児童 英語 インストラクター。 児童英語インストラクター資格

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース|資格|アルクショップ

児童 英語 インストラクター

こんにちは、かりんです。 このブログではシリーズで、ワタシ、かりん講師のちょっとした苦労を体験をまじえて話してきました。 記事を読んでくれた人の中には、 今まで子供英語講師に興味を持っていたけど、大変そうだから目指すのやめようかな... と子供英語講師になるのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。 でも、ちょっと待った! 確かに気苦労はあります。 それから、ちょっとしたプレッシャーも...。 このギフトは、いくら お金を出しても買えないもの。 ココロを豊かにしてくれる宝物。 子供達と楽しく英語のレッスンを続ける限り、ちょっとずつ増え続ける温かいもの、欲しくありませんか? 2.良くも悪くも反応がダイレクトにかえってくる面白さ 子供英語講師のお仕事は、規模は違えど お笑い芸人がライブをして、観客の反応をじかに感じとるのと少し似ている。 毎回のレッスンが勝負! 生徒たちのコンディション(幼児や低学年は気候や疲れ、体調に左右されやすい)、 講師のコンディション ココロとカラダの状態、レッスン準備は万全か?)、 アクティビティが子供達に 受けるか?... は、やってみないとわからない。 まさに 一発勝負です。 だからこそ、面白いんです! 講師がどうだ!と準備した アクティビティでは受けず、逆に 予備のゲームが好評だったりして、予想が外れることもよくあります。 メンバーが変われば、反応も変わる。 一発勝負の緊張感は、なかなか エキサイティングですよ。 3.人から感謝されるお仕事って、やりがいがある 児童英語講師は、 愛情をもって 子供達に接して子供達がそれに 応えてくれた時、 保護者から感謝されます。 感謝されるお仕事は、 ココロが豊かになるので やりがいにもつながります。 『どうやったら(子供達が)英語をもっと好きになって、家庭学習も楽しくたくさんできるか?! 』と感慨深くなったり。 児童英語講師は、学校の先生のように毎日会わないので、子供にとって 『センセイ』というよりは、『話しやすい親戚の叔母さん(お姉さん)』に近い存在なのでは? ! 英語を始めた時は、小っちゃくてだっこやおんぶもできたのに、いつの間にか講師の目の高さを追い越すほど身体も大きくなる。 もちろん、英語だって中学へ行っても『英語がトクイ』を維持できる実力を備えるようになります。 だからこそ、たとえ週に1回でも子供達が英語教室に来て 【楽しく充実した時間をクラスの仲間と過ごす】、学校や家庭でもし 嫌なことがあっても、英語教室に来れば【ホッとして楽しい幸せな気持ちになれる】、そんな空間が作れたら最高だな... と思います。 ハロウィンやクリスマスの楽しい思い出も、 子供達の記憶に深く刻まれることでしょう。 生徒たちが大人になったとき、子供時代の幸せな記憶の片隅に、英語教室での1コマがあればこんな嬉しいことはありませんよね。 6.子供のエネルギーをもらって、若々しさをキープ 暗い人、愚痴っぽい人のそばにいると、こっちまで嫌な気分になりますよね...。 できることなら、 いつもエネルギーに満ちた明るい光を浴びていたいもの。 そんな時は、 子供達から生き生きとしたエネルギーを吸収しちゃいましょー。 そばにいるだけで、 驚くほどのエネルギーを浴びることができて、 いつの間にか元気になっている自分がいる。 事実、児童英語講師になってから友人知人から、 『パワフル』という褒め言葉? !をもらえるようになりました。 アラフォー以降は、エネルギーの量=若々しさ ですから、エネルギーは蓄えておいた方がイイ! 7.大人英会話では使わない、英語表現や英単語も一緒に学べる 例えば、 英単語なら a cicada(セミ)や a hedgehog ハリネズミ)などの生き物の名前や遊具など、子供の教材と一緒に学びました! マザーグースの歌も、児童英語講師をやらなかったら聴くこともなかったはず。 子供の歌は発音がクリアで、 洋楽よりも歌いやすく覚えやすい。 特に LET'S SING TOGETHER(CD+SONGBOOK は、可愛らしい子供達の歌声+それぞれに カラオケVer. が付いているので発表会にも使えます。 また、 SONGBOOKには歌に絡めたゲーム・アクティビティも満載。 8.レッスンで日々英会話を使うので、自己の英会話トレーニングにもなる 英会話はインプットとアウトプットのバランスが大事。 いくらリスニング力を鍛えても、実際に発話しないと表現が身につかない。 普段、英会話や仕事で外国人と接している人は、日常で英会話の訓練ができている。 でも、そうでない人は? 英語はツールなので、使ってなんぼ。 こんな表現を使いたいと思ったら、どんどんレッスンで発話して、自分のものにしちゃいましょ。 日常で英語のアウトプットをすることで、いざ外国人と話す時も相手との会話のキャッチボールがテンポよくできるようになるはず。 9.子供英語はアイディアが肝!実はとってもクリエイティブなお仕事なんです。 小学校英語で大切なのは、新しい英語表現をわかり易く英語で導入すること。 英語を英語で理解して、 イメージすることですね。 ここで 子供達の理解がイマイチだと、 その日のレッスンは半分失敗したも同然。 わかり易く、伝えるためのツールが、 センセイのアイディアなのです。 