え みたい な 漢字。 コロナ渦は間違いで,なんて読む?しめすへんの鍋みたいな漢字!【コロナ禍】

「泰」に似た漢字なのですが・・・

え みたい な 漢字

コロナ渦は間違いで,なんて読む?しめすへんの鍋みたいな漢字!【禍】 皆さん、コロナうず(渦)と呼んでいませんか? 又は、コロナなべ(鍋)と読んでませんか? 実は、それ、間違いです!!! (私もまちがっていました笑) そこで、ここでは正しい「コロナ禍」について説明していきます! コロナ渦のしめすへん【コロナ禍】・・なんて読む? 調べてみた所、コロナ渦のしめすへん【禍】の読み方は• わざわい• まが と読むようです! コロナ禍以外の使い方は• 禍々しい とかみたいです! まがまがしいなら読めそうですね!! 追記;どうやら、読み方にルールがあるみたい 調べて、分かったので追記しますね 禍の読み方で「か」「わざわい」「まが」があるとお話ししましたが、どうやら• 禍が前に来ると「まが」 例、禍々しい(まがまがしい)• 禍が後ろに来ると「か」 例、戦禍(せんか)、輪禍(りんか) 結論:コロナ禍の読み方は 「コロナか」と読むみたいです!! *あくまで調べた結果であって、造語の時は間違いになるかもしれません。 鍋 意味• 食べ物を煮るのに使う金属製品• 鍋料理の略• 女中・下女を言う語(・・・?) 上二つは分かると思いますが、下の3つ目は分からん!! 調べてみると、• 女中:今でいう「炊事をしてくれる調理員」「家政婦の料理専門」みたいな方を言うようです。 下女:身分の低い女性、召使いの女性 という意味のようです。 この意味から見て コロナ鍋・・・意味が合わなそうですね。 よって鍋は完全に間違いだと分かりました!! 次に行ってみましょう! 個人的に、このツイートがこの結論に丁度良いかと思います。 コロナ鍋売上伸びてるのかな。 か と読むそうです。 意味としては• 水が中心に向かって巻き込んでいる、回っている状態• 入り乱れている、目まぐるしい動き とありました!2個目の例文として 「人の渦」「興奮の渦」などがありました。 コロナに合わせて見ても 「コロナの渦」・・・案外悪くない組み合わせかも知れませんね。 わざわい• まが という読み方があると説明しましたが、肝心の意味については、まだ説明していません それでは行きましょう!! 意味【禍】• ふしあわせ• わざわい があるようで、それぞれ• 幸せではない事、不幸(語源を調べましたが見つけられず・・)• 人に不幸をもたらす物事。 不快であること となっていました! 確かに、意味としては「コロナ禍」は 「コロナ」は不幸、災いの象徴と揶揄しているかもしれませんね。 一番、しっくり来たのは【鍋】【渦】【禍】のうち・・・やっぱり。 順位をつけるなら• コロナ禍• コロナ渦• コロナ鍋 でしょうか(笑) ただ、個人的に「コロナに負けるな!」という事で「コロナ渦」派ではあります!! だって「渦はいつか落ち着きますし、抑えれば止まる」ので(笑) 禍だと怖いイメージしか思いつきませんしね。 コロナ渦は間違いで・・・についてまとめ! まとめると• 正しい読み方と漢字は「コロナ禍」(ころなか)• 個人的に「コロナ渦」を広めていきたい となっています!(思っています!) いかがでしたか? 少しでも役に立てていたら幸いです! ここまで読んでいただきありがとうございました! 別の記事もぜひ!.

次の

候と侯の違いとは?似た漢字を間違いなく覚える方法 [漢字検定] All About

え みたい な 漢字

その「コロナ禍」の漢字をコロナ鍋ということで間違えて投稿をしてしまってTwitterではトレンドになるなど話題になっていたのです。 コロナ禍 コロナ鍋 と、禍のサイズを大きくして見やすくしてみました。 スマホで見ると文字が小さくて見づらいことも間違える原因なのかもしれませんね。 でも、単純に読めないということも言われているようです。 読めないということは、スマホやパソコンで書き込む際に漢字が出ないので「コロナ鍋みたいな漢字」ということで検索をされているのかもしれませんね! そこで、コロナ鍋みたいな漢字「禍」の読み方や意味について見ていきたいと思います。 コロナ禍みたいな漢字のコロナ禍の読み方は以下の通り コロナ禍(ころな か) という風な読み方をするんですね。 確かに、鍋や渦などと間違えてしまいますね。 かだけでも予測変換で出てくるのではないかと思います。 コロナ禍の意味は? コロナ禍のことをたまにコロナ鍋やコロナ渦と表現していますが、意味を理解していないからでしょう。 神のとがめ。 わざわいする。 わざわいを与える。 不幸を与える。 引用元:漢字辞典 なので、今回コロナ禍というのは「コロナによってのわざわいや災難」という表現が合うのではないかと思います。

