シャチ 食べ物。 イルカとクジラとシャチの違いに迫るっ

鴨川シーワールドでシャチくじチャレンジ♪1回1000円で巨大ぬいぐるみをゲット!

シャチ 食べ物

イルカは、生物分類上は、クジラの一種で、 クジラの中でも、口の中に歯が生えていて、体長が4~5メートル以下のものをイルカといいます。 本によっては、3メートル以上のものをクジラ、3メートル以下のものをイルカとしてるものもありますが、大きさに定義はなく、ゴンドウクジラのように比較的小さい体のものでもクジラと分類される種もあります。 クジラというと、巨大な体で、豪快に潮を噴き上げながら泳ぎまわる海の王者というイメージがありますが、そんなクジラが、小さくて可愛いイメージのイルカと同じ仲間だというと、少し意外な感じがしますよね。 イルカもクジラも、海の中で生活していますが、共に肺で呼吸し、生まれた子供を母乳で育てる哺乳類の仲間です。 スポンサーリンク 上の図をご覧いただくと、イルカとクジラの分類の違いがよく分かると思います。 イルカもクジラも、ともに「クジラ目(くじらもく)」というグループに属していますが、イルカとクジラが、分類上分かれるのは、さらに細かく分類した次の「亜目(あもく)」というグループからで、両者を分ける大きな違いは、口の中にあります。 口の中に、 ヒゲ板と呼ばれるものが密集しているのがヒゲクジラ亜目、いわゆる 「クジラ」と呼ばれるものたちです。 ヒゲ板は、歯ぐきが変化したものと考えられていますが、ヒトの爪と同じ成分から出来ている薄くて固い板状をしていて、その先端は毛のようになっています。 そのヒゲ板が何百枚も重なり合って巨大な口をとりまくように、クジラの上あごからたれさがっています。 ヒゲ板の長さは、種によっても異なりますが、もっとも長いホッキョククジラでは4メートルにもなります。 このヒゲクジラのグループには、地球上で最大の動物といわれる シロナガスクジラなどが含まれ、一般に大型のものが含まれています。 もっとも小さい種でも体長5メートル以上はあります。 ハクジラ類には、マッコウクジラなど体長が5~6メートルにもなる種もあります。 そこで、このような ハクジラ類のうち、体の大きさが、だいたい4~5メートル以下ぐらいの種を「イルカ」と呼んでいます。 ちなみに、英語では、イルカ類のうち、バンドウイルカやマイルカのように、くちばしが細長く伸びたものをdolphin、また、ネズミイルカやイロワケイルカのように、くちばしがないものをporpoise と呼び分ける場合もあります。 このように、イルカとクジラは、 同じ「クジラ目」という仲間にあって、口の中にヒゲ板があるのが「クジラ」、口の中に歯があり、体が小さいものを「イルカ」と呼んでいます。 イルカとクジラは同じ仲間(イルカはクジラの一種)• イルカとクジラの違いは、体の大きさと口の中に歯があるかどうかの違い イルカとクジラ、どっちが耳がいいの? イルカもクジラも、広い海の中ではパートナーや子供と、はぐれてしまうこともあります。 そんな時に、どうやって連絡を取り合っているのでしょうか。 イルカやクジラは、超音波を出して互いに連絡を取り合っています。 外からは見えませんが、イルカもクジラも非常に精巧な耳( 鼓骨胞 ここつほう )を持っており、これで互いが発する信号音をキャッチしています。 ある調査によると、 マッコウクジラで1万メートル、イルカで800メートルも遠くの出来事をキャッチできるということです。 ちなみに、マッコウクジラは一夫多妻制で、ほとんどのイルカの仲間は乱婚制だそうです。 シャチも、イルカと同様に生物分類上は、クジラの仲間で、ハクジラ亜目の一種です。 さらに詳しくいうと、 シャチは、くちばしが細く伸びたバンドウイルカ(水族館でもっとも多く飼われているイルカの種類)と同じマイルカ科の仲間で、歯もありますが、イルカよりも体が一回り大きくなります。 イルカは4~5メートル以下、シャチは6~9メートル、さらに大きいのがクジラです(ゴンドウクジラなど例外的に小型のクジラもあります)。 水族館では、シャチとイルカが仲良く飼われていますが、野生のシャチが、小さなイルカを襲うことはよく知られています。 また、群れで、自分たちよりも大きなクジラを襲うこともあるので、シャチは「キラー・ホエール」とも呼ばれ、海の生態系の頂点に位置します。

