外壁 塗装 ブルー グレー。 外壁塗装の色|実際のデザイン97選でシュミレーションいらず

内壁・外壁の色に風水を取り入れてみよう!①

外壁 塗装 ブルー グレー

調和の色グレイ、ここではグレイ色について詳しく解説していこうと思います。 グレイは色味を持たない無彩色である。 白と黒の中間の明度を持った色であり、黒に近づけたり、白に近づける事で、明るくも、暗くもできる色である。 しかし、一般には妥協の色や彩りがないため寂しげな色の印象をうける人が多いいようだ。 グレイ色から連想できるイメージは、中立・調和・わびさび・無機質・過去・憂鬱・不安・曖昧・孤立などである。 このようにまとめると、主張のない色だが、実はそれこそが、最大の魅力なのだ。 中立であるからこそ、様々な色と調和がとれ、その雰囲気は、調和の美学ともいえる「わびさび」を、表現する事ができる。 またそれこそが、グレイ色の最大の武器なのだ。 グレイ色を好む人にもいくつかの特徴がある。 真面目な性格、慎重な性格、無欲で謙虚、人格者な性格が多いいようである。 その一方、人格者で人の役に立とうという気持ちが、オーバーワークになり疲れやすい。 また仕事でも、プライベートでも受け身体質なところがあり、やや活力にはかけている。 そのため周囲の人間からは誤解を受けるところもあるようだ。 外壁塗装にグレー系の色を使った施工事例! 足立区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都足立区戸建住宅の外壁塗装にグレー系の色を使って仕上げた施工事例です。 外壁塗装の塗料には、日本ペイントのパーフェクトトップという外壁塗装ラボでも人気の塗料を使用しました。 外壁塗装だけではなく屋根塗装や付帯部塗装、バルコニー防水工事、シール打ち替え工事などご自宅全体の外装塗り替えリフォームを施工させていただきました。 世田谷区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都世田谷区戸建住宅のグレー系の塗料を使った外壁塗装の施工事例です。 外壁材を2種類以上使っている場合は、外壁材の面で塗り替える色を変えることでアクセントになります。 明るい目のグレーで外壁塗装をする場合は、サッシ廻りや付帯部をブラック系など濃い色にすることで全体が締まった印象にしあがります。 配色の組み合わせなど色選びはおまかせ下さい。 足立区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都足立区戸建住宅の濃い目のグレー系で仕上げた外壁塗装の施工事例です。 外壁塗装の塗料には、水谷ペイントのナノコンポジットWという外壁が汚れにくいという特徴を持った塗料を使っての施工です。 外壁塗装の塗料の種類は豊富に取り扱っていますので、色味だけではなく機能性や耐候性などいろいろなご要望に合わせたプランをご提案させていただきます。 練馬区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都練馬区戸建住宅の外壁塗装にグレー系の塗料を使った施工事例です。 外壁塗装ラボでは、一般的なローラー塗装だけではなく素材感を出すための吹き付け塗装にも対応可能です。 足立区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都足立区戸建住宅のグレー系の色を使った外壁塗装の施工事例です。 外壁の塗料にはエスケー化研のエスケープレミアムシリコンという耐候性が高くライフサイクルコストを抑えることができる塗料を使っての施工です。 外壁全体をグレー系で塗装し、雨樋・帯・水切りなどの付帯部をブラック系の色を使うことで大人っぽいシックな印象で仕上がりました。 足立区戸建住宅の外壁にグレーを使った外壁塗装工事! 東京都足立区戸建住宅のグレー系の色を使って仕上げた外壁塗装の施工事例です。 グレー系の外壁塗装にも明るいスカイグレーやパールグレーなどからアッシュグレー・スレートグレー・ガンメタルグレイなど様々です。 ブラックに近いグレーがで塗り替えたい、ホワイトに近いグレーで塗り替えたいなどふんわりとしたイメージからでもカラーシュミレーターなどでご提案いたします。 外壁塗装の塗料別グレー系の色一覧! 外壁塗装にグレー系の塗料を使うと言っても濃いグレーから淡いグレーまでいろいろな種類のグレーがあります。 塗料メーカーによって標準色が決まっていますので、塗料の種類が決まっている場合は塗料メーカーの標準色の中からグレー系のお好みの色合いを選ぶことができます。 外壁塗装ラボでは、各塗料メーカーの様々な塗料を取り扱っていますので、ご希望のグレーの塗料を使っての外壁塗装が可能です。 日本ペイントのグレー系の色の一例 日本ペイントの「ND-400」「ND-011」の色見本です。 日本ペイントの「ND-103」「ND-401」の色見本です。 日本ペイントの「ND-012」「ND-013」の色見本です。 エスケー化研のグレー系の色の一例 エスケー化研の「SR-400」「SR-421」の色見本です。 関西ペイントのグレー系の色の一例 関西ペイントの「KP-80」「KP-75」の色見本です。 関西ペイントの「KP-70」「KP-50」の色見本です。 外壁塗装でグレー系で塗り替えたい方はおまかせ下さい! 外壁塗装ラボは、ご納得いただけるまでお客様の色選びのお手伝いをさせていただきます。 カラーシュミレーターや塗り板、色見本票などを使って「外壁全体をグレー系で塗り替えたい」「外壁の一階部分をグレー系で二階部分はホワイト系で塗装したい」「外壁の凹凸部分に合わせてグレー系の配色で考えている」などお客様のご要望に合わせてご提案させていただきます。 外壁塗装にグレー系の組み合わせをお考えの方も外壁塗装ラボにお気軽にご相談ください。

