解離 性 動脈 瘤。 解離性大動脈瘤(DAA)

【医師監修】解離性大動脈瘤(大動脈解離)と大動脈瘤は何が違うの?

解離 性 動脈 瘤

【 解離性大動脈瘤の症状】 解離性大動脈瘤の症状としては、解離が進行するにしたがって、出血によるショック、血栓や梗塞などの循環器障害が広い範囲で発生します。 解離部分で血小板が活性化するために、体内で血液が凝固することになり、その蓄積した血栓が全身に流れ出し、血管を詰まらせるために機能障害を生じさせます。 回復後も、肺が血栓によって傷ついている場合があり、このような場合にはショックを起こし、死に至る場合があります。 【 解離性大動脈瘤の原因】 解離性大動脈瘤の原因は、現在のところはっきりとは分かっていません。 しかし、先天性疾患であるマルファン症候群である場合には大動脈内膜が弱いので、内膜が裂けやすい状態にあります。 そのため、先天性疾患がこの病気に大きく関係していることが知られています。 また、動脈硬化によって柔軟性が失われた血管に圧力の高い血液が流れ込むことも、この病気に深く関係してます。 【 解離性大動脈瘤の検査と診断】 解離性大動脈瘤の検査方法は、問診でも突然始まる特徴的な症状から診断をすることが可能です。 症状とともにX線検査を行い大動脈の拡張を検査します。 心電図と合わせて造影CT検査やMRI検査が行われ、確定診断ができます。 CT検査では確実に大動脈解離を描出することができます。 心臓超音波検査で心嚢水の有無や大動脈弁の逆流を検査します。 【 解離性大動脈瘤の治療方法】 解離性大動脈瘤の治療法は、薬を利用するものが世間における普通の方法となっています。 プロプラのロールとよばれる内服薬によって血圧を降下させ、頻脈を防ぐのです。 しかし、それだけでは当然ながら完全な治療が難しい場合がありますので、その場合には、大動脈瘤があるところを手術で切り開き、血管を切断してつなぎ合わせるか、またはバイパス手術をすることになります。

次の

解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)(かいりせいだいどうみゃくりゅうきゅうせいだいどうみゃくかいり)とは

解離 性 動脈 瘤

解離性は、症状が現れることが少なく自然に組織治癒してしまうケースも多いため、発生時期の特定が困難な場合もあります。 昭和大学医学部脳神経外科学講座教授の水谷徹先生に解離性脳動脈瘤の症状と危険性についてうかがいます。 なぜ解離性脳動脈瘤ができるか 解離性は、後頚部から頭蓋内に走行する椎骨動脈に多く発生します。 そして、急に振り向くような動作をした時、頚を鳴らす癖がある人、ゴルフ・テニス・カイロプラックティスなど頚部に負荷のかかる動作をした時などに発生する事例が報告されています。 そのため、日常生活上の頚部の伸展(伸ばし広げること)で椎骨動脈の内面に傷がつき、解離性脳動脈瘤が発生しやすくなるという可能性が考えられます。 また、解離性脳動脈瘤の発生はとは無関係です。 解離性脳動脈瘤の症状 椎骨動脈に発生する解離性の場合、やを発症して救急入院となることの他に、解離性脳動脈瘤が発生した(動脈解離が起きた)段階で起こるうなじから後頭部にかけての痛みをきっかけとして診断されることが多くなってきています。 また、最近では無症候(特別症状がない)で、脳ドックなどで偶然発見される方も増加しています。 椎骨動脈の解離性脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こしている場合、その発症よりさかのぼって数日以内に項部(うなじ)痛、後頭部痛を自覚していた場合が多いことが特徴的です。 椎骨動脈と項部痛・後頭部痛が起こる位置 解離性脳動脈瘤の危険性 の危険性は、破裂してを生じることにあります。 また破裂した場合は、再破裂のリスクが高くなります。 これは、解離性脳動脈瘤も嚢状も同様です。 再破裂とは、動脈瘤に血栓(血のかたまり)がついて止血された部分が再び破裂することです。 この止血は一時的で、放置すると再破裂の可能性が高くなります。 もし再破裂をした場合は死亡率が高いため、再破裂が起きる前に治療をする必要があります。 解離性脳動脈瘤の再破裂率 一般的に、の自然予後は非常に悪く、手術をしない場合の死亡率は約70パーセントです。 の破裂によるくも膜下出血の脅威は再破裂で、手術の目的は再破裂を予防することにあります。 これは、通常の嚢状動脈瘤も解離性も同様です。 ただし、嚢状動脈瘤と解離性脳動脈瘤の病態の大きな違いは、再破裂の時期と頻度の関係です。 嚢状動脈瘤は破裂してくも膜下出血を生じた後、組織修復が完全に行われることなく再破裂期間は年単位の長期に及ぶのに対して、解離性脳動脈瘤は上記で述べたように、内膜による組織修復がほぼ完全に行われますが、それまでの間は非常に不安定で、急性期の再破裂率は嚢状動脈瘤よりも高いことが特徴です。 解離性脳動脈瘤の再破裂率の報告は14. 1-71. 4パーセントとばらつきがありますが、再破裂例の多くが24時間以内であり、2週間以内に集中しています。 解離性脳動脈瘤の再破裂率は、1ヶ月を過ぎると約10パーセントに減少し、2ヶ月をすぎると再破裂の危険はほとんど消失します。 従って、より急性期の治療が必要とされます。 また発生より約2か月を過ぎたものはたとえ破裂動脈瘤でも再破裂の可能性がほぼなくなるので、未破裂の段階で診断された解離性脳動脈瘤も発生より2か月を経過したものは、ほぼ破裂の可能性がありません。

次の

大動脈瘤と解離性大動脈瘤の違い|心臓血管外科医 渡邊剛公式サイト

解離 性 動脈 瘤

椎骨動脈と脳底動脈の位置 解離性がもっとも多く発生する部位である椎骨動脈には、小脳に血液を送る後下小脳動脈という1本の比較的太い血管と延髄を栄養する非常に細い穿通枝が2~5本出ています。 後下小脳動脈の血流が途絶えると小脳がになり、、運動失調や脳腫脹を生じた場合には意識障害を起こす危険があります。 多くの場合、治療の工夫によって後下小脳動脈の血流を残すことが可能ですが、の中央付近からこの動脈が出ている場合は治療が難しくなり、頭蓋外の血管と後下小脳動脈を吻合するバイパス術(血流を通すために代わりの血管を確保すること)を必要とすることがあります。 また、穿通枝が動脈瘤そのものから出ている場合、動脈瘤を閉塞すると血流低下をきたし延髄の外側部分が脳梗塞になります。 この症状はといわれ、感覚障害、運動失調、などを起こすことがあります。 解離性脳動脈瘤によるくも膜下出血はどの施設でも治療可能か 解離性の治療においても、最近は血管内手術を選択することが増えています。 しかし、すべての脳外科施設に、血管内治療の専門医が常駐しているわけではありません。 解離性脳動脈瘤のは再破裂率が高いため、より急性期の治療を必要とします。 救急で搬送された施設で開頭手術か血管内手術のうち、より早く対応できる治療方法を選択すべきでしょう。 椎骨動脈解離性動脈瘤の開頭手術 解離性を動脈ごと閉塞する方法は、近位部のみをクリップで閉塞する近位部クリップと近位部と遠位部の両端を閉塞するトラッピングがあります。 トラッピングの方が破裂予防効果は確実ですが、近位部クリップで動脈瘤部分を盲端にすること(一方の端が閉じていること)でも充分な効果があります。

次の