スマホ 充電 電源切るべきか。 スマホの電源を切るメリットに驚愕!?入れっぱなしはよくないの?

【充電前に】iPhoneの充電は残量が何%になったらするべき?タイミングは?

スマホ 充電 電源切るべきか

まずは電池の種類をざっくり解説 リチウムイオン二次電池と、あらためて表記すると大げさな感じがしないでもないが、なんのことはない。 あなたのパソコンやスマートフォンに入っている電池のことだ。 至るところで大活躍中の電池であり、コレなしには私たちのITライフは成り立たない。 さて、本題に入る前に、皆さんがなんとなく気になっている疑問をまずは解消しておきたい。 「二次電池」という言葉についてだ。 大きく分けて電池には一次電池と二次電池がある。 一次電池とは使い切りの電池のこと。 身近な例を挙げるなら、マンガン電池やアルカリ電池が一次電池となる。 ボタン型、コイン型と呼ばれる形状の電池もほとんどが一次電池だ。 一方、二次電池は充電して繰り返し使える電池のこと。 つまり、「充電池」だ。 電池の仕組みを簡単に説明しよう。 電池の中では化学反応が起こっており、電池内部で電子(イオン)が電解質を通し、極間をー(マイナス)から+(プラス)に移動することで「動力(電圧)」が発生する。 電池を使い(放電し)、電池内部のイオンがすべて+(プラス)に移動したら、一次電池の場合は使用不可となる。 外部から電流を流して、この電子(イオン)をー極に戻してあげるのが「充電」だ。 小さくてパワフルでスタミナがあるすごいヤツ リチウムイオン充電池は、その名前にあるとおり、リチウムを使って電子(イオン)が移動することで電気をつくっている。 リチウムを含んだ化合物質は大きなエネルギーを持っており、ちょっと水に触れただけでも化学反応が始まるほど強力で、高い電圧を生み出すことができる。 充電池の仲間であるニッケル水素充電池の定格電圧が1. 2Vなのに対して、リチウムイオン充電池は3. 6〜3. 8Vと3倍の電圧を持っている。 しかも、リチウムはものすごく軽い! 電圧が高い、つまりエネルギー密度(容積に対する電圧出力)が大きいので、同じ条件で電圧を比較すると、容積が小さく軽い電池につくることができ、これが大きなメリットとなる。 少ない物質で大きなエネルギーを生み出せて、なおかつ軽い。 そのうえ、自然放電(使わないまま放置しておくと電気がなくなってしまうこと)や、メモリー効果(電池を使いきらないで充電すると、容量が減ったようになってしまうこと)もない。 また、充電・放電の繰り返しにも強く、長期間繰り返し使うことができる。 まさにモバイル機器にピッタリの電池といえる。 充電・放電管理に気を使わないといけない ここまで長所を書き連ねてきたが、弱点ももちろんある。 過充電(満タンになっても充電を継続してしまうこと)や、過放電(電気が空っぽになってしまうこと)、さらには設計時に想定していない充電や放電によってトラブルが引き起こされることもある。 リチウムは「大きなエネルギーを持った物質」だが、わずかな水で反応するくらい繊細な物質でもある。 満充電になったら充電を停止したり、満充電に近くなったら電流を小さくしたりと、電池にかかる電圧・電流を細かく制御する必要がある。 電池の筐体や専用充電器、電池を使用する機器には、リチウムイオン充電池の作動を制御する機構が組み込まれているのだ。 ユーザーとしては、マニュアルに書いてあるとおり使っていればなんら問題はないのだが、都市伝説的な間違った使い方もあるので気をつけてほしい。 たとえば…… 1)電池は使い切ってから充電した方が長持ちする? 使い切った状態で長期間放置すると過放電になってしまい、電池の劣化を早めてしまう。 とはいえ、外出先で「バッテリー切れた!」からといって、すぐに充電をしないと即劣化が始まる、ということはない。 帰宅してから充電すれば問題ない。 2)継ぎ足し充電すると劣化が早まる? ニッケル水素充電池では、継ぎ足し充電(電池を使いきる前に充電)をすると、容量が減ってしまうようになるメモリー効果があったが、リチウムイオン電池ではメモリー効果はないので継ぎ足し充電が可能だ。 ただし、継ぎ足し充電を頻繁に行うと「サイクル数を増やしてしまう」懸念がある。 サイクル数は充電から放電を1サイクルとして「どれくらい充放電を繰り返せるかの回数」のこと。 従ってリチウムイオン電池といえども、「むやみな継ぎ足し充電は、長い目で見ればあまりおすすめできない」ということになる。 3)充電しながら使ってはいけない? スマートフォンを充電しながら使用するのは問題ない。 気をつけたいのは、「充電しながら温度が上がる」こと。 4)冷やすと電池は長持ちする? 筆者が子どもの頃は、乾電池を冷蔵庫に保存すると長持ちすると教えられていたものだが、極端な低温(0度など)でもなければリチウムイオン充電池を冷やすこと自体に問題はない。 だが、怖いのは結露だ。 電子機器や充電池にとって水は大敵。 水の侵入によって回路がショートを起こす可能性がある。 熱くなったスマートフォンを冷蔵庫に入れるのは避けよう。 リチウムイオン充電池と正しく付き合い、快適なモバイルライフを満喫しよう。

次の

スマホの電源を切るメリットに驚愕!?入れっぱなしはよくないの?

