マイナンバーカード 春日井。 マイナポイントについて|稲沢市公式ウェブサイト

マイナンバーカードを紛失したら?再発行までの手続き・必要書類を解説

マイナンバーカード 春日井

マイナンバーを作ろうと思ったワケ ストックイラストを始めてみようかと思ったのが、きっかけです。 ストックイラストとは広告などで必要にされるイラスト素材を登録・販売できるサービスです。 その一つであるPIXTAというサイトでクリエイター登録するためには、身分証明書の提出が必要だったのですが、身分証として使えるのは免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかでした。 免許もパスポートも持ってない!ということで、マイナンバーカードを作ることにしました。 申請方法 マイナンバーカードの申請には、郵送かネット、区役所窓口の3つの方法があります。 ネット申請が楽そうだったのですが、通知カードに同封された交付申請書に記載の「申請書ID」が必要でした。 悲しいことに通知カードも申請書も紛失してしまいました…。 郵送申請も、マイナンバーの記載が必要で、通知カードが無いとどうしようもありません。 マイナンバーか申請書IDを知るためには、区役所に行って通知カードの再交付をするなりしないといけません。 どうせ区役所に行くなら、もう区役所窓口でマイナンバーカードを申請したほうが早い!と思い、区役所窓口で申請することにしました。 ちなみに窓口申請だとマイナンバーカードを後日、本人限定受取郵便で受け取れます。 郵送やネットの申請だと、役所までマイナンバーカードを取りにいかないといけないので、この辺は便利ですね。 いざ区役所へ マイナンバーカード専用の窓口がありました。 本人確認書類として、障害者手帳と健康保険証を提示し、交付申請書を受け取りました。 通知カードを紛失したので、通知カード紛失届というのも受け取りました。 さっそくこれらの書類に記載していくわけですが、僕は障害があって自分で字を書くことが難しいです。 どうしたらいいか相談したところ、職員のほうでの代筆でもいいとのことだったので、お願いしました。 暗証番号設定 マイナンバーカードには4つの暗証番号を設定します。 窓口申請では申請書に記載した暗証番号を、職員が入力することになっています。 前述のとおり、僕は字が書けないので、ここも職員の方に代筆してもらいました。 代筆してもらうために暗証番号を口頭で伝えるので、セキュリティ的に少し気にはなりました。 まあ窓口には仕切りがありますし、職員の方にそばに寄っていただいたので、周りに聞こえるということはなさそうですが。 顔写真 窓口で申請するときに、顔写真を持参する必要があります。 ただ僕は車椅子なので、ヘッドレストが写ってしまい、規格に沿った写真が撮れません。 ・お住まいの市区町村に電話し、または来庁して、申請書IDを伝えてください。 ・交付申請書の表面の氏名欄に理由を記載して、交付申請書を送付ください。 ・個人番号カードコールセンターに電話して、申請書IDを伝えてください。 マイナンバー総合サイト とあったので、とりあえずヘッドレストが写ったままの写真を持っていきました。 写真について職員の方に聞いたところ、「本来は写真の背景は無地でないといけないのですが、申請書にご事情を書く場所がないので、とりあえずこのまま申請書を出させていただきます。 写真の不備ということで電話がかかってくるかもしれないので、万が一電話があった場合、そのときに車椅子であるなどご事情を説明してください。 」とのことでした。 申請終了 これでマイナンバーカードの申請が終わりました。 だいたい15分くらいかかりました。 1~2か月で届くそうなので、あとは待つだけ! 2週間後 個人番号カード交付申請書受付センターから申請書が返ってきました。 写真の不備とのこと。 電話がかかってくるんじゃなかったのかい!と思いつつ、センターに連絡して事情を説明しました。 すると、そのまま申請書を出していいということだったので、送り返しました。 ちょっと2度手間感があるな… 1か月後 本人限定受取郵便物到着のお知らせが届きました。 本人確認書類を用意して、郵便局に連絡しました。 マイナンバーカード到着 ついにマイナンバーカードを手に入れました!申請から約1カ月でした。 これで、PIXTAに登録できるぞ! ということで、マイナンバーカードの申請から受け取りまで でした。 又村 大地 フリーランスのイラストレーターです。 1991年生まれ、横浜市出身・在住。 筋ジストロフィーという障害があり、車椅子と人工呼吸器を使用中。 重度障害があっても働ける方法を模索した結果、在宅でフリーランスとして仕事をはじめました。 プロ野球好きで、ベイスターズファン。 php on line 38 最新記事• アーカイブ• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 1 カテゴリー•

