アットノン 効果。 アットノンで色素沈着は改善できる?口コミから効果を検証

アットノンでシミが消えるって本当?アットノンが顔のシミに効果があるかを成分から検証

アットノン 効果

アットノンとは アットノンとは、ヘパリン類似物質を有効成分とする、 小林製薬が製造販売している傷あとを改善する薬です。 第2類医薬品に分類される市販薬で、薬局・薬店で購入できます。 クリーム・ローション・ジェル・コンシーラーの4タイプがあり、どのタイプでも同等の効果が期待できます。 赤みが残っていたり、もりあがっている傷あとややけどあと、虫刺されのかきむしったあとなどに効果があります。 1~2年たってしまった傷あとにも効果が期待できるそうです。 その作用は、ヘパリン類似物質が皮膚の奥(基底層)まで浸透し、水分を保つ作用、炎症を抑える作用、血行を良くする作用で皮膚の新陳代謝を良くし、傷あとを残りにくくします。 ただし、傷が治りかけの段階では、血行を良くすることで血が止まりにくくなり、傷自体の治りを妨げてしまうため、使用できません。 眼や眼の周囲、粘膜にも使用できません。 また、「顔面にあるやけどのあと、傷あと、かさぶたには使用しないこと」となっています。 ヒルドイドとは ヒルドイドとは、ヘパリン類似物質を有効成分とする、 マルホ株式会社が販売している血行促進・皮膚保湿剤です。 ヒルドイドは、医療用医薬品(処方薬)で購入には医師の処方箋が必要です。 クリーム・ソフト軟膏・ローション・ゲルの4つのタイプがあります。 皮脂欠乏症といった乾燥肌や盛り上がった傷あと、ケロイドの治療や予防、血行障害による疼痛、炎症疾患に対して、炎症を抑えるために用いられます。 ヘパリン類似物質の保湿作用、炎症を抑える作用、血行を良くする作用により、肌の乾燥を防ぎ、肌の新陳代謝を活発にして、傷の治りを良くします。 ただし、潰瘍やびらんしている部位や眼には、使用できません。 スポンサードリンク ヘパリン類似物質とは アットノンとヒルドイドの違いや使い分けをご紹介する前に、両剤の有効成分である「 ヘパリン類似物質」とは何なのかについて少しご紹介します。 ヒトの体内では、肝臓で「 ヘパリン」という物質が作られ、細胞間の水分を保ち、血行を良くし、血液の凝固を抑える働きがあります。 両薬の有効成分は、このヘパリンと似た働きをする物質であるため、「ヘパリン類似物質」といいます。 2つの違いや使い分けは? それでは、2つの違いや使い分けについて見ていきたいと思います。 アットノン、ヒルドイド、どちらもヘパリン類似物質を0. 効能・効果も表示の仕方に違いがありますが、乾燥肌や傷あと、手足の荒れ、しもやけの改善、打ち身・捻挫の腫れを抑えるなどの効果も同じです。 ただ、ヒルドイドには、 血栓性静脈炎(痔核を含む)に対する効果が明記されていますが、アットノンにはありません。 アットノンとヒルドイドの大きな違いは、アットノンは一般用医薬品(市販薬)で、薬局・薬店で購入できるのに対して、ヒルドイドは、医療用医薬品(処方薬)で、購入するには、医師の処方が必要であることです。 使い分けは、特にはないと考えられますが、アットノンでは、顔にあるやけどあとや傷あと、かさぶたには使用しないことと明記されていますので、顔面への使用は避けなくてはいけません。 しかし、ヒルドイドには、顔面皮膚への使用について特記はありません。 アットノンもヒルドイドも出血しやすい病気(血友病、血小板減少症、紫斑病など)のある方は、出血を助長する恐れがありますので、使用できません。 まとめ アットノンとヒルドイドは、市販薬と処方薬の違いがありますが、有効成分は同じヘパリン類似物質です。 どちらも保湿効果や傷あとを改善する効果、炎症を抑える効果があり、使用方法も同じです。 アットノン、ヒルドイドは、医薬品であり、副作用(発疹や発赤、かゆみ、腫れなど)の報告も少ないけれどあります。 使用時は用法用量をしっかり守り、気になる症状が現れたら、早期に医師に相談するようにしましょう。