次の

イルカとクジラとシャチの違いに迫るっ

シャチ 食べ物

ヒョウアザラシ 出典: 「ヒョウアザラシ」は、 食肉目アザラシ科、ヒョウアザラシ属に分類される哺乳動物です。 体長は雄が2.8~3.3m、雌が2.9~3.6m、体重は最大で雄が約300kg、雌が約500kgと、雄よりも雌の方が大きいんです。 灰色の体には黒い斑点があり、それが豹に似ていることからこの名がつきました。 南極大陸周辺からフォークランド諸島・サウスジョージア島の海域にかけて生息しています。 中にはより温暖な水域を好む固体も存在するため、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカでも少数が確認されています。 首は長く伸ばすことができて柔軟性があり、頭は爬虫類のような形状をしています。 にょろりとした細長い体型に大きな頭、目の下まで避けた大きな口と強靭な顎に鋭い歯を持つヒョウアザラシ。 メジャーどころのゴマフアザラシと比べてみてもまるで別物ですね。 ヒョウアザラシ 出典: ヒョウアザラシがどんなものを食べているかというと、主にはナンキョクオキアミという小さなエビのような生き物を食しています。 牙のように鋭く伸びた前歯とは反対に奥歯は臼歯になっており、オキアミなどを摂るための三叉路の形状をしています。 他にも、ペンギンもよく食べ、魚類のほか、オットセイや別種のアザラシなども捕食します。 肉からオキアミまで、その幅広い食性はこの歯のお陰でもあるんですね。 ヒョウアザラシは、群れは作らず、基本的に単独行動をとっています。 1年に1回、11月ごろに1頭の子供を産み、その後4年ほどかけて大人のヒョウアザラシになります。 寿命は、約25年ほどではないかと言われています。 泳ぐ速度はアザラシの中でもかなり速く、最大で時速40キロに達するとされています。 また、ヒョウアザラシは海中で独特の音を鳴らすことでも知られています。 これは他の南極アザラシも同様です。 普段は単独行動のヒョウアザラシですが、クジラやシャチ、イルカのように、何か仲間内で伝達し合っているんでしょうか? 実は、ヒョウアザラシの生態については未だよく判っていない点が多いのです。 それはヒョウアザラシを含めた、多くの南極動物たちに共通している点でもあります。 まだまだ謎多き動物と言ったところでしょうか。 スポンサードリンク 岩に擬態?狩りの方法 ヒョウアザラシはシャチ同様、海のギャングとして食物連鎖の頂点に君臨しています。 単独行動のヒョウアザラシは、シャチのようにチームプレーで狩りをしません。 では一体どんな方法で狩りをするのでしょう? 生態研究のために撮影された資料などから、ヒョウアザラシの狩りはいわゆる待ち伏せスタイルが多いようです。 岩場の陰などで待ち伏せして、そこにやって来た獲物に襲い掛かるのです。 強靭な顎と歯で噛み付くと、激しく振り回ながら引きちぎり深い海に引きずり込む、というパターンのようです。 