花子 と アン 朝市。 花子とアン 58話 朝市が好きなのははなと判明

【花子とアン インタビュー】窪田正孝 「ハッピーに終われて良かった」 40歳になって結婚した花子の幼なじみの朝市役

花子 と アン 朝市

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』 2014年6月5日(木)放送 第10週 第58話 「乙女よ、大志を抱け!」 『花子とアン』第10週 第58回「乙女よ、大志を抱け!」 あらすじ、ネタバレ 朝市のことが好きだったもも。 しかしその朝市の好きな人がはなだとわかり、ショックを受けて家に帰って来たももはその夜、吉平が持って来た縁談を受けるを決意を固め、明くる朝、家族にそのことを告げるのでした。 ももの突然の決断に驚いたはなはもう一回よく考えるようももを説得。 吉平も本当に縁談をすすめていいのかと弱気になってしまいますが、ふじだけはももの決めたことだからと賛成します。 好きな人に気持ちを伝えないまま結婚したら悔いを残すことになると、はなはももを説得。 教会の図書室で待たせてある朝市のもとへ足を運んだももは、ついに朝市に自分の気持ちを告白し、朝市のはなへの気持ちも確認します。 すべてを終えたももは「これで安心して北海道に行ける、お姉やんのことよろしくお願いします」と懸命に笑顔をつくって朝市に頭を下げるものの、家に戻りふじの顔を見るや母の胸の中で泣き続けるのでした。 『花子とアン』第10週 第58回 「乙女よ、大志を抱け!」 感想 教会の図書室ではなと朝市くんの姿を見てすべてを察したももちゃん。 ももちゃんのほうが先に教会を出たはずなのに、家に戻るのは、はなよりずっと遅い。 この時間差の間のももちゃんの行動を想像するとあまりに切ない。 ショックのあまり時間の経つのも忘れて彷徨い歩いていたのか、どこか一目につかないところで一人泣いていたのか。 でも、家に帰り家族に顔を合わせる直前に深呼吸して笑顔をつくるももちゃん、大人です。 相変わらずお節介焼きのはなですが、ふじの「賛成」の一言はずしりと重かった。 お節介は諦め、悔いを残さないという一点に絞ってももちゃんに最後の行動を促す。 結局、ももちゃんは失礼しましたが、これで悔いを残すことはないでしょう。 ただ「お姉やんをよろしく」と朝市くんに頭を下げたのに、お姉やんは朝市くんとは一緒にならない。 7月上旬頃にはそれが確定するのでしょうが、その時にももちゃんはどんな気持ちになるのか。 それがちょっと心配です、取り越し苦労ですが。 ももちゃん、「これで安心して北海道に行ける、お姉やんのことよろしくお願いします」と一所懸命に笑顔をつくって朝市くんに別れを告げましたが「さようなら」の一言を言うその瞬間だけは笑顔が凍り付いて真顔に。 その直後は再び笑顔。 この微妙な表情の変化に泣きました。 切ないエピソードでした。

次の

「花子とアン」醍醐さん・かよ・朝市・吉太郎の結婚相手、恋の行方は?