小物を使ってもよし、 カラダを使ってもよし、なんでもアリです。 いかに興味をひくか?ワクワクして、 子供達が理解しようと集中するかが、これらのアイディアにかかっている。 そのためには、センセイは普段の生活から好奇心旺盛でいるべき。 子供の興味のあるTV、ゲームキャラクター、または センセイの趣味からもヒントは得られるハズ。 ワタシ、かりん講師は時々、 ヨガやバレエからヒントを得てレッスンでもカラダを使います。 席に座らなくても、英語活動はできるのが楽しい。 または、絵を描きながらの英語導入もやります。 英語+イラスト、英語+ヨガ、英語+歌等なんでもありです。 大事なのは、動作と英文がピッタリはまって身につくこと。 教科書を読むレッスンから、一歩進んで英語表現がスッと出てくる... 子供が可愛いのは見ての通りですから。 たまに憎たらしいことを言いますが... それもご愛敬。 お世辞も嫌味もなく、ストレートな物言いに、癒されまくりです。 ワタシ、かりん講師にとって、 英語教室の子供達は【歳の離れたお友達のような存在】。 一緒に笑ってゲームをして学習をともにする、そんな仲間です。 11.レッスン準備が慣れて時短でできるようになると、時給も高めなのでは?! 最後に お金のはなし。 講師のペイは、 1コマあたりで計算されますが、その中には センセイのレッスン準備時間も含まれる!パートだと、職場に出勤して働いている時間給はすべてもらえる。 でも、講師は?基本、 自宅でレッスン準備をしたり、宿題の採点をする時間は、時給が発生しません!だから、 講師の仕事は時給500円と言われるゆえんなのです.. レッスン準備は慣れもあります。 経験値が増えれば、センセイの引き出しも増えます。 そうなれば、アイディアに悩むことなくパパパッとレッスン内容を決めることができるので、 さほど時間もかかりません。 また、 昔作った手作り教材も大事に保管しておくと、時々日の目を見ることもあるので、 教材作りの手間も省けるはず。 そうなると、 講師の平均時給2000円超はそんなに安くはないのではないでしょうか? たとえ、レッスン準備に時間がかかったとしても、 自宅でお菓子やコーヒーを飲み、好きな音楽をかけながら リラックスしてお仕事できる。 炬燵でぬくぬくしながら、冬場はお仕事してますよ〜。 要は気の持ちよう!

次の

資格試験|児童英語インストラクター(教師) 資格講座|通信教育講座・資格のキャリカレ

児童 英語 インストラクター

【このページの目次】 CLOSE• 児童英語教師とは 児童英語教師とは、その名の通り幼児から小学校6年生までの児童を対象に英語を教える先生です。 児童英語教師は、英語を子どもに教えるのはもちろんですが、まずは英語に慣れさせて、簡単な単語を教えて、実際に話したり学んだりする楽しさを体験させることが目的です。 英語力を身につけるには、英単語、文法、英会話、ヒアリング等、様々な学習法がありますが、子どもの年齢によって教え方を変えなければなりません。 教え方が悪いと英語を嫌いになってしまいます。 最も重要なのは、子どもたちが英語に苦手意識を持たないよう、親しみを持って学べるような環境を整えることです。 子どもたちが飽きずに学べるように、英語の歌や大きく単語が書かれた絵などを使って、興味をひくように英語を教えるのが児童英語教師の仕事です。 児童英語教師という資格や検定試験は存在しません。 2020年度から小学校でも英語を習う! 英語は世界の共通語です。 国際的な会議は、どこの国で開催されようと全て英語です。 貿易の相手が日本であろうとヨーロッパ、中国であろうと使われるのは英語です。 社会や経済が急速にグローバル化する中で、我々日本人が21世紀を生き抜くためには、国際的共通語としての英語のコミュニケーション能力を身に付けることが不可欠です。 そこで、国家戦略として取り組むべき課題として、小学校における外国語教育がはじまりました。 ご存知の通り、2020年度から小学3〜6年生の授業に英語が加わりました。 3・4年生は「外国語活動」として英語を学びます。 この外国語活動は、算数や国語のように正式な「教科」ではなく、道徳や総合学習と同じ位置付けです。 そのため成績として評価されません。 しかし、5・6年生からは英語が正式な「教科」となります。 つまり、成績として英語が評価されるワケです。 学校で良い成績をとるため、小さい頃から子どもを英会話教室へ習わせたいと考える親が増えています。 参考: 営利目的の民間資格、取得するメリットはほとんどない 児童英語教師と言えば、小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)が認定する「小学校英語指導者資格」や日本能力開発推進協会 JADP が認定する「児童英語インストラクター資格」が一般的です。 合格すれば「小学校の英語の指導者や講師、児童英語講師として活躍できる資格」と称して受講生を募集しています。 いずれも通信講座か通学で取得できますが、学歴などの制限はなく、どなたでも受講できます。 しかし、残念ながらこれらは全て民間資格です。 小学校で本格的な英語教育が始まるのに乗じて受講生を集めて利益を上げるために民間団体が作った検定試験にすぎません。 そんな民間の資格では、学校教育法上の小学校で教壇に立って英語の授業を単独で受け持つなんてことはできません。 民間の英会話教室や個人で英会話教室を開く際にはそもそも資格なんて要りません。 「児童英語教師」や「小学校英語教師」と言っても国が定めた資格ではなく、商標登録もされていないため、誰でも自由に名乗れます。 