次の

マイナンバーカードを作ってみた。申請は簡単。でも1カ月かかる

マイナンバーカード 春日井

平成27年10月に導入されたマイナンバー制度ですが、引越しの際はマイナンバー(個人番号)の手続きも必要です。 手続きの内容は 「マイナンバー通知カード(交付通知書)」を持つ人と、 「マイナンバーカード」を発行済みの人とで異なっています。 また、引越し時に誰もが漏れなく行う住民票の移動の届出には、マイナンバーカードが必須となるケースもあるのです。 …少し複雑なお話になってきた印象の方も多いと思いますが、 このページに書かれている内容を参考にすれば、誰でもスムーズにマイナンバーの住所変更ができます! 記載してあるマイナンバーの手続き方法と、手続きで際に役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。 まずはマイナンバーカードと通知カードの違いをチェック 冒頭でも少し触れましたが、 ご自分がマイナンバーカードと通知カードのどちらをお持ちなのか確認することから始めましょう。 マイナンバーカードを発行済みの方と、通知カードの状態で止まっている方とでは、後述する住民票の住所変更方法が異なるからです。 「通知カード」とは、一番始めに行政から郵送されてきた封筒の中に入っていたカードです。 写真などはついていない緑色のカードで、個人番号、氏名、住所、生年月日などの情報が記入されています。 一方、「マイナンバーカード」は通知カードを使って申請し、交付を終えた人のみが持っているカードです。 マイナンバーカードには申請のときに提出した顔写真がついていて、身分証明書として使用できます。 ご自分がお持ちのカードがどちらなのかわかりましたか? もし、「マイナンバーカードを交付してもらったか否か忘れた」「申請をしたかどうかも覚えていない」という場合は、手続き先の役所や役場へ問い合わせてみましょう。 マイナンバーカードを交付してもらうと「交付通知書」がはがきで届くので、届いた覚えがない場合は未交付である可能性が高いです。 申し込み後、マイナンバーカードができましたら、市役所から交付準備ができたことをお知らせするマイナンバーカード交付通知書(はがき)を送らせていただきます。 引用: より 通知カードのみ持っている人の手続き方法 通知カードを持っている人の手続きは、引越し先住所によって以下の2通りです。 同一市区町村内での引越しをする人 … 引越し先で「転居届」と通知カードの住所変更• 異なる市区町村内での引越しをする人 … 引越し元で「転出届」、引越し先で「転入届」の手続きと通知カードの住所変更 基本的には、住民票の移動届出と合わせて、マイナンバー裏面に住所の変更を追記してもらう手続きとなります。 ご自分の引越しのケースに照らし合わせて、それぞれの手続き内容を見ていきましょう。 通知カードのみの人が行う転居手続き(同一市区町村での引越し) マイナンバーの通知カードのみを持っている人で、同一市区町村内の引越しを行う方は以下を参考にしてください。 通知カードのみの人が行う転入出手続き(別の市区町村への引越し) 通知カードのみを持っている人で他の市区町村内の引越しを行う方は、引越し元で転出届、引越し先で転入届を提出します。 マイナンバーカードを持っている人が手続きする場合 マイナンバーカードを交付済みの人が異なる市区町村へ引越しする場合は、未交付の人と異なり、「 特例転出(特例転入)」となります。 同一市区町村内での引越しをする人 … 引越し先で「転居届」とマイナンバーカードの住所変更• 異なる市区町村内へ引越しをする人 … 引越し元で「転出届」、引越し先で「転入届」の手続きとマイナンバーカードの住所変更 or 特例転出(特例転入)手続き それぞれの手続き内容を詳しく見ていきましょう。 マイナンバーカードを交付済みの人が行う転居手続き(同一市区町村での引越し) マイナンバーカードを持っている人で、同一市区町村内の引越しを行う方は以下を参考にしてください。 マイナンバーカードを交付済みの人が行う転入出手続き(別の市区町村への引越し) 前述したとおり、マイナンバーカードを既に持っている人は「特例転出(特例転入)」という扱いになる場合があります。 特例転出では、引越し元の役所へ「特例転出届」を郵送し、引越し先の役所ではマイナンバーカードを用いて転入手続きを行います。 この際、通常の転出届で発行される「転出証明書」は発行されません。 マイナンバーカードが転出証明書の代わりになるということですね。 以上を踏まえて、マイナンバーカードを持っている人が他の市区町村内の引越しを行う場合、下記を参考にしてください。 なお、マイナンバーカードを持っている人が、必ずしも特例転出をしないといけないかは自治体ごとに違うようです。 特例転出でない場合は、通知カードのみを持っている人と同様の手続きを行えばOKですが、事前に自治体へ問い合わせをしておきましょう。 マイナンバーカードを申請中で受け取り前に引越しする人 マイナンバーカードの申請と引越が重なってしまった人は、注意が必要です。 申請中に引越しをして住所が変更されると、カードの申請は無効になってしまうからです。 申請が無効になってしまった場合、 引越し後に改めてマイナンバーカードの申請をしなければいけません。 引越し後は、まず通知カードで住所変更手続きを行い、手続きが完了したらマイナンバーカードを申請しましょう。 