次の

「侃」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

え みたい な 漢字

<目次>• 間違いやすい感じのポイントは漢字の点(ヽ) 漢字には、点(ヽ)をひとつだけ付けるものが多くあります。 【例】太、以、丼、犬、主、凡、寿、玉、残、的、代、付、丹、叉、注、状 など。 これらの漢字は点(ヽ)の位置が目立ち、画数も少なく普段よく目にすることから、間違えて書くことはそれほど多くはないかと思います。 ところが、「博」や「敷」、「簿」などはどうでしょう。 これらは画数も多くなりますが、書く時についウッカリ点を付け忘れてしまう、もしくは付けるのかどうか混乱して分からなくなってしまう、そういう事が試験の時だけでなく、日常でも起きてしまいがちです。 ここで、間違いやすい漢字の組み合わせとして、「専」と「博」、「候」と「侯」を例に上げ、それぞれの漢字について説明しましょう。 「専」と「博」の違いとは 「専」という字の右上に点(ヽ)を付けてしまうのは、「博」という字と混同することによります。 「専」は右上に点(ヽ)はありません。 「専」は、訓読みで「もっぱ(ら)」、音読みで「セン」です。 旧字体では「專」と書き、つり下げた丸い糸巻用の器具(紡錘)を手に持つ形を示した字です。 ここから「専門」や「専一」という、それだけひとすじに、ひとりじめにする、という意味が生まれました。 一方「博」の右上の部分は、もともとは「甫」という字でした。 「甫」は訓読みで「はじ(め)」、「おお(きい)」、音読みで「フ・ホ」です。 苗を育てる平らな畑のことで、苗木の根を囲い包んでいる形を示しています。 「博」は苗木を平らに広げて集めることを示し、そこから「ひろ(い)」という意味が生まれました。 以上から分かるように、「専」と「博」では、字の成り立った背景が全く違うのです。 「甫」を用いた漢字は「浦」、「補」、「捕」、「舗」などがあり、どれも音読みはホです。 「博」の右上部分が同じ字の「薄」はハク、「縛」はバク、「敷」はフ、「簿」はボと読みます。 これらは「甫」や「博」と同じグループで、どれもハ行の読み方をします。 ハ行は点アリ、ハ行以外は点ナシ、この法則を覚えておけば、「専」という字に間違って点(ヽ)を付けてしまうことはないでしょう。 「候」と「侯」の違いとは 次に、よく間違えやすい「候」と「侯」を見てみましょう。 「侯」は音読みで「コウ」です。 「侯」の右側は、的の幕を垂らした様子の「厂」と矢を組み合わせた形から来ており、これに人偏を加えて、王朝のために外敵を打ち払う弓の射手、転じて、重臣や大名に与える爵位の名となりました。 一方「候」という字も音読みで「コウ」ですが、「侯」の左側にもうひとつ「人」を加えて、伺いのぞくことをあらわし、地位の高い人の機嫌を伺うことの意味となりました。 「候」の中にある縦棒は、「侯」の人偏の部分が変化したものだったのです。 「候」は他に、現れるのを待ち受ける、わずかに出たきざし、などの意味があります。 熟語としては、「天候」、「気候」、「兆候」、「候補」、「居候(いそうろう)」、「候文(そうろうぶん)」などで、決して多くありません。 伺う、きざしの意味の「候」という字だけは縦棒は付ける、「候」以外の似ている漢字の「侯爵(こうしゃく)」の「侯」や「咽喉(いんこう)」の「喉」などは縦棒は付けない、と覚えておくとよいでしょう。 このように、漢字の成り立ちを理解しておけば、間違ったり混乱したりすることは避けられます。 漢字を確実にマスターするためにも、漢字の成り立ちを理解することをオススメします。 【関連記事】•

次の