秘宝伝 ストーリー。 秘宝伝

「秘宝伝シリーズ」を振り返る!~悲報もありましたっけ~

秘宝伝 ストーリー

動画・画像をピックアップ• 面白い秘宝伝が出る日はくるのでしょうか• 北斗もエウレカもコードギアスも(サミー好きなのでサミーのスロットばかり打ってますが)マジハロも。 これはやはり規制が原因なのでしょうか• 完走確定演出になったら回すだけ! 内部ではボーナスでも演出は完走確定演出だけですからね。 今後有利区間が無くなる事を望む!• 依存症とは言うけれど、出玉で依存症が起こらない事はないと思いますし、競馬や競輪はいいのかと思います。 出るの遅いし これじゃ人気出ないのわかります。 当たり方は見てなかったですけど…。 終わった時、クレアの復活するアイテムを使わないで終わったんですけど、関係あるんですかね? たしかこの台有利区間が1500Gいかなくてもエンディングで強制的に終了されちゃう台だと思ってたんですけど…。 解析みると伝説モード(ショート・ロング)があるみたいですけど、 これって有利区間であることが条件ですか? たいてい有利区間に移行して煽りがきて、運よく高確率、そしてスルー… の流ればかりなのですが、大抵数ゲームで通常に戻りますよね? その時点で伝説モード否定でいいのでしょうか? あと、高確率の抽選っていつしてるのでしょう? レア役のみなら、有利区間に移行したときで納得ですが、それなら伝説モード中もレア役引かないとダメなのでしょうか? よろしくお願いします。 まぁこんなもんか... 投資4本でボナの出玉だけでモミモミしていたら、チャンス目で高確率get。 恩恵なのか超秘宝スタートだったので、「まさか初ARTが超秘宝になるとは... ART中にボナ引けなかったのが痛いですね。 ゲーム性も自分にはハマらなかったので打ち込むことは無さそうです。 メーカーの開発者が馬鹿なのか、まともな台作れないのですね。 サボハニじゃなくて、糞ハ二の方がお似合い(笑)• 工夫を凝らし過ぎてライトユーザーは置いてきぼりなのもしばしばですが 笑 どの台も楽しませようという心意気は感じるのであまり怒らないであげてほしいなぁ。 私もこの台はあまり触らないと思いますが 汗• マストバース出まくりでダンジョンも簡単な短いやつが多くてライフ15以上、クレアの復活アイテム残してエンディング。 800枚くらいでした。 有利区間とは程遠いほど600Gとかしか消化してません。 ボナ引いてないから枚数は仕方ないとして1500G行かない仕様ですか? 誰か有利区間終了まで何ゲームとか出た方はいますか?• 有利区間に関係なく。 有利区間内ならエンディング後にクエスト1からのループにすればいいのに。 有利区間内または3000枚迄は規制に引っかからないんだから。 折角アイテム大量に持っててもこれじゃ宝の持ち腐れ、言い方悪いけど客が規制内で獲得した権利を無かった事にする詐欺台ですよね。 有利区間1500Gには引っかからないんですし。 んでエクストラステージでライフ0になるか有利区間1500でエンディングで良かったのに。 初打ちで中段チェリーから超秘宝引いて、 また超秘宝rev引いてガチャで事故ってクエスト10までずっとトラップ回避し続けて無敵状態でクリア。 とどめはボーナス0回の1120枚でエンディング見れたのにエクストラステージすら無く台パンとか初めてしました。 エンディングで獲得枚数1120枚ってエンディング獲得枚数の少ないランキングトップ10に入ってるんじゃないんですかね? なぜステージ10完走でエンディングというクソ仕様にしてしまったのか疑問ですね。 ただこの仕様だからみんなエンディングまで行けてるだけだとも言えますね。 ボーナスではマップが進まないので出玉増加はボーナス頼みですね。 今後触るきかいはあまりなさそうですが…。 5スロで遊ぶ程度ならいいんじゃないですか•

次の

秘宝伝 Rev.