岩場に擬態することもあるようなので、獲物としてはたまったもんじゃありません。 捕らえた獲物を振り回すのは、丸呑みすることができないからだとされています。 遊泳速度もかなりの速さを誇るヒョウアザラシですから、まさに最強の捕食者ですね。 スポンサードリンク 人も襲うヒョウアザラシ ヒョウアザラシが人を襲った例も、何件か報告されています。 1985年、スコットランドの探検家が氷の上を歩いていた時、ヒョウアザラシに襲われました。 突然足元の氷を突き破りヒョウアザラシが現れ、足に噛み付かれましたが、仲間たちによって助け出されました。 ほかにも100mに渡ってヒョウアザラシに追いかけられたという例もあったようです。 これは人間を何かの獲物と誤認したのではないかとされています。 また、痛ましい 死亡事故も起きています。 2003年、イギリスの海洋生態学者が、南極の半島部近くで潜水している時に、噛み付かれて海中に引きずり込まれてしまったのです。 すぐにメンバーが救命ボートで救出しましたが、残念なことに息を吹き返すことはありませんでした。 これがヒョウアザラシが、初めて人を殺した事件とされています。 しかし、何が原因でヒョウアザラシが攻撃してきたのかは、未だ解明されていないそうです。 恐いだけじゃない?人間との感動動画 そんな悪名高いヒョウアザラシですが、過去には人間との驚くべき感動動画が注目を集めました。 それはナショナルジオグラフィック誌の記事の取材で南極の海に潜り、ヒョウアザラシの撮影をしたカメラマンの動画です。 そんな天敵とも言える相手としては、 シャチや 大型のサメ、さらには ゾウアザラシによって殺されたとされる報告が過去にあるのです。 しかし、これらの報告も詳細は不明であり、正確なところは定かではありません。 かなりの遊泳速度を誇るヒョウアザラシですから、いくらシャチと言えどもそう簡単に捕まえることは難しでしょう。 サメの種類にしても明らかにはなっていませんし、どのくらいの信憑性のある報告なのかは疑問です。 ただ何らかの理由で怪我を負っていたり、弱っている状態であれば可能性は無くはありません。 どんなに最強であっても、手負いであればいつ襲われても不思議は無いからです。 こうなると捕食される、殺されるというよりは、単に自然の摂理とも言えますね。 まとめ ヒョウアザラシは、我々が抱くアザラシのイメージと違い、気性が荒く人間も襲ったことがあるアザラシです。 まだまだ多くの謎に包まれているヒョウアザラシ。 その容貌や可愛らしいペンギンを襲う捕食者として、残忍なイメージを持たれてしまうことも少なくありません。 私たちは捕食される側の弱きものに、ついかわいそうと感情移入してしまいがちです。 しかしそれは生態系を維持していくためには必要不可欠なものです。 どんなに最強の捕食者であっても、自分が生き延びるため以外の無駄な殺生はしません。 そこが自然動物の素晴らしさ、美しさ、尊さなのかもしれません。

