生理 中 肌荒れ。 肌荒れについて 生理中の時だけ肌あれが治り、終わりがけから徐々にブ

肌荒れの原因とは?治すためには?短期間で治す方法

生理 中 肌荒れ

月経前に増える黄体ホルモンが影響していると思われます。 心身と生活面からケアをしていきましょう。 吹き出物ができる、肌荒れがひどくなる……など、月経前は黄体ホルモンの影響により肌トラブルが増えます。 この場合の肌荒れは、体の中で起こっていることが原因の1つでもあるので、表面からのケアだけではなかなかよくなりません。 スキンケアだけでなく、生活習慣もあわせて見直しましょう。 洗顔:いつにもましてやさしくソフトに。 こすり洗いは厳禁です。 肌の乾燥を防ぐためにお湯よりも水で洗いましょう。 保湿もしっかりと。 食事:皮脂の分泌量が多い時期。 高カロリー、高脂肪の食事は控えて、肌の代謝を助けるビタミンB群や水分をたっぷりとるようにしましょう。 ストレス対策:休息や睡眠をしっかりとりましょう。 便秘を改善:腸内に悪玉菌が増えると肌荒れやニキビが起こりやすくなります。 普段から、善玉菌を増やす食べ物(食物繊維、乳酸菌、発酵食品、オリゴ糖など)をとるようにして、腸内細菌と肌の状態を整えておきましょう。

次の

生理で肌荒れ!なんとかしたい生理前の乾燥やニキビの原因と対策法

生理 中 肌荒れ

7割以上が生理前に肌荒れを実感!女性ホルモンと美肌の関係とは? すっぴんぴんリサーチ 生理前、生理中は心身が不安定になりがち。 ブルーな気分や生理痛、頭痛のほか、肌荒れにも悩まされる時期です。 そこで、20~30代女性の生理前後の肌状態をリサーチ。 女性ホルモンと美肌の密接な関係にクローズアップしつつ、生理前後のすっぴんとの付き合い方を考えます。 生理前の肌状態、「荒れる」が7割以上に! 最初に聞いたのは、生理前の肌状態について。 回答を見ると、「荒れる」が31%、「ときどき荒れる」が42%と、7割以上が生理前の肌荒れを実感しているようです。 そこで、生理中の肌荒れについて深掘り。 特に荒れやすいと感じる顔のパーツを聞いてみました。 生理中に肌荒れしやすいパーツは、過半数が「あご」と回答 「生理中に肌荒れするパーツは?」への答えで、最も多かったのは「アゴ」(53%)。 続いて「ほほ」(48%)が高い数字となりました。 約半数が肌荒れを感じている「アゴ」や「ほほ」は、生理前に大人ニキビができやすいパーツ。 どちらもよく人目につくパーツなだけに気になるものですよね。 生理中は、それを引きずってしまうということなのかもしれません。 実は、こうして生理前、生理中に肌の調子が悪くなるのはごく普通のこと。 お肌の調子は、女性ホルモンのサイクルにとても左右されやすいのです。 生理終了はすっぴん力向上のサイン! そもそも女性の体内では、約1カ月サイクルで生理周期が刻まれています。 そのリズムを作っているのが、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」というふたつの女性ホルモンです。 「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌量は生理周期によって変化し、肌や心身の調子に大きく影響します。 生理周期と体調の変化については、以下の通り。 生理開始の週 生理前に揺らいでいた肌が、少しずつ回復する時期。 血液循環が悪く、貧血気味な時期。 生理痛が起きたり、不安定なメンタルバランスになったりしりやすい。 排卵前の週 肌状態は絶好調で、ツヤやハリが出る。 心身ともにもっとも体調のよい時期。 便秘をしにくい。 精神状態は落ち着いている。 排卵後の週 肌がやや不安定になり、脂っぽくなりやすい。 むくみやすく、便秘になりやすい。 イライラやだるさなども。 生理前の週 もっともトラブルの多い時期。 にきび、吹き出物が出やすく、肌あれが起こりがち。 もっとも肌トラブルが多い生理前には、必要な皮脂まで洗い流してしまうような過剰な洗顔はNGです。 優しく、丁寧な洗顔を、朝・夜2回行います。 洗顔後のスキンケアでは、いつもよりたっぷりと化粧水を使って保湿をメインに行うのがポイント。 やや肌が敏感な状態な生理中は、シェービングや日焼けなど、肌の刺激になることは避けるのがベストです。 この時期は普段より化粧水をつける頻度を増やして、こまめなスキンケアを心がけてみてくださいね。 さて、注目したいのは排卵前(生理後)の週。 この時期に分泌量が多くなる卵胞ホルモン(エストロゲン)は、肌の弾力に関わる細胞に働きかけ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進。 肌にうるおいやはりを与えると考えられています。 つまり、生理前・生理中は肌が荒れてしまっても、その後には必ずすっぴん力の高まるチャンスがやってくるということなんです! 女性ホルモンを制する者はすっぴんを制す! 今回の調査では、生理前や生理中に、多くの20~30代女性が肌荒れに悩まされていることがわかりました。 とはいえ、この時期はだれしも肌の調子が悪くなるもの。 「急いで治さなきゃ!」と焦るより、いつものスキンケアを怠らないこと、ゆっくりと心身を休ませることを心がけて乗り切るのが吉! 生理後、すっぴん力はおのずと高まります。 女性ホルモンの分泌周期を味方につけて、上手にすっぴんを磨いていきましょう。