次の

外壁塗装の色で迷ったらコレ!人気の色5選と失敗しない色選びのポイント7選

外壁 塗装 ブルー グレー

ベージュの外壁は、オーソドックスでサッシの色を選ばない。 ベージュや白などの明るく淡い色の外壁は、家を大きく見せる効果があります。 またサッシのカラーを選ばず、洋風でも和風でもオーソドックスにまとめやすい色です。 しかし失敗が多いのもこのベージュや白。 アイボリーを選んだはずなのに白く浮き上がって見える、他が古いのに外壁だけ真っ白でバランスが悪い、優しいベージュを選んだはずなのにレモンイエローのように黄色味が強く見えて落ち着かないといった失敗をよく見ます。 色は広い面積で見ると、より明るく鮮やかに感じられます。 サンプルではアイボリーに見えたのに、出来上がってみたら真っ白に見えるというようなことが起きるのはこのためです。 外壁の面積はかなり大きいので、 色味を出したい場合は濃い目を選び、落ち着いた雰囲気にしたい時はパステルやシャーベットカラーは避けましょう。 シックにまとめたい時は、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)を落とすのがポイントです。 色選びに自信が無い時は、彩度を下げて選べば、どんな色味でも上手にまとめることができますので試してみてください。 ベージュ系のおすすめカラーとバランスのとり方 ちょっと冒険して思い切り濃いグリーンにすると、クラシックな洋館風の仕上がりに。 洋風の家でグリーン系を使う場合のおすすめカラーは深く濃いグリーンです。 特にサッシが白い場合は、まるでクラシックな洋館のような仕上がりになります。 ちょっと冒険するようですが、落ち着きのある品のいい仕上がりになります。 華やかに明るくしたいなら、萌黄色やペパーミントグリーンなど、彩度と明度の高いカラーを選ぶといいでしょう。 ただしこれらはブロンズ系サッシとは合わせにくいので注意しましょう。 和風の家の場合は、彩度を上げると失敗しやすくなります。 サンプルでは結構渋く見えたのに、出来上がったら想像より明るくポップになってしまったということもあります。 成功のコツは、抹茶など和のカラーを選ぶ、彩度を下げる、黄色味の強い土壁など自然素材の風合いを意識することです。 サッシ、タイル、玄関ドアとの色合わせが難しいと感じたら、外壁の彩度を徐々に落としながら考えていくと、だんだんとバランスが取れてきますので試してみて下さい。 ツートンに色分けする場合は比率に注意 ツートンカラーにプラスしてアクセントカラーを使っている例。 色量のバランスが美しい。 外壁をツートンカラーに色分けしたい場合は、まずはどこで区切るか、そのラインをしっかり検討しましょう。 上下に分けたり、出っ張っている部分だけに色を付けるなど様々な分け方があります。 仕切りが無く壁の真ん中で区切りたい場合は、壁面に見切り材を取り付けリフォームすれば、そこで色を変えることができます。 外壁の塗り分けを成功させるポイントは、色の分量バランスと、組み合わせです。 量は5:5にするのではなく、6:4から7:3程度にまとめるとバランスよく見えます。 また上下に塗り分ける場合は、下を濃くすると落ち着き感が出ます。 色の組み合わせ方は、同系でグラデーションにする方法、アクセントカラーでメリハリをつける方法などがあります。 微妙に違う2色を組み合わせると、継ぎ足したように見えたり、ぼけた感じになるので注意して選びましょう。 選ぶのが難しいと感じたら、同じ色相(青、緑、茶などの色合いのこと)で、明度(明るさ)や彩度(あざやかさ)を変えて組み合わせると、上手くまとめることができます。 またサッシ、タイル、玄関ドアなどが占める分量は意外と多く、アクセントカラーとしての存在感があります。 これらを含めた家全体でのバランスを取るように考えましょう。 外壁塗装の時期や事前準備の確認 外壁塗装はおおよそ10年おき、つまり10年に1度だけやってくる我が家のイメージチェンジのチャンスです。 せっかくの機会ですから、ぜひ色選びを楽しんで、さらにお気に入りの我が家にしてくださいね。 さてここまで外壁塗装の色選びについてご紹介してきましたが、塗り替え時期の見極め方や事前準備など、事前に押さえておきたい基本知識を下記でご紹介しています。 リフォーム前に一度ご覧下さい。 塗装サンプルからイメージ通りに色を選ぶ方法は下記で詳しくご紹介しています。 【関連記事】• Copyright c 2018 ,All rights reserved.

