かつお の たたき 旬。 かつお(鰹)の旬

かつおの旬な時期や季節は?高知はいつか、産地や鮮度の見分け方も

かつお の たたき 旬

最近テレビでよくみるグルメ番組。 これでもか! っていうぐらい、舌の肥えた芸能人達が、 自慢のお店を紹介している。 その中で目を引いたのが、築地特集。 目の効いた 通が惜しげもなく通いつめる、東京の台所といえる場所である。 そんな食通グルメの芸能人のみなさんは、みな「旬だから美味い! 」「やっぱ旬の物を頂かないとね! 」っと、旬! っと旬を 連発。 やはり旬の食べ物は、間違いがないのだろう。 そうなると、「旬の食べ物は、逃したくない! 」そんな衝動にかられる。 旬を逃し、また1年待つのはもったいない! この時期に一番美味しい食べ物を、逃さないようにガツガツしたいのが本心です。 さあ、今からが旬の食べ物といえば何でしょうか? たくさんあって1つに絞れませんよね? でも、これからが ピークを迎える旬の食べ物があるんです。 それがかつお! かつおが美味しい シーズンがもうそこまで来ているんです! ですが…かつおって1年を通して食べれる食材。 なぜこの時期から旬を迎えるんでしょうか? そう考えると不思議… かつおの旬な時期はいつごろ? かつおで有名な高知でも今が旬? この北に向かっているかつおが「 上り鰹」と言われ、3月下旬から5月までの間に旬を迎えるかつお。 そして、北から南に下りてくるかつおを「戻り鰹」といい、9月から10月に旬を迎えるんだそうです。 スポンサードリンク 初鰹と戻り鰹って味は違うの? 3月から5月にかけて旬を迎える上り鰹と、9月から10月に旬を迎える戻り鰹。 同じかつおですが、味に 違いはあるんでしょうか? これからの時期、美味しくいただける上り鰹ですが、味の特徴などあるんでしょうか? 上り鰹は戻り鰹にくらべて さっぱりと頂ける一品。 それにくらべて戻り鰹は、北に向かい南に戻るときに、たっぷり餌を食べる事が出来るらしく、しっかり脂がのって モチっとした、食感が楽しめる一品なんだそうです。 かつおと言えば高知! 高知でもかつおの旬は同じ? 高知県といえば、坂本竜馬・四万十川・よさいこ祭りなど有名なものたくさんある観光地の1つ。 でもその中でも 高知といえば、やっぱりかつお! そんな印象を持つ方も多いんではないでしょうか? なかでも高知県「土佐の一本釣り」は有名で、400年以上の歴史をもつ 伝統的な漁業の1つです。 伝統や歴史を知れば知るほど、本場で食べる高知かつお食べたくありませんか? 高知までは、東京から飛行機で75分の空のたび。 私の住んでいるアメリカのド田舎から日本へまでは、13時間以上かかるので、75分なんってあっと言う間に感じてしまいます 笑 ですが1つ気をつけたいのが旬です。 せっかく高知まで旬のかつおを お目当てに行ったのに、旬を逃してしまってはもったいないです。 高知のかつおの旬やピーク。 上りかつおは3月から4月がピークで、戻り鰹は10月に旬を迎えるんだそうです。 この旬の時期にいただく高知かつおは誰もが黙ってしまう美味しさなんだそうです。 ぜひ1度でいいから味わってみたい! 高知流のかつおのたたきの食べ方 やはり旅の 醍醐味っといえば、本場の味を楽しむことではないでしょうか? 東京から75分かけて行き、現地ならではの食べ方、現地ならではの調理法を味わいたいですよね? 東京では味わえない 現地のグルメを体験する前に高知流のかつおの食べ方について、調べてみました。 かつおと言えば「かつおのたたき」が有名ですが、高知では驚きの食べ方をするんです。 普通お店で食べるかつおのたたきは醤油やねぎで食べますが、高知では醤油・ねぎの他にたまねぎ・にんにく・しょうがそして、 お酢を加えるんだそうです。 ニンニク? と驚いてしまいますが、意外に ニンニクとかつおが合うんだそうです。 馬鹿に出来ないカツオたたきバーガー ご当地グルメ紹介番組などで、その 地域でとれた食材を使った料理などが紹介されているたびに私は「なんでも料理にすればいいものじゃない! 」そう思ってしまってます。 高知でもご当地グルメがあるらしく、その名も「カツオのたたきバーガー」まずかつおのたたきと バーガーを組み合わせたのが凄い! さあどんなチャレンジ食材か? と興味本位で見たところ、見た目は美味しそうなバーガー! パンにもこだわっているらしく、 かつお節の粒を混ぜ合わせて作っているんだそうです。 問題の中身ですが、2枚のかつおのたたきが入っており、その他にもトマト・たまねぎ・レタスが入っている、まさにカツオのたたきバーガー! お味ですがやばい! うまい! と、馬鹿に出来ない美味しさなんだそうです。 なかでも、かつおのたたきバーガーの美味しさの決め手となるのが、タルタルソース! ソースとバーガーの バランスが光る一品らしく、食べる価値あり!