小学校英語指導者資格や児童英語インストラクター資格のような民間資格は、誰でもお金さえ払えば比較的簡単に取得できます。 持っていても役に立たないので取得する意味がありません。 これは、日本語教師などの民間資格も同じです。 関連資格: 役立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 児童英語教師の資格を取得したからといって、小学校で教師として英語は教えられません。 教師として英語を教えるのであれば、小学校教諭の免許が必要です。 3・4年生の英語活動授業のアシスタント(多くはボランティア)程度ならできますが、それでは満足のいく収入は得られません。 小学校で子ども達に英語を教えるのが目的であれば、児童英語教師などというのは期待外れの役立たない資格です。 小学校などの教育現場以外で児童英語教師の資格を活かすのであれば、例えば英語教室などが考えられます。 「英語教師」で求人情報を検索すると、幼稚園、幼児英語教室、学童英語教室などでいくつか見つかります。 しかし、応募の際に必要な資格と明記されているのは、中学校教諭免許、高等学校教諭免許、TOEIC700点以上、英検2級、保育士などです。 児童英語教師や小学校英語指導者資格とはどこにも明記されていません。 児童英語教師などの民間資格は採用されるための資格としても認められていないということです。 しかも、英語教師の求人は全国的に少なく、非常に就職困難な状況です。 多くは女性を対象としたパート採用で、決して高くはない時間給です。 それだけで生計を立てるのは難しく、配偶者がいなければとても続けられません。 自営業者として、自宅で子ども英語教室を開くのであればそれなりに稼げる可能性はありますが、かなりの営業センスが必要です。 子ども相手の英会話は、趣味とかボランティアの一環として地域貢献程度に考えるのがいいでしょう。 決して正しく英語の能力を評価しているとは言えない民間の英語教師の資格では就職に結びつかずほとんど役に立ちません。 これが現実です。 児童英語教師の将来性を徹底研究! 児童英語教師では小学校で英語を教えられない 学校の教師(教員)になるには「教員免許」が必要です。 例えば、小学校教師になるには、教職課程のある主に4年制大学で教職課程を修了し、小学校教員免許を取得しなければなりません。 教員免許が無ければ学校の授業で、国語・算数・理科・社会といった教科の指導はできません。 これは、教育職員免許法により定められています(相当免許状主義)。 参考: 2020年度からはじまった小学校5・6年生の英語の授業は正式な「教科」です。 そのため、小学校で1人で教壇に立って児童に教科の1つである英語を教えるには以下のいずれかが必要です。 小学校教諭免許• 中学英語免許• 高校英語免許 つまり、J-SHINEが認定する小学校英語指導者資格やJADPが認定する児童英語インストラクター資格のような民間資格では小学校で英語の指導はできません。 唯一英語の指導ができる可能性があるとすれば、小学校3・4年制の英語の授業です。 3・4年生の英語の授業は、道徳や総合学習と同じで正式な教科ではないからです。 道徳の授業でお年寄りが戦争中の体験談を話したり、総合学習の授業で近所のおばさんが米作りを教えるのと同じように、教員免許を持っていない一般の人が英語の発音を教えるのは可能です。 しかし、多くの自治体では、ネイティブな発音の欧米系外国人講師(ALT)を高い給与で雇っています。 日本人講師の採用はほとんどしていません。 仮に日本人講師を採用するとしても、民間の英語教師資格は採用条件に入っていません。 小学校で英語の教師をするのが夢であれば、小学校教員免許か中高の英語の教員免許を取得してください。 小学校英語指導者資格や児童英語インストラクター資格では、小学校の英語講師にはなれません。 TOEIC700点以上または英検2級以上が求められる J-SHINE認定の児童英語教師の資格を取得すれば、イーオン、ヤマハ、ECCなどの英語教室の講師に応募する際に有利になるのでしょうか? アルクなどでは、盛んに児童英語教師養成コース(通信)の受講生を募集しています。 ホームページでは子ども達の前でイキイキと英語を教えている女性の写真が掲載されていて、そんな姿を見ると少し憧れてしまいます。 率直に申し上げると、J-SHINE認定資格などは持っていても持っていなくても同じです。 就職するのに有利にはなりません。 児童の英語指導について多少勉強していると思ってもらえる程度です。 実際に児童に英語を教えるのに資格など要らないということです。 有利になるとすれば、TOEIC700点以上あるいは英検2級以上です。 実際に求人の内容を見ると、ほとんどの児童英会話教室でこのような条件を明記しています。 関連資格:、 TOEIC900点以上、英検1級、さらに海外での長期滞在経験もあって発音が良ければかなり有利です。 英語を教える保育園も増えているので、子どもの扱いが上手くて、さらに保育士の資格もあれば喜ばれます。 関連資格: 講師になるには、当然ですが人間性も求められるのは言うまでもないです。 国公立大学か有名外国語大学卒以上の学歴も必要 英語の授業で良い成績をとらせるために、児童英語教室に子どもを通わせる親が増えています。 その際、親が英語教室に期待するのは、「優れた英語力を持った教師」です。 安くない授業料を払って習い事をさせるんです。 少なくとも親自身以上の英語力を期待するのは当然でしょう。 