次の

アットノンの効果・効能や使い方について解説

アットノン 効果

どんな薬? アットノンは小林製薬が販売している傷跡改善薬で、薬局やドラッグストアで購入することが出来きます。 種類も用途に合わせて、透明ジェル、コンシーラ、クリーム、ローションの4つのタイプが販売されています。 主な成分はヘパリン類似物質と呼ばれるものです。 あまり聞き慣れない名前ですが、皮膚科では「ヒルロイド」と言う名前で使われています。 こちらの方が聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか? ヘパリン類似物質は乾燥肌対策成分として、約50年以上前から国内で使用されているもので、安心して使用することが出来ます。 主にどんな症状に効果的? 主に、 ・できてから1~2年以内の傷跡 ・赤み、赤茶色、赤黒い色など、色味の残っている傷跡 ・盛上り、ツッパリ感のある傷跡 に効果があります。 傷跡の修復には皮膚の新陳代謝が大きく関係していて、ヘパリン類似物質はこの皮膚の新陳代謝に関わる ・血行促進作用 ・抗炎症作用 ・水分保持作用 をもっていることから、傷の修復に効果的なんです! では、具体的にどんな傷跡に効果があるのか見ていきましょう!! やけどに効果はある? 調理中だけでなく、最近ではヘアアイロンのコテでやけどをしてしまうという女性も多いですよね。 やけどは完全に治ったと思っても、気がついたら跡が残ってしまって消えない!なんてことも多いですよね。 アットノンはそんなやけどの跡に効果があります! ただし注意してもらいたいのは、あくまで 「やけど跡」に効果があるというだけで、やけど自体にアットノンを塗るのはNGです。 軽度のやけどの場合はやなど、やけど治療用の薬を使用してください。 アットノンが使用できるのは完全にやけどが治ってからになります。 そんな時、アットノンが使用できればいいのですが…。 アットノンは顔への使用は 公式では残念ながら認められていません。 その理由として、小林製薬が顔への塗布の検証をしていないからだそうです。 注意書きにも『目や目の周り、粘膜 口腔、鼻腔 への使用を禁止しています。 それでも、どうしても顔の傷跡を消したい!と言う人は自己責任というかたちで使用することになります。 しかし、万が一トラブルになった場合、取り返しのつかないことになりかねないので、自己責任での顔への使用はお勧めできません。 用法を守って使用するようにしましょう。 ニキビには使える? ニキビは跡が残りやすいものの代表ですよね。 つい気になって潰してしまうと跡が残って消えない…なんてことも多いと思います。 アットノンはニキビ跡にも効果があります。 ただし、すべてのニキビ跡に効果があると言うわけではないようです。 ニキビ跡を解消するのに大事なのが肌のターンオーバーを正常に戻すことが挙げられます。 有効成分であるヘパリン類似物質が肌に浸透して、ターンオーバーの正常化を促してくれるのですが、凹凸クレータータイプの肌では皮膚の表面が角質に覆われているため、肌内部に有効成分が浸透せず、アットノンの効果を発揮することが出来ません。 アットノンは、 ・色素沈着したシミタイプ ・赤みのニキビ跡 以上2つのタイプのニキビ跡に効果を発揮してくれます。 ニキビが1番できやすい顔への使用が出来ないので、背中や腕、胸などに出来たニキビ跡に使用するようにしましょう。 肌が生まれ変わるのはだいたい28日周期だと言われていて、この間にアットノンが徐々に作用して傷跡を綺麗に消してくれます。 使用していて、特に気になる症状が出ていない場合には1本使い切るつもりで使用すると効果が実感できると思います。 1日数回、気づいたときに塗るようにしましょう。 アットノンを使う際の注意点は? あくまで 『傷跡改善薬』なので、絶対に治りきっていない傷に使用してはいけません。 アットノンには血液を固まりにくくする作用があるので、完全に治りきっていない傷に使うと出血する恐れがあります。 また、出血性疾患の人も使用することができません。 塗ることが出来る傷跡の目安としては、かさぶたが取れた後、赤く盛り上がり光沢があるような状態になったら使用することが出来ます。 まとめ 薄着の季節に、露出している部分にいつまでも消えない傷跡が残っているのは憂鬱なものです。 そんな憂鬱から解放してくれるのが傷跡改善薬のアットノン。