次の

高知かつおのたたき旬の時期とひろめ市場で塩たたきが美味しい店とは

かつお の たたき 旬

もくじ• medipress. ですが、実は 春が一番かつおは旬で食べ頃です。 初鰹という言葉で呼ばれていますが、春に旬を迎えるかつおがこれに当てはまります。 その年になって初めて獲れる事から、初鰹又は上り鰹とも呼ばれています。 一方、秋の旬は8月中旬~9月下旬頃にピークを迎えます。 秋に旬を迎えるかつおは南下するため、戻り鰹と呼ばれています。 初鰹と戻り鰹って味は違うの? 鰹には、 初鰹というのと戻り鰹の2種類があるというのが有名ですよね。 どっちも同じ鰹なので、鰹の味がするというのは変わりません。 しかし、 味わいが違います。 南から北上する途中で、早いと3月頃から獲れる初鰹は、脂の乗りが少なくあっさりした味わいです。 身も締まっていてプリプリと瑞々しいです。 脂が少なく、味わいもあっさりしているので、鰹節に適しています。 一方、北上して南下する戻り鰹は、初鰹とはちょっと違った味わいです。 初鰹と違い、 脂が多く、もっちりとした食感で重厚感のある味わいです。 kcb-net. htm かつおの北上は、2月~3月頃に鹿児島の南部でスタートします。 徐々に北上して、高知県で最初の旬を迎えるのは4月~5月頃の春になります。 そして、北上したかつおのUターンラッシュは、8月から始まります。 早いと7月から始まりますが、8月より少ないです。 親潮と黒潮の交錯点である東北水域から南下を始めます。 南下するかつおが再び高知県の戻るのは10月~11月頃となります。 高知の旬も春と秋で一般的に言われている旬と然程 変わりはありません。 戻り鰹が少し遅いかと言ったところですね。 初鰹と戻り鰹の脂のノリはなんと10倍の差! 春と秋に旬を迎えるかつお。 春の初鰹と秋の戻り鰹では、身に乗っている 脂肪の量が10倍、戻り鰹の方が多いと言われています。 10倍ってすごい差ですよね! 同じかつおでも、どうしてこんなに差が出るのかと言いますと、回遊の時期が関わっています。 1つ目の旬である春の初鰹は、まだ北上する途中で漁獲されます。 冬に産卵を終えてまだ栄養も蓄えきれてないため、脂のノリが少ないです。 対して2つ目の旬である秋の戻り鰹は、北上する中で小魚などエサをたらふく食べて南下します。 そのため、栄養を蓄えきっていて、丸々太って身にも脂がたくさん乗っています。 html かつおが美味しく食べられる期間は 春から秋の2シーズン!何と半年もの長い期間美味しく食べられます。 月で言うと、 4月~10月位までです。 こんなにかつおの旬が長い理由は、回遊の期間にあります。 鹿児島の南部から北海道南部までの、太平洋側の海域をかつおは半年かけて回遊します。 初鰹だったり戻り鰹だったりが回遊している、春から秋までの期間が旬となります。 そこで、かつおの美味しいおすすめの産地を紹介していきます。 かつおと言えば高知県! 最初でも紹介しましたが、かつおと言えば 高知県! 高知県のかつおが美味しい理由は、漁場が近い事が関係しています。 漁場が近いため、鮮度を落とす事なく、市場に 土佐の「ぴんぴ」かつおは400年の伝統を持つ一本釣り漁を行っています。 漁獲された中でも、良質なかつおだけを流通させているため、本場の味を楽しめます。 鹿児島「枕崎ぶえん鰹」 枕崎市は有名な漁業地で、実は大半のかつおが 鹿児島県で獲れており、鰹節の産地としても知られています。 弾力のあるモチッとした食感、さわやかな味が特徴。 しかし、北上、南下のピークから外れていて数が少ないため、味は今一つです。 html 鮮度の高さが美味しさの基準になるかつお。 どうせ食べるなら、鮮度が高くてどれよりも美味しいかつおを食べたいですよね。 