しめじ 人参 レシピ。 しめじの人気レシピ20選:いろんな料理に合う!万能きのこ

しめじのスープ人気レシピ!野菜たっぷりコンソメ味や中華風が絶品!

しめじ 人参 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

しめじレシピ!【つくれぽ100

しめじ 人参 レシピ

価格が通年安定していて、買いやすい人参と玉ねぎ。 王道の組み合わせのじゃがいも、豚肉使用のスープや煮物、炒め料理などを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から、15品厳選しました!いずれも簡単にできる人気レシピばかりです。 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは一口大に切る。 【2】フライパンにサラダ油を熱し、【1】の肉に小麦粉をまぶして入れ、強中火でこんがりと焼いて取り出す。 【3】【2】のフライパンにバターを溶かし、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加えて炒め、油が回 ったら白ワインを加えてアルコールをとばす。 トマトの水煮を細かくつぶして加え、1~2分煮る。 【4】【3】に水を加えて【2】を戻し、ふたをずらしてかけ、弱火で15~20分煮る。 【B】を加えて2~3分煮、筋を除いて斜め切りにした絹さやを加えてサッと煮る。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 【2】レモンチャウダー鍋 市販のホワイトシチューで簡単に作るあったかチャウダー。 レモンの酸味をきかせれば、いくらでも食べられます。 【2】じゃがいもは1cm幅の半月切りにし、水に5分さらして水けをきる。 玉ねぎとにんじんは角切りにする。 エリンギは縦半分に切って、2cm長さに切る。 【3】鍋にオリーブ油を熱して玉ねぎをざっと炒め、にんじん、じゃがいも、【A】を加えて野菜がやわらかくなるまで中弱火で15分煮る。 ホワイトシチューと【1】、エリンギを加えて10分煮、あさりを加えて火が通ったら止める。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理が人気。 食育にも力を注いでいる。 一女の母。 【2】フライパンにオリーブオイル、玉ねぎ、鶏胸ひき肉を入れて強火で加熱する。 玉ねぎが透明になったら、【1】を入れてさっと炒め、しょう油、カレー粉を入れ混ぜる。 野菜ジュースを入れて中火で野菜に火が通るまで煮込む。 【2】【1】を4等分して、麺棒で長さ15cm程度に平らに伸ばす。 (手に生地がつきやすい時は、打ち粉をする) 【3】熱したフライパンに【2】を入れ、中火で両面をこんがり焼いて取り出し、表面にバターを塗る。 粗熱が取れたら、温かいうちにポリ袋に入れ、冷めたら口を結んで持ち運ぶ。 教えてくれたのは minokamo 長尾明子さん 料理家・写真家。 出身地の岐阜県美濃加茂市から名前を取った「minokamo」は、料理提案・提供時の活動名。 季節や土地の食材、素材を活かしたおいしい料理、写真家としてのセンスが光るおしゃれな料理が人気で、出張料理やメディアの撮影など幅広く活躍。 そんな子供おすすめしたい、ふんわり食感のミートボール。 玉ねぎはみじん切りにする。 【2】ひき肉に【A】、【1】の順に混ぜてよく練り混ぜ、一口サイズのボール状にまとめ、片栗粉を全体に薄くまぶす。 【3】小鍋に【B】を煮立ててとろみをつけ、【2】を加えて煮からめる。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年4月号 【2】甘さほんのりベジカレー 野菜が苦手…。 そんな子どもはたっぷり野菜を細かく刻んで苦手意識を克服! ごはんはプラスひと手間、型を抜いて盛りつければ、見た目もかわいいキッズカレーの完成です? かぼちゃ、トマトは1. 5cm角に切る。 豚肉は2cm長さに切る。 【2】鍋に油を熱して玉ねぎ、にんじん、豚肉を炒め、水とトマトを加えて沸騰させ、弱火で煮、かぼちゃを加えて野菜がやわらかくなるまで煮る。 火を消してカレールウを加えて溶かし、弱火でとろみがつくまで煮る。 【3】器にご飯と【2】を盛る。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 にんじんと玉ねぎはみじん切りにする。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚ひき肉を炒める。 肉の色が変わってきたら、【1】を加えて炒める。 野菜がしんなりしたらごはんを加え、さらに炒める。 【3】ケチャップを加えて全体を混ぜ、お好みで塩を加えて味を調える。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍の傍ら、幼児がすすんで食べるおいしさと栄養にこだわったメニューを日々考案している。 二児の母。 牛乳を豆乳にし、とろみは片栗粉でつける。 にんじんは5mm厚さの半月切りに、玉ねぎは短い薄切りにする。 【2】鍋に油を中火で熱して【1】を3~4分炒め、水の半量と塩を加えて煮立て、ふたをして弱火で8~10分煮る。 【3】火から下ろしてマッシャー(またはフォーク)でよくつぶし、残りの水と豆乳、こしょうを加えて火にかける。 煮立ったら中火にして混ぜながら2~3分煮、混ぜ合わせた【A】を回し入れてとろみをつける。 *ゆでたオクラを散らしても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 5cm角、じゃがいもは3cm角に切る。 ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。 ささみは片栗粉をまぶす。 【2】鍋にオリーブ油を入れて熱し、【1】を中火で炒める。 【3】【2】に昆布と水を入れて火にかけ、アクを取りながら10分ほど加熱する。 【4】【3】の昆布を取り出し、ゆで大豆を加え、材料に火が通るまで加熱する。 【5】【4】に牛乳、粉チーズを加えてさらに熱し、塩で味を調える。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん あつみまゆみ/管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 にんじんは皮をむいてすりおろす。 【2】麺は袋から出して手でほぐし、サラダ油大さじ1を熱したフライパンに広げ、薄く焼き色がつくまで炒めて取り出す。 【3】【2】のフライパンを弱火にかけ、残りのサラダ油を足して【1】を炒め、汁けがなくなるまで煮詰めて【A】を加える。 中火にして煮立ったらツナを入れて、【2】を戻し入れ、汁けをとばしながら炒める。 *パセリのみじん切りをふっても。 教えてくれたのは きじまりゅうたさん 祖母も母も料理研究家という家庭に育ち、幼いころから料理に親しむ。 身近な食材で作るアイデアレシピが人気。 『めばえ』2014年10月号 【2】BBQ焼き肉焼きそば 鉄板で具と麺を同時進行で焼くスピードメニュー。 【2】玉ねぎは縦半分にし、繊維と垂直に1cm幅に切る。 ピーマンはヘタと種を除いて乱切りにする。 にんじんは縦半分にし、5mm幅の斜め切りにする。 【3】鉄板を熱してサラダ油をひき、鉄板の半分で【1】を炒め、もう半分で肉と【2】を焼く。 【4】麺に焼き色がつき、具に火が通ったら混ぜ合わせ、焼き肉のたれを加えて汁けが飛ぶまで炒める。 教えてくれたのは きじまりゅうたさん 祖母も母も料理研究家という家庭に育ち、幼いころから料理に親しむ。 身近な食材で作るアイデアレシピが人気。 チーズを載せて焼くだけでカレーがドリアになって、いつもと違う味わいに。 【2】フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎとにんじんを炒め、玉ねぎに色がついたら、ひき肉を加えて炒める。 肉の色が変わ ったら【A】を加えて炒め、香りが立 ったらかぼちゃと水を加え、【B】で調味し、汁けがなくなるまで煮詰める。 【3】耐熱容器にご飯を敷き、【2】のカレーをかけて、チーズを散らす。 温めておいたオーブント ースターで10分ほど焼く。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 【2】フライパンにサラダ油を熱して【1】を入れ、中火で両面を6~7分焼く。 油を拭き、【B】を入れて煮からめる。 【3】絹さやを塩ゆでして器に敷き、【2】を盛る。 和風の一品を、味つけいらずでパパッと作れるから助かります。 【2】【1】と【A】を混ぜ合わせる。 教えてくれたのは 藤井恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 二人の女の子のママ。 【2】マカロニは表示時間通りにゆでる。 途中でほうれん草とにんじんを加えてざるにとり、粗く刻む。 【3】フライパンにバターを熱し、【1】を炒め、【A】を加えて軽く煮、【2】を混ぜ、塩、こしょうで味を調える。 【4】耐熱容器に薄く油(分量外)を塗り、【3】を入れてチーズをのせ、トースターで約5分焦げ目がつくまで焼く。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年4月号 【4】根菜カレーパン 4種類の野菜を混ぜ込んだカレーを包んでカレーパンに。 おやつやランチにパクパク食べられます。 【2】ボウルに【A】を入れて混ぜ、まとまったら8等分して丸め、楕円にのばす。 中央に【C】を等分にのせて半分に折り、端をフォ ークで押さえて閉じる。 【3】【2】に溶き卵、パン粉を順にまぶし、油を深さ1cmほど熱したフライパンに入れ、中温で上下を返しながら揚げる。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん 身近な食材で簡単に作れて、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2015年10月号 【5】鮭のホワイトシチュー かぼちゃの器でパーティーの主役に。 鮭のうま味が染み出てほろほろのホワイトシチューは絶品です。 粗熱がとれたらヘタを少し切り落とし、種を除いてくりぬく。 皮面にジャックオーランタンの顔を作る。 【2】鮭は一口大に切り、【A】を順にもみ込む。 玉ねぎは薄く、ほうれん草は2cm幅に切る。 にんじんは星型に抜く。 【3】鍋にサラダ油を中火で熱し、玉ねぎを炒める。 しんなりしたらにんじんを加えて炒め、【B】を順にふる。 【4】中火にして鮭、ほうれん草を加えて2~3分煮、牛乳を加えて再度煮立ってきたら弱火にし、塩(分量外)で味を調える。 【1】の器に盛る。 お好みで普通の器を使っても。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして幅広い分野で活躍中。 二児の母。 『ベビーブック』2017年11月号.