引越し後にマイナンバーカードを申請するときには、住所変更手続きの際にもらえる交付申請書を持参して、引越し先の市役所などの役場へ行きましょう。 マイナンバーカードは申請した当日にもらえるわけではありません。 申請から1ヶ月ほどかかるかもしれないということを意識して、早めに続きを行いましょう。 マイナンバーカードや通知カードを紛失してしまった人の手続き方法 通知カードを紛失してしまった場合、次のような手順で再発行の手続きを行います。 警察へ遺失届を出し、受理番号を控える• 市町村役場で届け出を提出する• 再発行の手続きをする 再発行の手続きのために必要なものは以下の4つです。 運転免許証やパスポートなどの身分証明書• 再発行の申請用紙• 再発行料(通知カード500円、マイナンバーカード1,000円) マイナンバーカードを紛失した場合は、個人情報の悪用を防ぐため、上の手順に加えてマイナンバーカードの機能を停止させる手続きが必要になります。 個人番号カードコールセンターへ連絡しましょう。 マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178 個人番号カードコールセンター 0570-783-578 出典: マイナンバーの手続きについてよくある質問 マイナンバーの変更手続きについてよくある質問をまとめました。 マイナンバーの住所変更についての疑問や不安には、どのように対応すれば良いのか見ていきましょう。 住所変更によってマイナンバー(個人番号)は変わる? マイナンバーは生涯にわたり使うものなので、引越しをしても番号自体が変更になることはありません。 しかし、カードに記載してある情報が変わる場合には、変更の手続きが必要です。 そのため、引越しをしたときは、住所変更の手続きをしなければいけません。 マイナンバーカードもしくは通知カードには、最新の住所を登録しておかなければいけないため、手続きは忘れず行いましょう。 カードの追記領域が埋まったらどうする? 上でも説明したとおり、引越しをしたらマイナンバーカードもしくは通知カードの追記領域に新しい住所が書き込まれます。 しかし、引越しを繰り返しする人の場合、すぐに追記領域が埋まってしまうかもしれません。 カードの追記領域が埋まって、新しい住所を書くことができなくなった場合は、無料で新しいカードに交換してもらうことができます。 新しいカードに交換してもらう場合、追加領域がいっぱいになったカードと、マイナンバーカードとは別の身分証明書を持参しましょう。 引越し後にマイナンバーカードを申請するにはどうすればいい? 基本的に、マイナンバーカードの申請には、 「交付申請書」が必要です。 交付申請書は、マイナンバーの通知がされたときに同封されており、住所や名前などが印刷されている緑の書類です。 しかし、 引越しをした人は、マイナンバーの通知の際に貰った交付申請書を使うことはできません。 なぜなら、印刷されている住所などの情報が古いものだからです。 引越し後にマイナンバーカードを申請する場合、次のような手順で手続きを行います。 通知カードで住所変更手続きを済ませる• 手続きが終わると、窓口で新しい交付申請書がもらえる• 新しい交付申請書に必要事項を記載し、窓口へ提出する マイナンバーを忘れても転居手続きはできる? マイナンバーカードもしくは通知カードを忘れた場合でも、転居届を出すことはできます。 ただし、マイナンバーカードもしくは通知カードがなければ、マイナンバーの住所変更手続きはできません。 そのため、マイナンバーの住所変更手続きを、転居届を出した後に改めて行う必要があります。 マイナンバーの変更を忘れたままにしないよう、できるだけ早めに手続きに行きましょう。 海外へ引越するときに必要な手続きはあるの? マイナンバーは日本国内でしか使用できません。 そのため、 海外へ引っ越す場合は、マイナンバーカードや通知カードを返納する必要があります。 お住まいの地域の役所で返却手続きを行ってください。 海外から戻ってきた場合は、転居前と同じマイナンバーを使用することになります。 結婚等で名前が変わったときにも手続きが必要? マイナンバーカードもしくは通知カードには、最新の情報を登録しておく必要があります。 そのため、結婚などが理由で氏名が変わった場合も、記載情報の変更手続きをしなければいけません。 氏名の変更手続きをするときは、提出書類が以下のように変わりますので注意しましょう。 マイナンバーカードもしくは通知カード• 本人確認書類(住民票の写し、戸籍謄本など) マイナンバーについての問い合わせ先 その他に不安なことがある場合は、お住まいの市区町村の役場もしくはマイナンバーカードの総合サイトよりお問い合わせください。 まとめ 引越しの際は転居届けなどとともに、マイナンバーの住所変更も行いましょう。 変更にはマイナンバーカードや通知カード、身分証明書、印鑑、転出届などが必要です。 変更手続きを忘れてしまった場合は過料がかかることもあるので十分注意してください。 紛失してしまった場合でも再発行は可能ですが、すぐに警察署やコールセンターに連絡しましょう。 またマイナンバーの手続きするときは、役所でできる手続きをまとめて行いましょう。 一度にまとめて行うことで、手続きし忘れを防ぐことができます。 引越し後に必要な手続きは、マイナンバーと役所で行うもの以外にもたくさんあります。 詳しくは.

