キャベツ レタス サラダ。 レタスは何科なの?キャベツとの違いや見分け方も解説!

生野菜サラダレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

キャベツ レタス サラダ

合わせて読みたい キャベツはアブラナ科の植物 一方、キャベツはアブラナ科の植物です。 ヨーロッパ原産で、ケルト人によって野生種のケールを改良されたものです。 日本では明治になってから栽培されるようになり、大正時代には広く食べられるようになりました。 レタスとキャベツの違い まず、味が大きく違います。 レタスはフレッシュさが売りの野菜ですが、キャベツは甘味がメインの野菜です。 キャベツは生で食べるには硬すぎるので、千切りにしたりして食べやすくする必要がありますが、 レタスはそのまま食べることができます。 火を通してみると、その違いはよりわかりやすくなります。 キャベツは火を通すことでしんなりして甘味を増しますが、レタスは独特な苦みが残ります。 サラダなどそのまま食べるならレタス、火を使った炒め物や煮物にはキャベツが向いているということですね レタスとキャベツの見分け方 まず見て欲しいところは、レタスとキャベツの下部分です。 農家の人が収穫の際に切り落とした断面の部分になります。 この部分が 白か黄色ならばキャベツで、 白と赤ならばレタスです。 レタスに含まれる成分は空気に触れると赤く変色するため、断面で見分けることができます。 またスーパーで売られている時の包装も違いがあります。 芯がしっかりとしているキャベツは葉がはがれにくいためテープでぐるっと1周巻いてあるだけですが、 葉がはがれやすいレタスはセロハンで包んであります。 そして、スーパーで並んでいるところでの一番の見分けポイントは何よりお値段でしょう。 レタスの方が一回り高いですからね。 覚えておきたい野菜の分類 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも野菜の分類や科名をある程度覚えておきたいですよね。 同じ科に属する野菜は管理方法や病害虫への対策方法が似ています。 家庭菜園をやる時には、今育てている野菜や将来育てたいと思っている野菜が何科に属するのかを知っておくといいでしょう。 というわけで、家庭菜園でよく栽培される野菜が何科かまとめてみました。 マメ科の野菜 インゲンマメ、ソラマメ、エンドウマメ、エダマメなど ウリ科の野菜 メロン、スイカ、ゴーヤ、カボチャ、キュウリなど ユリ科 アスパラガス、ラッキョウ、ネギ、ニンニク、ニラ、タマネギなど キク科 レタス、アーティチョーク、ゴボウ、春菊など アブラナ科 キャベツ、白菜、大根、カブ、ブロッコリー、カリフラワーなど ナス科 ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなど バラ科 イチゴなど セリ科 セロリ、にんじん、パセリ、三つ葉など アオイ科 オクラなど シソ科 シソ、バジルなど ナスとトマトとピーマンが同じ分類だなんて意外ですよね。 実(野菜)の形は全然違いますが、花の形を見てみるとなんとなく似ていることがわかりますよ。 同じ「イモ」ということでまとまられがちなジャガイモやサツマイモ、里芋がそれぞれ別の分類だというのも驚きです。

次の

【知っておくと便利】「レタスだけサラダ」の味付けバリエが豊富すぎ☆

キャベツ レタス サラダ

健康を保つために欠かせないサラダですが、市販のドレッシングを使っていると味がマンネリになりがち。 そんなときは、いつもとはひと味違うオリジナルドレッシングを使ってみませんか? 今回ご紹介するのは、味つけに工夫を凝らしたキャベツサラダ5選。 バリエーション豊かなレシピが揃っているので、ぜひ活用してみてくださいね。 キャベツはせん切りにし、みょうがは縦半分に切って斜め薄切りにする。 1の水けを絞って加え、削りがつおも加えてあえる。 (90Kcal、塩分0. 7g) キャベツはドレッシングがよくからむように、せん切りにして使用します。 みょうがと一緒にボウルに入れたら、塩をふって10分ほどおくだけ。 水けを絞ってから、おろししょうがなどを使ったオリジナルドレッシングとあえましょう。 酒とみりんは鍋で煮立て、アルコール分をとばしておくのがポイントです。 キャベツのパリパリ食感とドレッシングのほのかな酸みがたまりません。 ゆずの香りがきいていて、ご飯がどんどん進みます。 ハムを加えたら、オリーブ油やレモン汁などを入れてまんべんなく混ぜましょう。 本格的なドレッシングを作るのは難しそう…と思っている人も多いかもしれませんが、実は作り方はとっても簡単。 材料も自宅にある調味料だけで十分なので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう?(レタスクラブニュース) 外部サイト.

次の

オリジナルドレッシングが新鮮♪ バリエいろいろキャベツサラダ5選

キャベツ レタス サラダ

合わせて読みたい キャベツはアブラナ科の植物 一方、キャベツはアブラナ科の植物です。 ヨーロッパ原産で、ケルト人によって野生種のケールを改良されたものです。 日本では明治になってから栽培されるようになり、大正時代には広く食べられるようになりました。 レタスとキャベツの違い まず、味が大きく違います。 レタスはフレッシュさが売りの野菜ですが、キャベツは甘味がメインの野菜です。 キャベツは生で食べるには硬すぎるので、千切りにしたりして食べやすくする必要がありますが、 レタスはそのまま食べることができます。 火を通してみると、その違いはよりわかりやすくなります。 キャベツは火を通すことでしんなりして甘味を増しますが、レタスは独特な苦みが残ります。 サラダなどそのまま食べるならレタス、火を使った炒め物や煮物にはキャベツが向いているということですね レタスとキャベツの見分け方 まず見て欲しいところは、レタスとキャベツの下部分です。 農家の人が収穫の際に切り落とした断面の部分になります。 この部分が 白か黄色ならばキャベツで、 白と赤ならばレタスです。 レタスに含まれる成分は空気に触れると赤く変色するため、断面で見分けることができます。 またスーパーで売られている時の包装も違いがあります。 芯がしっかりとしているキャベツは葉がはがれにくいためテープでぐるっと1周巻いてあるだけですが、 葉がはがれやすいレタスはセロハンで包んであります。 そして、スーパーで並んでいるところでの一番の見分けポイントは何よりお値段でしょう。 レタスの方が一回り高いですからね。 覚えておきたい野菜の分類 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも野菜の分類や科名をある程度覚えておきたいですよね。 同じ科に属する野菜は管理方法や病害虫への対策方法が似ています。 家庭菜園をやる時には、今育てている野菜や将来育てたいと思っている野菜が何科に属するのかを知っておくといいでしょう。 というわけで、家庭菜園でよく栽培される野菜が何科かまとめてみました。 マメ科の野菜 インゲンマメ、ソラマメ、エンドウマメ、エダマメなど ウリ科の野菜 メロン、スイカ、ゴーヤ、カボチャ、キュウリなど ユリ科 アスパラガス、ラッキョウ、ネギ、ニンニク、ニラ、タマネギなど キク科 レタス、アーティチョーク、ゴボウ、春菊など アブラナ科 キャベツ、白菜、大根、カブ、ブロッコリー、カリフラワーなど ナス科 ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなど バラ科 イチゴなど セリ科 セロリ、にんじん、パセリ、三つ葉など アオイ科 オクラなど シソ科 シソ、バジルなど ナスとトマトとピーマンが同じ分類だなんて意外ですよね。 実(野菜)の形は全然違いますが、花の形を見てみるとなんとなく似ていることがわかりますよ。 同じ「イモ」ということでまとまられがちなジャガイモやサツマイモ、里芋がそれぞれ別の分類だというのも驚きです。

次の