次の

しめじレシピ!【つくれぽ100

しめじ 人参 レシピ

【材料】• えのき 1パック• 舞茸 1パック• しめじ 1パック• こんにゃく 1枚• 赤だし味噌 50g• 酒 50cc• みりん 50cc• 砂糖 50g• 花椒(ホワジャオ) 大さじ1• 水 200cc• 塩 少々 【作り方】• えのきは軸部分を切って取り除き、半分の長さに切ってほぐします。 舞茸は石づきを落としてからほぐします。 しめじも石づきを落としてからほぐしましょう。 これらのきのこ類はざるに入れて水気を飛ばします。 こんにゃくは縦に半分に切ってから、5mmくらいの幅に切ります。 塩を1つまみ入れて全体的に揉みこみ、10〜15分おきましょう。 鍋に湯を沸かし、こんにゃくを湯がいたからざるに上げて水気を飛ばします。 鍋に湯を沸かし4をさっと茹でて、ざるに移して水気をよく切ります。 器に赤だし味噌、酒、みりん、砂糖を入れてよく混ぜましょう。 大きめの鍋に7と8を入れ、上から9をかけ水、花椒を入れて混ぜて加熱します。 この鍋の中が沸騰してきたら混ぜて、弱火にします。 トロミがついて水分が半分くらいになったら火を止めて冷まします。 粗熱が取れ、お皿に盛り付ければ出来上がりです。 【材料】• 鶏胸肉 140g• しめじ 100g• こんにゃく 250g• 醤油 20g• パルスイート 20g• おろしにんにく 3g• おろししょうが 3g• 水 100ml• 丸鶏がらスープ 2. 四川豆板醤 お好みで• とろみ上手 5g• ごま油 少々 【作り方】• 玉ねぎをみじん切りにします。 しめじは石づきを落としてからみじん切りにします。 鶏胸肉は小さく切りましょう。 こんにゃくは1cm角に切ります。 フライパンにごま油を敷き、3を炒めます。 色が変わって来たら1と2を加え炒めましょう。 おろしにんにくとおろししょうが、四川豆板醤、醤油、パルスイート、水、鶏がらスープの素、4を入れ加熱します。 煮えてきたら、とろみ上手を入れます。 とろみがついたら出来上がりです。 お皿に盛り付けて食べてください。 【材料】• 厚揚げ 1枚• サラダ油 小さじ1• 万能ねぎ お好みで• しょうがチューブ 3cm• 砂糖 大さじ1• 厚揚げは縦に半分に切ってから1cmくらいの厚さに切ります。 こんにゃくは細切りにします。 しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておきましょう。 醤油とみりん、しょうがチューブ、砂糖、片栗粉を器に入れてよく混ぜます。 フライパンにサラダ油を敷き加熱したら、1を入れて焼きます。 2と3を加えて炒めましょう。 火が通ってきたら4を加えてよく混ぜます。 全体に絡んだら、お皿に盛り万能ねぎを振りかければ出来上がりです。 【材料】• 里芋 5個• 大根 6cm• 人参 小1本• ごぼう 25cm• こんにゃく 小1個• 油揚げ 1枚• 白菜 少し• 和風だしの素 小さじ1• 味噌 Sサイズのみかんくらいの大きさ• 醤油 お玉1杯• 水 1L• 長ねぎ 少々• おろし生姜 少々 【作り方】• 里芋の皮を剥き、よく洗ってから3mm厚に切り、水にさらしておきます。 大根は皮を剥いてから、いちょう切りにします。 人参は皮を剥いてから、短冊切りにしましょう。 ごぼうは皮を剥いたら、縦に半分に切ってから斜め薄切りにして水にさらしておきます。 こんにゃくは水洗いしてから手で小さくちぎります。 しめじは石づきを落としてから軽く洗って、ほぐしておきましょう。 1を水から出し、沸騰した鍋で軽く下茹でします。 鍋にごま油を入れて、2から5までを炒めます。 かぶるくらいの量の水を入れ、煮てください。 沸騰したら、6と小さく切った油揚げを入れて煮ます。 残りの水を入れます。 沸騰して来たら和風だしの素を入れましょう。 白菜を短冊切りにします。 13と7の水を切り、12に入れます。 味噌と醤油を入れ、味付けしてください。 うどんを鍋で茹でましょう。 茹で上がったらざるに取り、水でシメて、湯通ししてから丼に盛ります。 その上から15を盛り、輪切りにした長ねぎとおろし生姜を乗せたら出来上がりです。

次の