次の

ブルーグレー色に家の外壁を塗り替えたいのですが色の選択で悩んでいます。どなたかお詳しい方、アドバイスをお願いします。

外壁 塗装 ブルー グレー

グレーは外壁塗装の人気色! グレーは外壁の色の中でも非常に高い人気を誇っています。 色合い的には 地味な色のグレーが、なぜここまで人気になったのか。 ここではそんなグレーの外壁にどのようなメリットがあるのか、それぞれ特徴をまとめてみました。 これらの汚れが年月を経て、どんどん積み重なっていくわけです。 こうした汚れの色は 「中間色」です。 グレーは中間色を見えにくくし、隠す性質があるため、汚れを目立たなくします。 特に、 日本人にとってグレーという色は好感が持たれやすい傾向にあります。 落ち着いた中にも上品で、お洒落なイメージを与えることもできるので、住宅街でもパッと目を引く家になるでしょう。 幅広く選ぶことが出来る色とも言えるので、周りと合わせることも可能です。 近隣の家のデザインに合わせたり、 周囲の景観を損なうことなくおしゃれな外観にしやすい色と言えるでしょう。 白に近い薄いグレーは、清潔感があり、自然な印象を与えます。 逆に黒に近い濃いグレーはシックで重厚感があるクールな印象を与えます。 それぞれ色の特徴を使い分けることで 同じグレーでも個性を出すことができます。 グレーの外壁は汚れが目立ちにくく機能性が高い• 落ち着いた印象なのでどんな家でも選びやすい• グレーの濃淡によって個性を出すことも可能 人気の外壁カラーに興味がある方には、こちらの記事もおすすめです。 グレーの外壁のデメリットは? メリットの多いグレーの外壁ですが、いい事ばかりではありません。 いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか?ここではそんな「グレー外壁のデメリットについて」詳しくまとめてみました。 薄いグレーは色あせた印象に 薄いグレーは清潔感や自然な印象を与える反面、見方によっては白色が色あせてしまったように見えたり、くすんでいるような色にも見えてしまうこともあります。 汚れを目立たなくする特徴があるグレーですが、 濃さによってはかえって汚れた印象に見えてしまうので、薄いグレーを選ぶ場合は注意が必要です。 暗くて、地味なイメージ グレーはコンクリートや、アスファルトといった道路、ビルの色でもよく使われているため、無機質で殺風景な印象を与えます。 よくいえば落ちついた色なのですが、地味な色ともいえます。 組み合わせる色や明度によっては、 ぼんやりとした印象になってしまいがちなので、色選びをする際には、そのあたりにも気を配らねばなりません。 周囲の建物の色の影響を受けてしまう 周りと合わせやすいことが、デメリットとなってしまうこともあります。 隣の家の色彩が鮮やかな家だった場合、実際の色よりも暗く見えてしまう場合があるのです。 逆に、周りの家もグレーや、淡い色の家だった場合は、濃いグレーの外壁であれば、周囲の家に溶け込みつつ、主張することができます。 このように 良くも悪くも周囲の外観に影響されてしまうことを頭に入れておきましょう。 人気の色なので似通ってしまう可能性も グレーの外壁は人気があり、取り入れている家も多く、他の色と比べると、結果的に色合いが似てしまう可能性も多くなってきます。 グレーは幅が広い色なので、 色味や明度で差をつけたり、差し色にもこだわってみましょう。 そうすることで似てしまうのを回避することが出来るので、色々とイメージを膨らませてみることをおすすめします。 「外壁塗装ほっとらいん」では、 あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。 もちろんチェックは完全無料&匿名。 いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、 ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね! グレーの外壁をおしゃれに見せるコツ 外壁をグレーにする場合、おしゃれに見せるにはどのような方法があるでしょうか?グレーの外壁をおしゃれに見せたい方必見です。 ここで、おしゃれに見せる秘訣をいくつかご紹介します。 明度を高くすれば色合いも白に近いライトグレーになりますし、明度を低くすれば黒に近いダークグレーになります。 色がもたらす印象も、 明度が高いと清潔感や、爽やかな印象が生まれ、逆に 明度が低いと都会的な印象、重厚感、主張された印象を与えることができます。 木目調で柔らかい印象に グレーは一見すると、冷たい無機質な印象を受ける方もいらっしゃると思いますが、グレーに木目調のデザインを加えることで柔らかな印象を持たせることができます。 木目調にはあたたかいリラックスしたイメージがあり、 冷たい印象を抑える性質がありますので、バランスよく組み合わせるといいでしょう。 色味を足すことでおしゃれに グレーは、周りの建物の色の影響を受けてしまう部分があることについて解説させていただきましたが、カラフルな色合いの家が近隣に多くあると、グレーが暗く見える場合があります。 そのようなときは、グレーに青やピンク、黄色などの色味を足すと周囲の家との調和を図ることもできます。 周りの外観になじむだけでなく、 無機質な印象を持つグレーに主張を持たせることもできます。 グレーは明度で印象が大きく変わる• 木目や色味を足すとグッとおしゃれに おしゃれな外壁カラーを選ぶポイントは、こちらの記事でも詳しく解説しています。 グレーの外壁と相性のいい色選びのコツとは? グレーは一色にした場合でも魅力的ですが、他の色と組み合わせることで グレーの色を、より一層おしゃれに際立たせることができます。 ここではグレーの良さが引き立つ組み合わせを紹介していきます。 白には清潔感を与え、暗い色を引き立てる性質があるのでグレーとの相性はいい色といえるでしょう。 茶色寄りのグレーを選ぶと、温かな印象に、 青みがかったグレーを選ぶと、クールでスタイリッシュな印象になります。 なお、両者とも言えるのが、白を際立たせるために、グレーは濃い目を選ぶのがコツです。 ベージュが緊張をゆるめる性質の色のため、リラックスした穏やかな印象を加えてくれます。 また、木目調を入れるのもおすすめです。 茶色で引き締め効果を出しながらも、温かな印象はそのままにすることができます。 グレーは茶色みがかったグレーを選ぶのが良いでしょう。 黒に力強いイメージがあるので、明度の違うグレーと併用することでメリハリがつき、スタイリッシュな印象が際立ちます。 黒にも重厚感があるので、 濃いグレーとあわせれば、重厚感を押し出せますし、 淡いグレーを用いれば、明るさや爽やかさを演出することもできます。 ネイビーなら重厚感を抑えて、全体を引き締めることができます。 この時、 青みがかったグレーを選ぶのがコツです。 組み合わせる色が明るければ濃いグレーを• 暗い色と組み合わせるなら明るいグレーを• 出したい印象に合わせてグレーの色味を選ぶ グレーの外壁の施工イメージを画像付きで紹介! グレーの外壁の特徴と、組み合わせる色の相性が、段々わかってきたのではないでしょうか。 ここではグレーの外壁の施工イメージをご紹介します。 黒で重厚な存在感を演出 濃いグレーの外壁と、黒の組み合わせは、 非の打ち所がない洗練されたデザインで、重厚感のある住宅を演出できます。 石積調やレンガ調の外壁を選べば立体感が生まれ、より存在感を引き出せるでしょう。 調和のとれた3色でモダンに 「薄いグレー」と「濃いグレー」を上下に使い、差し色に木目を入れることで、地味に見えがちなグレー外壁が、 明るい風情のある印象になります。 