ウンポコロコ 歌詞。 「ウン・ポコ・ロコ」がクセになる!藤木直人&石橋陽彩のハモりシーン解禁『リメンバー・ミー』

「ウン・ポコ・ロコ」がクセになる!藤木直人&石橋陽彩のハモりシーン解禁『リメンバー・ミー』

ウンポコロコ 歌詞

バド・パウエルの名盤や有名アルバムについては、こちらに書きました。 テンパス・フュージット(Tempus Fugit) 「テンパス・フュージット(Tempus Fugit)」はマイルス・デイヴィス(Miles Davis)やにも演奏されている曲。 パリジャン・サラフェア(Parisian Thoroughfare) 「パリジャン・サラフェア(Parisian Thoroughfare)」の邦題は「パリの大通り」。 この曲も新旧問わず、さまざまなジャズメンに取り上げられている曲です。 異教徒たちの踊り(Dance of the Infidels 「異教徒たちの踊り(Dance of the Infidels 」は、タイトルどおり踊り出したくなる楽しい曲。 ウン・ポコ・ロコ(Un Poco Loco ) 「ウン・ポコ・ロコ(Un Poco Loco )」という変わったタイトルの曲。 テレビ番組で流れていたりしました。 たぶんジャズの特集番組かなにかだったと思います。 バド・パウエル作曲じゃなけど名曲&名演 Salt Peanuts ビバップの代表曲「ソルト・ピーナッツ(Salt Peanuts)。 長年コンビを組んでいたと の最後の共演の場となったマッセイホールでのコンサートのピアノがバド・パウエル。 オーニソロジー Ornithology の代表曲「オーニソロジー Ornithology 」なんかも、お手のもの。 バド・パウエルは通常サックスなどのホーンで演奏される曲を、ピアノで演奏するのが得意でした。 チュニジアの夜(A Night in Tunisia 管楽器で演奏されることが多い「チュニジアの夜(A Night in Tunisia 」も、バド・パウエルはこんな感じに。 「虹の彼方に(Over the Rainbow 」と「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー(It Could Happen To You)」 バド・パウエルはバラードだっていいんです。 バラードを弾くときのバド・パウエルは、少しだけアート・テイタム(Art Tatum)の影響も感じられて、でもちゃんとバド・パウエル色も出していて好きです。 バド・パウエルもキース・ジャレット(Keith Jarrett)と同じく、うなりながら弾く人なので、そのうなり声も楽しかったりします。 バド・パウエルに捧げられた曲 イン・ウォークト・バド(In Walked Bud) バド・パウエルとは強い絆で結ばれた師弟関係だったが捧げた「イン・ウォークト・バド( In Walked Bud)」 その「イン・ウォークト・バド( In Walked Bud)」にはジョンヘンドリックス(John Hendricks が歌詞をつけて歌ったバージョンもあって、や、マックス・ローチ(Max Roach)などが歌詞に登場して、「バド・パウエルがやってきた」と歌っています。 バド・パウエル(Bud Powell) チック・コリア(Chick Corea)はバド・パウエルに捧げた「 チック・コリア・アンド・フレンズ バド・パウエルへの追想(Chick Corea and Friends Remembering Bud Powell )」というアルバムを制作していて、これはその中に収録されたチック・コリア作曲の題名もずばり「バド・パウエル(Bud Powell)」。 ビバップっぽい雰囲気の中にも、チック・コリア色が出ていて、聴いていると楽しくなってくる曲です。 チック・コリアの「バド・パウエル(Bud Powell)」にはヴィブラフォンのゲイリー・バートン(Gary Burton)が参加したバージョンもあります。 チック・コリアの演奏で、他にもヴォーカル入りのもあって、それもよいです。 バド・パウエルは麻薬やアルコール依存、精神疾患など、いろんな問題を抱えていたので、好不調の差が激しいとも言われていますが、不調と言われる次期にも名演があったりします。 「バド・パウエルの良さがわからない。 彼のように演奏するピアニストは他にもたくさんいる」 というご意見も世間にはあるようなんですが、バド・パウエルの演奏にみんなが影響されたから、そう聴こえるだけで、バド・パウエルより前の時代には、パウエルのように弾く人はいませんでした。 とにかくすごい人です。