秘宝伝 ストーリー

[パチスロ秘宝伝 〜TheLast〜] 設定1試打レポート 秘宝伝 〜TheLast〜 設定1試打レポート はじめに 皆様初めまして。 この度、広報ライターとしてデビューした「ジャンク」と申します。 ライターデビューして間もないのですが、早速初仕事を頂きました。 今回、と、大都技研さんへお邪魔させて頂き、 「秘宝伝 〜TheLast〜」を試打して参りました! 秘宝伝シリーズといえば、デビューして以来常にホールのメイン機種として稼働してきた大都技研さんのビッグタイトル。 その「秘宝伝」が昨年に続き新台デビューするということで、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか? 今作は、 AT機最後(TheLast)にして、 シリーズ最上(TheLast)がコンセプトだそうです。 ここに来てAT機!?と思いましたが、このコンセプトを聞くと、ホールに登場するのがさらに待ち遠しくなりますね。 今回、一足先に打たせて頂いたので、「秘宝伝 〜TheLast〜」の魅力を少しでも皆様にお伝え出来たらと思います。 「秘宝伝 〜TheLast〜」試打開始! まずはスペックです。 今回の「秘宝伝 〜TheLast〜」は、純増3. 0枚の差枚数管理型AT。 天井ゲーム数は1500Gと高め。 三七さんが実践前にメーカーの方に「設定1と6にしてください」と一言。 正直、嫌な予感しかしない… 「左と右、どっちの台を打ちたい?」と尋ねられ、右の台をチョイスし、自分の設定がわからないままいざ実践スタート! まあ、タイトル通り、結果は設定1だったわけですが… 打ち方としては、お馴染みの左リールバー狙い。 スイカ、もしくはピラミッド図柄まですべったら、中・右リール共にピラミッドを狙えばスイカとチャンス目とピラミッド揃いがフォローできます。 左リールにチェリーが止まった場合は、中リールはピラミッド、もしくは3連バーを狙います。 右リールにはピラミッドを狙います。 右リール中段にピラミッドが止まれば強チェリー。 中リール中段にピラミッド、もしくは3連バーが止まると確定役になるそうです。 そして、プレミア役といえばやはり中段チェリーですね。 こちらも1 度は見てみたい役ですね。 ステージは、「深緑の森」「紅蓮の渓谷」「輝きの回廊」の順に高確期待度が上がる模様。 そして、AT当選の鍵を握る「秘宝チャンス」と呼ばれるチャンスゾーンは2種類。 「ドラゴンバトル」と、秘宝伝シリーズお馴染みの「高確率」の2種類。 そんな説明を受けつつ回していくと、243ゲームでチャンス目が出現! チャンス目は、チャンスゾーン当選のメイン契機。 これを早速ハズすと設定6の可能性が低くなるのでは… しかし、連続演出を経由して無事高確率に当選! 幸先の良いスタートに、設定6の期待度も高まります。 が、何も起きず終了。 かと思いきや、嬉しいクレアの復活で2 セット目に突入。 ここで何も引いていないのに演出が頻発し、本日初の秘宝RUSH に突入! 今作の秘宝RUSHでは、枚数の上乗せ特化ゾーンから始まります。 特化ゾーンは、「クレアチャレンジ」と「ピラミッドパワー」の2種類。 クレアチャレンジは、最低5ゲーム保証で毎ゲーム上乗せ。 ピラミッドパワーは、1セット5ゲームで継続率は33%となっているようです。 そして驚きなのは、 平均上乗せ枚数が約300枚とのこと! 今回はクレアチャレンジに当選。 とりあえず平均の300枚を目指します! 上乗せは、前作のクレアチャレンジと同じ演出ではありますが、毎ゲーム枚数を上乗せするので、前作のような上乗せできないもどかしい展開にはならないでしょう。 10枚や20枚の上乗せが基本のようですが、引いた役によっては3桁枚数乗せも期待できるようです。 そんなこんなで、順調に枚数を伸ばしましたが、今回は平均まで行けず170枚で終了。 まあ、最初にしては上出来かな? とか思いつつ、横をちらっと見ると… すでに2回程チャンスゾーンをスルーしている三七さん… えぇっと… 前だけを向いて打っていきましょう。 ATの前半は、秘宝伝のオリジナルストーリーを楽しむことが出来ます。 ストーリーは全30話で、 秘宝伝の真相に迫るストーリーが展開されるとのことです。 このストーリーは、AT中に上乗せ特化ゾーンに入るたびに進むので、出玉も伸びてストーリーも楽しめるというように、ダブルで楽しめる仕様になっています。 是非ホールで全話見てみたいですね! AT中に何回かスイカを引きましたが、あまり演出が頻発せず、特化ゾーンに結びつきませんでした。 このことから推測するに、やはり特化ゾーンへの鍵はチャンス目や強チェリーのようですね。 