次の

生理前に肌荒れする原因と対策|ニキビを予防するスキンケア&食事を全解説

生理 中 肌荒れ

この記事の目次• 生理中の乾燥肌はホルモンバランスが原因? 女性ホルモンには エストロゲン(卵胞ホルモン) プロゲステロン(黄体ホルモン) があります。 エストロゲン 女性らしさを作るホルモン。 女性らしい体のラインを作り出すホルモンです。 角層の水分を保持しお肌の潤いを保つ働き。 真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、お肌のハリを保つ働きを担います。 つやつやのお肌には欠かせないホルモンなのです。 プロゲステロン 子宮内膜をフカフカにするなど、妊娠に欠かせないホルモンとなっています。 皮脂の分泌を促進するホルモンでもあります。 皮脂は角質層の表面でお肌をバリアする大切な要素ではありますが、過剰になるとニキビなどの肌荒れの原因ともなります。 この2つのホルモンバランスの変化によって生理周期が上手く保たれています。 そして 生理中に2つのバランスがグッと変化することで、結果肌荒れ・乾燥肌となり易い状態となるのです。 生理中のホルモンバランスを、分かり易く見ていきましょう。 生理周期とホルモンの関係 卵胞期(生理終わり~排卵日) 潤いの女性ホルモン「エストロゲン」の分泌がピークになる時期。 お肌の調子が良くなる方が多いです。 排卵期(排卵日~生理一週間前) お肌のコンディションは良い様に感じますが、少しずつエストロゲンの量が減り、逆に黄体ホルモンの量が増えます。 皮脂の分泌量が増えて、 皮脂が気になりだす方も多いようです。 黄体期(生理一週間前~生理) 黄体ホルモンがピークに。 皮脂が過剰に分泌され易く、 ニキビが現れることも。 更に、黄体ホルモンの影響で、メラニン色素の生成も盛んになります。 月経期(生理始まり~生理終わり) エストロゲン・プロゲステロン両方の分泌量が両方とも下がります。 どちらもお肌を保護するホルモンですがから、両方とも減ってしまえば、 やはり乾燥肌になり易くなりますよね。 生理周期によってお肌の状態は大きく変わります。 だからこそ、生理周期に合わせたスキンケア方法が大切と言われています。 ここからが最も重要です! 「じゃあ、生理中の乾燥肌をどうやって解決して行けば良いの?」 その方法を以下に見ていきましょう。 生理中の乾燥肌の対処法 「過度なお手入れ」は逆効果になる事を心得る 月経期は、お肌の水分の保持に働きかけるエストロゲンが減少します。 結果、お肌のバリア機能が下がり、乾燥し易くダメージを受けやすい状態となっていまうのです。 ですから、 ピーリングや毛穴パックなど、お肌に刺激を与えるお手入れは避けるように心がけましょう。 体を冷やさない・血行促進を図る 生理中には、体温が下がり、体の代謝が悪くなる傾向にあります。 血行不良から、お肌の代謝を担う肌細胞に十分な栄養を運べず、余計にお肌の新陳代謝を下げてしまうのです。 セラミドなどの保湿成分は肌代謝の過程で出来る成分ですから、出来るだけ体を冷やさず、 運動などを取り入れて血行促進を図るようにしたいですね。 保湿第一!肌のバリア機能を高める 保湿成分の高い美容品で、お肌を保湿しましょう。 いつもよりも念入りに行いたいところです。 洗顔時には皮脂落ちを予防する為にも、お湯での洗顔は避け、優しく泡洗顔をしてきます。 出来るだけ低刺激・シンプルな保湿パックの回数を増やすとgoodです。 食事で保湿 実は、食事でお肌を保湿する事もできるんです。 乾燥肌に効くとされる栄養素一覧はこちら! ・タンパク質 ・ビタミン類(A 、B、 C、 E ) ・脂質 ・セラミド ・亜鉛 詳しくは別記事にてご紹介していますので、是非参考にしてみて下さいね。 低量ピルの使用 ピルと言うと避妊薬・副作用が強いと言ったイメージが強いかも知れません。 実は生理前症候群(PMS)の治療にも用いられているんです。 ホルモンバランスを正常(平均)になる事で、生理中の肌荒れが良くなったという方も多いようです。 ピルに市販薬はなく、病院で処方してもらう事となります。 漢方薬の使用 ピルの種類や体質にもよりますが、ピルにも副作用はあります。 「副作用が怖い・そこまでするほどでは」 という方であれば、漢方薬を検討してみても良いかも知れません。 ・四物湯(しもつとう) ・きゅう帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう) ・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう) ・温清飲(うんせいいん) ・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) などには体を温め、血液循環を助ける働きがあるとされています。 当帰飲子(とうきいんし)という漢方薬では、肌に栄養分とうるおいを与え、乾燥肌を改善する効果が見込めるとされています。 まとめ 生理中に乾燥肌になる原因は、 2種類の女性ホルモンの減少によるものです。 女性の体の仕組上、避けられませんが、ちょっとした工夫で乾燥を和らげる事は可能です。 今回ご紹介させて頂きました解決方法を役立てて、上手に生理中の乾燥肌と向き合ってみて下さいね。

次の