされる。 当時、既に方言という概念が存在していたことを物語っている。 やの言語は、地理的、歴史的要因から本土の日本語とは差異が著しく、「」として日本語の一方言とする考えと、「」として日本語(「標準語」を含む本土諸方言の総称としての)と同系統()の、さらには「」とみなし、、、、、を個別言語とする考えがある。 日本の方言政策 [ ] 時代以降、一個の政府のもとに統一された日本では、中央集権国家を目指したため、やの中で標準語の普及を押し進めた。 1888年に設立された国語伝習所の趣旨には次のように論じられている。 「国語は、国体を鞏固にするものなり、何となれば、国語は、邦語と共に存亡し、邦語と共に盛蓑するものなればなり」 特に軍では、異なる地方の者同士では、方言の差異のために命令の取り違えすら発生しかねない有様であり、死活問題でもあった。 このことから、方言および日本で話されていた他の言語を廃する政策がとられた。 方言を話す者が劣等感を持たされたり、または差別されるようになり、それまで当たり前であった方言の使用がはばかられることになった。 ただし、方言追放を徹底できたとは言い難く、軍・政府の重鎮でありながら終生南部弁が抜けなかったのような例もある。 現在では、テレビ・ラジオにおける標準語使用の影響などにより、ほぼ標準語が日本全国に浸透し、各地の方言は衰退や変容を余儀なくされた。 各地のは多くの地域で保持されているが、語彙は世代を下るに従って失われやすいとされる。 現在では、標準語を共通語と言い換える動きや、積極的に方言を守るための動きが起こっており、各地に方言の保存会が作られている。 また、各種マスメディアなどでも地方の方言を好意的に取り上げることが多くなっている。 生物の名 [ ] の名は、各地で古くから使われた地方ごとの名があることが多く、方言名と呼ばれることがある。 日本の場合、ではとともにそれに対応する標準をつけることが多く、これと方言名との間で標準語と方言のような対立を生む場合がある。 方言名が生まれるためにはその生物がその地域の人間に特定的に認識され、親しまれる必要がある。 そのため、たとえばごく小さな昆虫にはでない限りそれがないことが多い。 他方、よく親しまれていても、それが他地域との間で流通する場合には、統一されることが多い。 はその例である。 従って、親しまれていて、なおかつ流通しないものに方言名が多く、はその例で日本中で5000もの別名がある。 やもよく親しまれ、ごく最近までは流通しなかったものであり、多くの地方名があったようだが、少年たちが標準和名を広めたため、消失した。 なお、方言名がそのまま和名として採用される例もある。 やなどはこの例である。 脚注 [ ] []• 大辞泉 【方言】• の言語学者が「dialect」と言う場合、一般的に認識されている「方言」だけでなく、職業・趣味などが一致する者同士の間でのみ通じる表現方法(・・)を含むことがある。 1991. pdf. Sino-Platonic Papers 29: 1-31. 江仁傑 「日本の言語政策と言語使用」 樋口謙一郎編著 『北東アジアのことばと人々』 ASシリーズ 第 9巻 大学教育出版 2013年( C3080) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] には方言のプロパティである があります。

次の

「ちんちん」って?つい誤解しちゃう方言ランキング

方言 ちんちん

ども、富山人あるのんです。 何かにつけて 「富山の方言は卑猥だ」だの 「女子に言うと勘違いされる」だの、風評被害が甚だしい昨今に憤慨しております。 とはいえ、確かに富山弁には 「だいてやる」とか 「ちんちんかく」とか 「つまんこ」などがありまして、勤勉かつ実直で知られるはずの富山人が 「実は単なるむっつりスケベでは?」という疑念の目で見られる部分があるのも致し方ないことかもしれません。 でもちょっと待って! 卑猥な方言って、多分富山だけじゃないでしょ!? と思うんですよね。 いや知らんけど。 なので今回、富山の名誉回復の一助になればとの思いをこめて、全国の卑猥っぽい方言ベスト5を独断と偏見でネット情報からピックアップさせていただきました。 富山人の名誉を取り戻す! 方言:ちんちん[徳島県] 意味:仲の良い友だち 用法例:あいつはな、わしのちんちんや (あの人はですね、僕のちんちんなんです) あ、正しくは「僕の仲の良い友だちなんです」でした。 やべえ、こいつはやべえ…。 汎用性高すぎて小学生の間で流行りそう。 ちなみに「ちんちん」という方言はわりと全国各地にあるようです。 全国のちんちん一覧 方言 意味 地域 ちんちん お金 高知県 ちんちん 自転車 群馬県 ちんちん とても熱い 富山県 ちんちん お湯が沸騰している 福井県 ちんちん 熱いことの擬態語 岐阜県 ちんちん 熱いことの擬態語 静岡県 ちんちん とても熱い 静岡県 ちんちん 手で触れない程熱い 愛知県 ちんちん 仲の良い友だち 徳島県 ちんちん 最強に熱い 徳島県 ちんちん だんだん、徐々に 鹿児島県 ちんちん 仲が良い 兵庫県 そして以下はちんちんの派生 方言 意味 地域 ちんちんかく 正座する 富山県 ちんちんだいぼ 肩車 島根県 ちんちんたばこ シマダイ 石川県 ちんちんばっこ 片足ケンケン 山梨県 ちんちんばらばら 木っ端みじん 岡山県 ちんちんぶくれ 火傷の水ぶくれ 岡山県 ちんちんぶらぶら 相手をからかう幼年表現 和歌山県 ちんちんぼんぼ 肩車 富山県 ちんちんまっか 顔が赤くなった状態 大阪府 ちんちんもがもが 片足ケンケン 埼玉県 よく見ると、富山だけ3つも入っていますね。 もう富山はムッツリスケベってことでいいよぅ~.