薄いグレーには漆喰調を、濃いグレーには木目調と、組み合わせが豊富で、おしゃれの幅が広いのも特徴です。 モノトーンでスタイリッシュに 「濃いグレー」と「白or薄いグレー」の組み合わせは、人気も高く、片流れや平らな屋根の建物に非常によく合います。 グレーの外壁でスタイリッシュにするなら定番と言えるかも知れません。 どの外壁模様とも相性がいいのもポイントです。 外壁をグレーにしたい!塗装時のポイントは? グレーの外壁材に合う相性のいい色や、お洒落な施工見本をご紹介しました。 実際にグレー色の 外壁塗装をするときに気を付けたいポイントを3つご紹介します。 失敗しないためにも、ここはしっかり抑えておきましょう。 カラーシミュレーションで細かな色合いをチェック 「こんなグレーにしたい!」というイメージが膨らんできた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ですが、実際の家に当てはめてみるとイメージと違った印象になることも、実は多いのです。 色の濃淡や明度で、家の印象や見え方はガラッと変わってきます。 そのため、色選びは慎重に行いましょう。 各メーカーがカラーシミュレーションを気軽に行えるソフトやアプリを公開しています。 それを利用して、仕上がりのイメージを膨らませていきましょう。 そうすれば、出来上がった後に「思ったより、地味…」「ぼんやりした色合いになっちゃった…」ということを防ぐことが出来ます。 ただし、カラーシミュレーションはあくまでシミュレーションです。 実際の塗料の色を完全に再現するのは不可能ですので、あくまで参考程度にとらえておきましょう。 外壁カラーのシュミレーションについて詳しく知りたい方は、次の記事もぜひ参考にしてください。 近隣を実際に歩いて色のバランスをチェック 「イメージ通りに塗装できた!」となっても、「なんかうちだけ色が浮いてる…」なんてことは避けたいですよね。 外壁塗装で失敗しないためには、家の周りを歩いて、イメージしている色味が 周囲の環境とどう馴染むかどうか、想像してみましょう。 外壁の色味が明るい家が多いと、グレーは地味に見えてしまうかもしれません。 その場合は 明るい色を差し色に使い、グレーの色味を差し色に寄せると良いでしょう。 逆に、周りが薄い色やグレーが多い場合なら、周りに溶け込みやすく、主張もしやすいです。 大きな色見本で確認 イメージを存分に膨らませたら、施工を依頼する塗装業者に 「色見本」をもらって、確認してみましょう。 暗い色・明るい色どちらも 面積が大きければ、より暗く、 面積が大きければ、より明るく見えるようになるので、 最低でもA4サイズ以上の大きさの色見本は必要になります。 その色見本を、いろんな時間帯の太陽光で見てみてください。 外壁というのは基本的に太陽光の下で見ることになるので、それが一番仕上がりに近い色になるでしょう。 業者にもよりますが、 試し塗りをお願いして実際の色を確認してみるのもいいかもしれません。 その場合は施工をお願いする業者に相談してみましょう。 カラーシミュレーションで事前にチェック• 周囲の家の色味も確認しておく• 大きな色見本を太陽光の下で確認 「グレーの外壁」人気の秘密は自由度の高さ! ここまで、読んで頂いた方には伝わったのではないでしょうか。 グレーは非常に 自由度が高い色で、幅広い層の需要に応えることができます。 グレーの外壁は、組み合わせる色によって、印象が大きく変えられるのも魅力ですね。 グレーを使う場合は、 全体的に色味の統一感を出すことがコツになります。 新築・外壁塗装を検討されている方は、是非グレーを使いこなして、おしゃれな外壁にされてみてはいかがでしょうか。 外壁塗装の費用について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。

次の