イッテq 初期。 激変!『イッテQ!』など「路線変更」で生き残った人気番組たち

クイズ発見バラエティー イッテQ!

イッテq 初期

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 視聴率が取れなくなると、番組はテコ入れにテコ入れを重ね、どんどん内容が変わっていく。 そして当初のコンセプトとまるで違う内容で、世間に定着してしまうことがある。 代表的なのは『さまぁ~ず』と優香がMCを務める番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 』(テレビ朝日系)。 今では高学歴タレントが集う本格派クイズ番組になっているが、元のコンセプトは全く違う。 レギュラー出演する芸人たちが、それぞれバラエティーに富んだ「クイズ」を持ち寄ってプレゼン。 『さまぁ~ず』と優香がそのクイズを採点するといったものだった。 しかし視聴率低迷の中で、「プレッシャーSTUDY」というお勉強クイズ企画がヒットしたため番組が一新。 今では「プレッシャーSTUDY」しかやらなくなり、初期段階でレギュラーだった青木さやか、『アンタッチャブル』、『ロバート』、『南海キャンディーズ』といった芸人たちの出演機会が激減してしまった。 『イッテQ!』も大激変? 『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)も、初期のコンセプトはまるで違う。 今の番組は、『ダウンタウン』がゲストとお酒を酌み交わし、本音で語り合う「本音ではしご酒」という企画のみを放送している。 しかし当初は、ほぼ生放送(5分遅れのディレイ放送)をするというコンセプトだった。 そのため、番組名に「なう」がついている。 だがある日、スペシャル企画で「本音ではしご酒」を放送したところ大ヒット。 それから「本音ではしご酒」だけを放送するようになり、番組プロデューサーも、「(過去の形には)もう戻らない」と明言している。 今や民法トップのバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)も、初期のコンセプトとは違う。 最初は、「蛍の光で勉強できるの?」「宝石は買うのと探すのどっちが安い?」といった子供の疑問を調査するべく、世界各地に子供とともに出向き、現地で疑問を解決する番組であったのだ。 テコ入れをして番組内容が変わってしまうのは悲しいが、テコ入れしないまま打ち切りになるよりはマシかもしれない。

次の

NEWS手越が活動自粛、『イッテQ』の不祥事が多すぎる? 初期メンバーもいわくつきフェードアウト(リアルライブ)