次の

英語歌詞『Un Poco Loco』の和訳と解説

ウンポコロコ 歌詞

歌詞と和訳 What color is the sky Ay, mi amor! Ay, mi amor! Ay, mi amor! 君は赤だという、ミ・アモーレ Where should I put my shoes Ay, mi amor! Ay, mi amor! どこに靴を於けばいいかな?ミ・アモーレ You say put them on your head Ay, mi amor! Ay, mi amor! 君に夢中なのさ! Un Poco Locoについてのトリビア この曲名「Un Poco Loco」はスペイン語で「 少しおかしい クレージー 」という意味です。 そこから発展して「夢中」であったり、「普通と違う」、「常識にとらわれていない」、 「型破り」、「自由奔放」とかの意味でも、歌詞の中で使われています。 また、監督のリー・アンクリッチはツイッター上でこの曲が作られた裏設定を明かして いました。 世界中から質問が殺到しましたが、ネタバレになるような解答はNGという条件で解答され、 その中で、 「Un Pco Loco」を作詞作曲した人物がヘクターであることが明かされています。 しかも、 ヘクターはこの曲をイメルダのために作っており、歌詞はイメルダを意識して 書かれたことも明言しているのでした。 それ以上、詳しいことは明かされていませんが、おそらくエラネスト・デラクルスが ヘクターから盗んで発表した曲の一つであったと思われます。 歌っている人物と収録秘話の紹介 この「Un Pco Loco」ですが、歌っているのはミゲルの声優役の アンソニー・ ゴンザレスとヘクターの声優役の ガエル・ガルシア・ベルナルです。 アンソニーは4歳のときから演劇と歌の練習をしており、歌の方もマリアッチとして パフォーマンスをしていましたので、非常に伸びと響きのある、きれいな歌声で 歌い上げています。 一方のガエル・ガルシアの方ですが、俳優ではあっても歌手として勉強したことも 訓練を受けたこともなかったとインタビューで答えており、この「リメンバー・ミー」では 初挑戦だったと話していました。 それでもピクサーのスタッフのバックアップもあり、本作では見事な美声を披露して います。 とくに歌う際にはキャラクターの心情や歌うことで与える雰囲気に気をつけていたと インタビューで答えています。 それだけ歌や曲の持つ影響力の強さを、普段の俳優としての仕事から感じ取っていて 自身が実際に歌う事になった今回では一番気をつけたわけですね。 今回の「リメンバー・ミー」で特筆すべきはミゲルらキャラクターによる楽器演奏の シーンで、その指使いを忠実に再現しているという点です。 ジブリの作品で「耳をすませば」のワンシーン、「カントリーロード」を主人公の二人が 歌う場面で、天沢聖司がバイオリンを見事に演奏していますが、ピクサーのCCO (チーフ・クリエイティブ・オフィサー)のジョン・ラセターが宮崎駿監督の 親友で、ジブリ作品の大ファンということもあり、アニメーションでもリアリティーの 追求をしていく影響を受けたものと思われます。 とはいえ、監督のリー・アンクリッチはアニメーターを含めた70名を超えるスタッフの ほぼ全員がギターを弾けない状態で、的確な映像にすることが不可能であったため、 ギターの演奏風景を色んな角度から撮影して、それをスタッフに見せて絵を起こさせた と、インタビューで答えています。 また、ダンテによって舞台の上に無理やりあげられたヘクターが、初めは取り繕うように、 やがてリズムに乗って楽しむかのようにタップダンスのような踊りを披露していますが、 この踊りは 「サパテアド」というタップダンスとフラメンコを混ぜ合わせたような メキシコのダンス様式です。 木の板の上であったり、タマリと呼ばれる側面に穴の空いた木の台の上で踊ることで ダップダンスのような軽快な音を鳴らすことができるのです。 そのため、収録では各腕で靴を持って木の床を叩くことでヘクターの足が奏でる音と、 別の人物が骨と骨を打ち付けて鳴らす乾いた打楽器音も再現していますので、注意して 聞いてみてください。 関連記事: 関連記事:.