その際に英語力を判断する1つの尺度となるのが学歴です。 児童英語教室の教師は、親だけではなく子どもたちからも学歴について散々聞かれるようです。 純粋な目をした子どもに「どこの大学出てるの?」なんて聞かれるのは、品定めされてるようで正直良い気はしません。 もちろん出身大学をただ聞いてるだけではなく、親は教師の学力を確認しています。 自分以上の学歴や学力(英語力)のある教師を求めているワケです。 国公立大学あるいは有名な外国語大学卒業でなければ、「講師を変えてください」なんて平気で言われます。 英語教室はサービス業の1つにすぎません。 親の要望に応えられなければ、子どもたちは教室を辞めていくでしょう。 学歴を聞くというのはそういうことです。 子ども相手だからと言って、画用紙にリンゴの絵を書いて一緒に「アッポー」なんて叫べば済むような世界じゃないんです。 もちろん欧米系のネイティブな白人金髪教師であれば話しは別ですけどね。 英語を教える仕事をしたいのであれば、勉強して大学へ進みましょう。 そして、可能であれば教員免許も取得しましょう。 児童英語教師になるには 児童英語教師になるためには特別な資格は要りませんが、下記の3団体が認定する資格を目指す人が多いようです。 J-SHINE(小学校英語指導者認定協議会):小学校英語指導者資格• JADP(日本能力開発推進協会):児童英語インストラクター資格• TECSOL(各教育機関が自主運営) ここでは、J-SHINEが認定する小学校英語指導者資格について説明します。 J-SHINEとは「Japan Shogakko Instructors of English」を略した表記で、正式名称は、特定非営利活動法人(NPO法人)小学校英語指導者認定協議会が運営しています。 資格を取得するには、J-SHINEの認定を受けた団体が主催する「指導者養成講座」を受講しなければなりません。 講座修了後、その団体より指導者になるための推薦を受け、願書を提出し、J-SHINEの認定委員会にて認定されると小学校英語指導者資格を取得します。 この指導者養成講座を実施する団体は、ECC、イーオン、英語教育のアルクなどで、現在(2020年4月現在)40あります。 費用の一例をあげると、アルク児童英語教師養成コース(通信教育)で85,800円(税込)です。 難易度としては英語中級レベルで、標準学習期間は6か月です。 その他、プロフェッショナル養成コースの費用は29,7000円(税込)です。 J-SHINE認定資格は、英語力(難易度)や指導経験時間に応じて「小学校英語準認定指導者」から「小学校英語指導者育成トレーナー」まで6種類に分かれています。 指導者養成講座を受講しただけでは資格取得はできず、指導時間50時間以上の実務経験と英語で授業ができる英語力が求められます。 準認定を取得した後、50時間以上の指導経験を得て正認定への申請が可能になります。 なお、資格の有効期限は4年で、継続するためには所定の更新手続きと更新料(5,000円税込)が必要になります。 詳しい内容については下記を参考にしてください。 参考:.

次の

児童英語教師になるには|関連資格とおすすめ通信講座

児童 英語 インストラクター

講座の特長 講座のポイント• 通信制だから、スキマ時間を有効活用! 空いた時間を活用し、マイペースで学習できるのが、通信講座の魅力。 仕事や家事、育児で忙しい毎日でも、無理なく学習を続けられます。 子どもに英語を教えるための知識と技能を6カ月で習得できます。 また、本講座にはスマートフォン対応の音声アプリや電子書籍(一部教材)もあるので、場所を選ばず学習することができます。 J-SHINEの認定講座だから、資格取得を目指せる! 「アルク児童英語教師養成コース」は、「小学校英語指導者」の資格認定を行う、NPO法人小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)から、指導者養成講座として認定を受けており、一定条件を満たすと、「小学校英語指導者資格」(J-SHINE資格)の取得を目指せます。 「小学校英語指導者」の資格取得者約41,000人のうち、約11,000人以上がアルクからの資格取得者です(2017年12月現在)。 通学と比べて、受講料がリーズナブル! 指導者養成講座の学習費用は最大40万円程度(通学制の場合)ですが、アルクなら84,240円(税込)で通学制の5分の1程度。 受講費がリーズナブルなことからもアルクが選ばれています。 児童英語教師として必要な「英語力」が身につく! 創業45年、子ども英語教育に20年あまり従事してきたアルクだからこそ、英語の基礎力・実践力の向上を期待できる、指導者養成講座にふさわしい充実のカリキュラム・教材です。 単なる英語力ではなく、「レッスンで使える英語力」の習得を目指します! グローバル化の進行、小学校での英語教科化、大学入試の英語4技能化など、子どもを取り巻く英語環境は大きく変わり続けています。 その影響を受け、「子どもに英語を教える仕事」への関心も高まりを見せています。 英語教室を開いたり、小学校で「外部指導者」として英語を教えたりと、今後ますます活躍の場が広がりそうな児童英語教師という仕事。 この仕事に必要な知識と技能が、全国どこにいてもしっかり身につけられるのが本講座です。 忙しくてくじけそうになるときもあるかもしれませんが、「児童英語教師になり、子どもたちに英語を使うって楽しいという体験をさせたい」といったイメージをもって、ぜひ学習を続けてください。 