そこで、ここでは鮮度の高いかつおの見分け方を詳しく見ていきます。 魚体とエラと目を見る 鮮度の高さを判断する時は、まず魚体を見て下さい。 常に泳いでいるかつおは身が分厚く肥えています。 その中でも、全体的に 身が丸々した物を選んで下さい。 次に、見るのは魚体の色。 背中が青く、腹が白銀色。 そして、 縞模様がはっきり浮き出ているものを選びましょう。 縞模様は生きてる間は浮き出ませんが、水揚げされて死ぬと縞模様が浮き出てきます。 死んだ直後は縞模様がはっきり見えますが、時間が経つに連れてぼやけてきます。 エラも見て下さい。 新鮮な場合、エラの色は 鮮紅です。 ですが鮮度が落ちるに連れて黒っぽく変色します。 最後に、目を見て下さい。 新鮮な場合は 目が澄んでいますが、鮮度が落ちると目が濁ってきます。 切り身を見て触る 魚体で売ってない! そんな時は、もちろん血合いや切り身で鮮度を判断する事ができます。 切り身の鮮度は目と指先で判断して下さい。 まずは見た目です。 切り口が 虹色になっているもの。 エラと同様に鮮紅が黒っぽく変色しているものは鮮度が落ちているため、選ばないようにして下さい。 次に、指先で判断して下さい。 新鮮な切り身だと、 ハリや弾力があるため、指先で押しても元に戻ります。 しかし、鮮度が低下すると、ハリも弾力もなくなるため、身が緩んできます。 臭いと味で判断 生臭さが強く、血の味が濃いのも鮮度が落ちていると考えられます。 そのため、たたきなど生で食べるのは避けて火を通して食べましょう。 変色しているものは注意! そんな幾つも鮮度の見分け方なんて覚えられない! そんな人は 色がくすんだり黒っぽく変色しているものは選ばないという事だけ頭に入れて下さい。 鮮度が落ちると、最初に目に付くのは魚体や切り身の色です。 特に、切り身の色は顕著に鮮度の低下が表れます。 かつおは常に泳いでいる魚のため、血合いや脂が他の魚より多いです。 切り身や血合いに含まれている鉄分や脂が酸素に触れると、その酸素と結合する、俗に言う酸化という現象が起きます。 酸化は、酸素に触れる時間が長いほど進んでいきます。 そのため、黒色が濃ければ濃いほど、酸素に触れている時間が長いという事になり、鮮度が落ちていると判断できます。 かつおのうまい食べ方は? かつおの美味しい食べ方で有名なのと言えば、やっぱり刺し身でたたきというのが1番最初に頭に浮かぶと思います。 しかし、生で食べる以外にもかつおには美味しい食べ方があります。 醤油としょうがで味付けて米と一緒に炊けば、臭みが消える上、旨みが詰まった脂が炊きたてのご飯に染み込んで、濃厚で且つ優しい味わいになります。 身はもちろん、その上に乗っている脂までも楽しめる食べ方です。 衣を付けて油でからっと揚げて食べても美味しいです。 揚げると、かつお特有の臭みも抜けてジューシーですが、味わいも食感もまるで鶏肉のようにあっさりした物になります。 洋風な味わいが好みの人はフライにしてタルタルソースなどを付けて。 和風の味わいが好みの人は、竜田揚げや唐揚げにして醤油やしょうがなど、あっさりしたタレで食べるのがおすすめです。 加熱は軽く 生はもちろん、旨みたっぷりの脂が溢れるため加熱して食べても美味しく食べられます。 しかし、加熱して食べる際は あまり火を通しすぎないで下さい。 揚げ物をする際もしっかり揚げるのではなく、焼き色が付く程度で大丈夫です。 かつおは常に泳ぎ回っている魚のため、筋繊維や血合いが多いです。 火を入れると、切り身に含まれているたんぱく質が固まり、硬くなってパサパサした食感になります。 イメージで言うと、ツナ缶の代用品で使われるかつおの油漬けのような感じです。 たたきの食感を保つためにも、加熱は軽くにしましょう。