次の

【捕食】オタリアが強すぎる天敵シャチに急襲される動画!知能や生態は?

シャチ 食べ物

詳しくないわけがないですよ(笑) イルカとクジラと、なぜか鯨類なのにイルカともクジラとも呼ばないシャチ(どっちなの!?)の大きさだけではない違いについて、はっきりお伝えしていきます(^O^)/ 目次• イルカとクジラとシャチの体長の違い 「だいたい体長3m以下ならイルカ、3m以上ならクジラ」!!シャチは8mくらい。 だいたい、というのがなんとも…(汗) 要するに 明確な基準なんてないんです>< 名前を付けた人が 「あ、あの種類は大きいからクジラで。 」「小さいっぽいからイルカで。 」という感じなんですね。 イルカ・クジラの研究してる大学の教授も、授業でそう言ってましたから^^; え、イルカはくちばしとか背ビレとかあるし、違いあるだろう!!って? 明らかに見た目 「イルカの巨大バージョンになっただけに見える」クジラもいるんですよ! 大きければクジラなんですね~。 まぁ…「だいたい」の体長ってのがなんぞや!?って気になる方は、あいまいな子たちを紹介しますので見て下さいな! イルカ?クジラ?あいまいな子【シャチ】) まず強くて可愛い人気者 シャチ。 「イルカ・クジラ」の中の、シャチという1つの種のことですが…ゴンドウクジラ類の仲間なので、強いてどちらかと言えば クジラです!でかいし。 まぁ「シャチ」で名前が確立してるのでシャチでいいでいいんです!はい。 5mのコビレゴンドウもいる。。 きっとあれじゃない??わたしが思うに多分、 可愛いからイルカになったんじゃない??? 白いし、海のカナリアなんて可愛い名前も付けられちゃってるくらいだし、 ていうか白いってだけでもてはやされそう…(?) 以上、体長の違いによるイルカとクジラとシャチの違いでした! でも、これだけじゃ~終わらない。 ヒゲクジラ、 ハクジラに分けて、ハクジラの中でも シャチは別にしてみて3パターンで考えますね! ヒゲクジラのお食事 クジラの中には、歯の代わりにヒゲ(クジラヒゲ)があるものがいます。 「 ヒゲクジラ」と呼ばれる彼らは、オキアミなどの小さな プランクトンを食べるんです。 プランクトンを食べるものは必ず、イルカではなくクジラ!!と思っておきましょう^^ 大きい体をしているものが、クジラヒゲをもつ傾向にありますからね~。 ハクジラのお食事 ヒゲではなく歯を持つ 「ハクジラ」のクジラやイルカは、 小魚やイカなんかを食べておりますよ。 よくアジとか水族館であげていますからイメージしやすいですね^^ でも低カロリーなイカを好んで食べる理由は理解しかねるところ(汗) シャチのお食事 あとシャチですね!これは特徴的。 特殊ではないでしょーか! あっ…水族館とかで人間は食べられないのか…って? 食べたりしない!と、言われています^^ 鴨川シーワールドなどでとても人間と触れあっていますが、シャチも人間と遊びたいだけなんですってー。 シャチの巨体がじゃれてきたら遊びじゃ済まない気がするけど… ということで、まだまだイルカとクジラとシャチの違いをあげていきましょう!! イルカとクジラとシャチの活動範囲の違い 海域の違いというより水深の違いで見ると、イルカとクジラとシャチで差があります! なぜイルカやクジラやシャチが海の深くまで潜るのかというと、それは 食べ物を得るためなんですね~。 なので当然…海の表層にいるプランクトンを食べる 「ヒゲクジラ」は、それほど潜水しません!!必要ないですから、せいぜい200mとかです。 貯められる酸素の量にも限界がありますから。。 深く・長く潜るために、クジラは強い肺などの器官や、体に酸素を蓄える仕組みを持っているんだと習いました^^ そして意外なのはシャチ!? シャチは200~300mしか潜らないんです。 1頭でも十分興奮しますが!! 大きなクジラがたくさん群れている時はたぶん…エサがそこにたくさんあるって時かな?? シャチはだいたい20~50頭ですね、あんなに大きいのにけっこうな数群れるのでデンジャーですよね。。 あんなに可愛いのに集団連係プレーで襲ってしまう策士なシャチ! シャチの魅力たっぷり感はやばいですな。 ぜひ野性でも見てみたい! あの見た目じゃぁほかのイルカやクジラたちと見間違いようがないし… そういえば、イルカやクジラってサメとも形が似ていますよね?? どういう違いから見分けたらいいんだろう? サメもイルカやクジラと似てるよね?昔は混同されていた?! 昔はイルカやクジラは、サメと同じ魚だと思われて「潮を吹く魚」と呼ばれていたんです! 形は似ていますがサメは魚類ですよね。 イルカやクジラは哺乳類! それはそうなんですが、具体的な違いは分かりますか…?? 見分けポイントは、イルカやクジラは• エラがない!• 尾ビレが横向きについている• だいたいのイルカ・クジラ・シャチの傾向はつかめたのではないでしょうか!? わたしの習ったこと、実際に経験したこと、調べたことなどをたくさん詰め込んでみました。

次の