本講座は、「NPO法人小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)」の指導者養成コースとして認定を受けています。 この講座を規定の成績で修了し、必要な研修講座を受ければ「小学校英語指導者」の資格を取得する道も開かれています。 子どもたちの笑顔や成長に立ち会うことができ、「ああ、この仕事をやっていてよかった」という実感をもちながら活躍している児童英語教師の方々が、全国にたくさんいます。 皆さんもそんな先生を目指して、一歩踏み出してみませんか? 本コースは、公立小学校での2020年度からの外国語活動・外国語科必修化に伴う変革に合わせ、小学校での英語教育に完全対応。 J-SHINE資格は国家資格ではなく、この資格がないと小学校で英語の指導ができないわけではありませんが、資格を取得すると、質の高い指導者としてJ-SHINEのデータベースに登録されるため、小学校で教える際のみにとどまらず、日本全国規模の「児童英語教師」の資格として今後さらに大きく評価されていくものと期待されています。 講座修了後、すぐにレッスンをスタートできるよう、実践力の養成には特に力を入れています。 カリキュラムの立て方から具体的な項目の記入の仕方などを取り上げているので、理論的にプランを組み立てる力がつきます。 付属のDVDには、小学校で実践できる活動サンプルと英語教室のサンプルレッスンを収録。 教師の動きや子どもの反応などから、レッスンの流れやリズムを体得できるので、修了後も繰り返し見て、自分のプラン作りに役立てられます。 また、既存のプランを添削するワークに挑戦することによって、「客観的にプランを見る力」が身につきます。 この力はオリジナルプランの作成を支える土台となります。 そして最終目標は、本コースで学んだ知識を総動員させて、オリジナルプランを作成すること。 レッスンプランは専門のスタッフによって細かく添削されるため、構成力が養われ、その後の指導力に大きな差が出ます。 将来仕事に復帰した時に、好きな英語を生かせたらと通信講座を探しました。 学生時代から「英辞郎on the WEB」を使っていてアルクのことは知っていたことと、受講料に納得したので受講してみました。 DVDの「クラスルームイングリッシュ」やレッスンプランの添削によって、実際に文法やリスニングを教えると想定した場合にどう進めていくのか、どんな会話でやり取りをしていくのがスムーズなのかなどがわかりました。 より現場に近いイメージが持てたので、今後教える立場になった時に役立つと思います。 リス二ングは比較的得意ですが、スピーキングは日本語なまりが出ますので、ネイティブスピーカーに近い発音を身に付けるため、DVDを見たり、CDの音声をiPhoneに入れたりして、空いている時間があれば1分でも、5分でも聞いて音に慣れることを心掛けました。 また、継続して勉強していくことが大事と思い、毎日できるだけ日中に家事をこなし、夜、娘を寝かせた後に、集中するために1時間タイマーをセットして勉強をしました。 現在、パートをしています。 英語を使う仕事ではありませんが、英語は常に聞いたり読んだりしています。 また、娘に英語でDVDを見せたり、英語の本を読んだりして、なるべく英語から離れないように心掛けています。 せっかく児童英語講師に興味を持ち、受講を修了したので、近い将来英語教室で働いてみたり、J-SHINE の資格取得に向けて勉強を始めたりと、児童英語に関わる仕事に就けるよう活動したいと思っています。 「思い立ったらその時が始める時」というのが私のモットーでもあります。 勉強だけでなく、何か新しいことに飛び込むのは年齢を重ねれば重ねるほど勇気が要ります。 しかし、物の本質はやってみないと何もわかりません。 主婦であり母である方は自由時間を作るのは難しいと思います。 私自身、時間のやりくりは大変で、娘がなかなか寝付いてくれずイライラしてしまったことも。 ですが、後々「やればよかった」という後悔よりも、大変だけどやってみることで、わかること、身につくことがあり、それらが自分を成長させると思っています。 いくつになっても「興味」と「やる気」があれば何でもできるかも!?次はどんな講座を受講するか検討中です。 子どもが入園するのを機に、一度はあきらめた英語教師の仕事に再挑戦しようと思い、受講しました。 子どもの昼寝時間と、夜、家事を終えてからの時間を学習に充てました。 「英語力トレーニング」にある、指導でよく使うフレーズや小学生の身近なものの単語が載っているページをコピーし、台所で料理している時にも覚えるようにしました。 「小学校英語の基礎知識」は、小学校で英語を教えることについて、とても詳しく丁寧に教えてくれ、常にモチベーションを高めてくれました。 また、児童心理についての基礎が一通り書かれていて、教壇に立つ時に大変役立つと感じました。 DVDは、実際のレッスンを見ることで、自分の理想とする姿がイメージしやすく、絶対に夢をかなえたいと思わせてくれました。 受講して良かったことは、学習指導要領の示す方針や目標を理解でき、それと自分自身の信念に基づく教育目標と基本方針をクロスさせ、レッスンプランを作成できるようになったこと、自分の英語力に何が足りないのか気付けたことです。 日常会話で使う語彙やフレーズのバリエーションが貧弱なので、英語力アップのために現在はを受講しています。 これから小学校で英語を教える仕事に就きます。 学んだことを最大限に発揮したいです。 すでに自宅の英会話教室で教えているのですが、資格として持っていた方が良いと思ったため受講を決めました。 