次の

勘違いしないで!他県の人に誤解されがちな47都道府県の方言まとめ

方言 ちんちん

「よろしいですか」という意味で、「えか、えか」と続けて使うことも多いようです。 突然言われても何のことか、ちょっとわかりにくいですよね。 実際の会話では、「えかっ!」と、結構強めに発音されることもしばしば。 岐阜だけでなく東海で使われる方言ですが、ケッタは「自転車」を表します。 「蹴りたくる」から派生し、いつしかケッタと呼ばれるようになりました。 若い人は普通に「チャリ」と呼んでいますので、これも年配の方にありがちな方言ですね。 知らないと、一体この人はどういう状態で家に来るのだろう・・・と不安になりそうです。 ちなみに原付バイクの事を「ケッタマシーン」と呼ぶこともあり、他府県の人ならば、もはや意味不明間違いなし。 「びーし」と読みます。 これは小学生が自由研究の際に使われる模造紙のことですが、初めて聞いても何のことかサッパリですね。 模造紙自体それほどよく使う言葉ではありませんが、「意味のわからない岐阜弁」として有名ですが、この「B紙」を標準語であると思っている岐阜県民が意外にも多いのも、不思議な話ですね。 愛知などでも使用されますが、独特な言い方ですね。 もちろん硬貨をハンマーで叩き割ったり、紙幣をビリビリに破くことではありません。 銀行などで両替をするときにお金を崩すことを、何故か「こわす」と呼ぶのが東海流です。 不要な端数を処分するときにも使われますよ。 恐らく「画」を「貼る」、画鋲の役割から、このような方言が生まれたのかと思われます。 小学校で使われる道具として、岐阜県の方言あるあるでもよく登場します。 岐阜では小学校の掃除などで小学生が多用しているので、若い人でもしっかり使っている岐阜弁ですよ。 「つる」という方言は、「持ち上げる」「持ち上げておく」などとして日常でも登場するので、岐阜に住んでいると、耳にする機会は多いはず!B紙やガバリと同じく、学校つながりの意味不明な岐阜弁として有名です。 噴飯ものの岐阜弁です。 年配の方が使われる方言で、「でらちんちんやで、気ぃーつけーや」などと言われたら、何事かと思ってしまいますよね。 名古屋弁としても有名な「でら」は、「とっても」。 そして「ちんちん」は、「すごく熱い」という意味です。 岐阜で年配のおじいちゃんおばあちゃんから、熱いお茶などを出されたとき、このような方言が登場します。 罪人がひきずりまわされることではありません。 岐阜では「すき焼き」を「ひきずり」と呼び、庶民の食べ物として愛されています。 一体なぜこのような呼ばれ方をされているかというと、「鍋の上でひきずるように」して食べるすき焼きの食べ方から、方言が生まれたようです。 他府県の人は、聞いただけではピンとこない方言の一つですね。 髪の毛をゴムで結ぶことを「おちょんぼする」といいます。 ちなみに、「ひとちょん」はポニーテール、「ふたちょん」はツインテールや二つ結びのことです。 語源についてははっきりしませんが、「ちょんまげ」から来ているようです。 元々「ちょんぼ」は、近畿などで「失敗」という意味の方言として用いられていますし、麻雀では反則行為を指しますが、岐阜県では意味が違うのですね。 他府県でも使われる方言なので、ご存知ではありませんか?「こすい」は「ずるがしこい」「ケチくさい」などの意味ですね。 ところが、岐阜県の「こすい」は、上記のようなネガティブな意味ではありません!岐阜県では「利口だ」「賢い」など、悪い意味がないところが特徴です。 他人のお子さんに「こすい子やなぁ~」と言われる人がありますが、皮肉や悪口でなく、純粋に褒めているのです。 他府県の「こすい」を知っている人が聞くと、誤解してしまいそうですね。 いかがでしたか?様々な岐阜弁がありますが、タイトルだけで意味はわからないものばかりかと思われます。 しかし、ユーモアあふれる方言の数々やその語源には、古くからの歴史を感じませんか?こんな訳のわからない、面白い方言を使っているのも、岐阜県民の特徴です。

次の