ダイヤ の a act2 無料。 ダイヤのA actⅡ【最新210話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

【感想・独自考察】ダイヤのA act2 195話 最新話ネタバレ 無料で読む方法も!

ダイヤ の a act2 無料

ダイヤのA act2【第208話】のネタバレ 1点で抑えた柳楽 結城の打ち返したボールは、そのままライトスタンドへ。 あの一年は規格外だという創聖の小泉監督。 創聖キャッチャーはタイムを取ろうとするが、柳楽は来なくていいと手で合図を出す。 続くバッターは金丸。 直球キラーは自分の代名詞だと、自信満々であがるも、全てツーシームで抑えられてしまう。 続く倉持も内野ゴロに倒れ、柳楽は1点でこの回を抑えた。 黙らせたい 試合は5回表、創聖の攻撃。 ライトヒットで出塁した打者に対し、御幸は相変わらず創聖の狙いが読めずにいた。 初回から敵の狙い球を探り続けていた御幸だが、敵の方針は思いの外単純。 各々得意なコースの球だけを狙っていくというものだった。 試合は投手戦の様相を呈し、観客からも驚きの声が聞こえる。 そんななか、柳楽はこの場にいる観客たちを全員黙らせてやりたいと、 闘志を燃やしていた。

次の

【ダイヤのA act2(第3期)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ【ダイヤのエース】

ダイヤ の a act2 無料

ダイヤのA act2【第210話】のネタバレ 2年前の屈辱 今、どれだけの観客が創聖が勝つことを望んでいるのか。 奈良はそんなことを考え、2年前を振り返る。 二年前。 稲実と創聖の試合は、4-2で稲実が勝利。 負けた創聖の柳楽と奈良は、先輩たちがこんなに強かったことに驚いていた。 しかし、 観客たちが「創聖は地味で、負けてくれて良かった」と話すのを耳にしてしまう。 2人はショックで、その場にただただ立ち尽くしていた。 創聖のチャンスは続く 御幸はストレートに強いことだけは理解したといい、初球スプリットを指示。 奈良はこれを振り、ストライクを取る。 ボール先行のリスクはあるが、ここは持ち球をすべて使ってでも 奈良を押さえ込もうと御幸は考える。 しかし、2球目と3球目はボール。 奈良は、自分たちも甲子園を目指しており、それの何が悪いと歯を食いしばる。 降谷の投げた4球目。 これはスプリットで、かろうじて当てた奈良だが、インコースに誘われてしまう。 サードが弾き、九死に一生を得たかと思うが倉持がカバー。 しかし、 奈良の足がわずかに上回りセーフに。 ノーアウト、ランナー1,3塁。 創聖はさらにチャンスを広げた。 そして、続くバッタはー創聖のエース。 柳楽だった。