次の

マイナンバーカードを作ってみた。申請は簡単。でも1カ月かかる

マイナンバーカード 春日井

通知カードとマイナンバーカードとは?何が違う? 通知カードとは、その名の通り各個人にマイナンバーを通知するために配布されたカードのことです。 あくまでマイナンバーカードの発行手続きをするまでの仮のカードです。 一方マイナンバーカードとは、本人の写真がついている正式な身分証明書です。 通知カードとマイナンバーカード(個人番号カードはマイナンバーカードの正式名称です)の違いは、詳しくはこちらの記事でご確認ください。 【通知カード】を紛失したら再発行までにやること 通知カードを紛失した場合は、以下のリストを参考にして再発行手続きを行ってください。 手続きから再交付されるまでには約3~4週間かかります。 自宅で紛失したと思われる場合 やること 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 再発行手数料500円• 身分証明書 外出先で紛失・盗難にあった場合 やること• 警察に遺失届を出す• 遺失届の受理番号を控える• 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 受理番号• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 再発行手数料500円• 身分証明書 通知カードを紛失したら悪用される可能性は? 通知カードが第三者に盗まれたとしても、身分証明書として悪用される事はありません。 なぜなら通知カードだけでは身分証明書の機能を果たすことができないからです。 通知カードでマイナンバー確認をするためには本人確認も同時に行う必要があるため、運転免許証やパスポート等がなければ通知カードに書かれている個人番号を使用することができません。 また通知カードには有効期限はないため更新する必要はありません。 通知カードに書かれた個人番号は一生使い続ける番号であることから第三者による悪用が想定される場合は本人の請求、または市長村長の判断で新しい個人番号に変わることがあります。 しかし紛失前と同じ個人番号が再交付されるのが原則です。 【マイナンバーカード】を紛失したら再発行までにやること マイナンバーカードを紛失した場合は、以下のリストを参考にして再発行手続きを行ってください。 手続きから再交付されるまでには約3~4週間かかります。 紛失場所に関わらず やること• 個人番号カードコールセンターに連絡して一時利用停止を依頼する• 警察に遺失届を出す• 遺失届の受理番号を控える• 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 受理番号• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 初回発行手数料無料(初回以降の再発行手数料500円)• 身分証明書 <個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)> 0120-95-0178 平日9:30~20:00、土日祝9:30~17:30(年末年始除く) 上記どちらも、マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間、365日対応です。 マイナンバーカードを紛失したら悪用される可能性は? 先ほどの通知カードとは異なり、マイナンバーカードは顔写真が券面に記載されているため、単独で身分証明書類として使用することができます。 また電子証明書機能がICチップに内蔵されているため、コールセンターに連絡をしてマイナンバーの持つカード機能を停止させることで、第三者による悪用から回避できます。 再発行申請中にマイナンバーを知る方法 再発行申請中にどうしてもマイナンバーを知りたいという場合には、住民票を取得しましょう。 住民票には、本人が希望すればマイナンバーを載せてもらうことができます。 もしマイナンバーが変更になった場合の関連書類 先述したように、通知カードやマイナンバーカードを紛失しても、原則、個人番号自体は変わりません。 しかし、仮に第三者による悪用が想定され、本人の請求または市区町村長の職権で、新しい個人番号に変わった場合は、以下の書類のマイナンバー(個人番号)を変更する必要が出てきます。 事業主に関係のある書類• 所得税の確定申告書• 消費税の確定申告書 など 従業員や取引先に関係のある書類• 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• 給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)• 退職所得の源泉徴収票(税務署提出用)• 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書不動産の使用料等の支払調書 など まとめ 通知カードやマイナンバーカードを紛失した場合の再発行までの流れは、下記のとおりです。 【通知カード】警察に遺失届を出して受領番号を控える(外出先で紛失した場合のみ)• 【通知カード】市区町村へ再交付申請の手続きをとる• 【マイナンバーカード】コールセンターに一時利用停止を依頼する• 【マイナンバーカード】警察に遺失届を出して受領番号を控える• 【マイナンバーカード】市区町村へ再交付申請の手続きをとる これを理解しておけば、通知カードやマイナンバーカードをなくした場合でも落ち着いて対応することができます。 店舗経営者であれば、従業員が紛失したとしても何の心配もなく対処できますね。

次の