次の

映画リメンバーミー音楽はいつまでもの歌詞を和訳解説!デジタル祭壇の謎解きも!

ウンポコロコ 歌詞

バド・パウエルの名盤や有名アルバムについては、こちらに書きました。 テンパス・フュージット(Tempus Fugit) 「テンパス・フュージット(Tempus Fugit)」はマイルス・デイヴィス(Miles Davis)やにも演奏されている曲。 パリジャン・サラフェア(Parisian Thoroughfare) 「パリジャン・サラフェア(Parisian Thoroughfare)」の邦題は「パリの大通り」。 この曲も新旧問わず、さまざまなジャズメンに取り上げられている曲です。 異教徒たちの踊り(Dance of the Infidels 「異教徒たちの踊り(Dance of the Infidels 」は、タイトルどおり踊り出したくなる楽しい曲。 ウン・ポコ・ロコ(Un Poco Loco ) 「ウン・ポコ・ロコ(Un Poco Loco )」という変わったタイトルの曲。 テレビ番組で流れていたりしました。 たぶんジャズの特集番組かなにかだったと思います。 バド・パウエル作曲じゃなけど名曲&名演 Salt Peanuts ビバップの代表曲「ソルト・ピーナッツ(Salt Peanuts)。 長年コンビを組んでいたと の最後の共演の場となったマッセイホールでのコンサートのピアノがバド・パウエル。 オーニソロジー Ornithology の代表曲「オーニソロジー Ornithology 」なんかも、お手のもの。 バド・パウエルは通常サックスなどのホーンで演奏される曲を、ピアノで演奏するのが得意でした。 チュニジアの夜(A Night in Tunisia 管楽器で演奏されることが多い「チュニジアの夜(A Night in Tunisia 」も、バド・パウエルはこんな感じに。 「虹の彼方に(Over the Rainbow 」と「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー(It Could Happen To You)」 バド・パウエルはバラードだっていいんです。 バラードを弾くときのバド・パウエルは、少しだけアート・テイタム(Art Tatum)の影響も感じられて、でもちゃんとバド・パウエル色も出していて好きです。 バド・パウエルもキース・ジャレット(Keith Jarrett)と同じく、うなりながら弾く人なので、そのうなり声も楽しかったりします。 バド・パウエルに捧げられた曲 イン・ウォークト・バド(In Walked Bud) バド・パウエルとは強い絆で結ばれた師弟関係だったが捧げた「イン・ウォークト・バド( In Walked Bud)」 その「イン・ウォークト・バド( In Walked Bud)」にはジョンヘンドリックス(John Hendricks が歌詞をつけて歌ったバージョンもあって、や、マックス・ローチ(Max Roach)などが歌詞に登場して、「バド・パウエルがやってきた」と歌っています。 バド・パウエル(Bud Powell) チック・コリア(Chick Corea)はバド・パウエルに捧げた「 チック・コリア・アンド・フレンズ バド・パウエルへの追想(Chick Corea and Friends Remembering Bud Powell )」というアルバムを制作していて、これはその中に収録されたチック・コリア作曲の題名もずばり「バド・パウエル(Bud Powell)」。 ビバップっぽい雰囲気の中にも、チック・コリア色が出ていて、聴いていると楽しくなってくる曲です。 チック・コリアの「バド・パウエル(Bud Powell)」にはヴィブラフォンのゲイリー・バートン(Gary Burton)が参加したバージョンもあります。 チック・コリアの演奏で、他にもヴォーカル入りのもあって、それもよいです。 バド・パウエルは麻薬やアルコール依存、精神疾患など、いろんな問題を抱えていたので、好不調の差が激しいとも言われていますが、不調と言われる次期にも名演があったりします。 「バド・パウエルの良さがわからない。 彼のように演奏するピアニストは他にもたくさんいる」 というご意見も世間にはあるようなんですが、バド・パウエルの演奏にみんなが影響されたから、そう聴こえるだけで、バド・パウエルより前の時代には、パウエルのように弾く人はいませんでした。 とにかくすごい人です。

次の