次の

ダイヤのA(act2)動画43話アニメ無料視聴・見逃し配信まとめ!夏合宿ネタバレ感想

ダイヤ の a act2 無料

この記事では、2018年8月22日に発売の『週刊少年マガジン』に連載中の漫画『ダイヤのA act2』の最新135話のネタバレ・考察をご紹介します。 前回134話ではついに始まった夏合宿で、初参加の1年生ベンチ入りメンバーが洗礼を受ける様子が沢山描かれました。 更にこの夏のエースナンバーを狙う沢村が大嫌いな納豆を克服しようと必死に挑戦する様子も見ていて面白かったと話題になっています。 最新135話では、夏合宿を通して各々成長していく青道高校のメンバーが描かれます! それでは、2018年8月22日発売の『週刊少年マガジン』で連載中の漫画『ダイヤのA act2』最新135話のネタバレ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく! 関連記事: Contents• 時は6月17日、取材の申し込みに来た記者に高島が対応しています。 気持ちとしては連日になるので乗り気ではありませんが、注目されるのは嬉しい。 夏大のベンチ入りメンバーも決まり、今日から恒例の夏合宿が始まります。 土曜日には抽選も。 おにぎりを作るマネージャー達 マネージャー達は選手が練習の合間に食べるおにぎりを作っています。 うまく作れる人もいれば、でかでかとした丸型のおにぎりを作る子もいて、梅本に叱られています。 流石の吉川先輩が作ったおにぎりはサイズも形も完璧。 練習を見守る監督と落合コーチ 落合コーチは、選ばれなかった3年生に対する監督の言葉に感動したと。 『危うく泣くところでした』 落合コーチが泣きそうになった監督の言葉とは『これからも 俺の誇りであってくれ』という物でした。 前回描かれた監督の頭を下げているシーンではこんなことを言っていたのでした。 その言葉のおかげか、今日もベンチから外れた3年生が全員練習に出てきていました。 そのことに気が付いた落合コーチはまた驚かされます。 『私もいつか言ってみたい・・・』と心の声がこぼれる落合コーチに対して、監督は 『チームのサポートに後輩たちへの指導、まだまだ彼らには頑張ってもらわないといけないことがあります。 選手として出場がなくても、まだ引退したわけではないですから。 』 とまたまた落合コーチを震えさせる言葉を言います。 将司がフリーバッティングをしています。 将司はいい当たりを出していますが外野を守っている三村がナイスキャッチ。 『残念だったな結城。 ここは俺の守備範囲だ!!頭越える以外ここは通らせねーぞ 俺らがな!!』 ベンチ入りが出来なかった三村と関も、ベンチ入りメンバーの練習を明るくサポートしています。 由井と奥村もフリーバッティングではいい当たりを連発。 バッティングピッチャーは川島。 1年トリオはガンガン打っていきます。 川島は『いいよ、それで。 もっと打て。 もっと打って、俺らを心の底から納得させてくれ。 』と自分がベンチ入りできなかったことを納得させるくらい力を見せてくれと感じている様子。 奥村が川島にメットを取って礼を言って練習を上がります。 それを見ていた瀬戸はうまくいっていると感じます。 シートノック 次の練習はシートノックです。 沢村と由井のバッテリーの回。 3塁ランナーの樋笠がホームスチール! 由井『ホーム』 由井に言われる前から気配に気づいていた沢村はホームに送球してアウト。 御幸からも褒められます。 試合中は応援や歓声でキャッチャーの声が聞こえないこともあるから、3塁ランナーの気配は常に感じておくことが大切だといいます。 基本的な処理から細やかなプレーまで10試合に1回起きるかどうかのプレーもカバーリング含め一つずつ潰していく。 指示は『9回表 1点リード2アウトランナー1・3塁』 奥村『俺たちがこのチームの穴になる訳にはいかない』 おにぎりタイム 練習も一区切り、夕方のおにぎりタイム。 納豆とバナナも用意されています。 腹がなるほどにお腹を空かせている将司は嬉しそう。 奥村は、これが夕食にカウントされるか質問しますが、当然されません。 夏バテ対策の本を読んでいた沢村を見ていた春乃が納豆を持って行ってあげます。 実は、納豆は沢村が唯一苦手な食べ物で何回かチャレンジして挫折した経験あり。 しかし沢村のテーマは『克服』。 9回投げてもバテないスパースタミナボディを手に入れることです。 意を決した沢村は納豆を春乃から受け取ります。 半分やけ気味に納豆をかき回し、 『ふはははは』 『疲労回復に免疫力アップ!!コイツに含まれるビタミンB群が俺をさらに強くしてくれる!!』 食べる気はあるのか延々とうんちくを言いながら納豆をかき混ぜています。 するといつの間にか人だかりが。 決心を付けた沢村は納豆を一気にかきこみます。 どうにか水で流し込む。 いい食いっぷりの将司は金丸に勧められて沢山おにぎりをかき込みます。 練習は夜まで続く 時間は夜になり、グラウンドには照明が点灯します。 ベースランニングが始まると沢村は相変わらず気力を見せています。 さすがに合宿初参加の1年生はバテています。 ベンチ入りメンバーが決定されたために人数が少なく、回ってくるペースが早いのです。 始まったばかりですが1年の3人はスピードが落ちてきています。 この過酷なべーらんを毎日やるのかと絶望している表情を見せる奥村。 将司は冷や汗をかきながら頬にさっき食べたおにぎりが逆流してきています。 『よーし、ラスト10本』 という掛け声と共に合宿1日目の夜は更けていくのでした。 134話はここまで。 スポンサーリンク 134話を読んだ感想 これから夏の大会までが楽しみになってくるような夏合宿の始まりでした。 これ程きつい練習を重ねる合宿を通して、全員のパワーアップがあることはもちろん、誰かとびぬけて才能を開花させる選手が出てきそうな予感がしますね。 将司は終始おふざけキャラに徹していましたが、真面目なところも見てみたい気がします。 合宿に初参加の1年生ベンチ入りメンバーにはどうにか食らいついてスキルアップをしてもらいたいです。 ベンチから外れてしまった先輩たちも練習に協力してくれて、ベンチ入りメンバーは更に気が引き締まる思いをしていることでしょう。 納豆食わねば。 ですが、自分で勉強した夏バテしない方法の本に書いてあったことはちゃんと理解している様子でしたね。 いくら気持ちが入っていても苦手なものは苦手なままという事になりそうです。 ですが、このきつい夏合宿では夏バテのリスクもありますし、夏合宿の途中で1回夏バテを経験して、それを防ぐために納豆に再挑戦することも十分考えられますね! 降谷とのエース争いには勝つことが出来るのか? 沢村と降谷は青道高校の2トップエースともいえる存在ですが、実際にエースナンバーの背番号1番を付けることが出来るのはどちらか一人だけになります。 本作品の主人公である沢村に背番号1を付けてもらいたい気持ちはやまやまですが、実際降谷も沢村に負けない能力、実績を残しています。 川上もいますが、実質的なエース争いはこの2人になることでしょう。 沢村の強さとは? 沢村の最大の武器はボールの出所を見えなくするフォームと七色に変化するムービングボールですよね。 降谷暁とは全くタイプの違う投手で、剛速球で押さえつける降谷とは全く反対に位置するピッチャーです。 自身のオリジナル変化球のナンバーズを使いこなして、打者を翻弄させています。 しかしナンバーズを投げるとスタミナの消費が大きいため、夏合宿では9回まで投げ切れるスタミナをつけることを自身の目標にしています。 ストレートの休息もだんだん伸びてきており、降谷までとはいかずにも、キレのいいストレートを投げ込みます。 また、漫画だけでなく、雑誌なども読めますよ! 電子書籍サービスをまだ利用した事ない方にも楽しめると思いますので、是非とも利用してみて下さいね! ダイヤのA act2 ネタバレ 最新 135話 まとめ 読んだ。 ただ、外された選手、外されなかった選手、選ばれなかった選手の中にそれぞれ予想外の選手が1人ずついた。 — 友tom 2003Natu この記事では、2018年8月22日に発売の『週刊少年マガジン』に連載中の漫画『ダイヤのA act2』の最新135話のネタバレ・考察をご紹介してきましたが、如何でしたか? 普段からきつい練習を経験しているはずの1年生ベンチ入りメンバーがあれほど息を上げるという事は、夏合宿の練習が相当きついという事を表していますね。 これ程きつい練習を乗り越えれば相当選手たちもパワーアップして夏の大会に臨むことが出来そうです。

次の