花子 と アン 朝市

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』 2014年7月11日(金)放送 第15週 第89話 「最高のクリスマス」 『花子とアン』第15週 第89回「最高のクリスマス」 クリスマスパーティーが終った後も店に残る朝市と英治。 はなの破れた恋の相手が英治であることに気付いた朝市は、はなが甲府で辞書を捨てようとしたこと、その時のはなは今まで見た事もないような悲しい目をしていたと語る朝市。 はなの気持ちを受け取ってやってほしい、はなと一緒になるのは英治でなければならないといつになく強い口調で言い切り朝市。 翌朝、すっきりした表情の朝市は、はなには会わず武とともに甲府に帰って行きました。 酔い潰れて眠っていたため朝市と英治の会話を何も知らないはなは、パーティー翌日に郁弥から一部始終を聞かされました。 亡き義姉を思うと英治とはなが一緒になることが許せないと告げる郁弥。 はなも英治への気持ちはもう捨てたと応えます。 その頃、英治は徹夜仕事で宇田川の小説の挿絵を完成。 仕上がった挿絵を見て醍醐は思わず「これははなさんよね」と口にします。 英治の心の中にいた『銀河の乙女』は想像の翼をひろげるはなとそっくりな姿で描かれているのでした。 『花子とアン』第15週 第89回 「最高のクリスマス」感想 「あんたに言っておきてえことがある」喧嘩を売るような勢いで話しを切り出した朝市くんのはなを思う言葉が胸に突き刺さります。 「おらが見たこともないような悲しい目をしていた」「あの辞書をくれたあんたを必死に忘れようとしていた」 はなの心の中を代弁する朝市くん。 英治に聞かせているうちにきっと甲府で辞書を捨てるはなを止めに入ったあの時の感情が蘇ってきたのではないでしょうか。 辛そうな朝市くんの表情が見る者の胸を締め付けます。 「明るいはなに戻ったように見えるが昔の屈託のないはなでない、はなはもうおらの知らないはなになってしまった」 この言葉は、子供の頃からずっとはなを見守って来た朝市くんにしか言えない言葉。 ここまで言いきれる朝市くんに英治は「そんなに言うならあなたが彼女と結ばれるべきだ」ともっともな反論。 その反論に「まだわからんか、あんたじゃななきゃ駄目だ!」と言い切った朝市くん。 言いたいことをすべて言った満足感のある反面「ぼこの頃からはなはずっとおらのそばにいた、おらの嫁さんになってほしかった」という願望も砕け散ったはず。 「嫁さんになってほしかった」という子供の頃からの願望を封印した朝市くんにここまで言わせた英治。 朝市の心意気が無駄にならない行動をとってほしいものですが、郁弥くんが柔和な笑みを浮かべながら鉄壁のように立ちはだかりはじめました。 今回、聖人レベルの朝市くんの影に隠れてしまった醍醐さまの活躍も見逃せません。 『銀河の乙女』の挿絵に行き詰まる英治に「誰の心の中にも銀河の乙女がいる」となかば煽りのアドバイス。 その言葉を思い出しながら自分の心の中にいる銀河の乙女を描いた英治。 その銀河の乙女は想像の翼をひろげるはなだった。 こんな結果になることを確信していた醍醐さまの私心のないはなを思う気持ちも朝市くんに負けず劣らず素晴らしい。

次の

【花子とアン】朝市のお嫁さん役に石橋杏奈 スピンオフ放送決定

花子 と アン 朝市

「朝市の嫁さん」に主演した窪田正孝 -「花子とアン」を演じ切った今、感じることは? 本当に現場が楽しくて優しい気持ちにさせてくれた作品でした。 (終わって)寂しい気持ちはありますが、残っていく作品だと思います。 笑えるシーンもつらいシーンも苦しいシーンもあって、そういうのがみんな詰まっていたなあと感じています。 -今回のスピンオフは朝市が中心ですね。 まだ本編を撮影していた最初のころ、朝市は結婚しないと聞いていたので、はなに結婚の報告に行ったシーンがあったのには驚きました。 それがさらにスピンオフドラマになり、朝市と嫁さんがメーンと知って、えっ?って。 既に出来上がっているチームに後から入る石橋杏奈さんの方が相当なプレッシャーを感じていたんじゃないかと思います。 でも石橋さんは、緊張していたとしてもそれを見せず、りんとした態度でお芝居をされていて、間近で見ていてすごくドキドキしました。 -スピンオフであらためて朝市を演じてみていかがでしたか。 はな以外には好きだという気持ちを伝えることをしてこなかったので、すごく緊張もしました。 でもとてもいい空気感でした。 一番に好きだったのはもちろんはなだったけど、それを乗り越える人と出会えた。 ハッピーに終われて良かったなと思っています。 「花子とアン」の良いところは、笑えるところは本当に笑えるし、真剣なところは気持ちが入ってせりふの一つ一つにすごく魂が入るところなんです。 スピンオフドラマでも同じで、ちゃんとみんながつながっていて、みんなが信頼し合っていて、スタッフさんも含めて、いいチームだなと感じていました。 -特にこういうところを見てほしいというところは? そうですね、ちづ江がはなの家を訪ねて2人が向き合うシーンです。 1年間朝市を演じてきた僕からすると、自分が大好きになった2人の女性が向かい合ったときに、2人の女優さんがどういうお芝居をするのかというのに興味がありました。 はなとちづ江は似ている面もあるけど、はなの方が年上だから生きてきた経験が備わっていると思います。 はなにすれば、ちづ江に若い時の自分を見ている感じなのかなと。 -視聴者の方にメッセージを。 1年間見てくださって感謝しています。 僕自身もこの作品と出会えたことに感謝していて、やっと朝市くんに春がやって来て、うれしいです。 「朝市のお嫁さんが見たい」という視聴者の方からの声を頂いていたこともすごくうれしいですし、「花子とアン」の本編の時と同じように、また笑顔になってくれたらうれしいなって思います。 本当にこれが最後なので、最後まで楽しんで見ていただきたいです。

次の