イッテq 初期

Contents• 「やらせ疑惑」報道に対し、日テレは否定するも・・・ 当初、11月8日発売の週刊文春による「ラオスの橋祭り」のデッチ上げ報道に対しては、同日日テレ側が、見解を発表し、 「現地からの提案を受けて成立したもの」と明確にやらせを否定」した。 「但し、橋祭りが毎年行われているかのような取り上げ方については、真摯に反省すべき点があったと考えている」との謝罪のおまけつき見解であった。 これで、騒動は収束するかと思われたが、週刊文春側は、11月14日の「週刊文春ウェブ版」で、タイの祭りに関する新たな疑惑を糾弾した。 さらには並行して女性セブンの記事で、116回のお祭り企画の中で、11個が存在を確認できないという話も出てきており、まさに情報が錯綜している状況である。 ラオスのMALIMAR TVによる「ラオス・コーヒーフェスティバル」の動画から。 右端の長方形の敷地が『橋祭り』のセットとみられる。 イッテQ!の出演者:内村(左)、「お祭り男」の宮川大輔 日テレ社長会見の謝罪内容 これらを受けて、とうとう日本テレビの大久保好男社長は15日、都内で、自身が会長を兼務する日本民間放送連盟(民放連)の定例会長会見に出席する羽目になった。 やらせ疑惑が報じられた同局の人気バラエティー「世界の 果てまでイッテQ! 」(日曜、後7:58)の祭り企画について、まず「お詫び申し上げます」と謝罪した。 以下、社長の説明のまとめ。 謝罪:「多くの関係者の皆さんにお詫び」。 対象は視聴者、出演者、現地での制作協力者、報道関係者など。 出演者には直接、事情説明をしている。 疑惑への見解: 原因は拡大解釈。 「視聴者の皆様が『祭 り』という名前でイメージするには無理があるものまで『祭り』として扱うようになってしまった」。 「池ポチャ祭り」のように日本語の名前付けをすることもあったとしたが、 やらせ・でっち上げの意図は「まったくない」と飽くまで故意性を否定。 この釈明が滑稽の一言に尽きる! 謝礼・賞金などの提供:ラオスでの「橋祭り」については「コーディネーター会社を通じて、それぞれのケースに応じて、開催費用や参加費、賞金、謝礼などを払っている」。 これ以外については調査をするとした。 責任の所在:現地のコーディネーターも「番組サイド」とした上で、「現地コーディネーターには責任はなく、放送責任はすべて日本テレビが負う」。 出演者の責任も否定。 今後の対策:「面白ければいい、ということではない」 として、「一般社会の倫理観、価値観」に沿った番組づく りをするように指示をする。 また、過去の祭り企画111 本のうち、残りのものも社内調査をする。 企画の休止期間は「自身を持ってお届けできる体制が整うまで」とした。 なお、すでに撮影済みで放送を休止する企画が1本あるという。 今回の問題は、8日発売の週刊文春が5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」でのやらせ(でっちあげ)疑惑を報じ、 15日の同誌では、昨年2月12日に放送されたタイでの「カリフラワー祭り」もやらせだったと報道。 一部ではさらに別のロケでもやらせ疑惑が指摘されてお り、波紋が収まる様子がない。 Sponsored Link ラオス政府も対応を協議中 日本テレビのバラエティー番組で、「ラオスの祭り」だとして伝えた放送内容について、週刊誌が「やらせ」の疑いがあると報じた問題で、ラオス政府が、今後の対応を協議していることがわかった。 ラオス政府関係者は8日、バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ! 」で、「橋祭り」と紹介されたイベントについて、「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定したうえで、「本当の祭りを取り上げる企画だと事前に知っていたら、撮影許可は出さなかった」と述べている。 そのうえで、ラオス政府内では現在、対応を協議していることを明らかにしている。 日本国内にとどまらず、国際間の問題にまで発展する可能性が出て来たのだから、ちょっと、これはもう日本と日本人の信用問題に関わるなぁ。 人をバカにするのにも程度問題だ。 まとめ:結論 日本テレビ側の過剰なまでの「 自己防衛反応」が初期対応を誤らせた。 素直に最初から、「やらせ」だったと謝罪し、「祭り番組企画」を中断すれば良かったものを・・・ 社長会見までして故意性を否定。 滑稽の一言に尽きる。 語るに落ちるとは、正にこういう状態を言うのだろう。 こんなバラエティ番組に真実ばかり求めて、皆が見ている訳ではあるまい。 TVに多少の「やらせ」があることなど視聴者は、とうの昔に分かっている。 それを皆が面白がって見ているのだから、娯楽番組などそれでいいではないか? TV番組など、そんなものだと思っている。 それをムキになって否定すればするほど、今回の様に社長自ら謝罪会見までしなければならない様な滑稽な場面が出て来てしまう。 今回の問題を今後に生かすしかないでしょう。 ガバナンスの問題などと大上段に構える問題とも思えない。 しかし、ラオスの方には謝罪の言葉を忘れずにしておいた方が良いでしょう。 向こうはバカにされたとしか思っているいはずだから・・・ 初期対応を間違えると、今回の様に「お祭り企画」だけでなく、イッテQ全体、日本テレビ全体に飛び火してしまう可能性も出て来る。 大ごとになってしまうという意味では、良いケースとなったのではないか? 業界関係者が心すべきポイントは、初期対応だ! ここで間違えると、ホント世間に恥をさらけ出すことになる。 すでに11月18日(日)の放送に向けて司会の内村氏が謝 罪をしたというニュースが報じられている。 11月18日(日)の放送回における番組対応が、今後のキーポイントになるかな? 面白がって、今度のTVを見てみよう。 お祭り男の宮川大輔には、SNSで励ましの言葉が殺到しているというのだから世の中捨てたもんじゃない。 要するに、いい大人があまり調子に乗り過ぎるな!・・・そんなところでしょうか?.

次の

『キンプリ』平野紫耀が『イッテQ!』後任に立候補!?「絶対面白いけど…」

イッテq 初期

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 視聴率が取れなくなると、番組はテコ入れにテコ入れを重ね、どんどん内容が変わっていく。 そして当初のコンセプトとまるで違う内容で、世間に定着してしまうことがある。 代表的なのは『さまぁ~ず』と優香がMCを務める番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 』(テレビ朝日系)。 今では高学歴タレントが集う本格派クイズ番組になっているが、元のコンセプトは全く違う。 レギュラー出演する芸人たちが、それぞれバラエティーに富んだ「クイズ」を持ち寄ってプレゼン。 『さまぁ~ず』と優香がそのクイズを採点するといったものだった。 しかし視聴率低迷の中で、「プレッシャーSTUDY」というお勉強クイズ企画がヒットしたため番組が一新。 今では「プレッシャーSTUDY」しかやらなくなり、初期段階でレギュラーだった青木さやか、『アンタッチャブル』、『ロバート』、『南海キャンディーズ』といった芸人たちの出演機会が激減してしまった。 『イッテQ!』も大激変? 『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)も、初期のコンセプトはまるで違う。 今の番組は、『ダウンタウン』がゲストとお酒を酌み交わし、本音で語り合う「本音ではしご酒」という企画のみを放送している。 しかし当初は、ほぼ生放送(5分遅れのディレイ放送)をするというコンセプトだった。 そのため、番組名に「なう」がついている。 だがある日、スペシャル企画で「本音ではしご酒」を放送したところ大ヒット。 それから「本音ではしご酒」だけを放送するようになり、番組プロデューサーも、「(過去の形には)もう戻らない」と明言している。 今や民法トップのバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)も、初期のコンセプトとは違う。 最初は、「蛍の光で勉強できるの?」「宝石は買うのと探すのどっちが安い?」といった子供の疑問を調査するべく、世界各地に子供とともに出向き、現地で疑問を解決する番組であったのだ。 テコ入れをして番組内容が変わってしまうのは悲しいが、テコ入れしないまま打ち切りになるよりはマシかもしれない。

次の