スマホ 充電 電源切るべきか

【その1:バッテリーを使い切ってからの充電はNG!】 ひと昔前までは、「バッテリーにはメモリー効果があり、100%使い切ってから充電しないと消耗が早まる」といわれていました。 しかし、これは昔の法則です。 現在のスマホに使われる最新式のリチウムイオン電池なら、メモリー効果を気にする必要はありません。 もはや迷信といってもいいでしょう。 むしろ、100%使い切ることでバッテリーに与えてしまうダメージのほうが問題になります。 なので、使い切る前に充電するよう心がけましょう。 【その2:充電回数によってバッテリーは消耗する?】 充電を繰り返せばバッテリーが消耗するのは本当です。 しかし、単純に充電回数が増えれば……というものではありません。 バッテリーの寿命は充電回数に基づきますが、それは「100%使い切ってからフル充電」した回数のこと。 【その1】でも触れた昔の法則には、継ぎ足し充電も「1回」にカウントするという、間違った考え方が含まれているのです。 充電回数が少ないほどいいのは確かですが、神経質になるあまり、かえってバッテリーに悪いことをしては本末転倒です。 他にもっと、注意しなければいけないポイントがあるのですから。 ただでさえ発熱する充電時に、さらに負荷をかけるなど、最もやってはいけないことです。 不便ですが、バッテリーを長持ちさせるためには我慢しましょう。 【その4:寝る前充電はダメ?】 就寝時に充電ケーブルを繋ぐ方は多いでしょうが、その是非は? 満充電後の充電は過充電となり、バッテリーに悪影響を及ぼします。 ひと昔前のスマホの場合、どうしても充電をし過ぎてしまう睡眠時に充電を行うことはあまりオススメできませんでした。 しかし、現在のスマホには防止機能が内蔵されているため、ケーブルを繋ぎっぱなしでも過充電にはなりません。 また、多くのスマホでは80%まで急速充電し、残り20%はゆっくり充電する機能も内蔵されています。 急速充電はバッテリーに大きな負荷をかけますが、早く充電しないと使い勝手が悪い。 そうしたバランスを考慮しての設定です。 ならば寝る前充電でもOK? そこで問題になるのが「発熱」です。 充電状態では発熱し続けるため、やはり繋ぎっぱなしは避けるに越したことはありません。 【その5:残り20%になったら充電】 20%という数値に科学的な根拠はありませんが、気づくと充電切れというケースを防ぐ意味でも、ひとつの目安になるはずです。 フル充電も弊害と背中合わせなので、難しい理屈は抜きにして、 「バッテリーに優しいのは20%~80%」と覚えておきましょう。 残り20%になったら充電し、80%程度になればOK。 それだけでも「やってはいけないこと」「やらないほうがいいこと」の大半を防ぎ、結果的にバッテリーを長持ちさせられます。

次の

スマホって充電する時はやっぱり電源切った方がいいんですか?

スマホ 充電 電源切るべきか

夜間にデーターを自動更新したり、緊急電話を受けたりしないなら、電池の寿命の為には切った方が良いです。 又、全く電源を切らない使い方をしていると不要なタスクが作業用メモリーを圧迫してレスポンスが悪くなります。 iPhoneは充電中に電源が切れない仕様なので、寿命の点では良く無いですね。 又、定額制パケットに契約していない人は居ないと思いますが、もし定額制で無いと全く使わ無くてもパケ死になります。 スマートホンはパケット通信常時接続ですから、待ち受け中で何も画面には表示されていなくても、制御信号の送信が常に行われています。 使用しているアプリによっては、この頻度が高くなり電池消耗が早くなります。 又、従来型携帯以上に待ち受け中の電波状態が悪い場所で充電すると、位置登録信号やパケット制御信号の送信電力が大きくなり、電池を消耗します。 更にスマートホンのデュアルコアCPUやXi 高速データー通信 では、なおさら消費電力を食います。 電池の消耗を押さえるには…: ・充電中に電源が切れる機種は電源を切って充電する。 ・頻繁に情報の更新を必要とするようなアプリを入れない。 ・不要なアプリは削除する。 ・WiFi、GPSは切っておく。 ・充電場所を窓際の電波の強い場所に移動する。 ・バックライトを必要以上に明るくしない。 充電に関して: 尚、リチウムイオン電池は、メモリー 逆 効果が無いので、継ぎ足し充電で見かけの容量が減ったり、寿命が早くなる事はありません。 しかし、高温下での充電には弱いので、使いながらの充電を繰り返すと極端に寿命が早く来ます。 本体が常温程度になってから充電して下さい。 電池レベルの低下を待っての充電の必要はありません。 又、電池節約アプリによって、今の電池でも少しは寿命が伸ばせるかも知れません。 BatteryDr.Saver.

次の