次の

かつおの旬な時期はいつごろ? 高知でかつおのたたきはこの時期

かつお の たたき 旬

高知のかつおのたたきの旬の時期 高知といえば坂本竜馬など日本の歴史がまず最初に頭にうかんできますが、食べ物の名物といえばやはり『かつおのたたき』が有名です。 かつおには1年に『初かつお』と『戻りかつお』と捕れる時期が2回あるため、旬とよばれる時期がそれぞれ違います。 高知の場合、 初かつおは毎年3月から4月にかけてがおいしい旬の時期で、丸々太った 戻りかつおの場合は9月から10月が旬のピークといわれています。 高知では、黒潮にのって北上するかつおが、潮の流れにより最初に日本の本土でぶつかることで方向をかえ、土佐沖で漁獲されます。 その手法は網を使わずていねいに一本一本つり上げられます。 鮮度を重視したその漁獲方法は『土佐の一本釣り』とよばれ、かつおを狙う漁師たちの400年にもおよぶ伝統漁法なのです。 高知の「ひろめ市場」とは 高知のひろめ市場は、活気と個性あふれる屋台や雑貨屋さんが集まってできた集合商業施設です。 郷土料理はもちろん、多彩な料理が味わえ、いたるところにおかれたテーブルで、ショッピングモールのフードコートのようにそれぞれ持ち寄ったものを食べます。 飲食以外にも、お惣菜のほか、雑貨店や洋服、お土産など幅広いジャンルのお店が立ち並んでいます。 通路にはそれぞれ『竜馬通り』や『乙女小路』など情緒あふれるネーミングがあり、ワイワイとしたその賑わいはおとずれる人の心を人情と温もりで迎えてくれます。 スポンサーリンク かつおの塩たたきとはどんな料理? かつおのたたきとは、鮮度が勝負の料理です。 かつおの表面をさっと炙り、冷水につけてしめてから塩をふるというまさに3行レシピならぬ1行レシピで簡単にできてしまいます。 それだけに素材の鮮度が決めてとなり、本来は釣ったばかりのかつおを漁師さんがその場でさばいて、塩をふったのがはじまりといわれています。 旬をむかえておいしくなる素材には、必要以上の味付けはいらないということですね。 新鮮が命の釣ったばかりの『かつおの塩たたき』の美味しさはおもわず絶句するほどだとか…自然の恵みがいちばんのごちそうといえますね。 ひろめ市場で人気のお店「明神丸」営業時間や口コミ評価 観光客だけではなく、地元の人も足繁くかようひろめ市場。 ひろめ市場でさまざまなお店がひしめくなか、つねに人気のトップの座をまもり続けている「明神丸」は、かつおの旬の時期にぜひオススメのお食事処の一つです。 観光客用にお土産コーナーも用意されています。 自宅でも再現できる絶品の味を手軽に購入できるのがうれしいですね。 営業時間や詳細 営業時間 11:00~21:00 日曜日のみ10:00~20:00 電話番号 088-820-5101 毎月定休日があるので、お出かけ前に営業状況の確認をおすすめします。 人気の秘密!口コミ評価をご紹介• 水産会社を親会社に持つだけあってプロの目利きが料理に生かされています。 じゃまな味付け一切なしの本場藁焼きかつおのたたきは、はるばる来てよかったと思わせる料理へのこだわりが感じられます。 口いっぱいに広がる衝撃的なさかなの旨味は、遠くてもリピートしたくなる抜群のおいしさです! 最後に 普通の胃袋なら人生に食べられる量は、だいたいきまっているものですよね。 そう考えればできるだけおいしいものを笑顔で食べたいとおもいませんか? 一年で一番おいしいといわれる旬の時期に素材を知り尽くした漁師のこだわりの味を食べるなんて、本当に贅沢で何よりのごちそうです。 心にもおいしいひと時を過ごすために、是非かつおの旬の時期は、高知へ足をのばしてみましょう。

次の