そうこうしていると、途中で引いたチャンス目から突入したクレアチャレンジで170枚上乗せ! このまま出玉を伸ばしたいところでしたが、そう簡単にはいかず、今回のATは412枚で終了。 前作同様に、 終了時に横のピラミッド役物のセンサーに触れるとキャラが出現しました! 今回はラッシュ。 ほぼ同時に終了した三七さんの画面はレオナ。 今回も、 終了画面で設定の偶奇の示唆をしている模様? ということはシャーリーは高設定示唆? とか、ついつい自分がホールで打つ時の為に考えてしまいました。 そして、秘宝伝の醍醐味といえば、やはり「伝説モード」! 伝説モードに突入すれば、小役なしで高確率ループするモードです。 移行するかしないかで出玉にも大きな影響がありますから期待して回しましたが、残念ながら伝説モードにはおらず。 気を取り直して、一緒に回していると隣りの三七さんの台を見てみると、なんだか騒がしい。 伝説モードじゃね? これ伝説モードだな! 三七さん、引き強いなー! いきなり伝説モードとは羨ましい。 自分も引くことを願い、前だけを向いて打っていきましょう。 とは言いつつも、楽しそうな三七さんの台をチラチラ見ながら打っていると、200ゲームを過ぎた辺りで強チェリーとチャンス目を連打! すると、またも高確率に当選。 気合いを入れて消化! スルー… さらに30ゲーム後にチャンス目からまたも高確率!! 高確率ってこんなに当たるの? とか思いつつ気合いを入れて消化! スルー… これ、ヤバくね? 秘宝伝でハマる典型的なパターンな気が… 嫌な予感って当たるんですよね〜。 ここで、まさかの500Gハマり… 時間もないし、試打で来てるのに1 回しか当ててないのは笑えない! そんな不安をよそに、三七さんの台は絶好調で伝説ループ。 さらに、ピラミッドパワーまで引いて700枚くらい乗せとるがな!! 何とか自分の台でも、最後に秘宝伝の凄さをアピールできる写真が撮りたい! と、その時! 512Gに引いた強チェリーからドラゴンバトルに突入。 これが今日のTheLast! ものにしてやりましたよ! 嬉しすぎて、勝利の「利」が出る前に写真撮っちゃいました。 しかし、ここでピラミッドパワーを引くほどの引きもスター性も無く、クレアチャレンジ。 結果がこちら。 下手くそでした… 残念ながらここで実践終了。 最後にフリーズを見せて頂きました。 フリーズは、AT中と通常時で違うので2種類あります。 AT中のフリーズは、スイカを契機に発生します。 演出は、前作同様ミサイル団のテレフォンショッピング。 恩恵は、超秘宝RUSH確定。 通常時のフリーズは、是非ホールで見て頂きたいと思います。 ちなみに、メチャクチャカッコいいです! ホールで引いてドヤ顔したいですね。 試打後の感想 最後に、試打した感想です。 ただ、 設定1でもチャンス目を引ければそこそこチャンスゾーンに移行してくれる印象を受けたので、チャンスゾーンを活かせれば大負けは回避出来そうですね。 さらに、 伝説モードに入ってしまえば継続率に設定差は無いそうなので、大量出玉獲得も夢ではなさそうです。 反対に、三七さんが打っていた設定6ですが、正直ずっと伝説モードだったので何もわかりません!! とりあえずめっちゃ楽しそうでした!! 「じゃあ設定判別は?」と考えると、見逃せないのがやはり「初当たり」。 ということは、チャンスゾーン突入が重要になってくるのではないかと。 そしてやはり、伝説モードへの突入も重要なのではないかと思われます。 今回はあまり設定判別の部分についてお聞き出来なかったので、あくまで憶測ですが、この2点に注意するだけでもかなりの差が出ると思います。 メーカー担当の方のお話によると、一撃ではなく、終わっても伝説モードで引き戻すというように少しづつ増やしていくタイプですとおっしゃっておりました。 でも自分の印象としては、充分一撃も狙える機種なのではないかなと。 「最近の機種は出玉を得るのに時間がかかる」というような印象を、この機種は一気に吹っ飛ばしてくれること間違いなしだと思います。 ご近所のホールに導入された際は、是非打ってみてください! 最後まで読んで頂きありがとうございました! ジャンクでした。 C DAITO GIKEN,INC. ALL RIGHTS RESERVED. 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! キャッシング比較情報/キャッシングコラム 自分に合う最適なキャッシングやローンを探すことができる徹底比較サイト。 銀行系キャッシング、低金利キャッシング、無利息キャッシングなど。 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