実際の自分の教室のレッスンで今までやっていなかったことを導入できたり、流れをスムーズにできるようになりました。 教材の選び方でも参考になる点が多く、非常に役に立ちました。 なんといってもDVDが実践的で良かったです。 授業シーンはリアルで参考になりました。 DVD、教材全体を通して、自分のやってきたレッスンを再確認できたことと、不足だったことを補う材料となりました。 先生も日々、「ステップアップするため、勉強を続けていかなければいけない」と改めて思いました。 その姿勢を自分のクラスの生徒たちに見せていくことも、子どもたちが英語をブラッシュアップするためには必要なことだと思います。 今後もこの気持ちを忘れず、レッスンに生かしていきたいと心に決意しました。 お母さんが勉強を頑張っている姿を見て、息子たちも自分の勉強を一生懸命やるようになりました。 友人たちも、勉強している私をいつも励ましてくれ、みな誉めてくれました。 それは、この通信講座を始めた時に、「こういう通信講座で勉強を始めたんだ」と公言したことが良かったと思います。 そうすることで、友人たちが「どう、英語の勉強、すすんでる?」などと、尋ねてくるので、絶対、さぼれないし、講座は修了させるぞ!」と頑張れた気がします。 今回、この講座に合わせて「小学校英語指導者」の資格も取りました。 こちらもすでに小学校でボランティアで教えていますが、さらに勉強できたことを授業に活かしていきたいと誓うと同時に、小学校での低学年からの英語指導を総合の時間等を利用して、時間数を増やしていってもらえるよう伝えていきたいです。 それには、地域で小学校英語指導者の資格を持つ仲間や、資格がなくてもボランティア等で活躍している人たちと横のつながりを持って、その思いを伝えていける活動をできたらいいなと思います。 自身の勤務する専門学校で、英語が嫌い、苦手な学生に対し英会話を教えていく上で基礎から学びたかったことと、息子に英語を教えたいと思い受講することにしました。 息子と一緒にDVDを見て反応を確認したり、仕事の昼休みを活用して学習しました。 具体的にDVDで各年齢のレッスン風景を繰り返し見ることができたのはイメージしやすく、自身のレッスンプラン作成にも役立ちました。 多面的に英語に対するアプローチができるようになったと感じます。 また、英語を日常生活の中で積極的に使うよう心がけるようになりました。 息子も英語に興味を持ち、職場でも歓迎してくださいました。 何より、学生が積極的に発話してくれるようになったことが嬉しかったです。 初めて英会話に携わる方はもちろん、長年英語教育に携わって来られた先生方にもぜひご受講をお勧めします!多面的なアプローチやこれから子どもたちが関わっていく英語がどんなものなのか理解する上でも本当に役立ちます。 「英語」をマスターする事が目的でなく、それをコミュニケーションや、異文化理解のツールとして捉えてもらえるような授業づくりをしていきたいです。 個人教室にて児童英語講師として働き始めたところですが、カリキュラムやレッスンプラン作成などを全て自分で行うことから、知識を深めたいという点、また自身の英語力について自信を持ちたいという理由から本講座の受講を決めました。 英語教育の根本から深く学ぶことができ、大変満足する内容でした。 特に児童心理学の部分はめったに学べない内容ですのでとても興味深いものでした。 また、DVDで実際のレッスンを見られたことで、イメージが膨らみました。 家事と子育てに追われなかなか毎日決まった時間を取ることが難しかったので、空いた時間に集中的に学習しました。 そのため全く手を付けない日もあったり、集中すると3時間も経っていることもありました。 主婦になってからこのように資格取得に向けて勉強するとは思っていなかったので、講座を修了できたことで達成感をすごく感じました。 子育てに追われ、自分に時間を使えない日々の中、こうして受講したことによって自信をつけることができたと思います。 この資格が認定されたら、この講座で得た知識を自身の活動にフルに生かして頑張っていきたいと思います。 また小学校英語の現場に呼んでいただくことを目標に、積極的にアプローチしていきたいと思います。 転勤で米国駐在となり19年勤務していました。 退職して日本に帰国し、今後必要となる小学校の英語教育に資格と自信を持って携わり、貢献したいと思っていたところ、幸運にも本講座に出合いました。 お陰で、母校の教壇に立たせて頂ける機会を頂くことができて本当に嬉しいです。 日本の英語教育の現状、日本人の英語能力の実態、小学生から生きた英語を学ばせる必要性とその効果、また、その教え方、学び方までしっかりと学ばせて頂きました。 また、東京での勉強会では素晴らしい先生方のお話を聞くことができ感激いたしました。 有難うございました。 やはり早起きして朝食前に時間を決めてやるのがいいですね(なかなかできてはいませんが。 自分のペースで集中できます。 「子どもと一緒に勉強すると間違いなく元気をもらうことができる!」まだ少ない経験ですが、そんな確信をいたしました。 私は今年65歳になりますが、歳を取るスピードが遅くなるみたい!有り難いことです。 みんなが応援してくれます。 心から励ましてくれます。 「日本の子どもたちに大切な勉強を教える先生」になれて、少し勇気をもらいました。 今年は英検の1級にチャレンジします。 そしてその次の目標は「通訳試験」にもチャレンジしたいと思っています。 小学校で英語の授業が始まると知り、下の娘も小学校に入学したのを機に受講を始めました。 