次の

【アットノン】傷跡が治る?アットノンの効果・使い方まとめ|JGS

アットノン 効果

アットノンは傷・やけどの跡の皮膚のしこり・つっぱりに効果がある塗り薬です。 皮膚科で処方される薬と同じ成分を含んでいるため、高い効果が期待できます。 病院の薬は受診しなければ処方してもらうことができませんが、アットノンは薬局・ドラッグストア、インターネットで購入することができ、手軽に購入できるのが最大のメリット! この記事ではアットノンの効果やシリーズ商品まで徹底的に解説します! アットノンの効果は?傷跡が消える理由とは アットノンの有効成分はヘパリン類似物質です。 ヘパリン類似物質は、皮膚科の薬でよく処方されるヒルドイドと同じ成分です。 ヘパリン類似物質には皮膚の新陳代謝に大きく関わる三つの作用があります。 水分保持作用 傷跡の表面は、毛や汗腺などが無くなり、乾燥して外からの刺激に敏感になっている状態です。 角質の水分を保つことで、表皮に潤いと柔軟性を取り戻します。 抗炎症作用 傷跡は表皮の下の真皮の部分で慢性的な炎症が起こっている状態です。 真皮の炎症をおさえて、皮膚の機能を回復させます。 血行促進作用 皮膚の下にある血管に作用し、血液の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促します。 アットノンが使える傷は? アットノンは、できてから1~2年以内の傷であれば効果を感じられます。 赤み・赤茶色・赤黒い色などの色味が残っている傷あとや、もり上がりやつっぱり感がある傷あとに使えます。 ただし、薬の成分であるヘパリン類似物質が皮膚の新陳代謝を促進する作用から、ニキビ跡やシミに効果がある可能性もあります。 ただし、製薬会社では顔にある傷あとへは使用しないこととしているため、顔にできたニキビやシミには使用をお勧めできません。 アットノンが使えない傷は? アットノンは次のような傷には使えません。 できてから3年以上経過している傷あと 傷あとの肌が白っぽく脱色しているなど、できてから3年以上経過しすでに成熟した傷あとになってしまっているものには、効果を感じられない可能性が高いです。 治りかけの傷あと 傷が治りかけの状態ではアットノンは使用できません。 アットノンには血行促進作用もあるため、出血が治っていない場所に使用するとさらに出血を招いてしまう可能性もあります。 コンシーラータイプ:アットノンt コンシーラー 虫さされや乾燥肌をかきむしった跡など、広範囲に傷跡がある方におすすめ。 ローションタイプなので、広い範囲にサッと塗ることができます。 たっぷり使える25g入り。 アットノンを使用する上での注意点 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の方はアットノンは使用できません。 また、目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣など)には使わないようにご注意ください。 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、添付の説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。 アットノンの副作用 アットノンを使用語に発疹・発赤、かゆみ、はれなどがあらわれたら直ちに使用を中止して、添付の説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。 おわりに アットノンは、主成分であるヘパリン類似物質が作用し、傷跡を消す市販薬です。 医師の処方箋は必要なく、薬局やインターネットで購入することができます。 アットノンには、使える傷と使えない傷があるので自分の症状を見極めて使用しましょう。 アットノンと同様にヘパリン類似物質を含む薬については、こちらの記事をごらんください。

次の