秘宝伝〜伝説への道〜の世界観紹介

秘宝伝 ストーリー

現地点では設定6のデータしかなくはっきりとは言えないが、新搭載された赤ピラビッグは(出玉的に特別な恩恵がないことを考えると)確率に大きな設定差が設けられていると予想される。 また、小役や特定ボーナスなど、前作で設定差があった部分は引き継がれている可能性が高いので、新装の際はこれら設定6の実戦値と比較しつつ設定推測を行うのがいいだろう。 REG中のキャラ紹介・・・通常キャラ&金キラは高設定ほど出やすいと思われる。 金キラカードが出現したらしばらく様子をみたい! RT中の演出・・・番長RT中に2回ビッグを引いて1回確定演出が発生! 吉宗の特殊画面や鏡の青頂RUSHは偶数or高設定示唆か? 設定1・5・6の実戦値を徹底比較 2種類のボーナスとビッグ後に突入する30GのRTが程よいスパイスとなっている、大都技研の『クレアの秘宝伝~眠りの塔と目覚めの石~』。 本機はノーマルタイプながら多彩な設定推測要素があるため、設定が読みやすいのも魅力のひとつ。 まず注目したいのがスイカおよびチェリー重複出現率。 どちらも高設定ほど重複率がアップしていくため、実戦中は常にチェックしておきましょう。 なかでもスイカ重複のREGが確認できれば激アツ。 スイカ重複REGは設定5以上でしか成立しないため、確認できれば全ツッパでOKとなるわけですよ。 また、REG中にもポイントがあり、高設定ほどレア以上のカードが出現しやすくなるという特徴アリ。 早い段階で金レアが確認できれば追ってみる価値ありとなるわけです。 出現頻度は低いけど、赤レアが出現すれば設定4以上となるため覚えておいてくださいな。 銀レア:設定1でもけっこう出現する 金レア:複数回出現は高設定に期待! 赤レア:設定4以上確定! その他に押さえておきたいのが赤ビラビッグ出現率。 設定1だと約7200分の1なのに対し、設定6では約2000分の1と大きな設定差アリ。 複数回確認でいれば高設定の可能性が飛躍的に高まるので、その他の要素と併せてチェックしておきましょう。 最後にビッグ後に突入するRT中の注目ポイントについて。 RT中の演出はビッグ中の楽曲と連動しているため、どの要素を知りたいかを決めてからセレクトするのが無難ですかね。 もちろん、より設定に肉薄した内容のものほど出現しにくくなっているわけですが…。 なので、序盤はギラ爺RTを選んで設定2以上を確定させるといった戦略を練ることも可能なわけですよ。 で、2以上が確定したらクレアRTで5・6かどうかをチェックというように絞り込んでいくのも楽しみのひとつかと。 (C)DAITO GIKEN, INC. 「クレアの秘宝伝 ~眠りの塔と目覚めの石~」に関連する機種一覧.

次の