学習は子どもたちが学校に行ってから主に午前中に行いました。 一日出ている時は、子どもたちが寝静まってから夜中に集中して行いました。 テキストは子どもとの接し方や、児童心理学も知識として得ることができたのでよかったです。 講座の受講は、主人も子どもたちもすごく応援してくれていました。 ギリギリになりましたが、修了した時には、 皆にすごいと褒められました。 また、早速「」の講座を申し込むように主人が薦めてくれたのも嬉しかったです。 子どもがいたら大変なこともありますが、やっぱり、細々とでも何かに取り組んでいる方が元気になれると思います。 主婦になっても、何かを頑張っている姿は家族にとっても刺激になったようです。 子ども相手に英語を教えるとしたら、どのようにしたら楽しんでもらえるかなと思うようになり、本屋では英語の絵本コーナーに足が向いたり、おもちゃ売り場ではぬいぐるみを見ては「これ使えるかな?」などと意識するようになりました。 将来、「DVD版 小学校英語指導者資格取得研修講座」も修了して、英語教室をいつか開けたらと思います。 塾の英語講師をしていますが、小学校で英語が必修として導入されるにあたり、塾の授業で「小学英語クラス」を開催する企画を立てたのが受講のきっかけです。 自宅で学習できることと、価格がとてもお手ごろだったので、この講座を選びました。 もともと小学校教諭の資格を持っていますが、この講座で教育学を一から学べたのは、学生に戻ったかのようで新鮮で、とても興味深かったです。 普段は雑用に追われてなかなか学習がはかどらなかったのですが、電車で出かける時などは必ずテキストを携帯して読んだり、実家に帰った時などはまとめて取り組んだりしていました。 この講座を受講する前に塾の英語クラスはスタートしましたが、受講したことにより、より効果的な授業になり、教材などのバリエーションも増えました。 また、多少無理をしながら高校英語を教えていましたが、基礎的なポイントを確認することができました。 塾の小学英語クラスは、1〜2年間の受講で英検5級または4級を9割以上の生徒が合格するなどの実績は出していますが、さらに資格を取得することで、「ど素人が教えているのではない」という自信を持って新年度の生徒募集ができました。 詳細が書かれていて即実践できるレッスンプラン、サンプルプランを参考にバラエティーに富むアクティビティの企画、効果的で端的なクラスルームイングリッシュの活用など、毎回の授業のプランニングには(受講中以上に熱心に熟読するなど?)私の虎の巻的な不可欠なアイテムとなっております。 家事と学習を両立させるには? 子育て中です。 できれば夫や義父母に迷惑をかけずに受講したいのですが……。 家事や育児と並行して受講できるコツはありますか? 子育て中の方は、家事や育児と並行して学習時間をどうやりくりできるか不安ですよね。 「アルク児童英語教師養成コース」は、お子さまがいらっしゃる方は、お子さまのお昼寝の時間や、夜お休みになってからの時間、幼稚園や小学校に行っている時間を活用して受講されています。 お仕事をお持ちの方は、週末にまとめて学習されたり、家事や育児の合間の細切れ時間を見つけて受講されている方も多くいらっしゃいます。 「時間がない時は、今日はCDを聴くだけの日などと割り切っていた」「得意な分野から仕上げていった」「子どもが宿題をやっている脇で自分も一緒に学習した」など、できることから取り組み始めるのも学習を続けるコツの一つです。 資格を生かせる仕事ってある? 「そんな資格をとっても仕事がないのでは」と友人に言われました。 本当のところ、どうなんでしょうか。 周囲からの声で不安や疑問を感じることもありますよね。 小学校では、2011年度より「外国語活動」が必修となりました。 J-SHINE資格を取得された方で、小学校の英語活動で活躍されている方も多数いらっしゃいます。 ボランティアとして活動に携わっている方が多いことも実情ですが、公教育の現場で大勢の子どもたちに英語を教えることに大きなやりがいを感じていらっしゃる方ばかりです。 また、J-SHINE資格を取得された方は、英語指導者としての英語力と指導力を身につけていらっしゃるので、英語教室の開設や、民間の英語教室の就職の際に、アピールすることができます。 私の発音でも大丈夫? 英検2級はあるものの、本格的な英語学習にはブランクが。 特に、発音に自信がありません。 こんな私でも、子どもに英語を教えられますか? 学生時代に英検やTOEICは受けたけれど、今の自分は数年(あるいは十数年)のブランクがある。 こういった方も「アルク児童英語教師養成コース」を受講しています。 本コースには、指導者として身につけたい発音のポイントを分かりやすく紹介したDVDで、発音のトレーニングができるメニューがあります。 指導者として求められるのは、流ちょうに話すことではなく、「レッスンで使える英語力」です。 本コースではこの力を鍛えられるメニューが充実しています。 子どもにとって、日本人の英語の先生は、いちばん身近な英語を話すモデル。 英語を身につけることで広がる世界や、コミュニケーションの楽しさを子どもたちに伝えるのも児童英語教師の大切な仕事です。 地方に住んでいるのですが 地方に住んでいるので、通信制の「アルク児童英語教師養成コース」を選びました。 資格取得にはスクーリングなどがありますか? J-SHINEの認定資格取得の申請のためには、「アルク児童英語教師養成コース」の全課題にすべて合格し、期間内に修了したうえで、2日間の「小学校英語指導者資格取得研修講座」に参加する必要があります(DVDの講座もご用意しています)。 これから本コースを通じて、小学校英語指導者の資格取得を目指す場合の流れは、をぜひご覧ください。 修了できるか不安…… 通信講座は初めてで、修了できるか不安です。 受講料が無駄にならないかと心配で……。 通信講座はひとりで黙々と進めるイメージがありますので、続けられるか、修了できるかご不安に思われる方も多いです。 アルクなら、孤独になりがちな通信講座の受講者のサポート体制が充実しています。 専任の学習コーチがいるので、質問ができたり、アドバイスをもらえたりします。 通信講座受講生専用サイトから、自分の都合のいい時間に、学習コーチに質問ができ、疑問を一つも残さず学習できます。 夫を説得する方法はありますか? 他社と比べてリーズナブルとはいえ、財布のひもは夫が握っているので、相談できずにいます。 夫を説得する方法はありますか? 費用の面でも、受講を進めるうえでも旦那さまやご家族からのサポートがあるとうれしいですよね。 まずは受講の理由や受講後の目標などをきちんとご家族に伝えましょう。 本講座は、J-SHINE資格の取得も目指せて、将来的には児童英語教師として働く道が開けます。 ご自身のお子さまに教えたいとお考えの場合でも、英語教育について専門的な知識を身につけることで、ご自身のお子さまの特性に合わせた内容で英語を教えることができます。 また、クレジットカード払い(ダイナース以外)の場合、分割払いもご利用いただけますので、他の習い事などと比較しながら、「アルク児童英語教師養成コース」で一生もののスキルを習得できることについて、ご家族とお話しされてもいいのではないでしょうか。 教えた経験がないのです…… 講座の課題として、レッスンプランの作成があります。 教えた経験がないので、プランが書けるか心配です。 オリジナルのレッスンプランの作成は、講座で学習した内容の集大成。 やりがいのある課題ですが、カリキュラムの立て方から具体的な項目の記入の仕方、レッスンの組み立て方などをていねいにガイドするテキストのほか、サンプルレッスンを収録したDVDも付属していますので、ご安心ください。 先生になる自信がない 内気な性格で、挑戦する前から教室経営はムリ……などと将来のことを悲観してしまいます。 先生になる自信がない私、受講は意味がないでしょうか? 最初は誰でも初心者です。 知識や経験を積むことで自信がついてくるものです。 「アルク児童英語教師養成コース」では、英語教授法だけでなく、子どもを教えるうえで欠かせない児童心理学についても学びます。 基礎力、英語力、実践力を総合的に徹底トレーニングし、児童英語教師としての確かな力を身につけられますので、指導者として自信を持てるようになるでしょう。 漠然とあせっています フルタイムで会社勤めをしていますが、将来に対して漠然とあせりを感じています。 受講を通して、この不安感がなんとかなるといいのですが……。 現在はフルタイムで会社にお勤めなんですね。 「アルク児童英語教師養成コース」を修了された方の中には、他の職種から児童英語教師へ転身して活躍されている方が大勢いらっしゃいます。 本コースは通信講座ですので、フルタイムでお勤めの方も、通勤時間や出勤前、または週末を使ってなど、ご自身のご都合に合わせて受講を進めることが可能です。 独身で、子育て経験もありません 独身で子育てもしたことがありませんが、将来のために挑戦したいです。 身近に子どもがいない私でも目指せますか? 「アルク児童英語教師養成コース」では、児童心理学、言語習得論、バイリンガル教育といった子どもに英語を教えるうえで欠かせない知識を総合的に身につけられますのでご安心ください。 DVDに収録された実際のレッスンの様子を見ることで、年齢別のレッスンの展開方法や子どもへの対応の仕方などがよく分かり、ご自身のレッスンをイメージするのに役立てることができます。 英語指導に限らず、ご自身が海外旅行や留学のご経験があれば、その経験を通して感じた世界のさまざまな文化や生活様式について、また英語を使って世界の人と交流する楽しさなどを伝えていくことは、子どもたちにとって貴重な機会になることでしょう。 シニア世代です。 孫のためにと…… 孫が英語に興味を持っているので、教えることに興味を覚えました。 シニア世代の私でも挑戦できますか? お孫さんと一緒に英語を楽しく勉強できたらとても素敵ですね。 「アルク児童英語教師養成コース」の受講者の中にも、お孫さんに英語を教えたいという目標で受講を始められた方や、お仕事をリタイアされてからボランティアなどで英語を教えたり、教室開設したりすることを目標に、受講をされた方もいらっしゃいます。 6カ月かけて、基礎から実践力までを身につけられる内容ですので、ご都合に合わせてご自宅で受講を進められます。 ご自身の経験を活かしながら、子どもたちに英語を教える喜びは、何ものにも代えがたい生き甲斐になるでしょう。 J-SHINE資格を取りたいのですが 指導経験がないのですが、J-SHINE資格を目標にしています。 受講前に50時間の指導経験を積んでから、このコースを受講したほうがいいのでしょうか? 指導時間が不足している場合でも、指導者として一定の技能と知識を有している場合は、「小学校英語準認定指導者資格」の取得を目指せます。 幼児および小学生を対象として、小学校、英会話スクール、学習塾、自宅教室、公民館、家庭教師、保育園、幼稚園などの経験を含めて、合計50時間以上の英語の指導経験時間が認められています。 50時間の指導経験については、をご覧ください。

次の