エクセル 表 タイトル 固定。 【エクセル2013】一行目を固定して印刷する方法

Excelで見出しを固定して全ページに印刷!印刷タイトル

エクセル 表 タイトル 固定

「タイトル行」の設定で列見出しを固定する 縦に長い表を数ページに分けて印刷する場合の設定です。 先頭行に並ぶ見出しを2ページ以降でも印刷されるようにします。 「ページ設定」ダイアログの「 シート」タブが開きます。 「印刷タイトル」の「タイトル行」の縮小ボタン(上向き矢印)をクリック。 全てのページに固定して印刷したい先頭行を選択します。 再度縮小ボタンを押してダイアログに戻り、「OK」。 印刷プレビューで2ページ目以降にも列見出しが表示されているかを確認しましょう。 「タイトル列」の設定で行項目を固定する 次は、横に長い表を数ページに分けて印刷する場合です。 前章と同じ操作で 「ページ設定」ダイアログの「シート」タブを開き、 「印刷タイトル」の「タイトル列」の縮小ボタン(上向き矢印)をクリック。 ここでは「コード」と「氏名」の行を固定表示させたいので、A、B列を選択して指定します。 再度、縮小ボタンを押してダイアログに戻ります。 印刷プレビューで2ページ目以降にも「コード」と「氏名」が表示されているかを確認しましょう。 列見出し・行項目の両方を固定する 縦横に展開する大きな表を数ページに分けて印刷する場合は、列見出しと行項目の両方を表示させます。 前章と同じ操作で 「ページ設定」ダイアログの「シート」タブを開き、「 印刷タイトル」の 「タイトル行」と「タイトル列」に前章、前々章で指定した先頭行と左端2列を指定します。 印刷プレビューで2ページ目以降にも列見出しと行項目が表示されているかを確認。 特定の範囲を指定し、列見出し(行項目)を入れて印刷する 表の中の特定の範囲を抜き出して、列見出しと行項目を付けて印刷する設定です。

次の

エクセルの先頭行を全ページ固定で印刷する方法|タイトル行の設定

エクセル 表 タイトル 固定

この記事の目次• まずは、表の作り方を説明する前に、以下を見て表の完成形をイメージしてください。 この表は、もし私があなたの隣にいて直接レクチャーできるなら、30分程度で教えられる程度の内容になります。 繰り返し使い、操作に慣れれば、一人でも10分以内に作れはずです。 また、この表の作り方が解れば、他の表にも応用が可能です。 【基礎】エクセル初心者の表の作り方 エクセルの表の作り方の流れは、大きく分けて次の「5つ」に分けて考えましょう。 それでは具体的な手順を見ていきましょう。 これは新しいノートを準備することに似ています。 エクセルを起動する まずはExcelを起動します。 これをクリックします。 お使いのパソコンの環境によっては「デスクトップ」上や、画面下の「タスクバー」にExcelのアイコンがあるかもしれません。 どれをクリック又はダブルクリックしてもExcelが立ち上がります。 「空白のブック」はとても取り扱いがしやすく、ここから何でも作れます。 今後、何かの表を作る場合には、この「空白のブック」を選択しましょう。 ちなみに、新しいブック作成時に含まれるシート枚数はエクセルのオプションから変更可能です [ファイル]>[オプション]>[全般]>[新しいブックの作成時]>[ブックのシートの数] また、ブックの作業中に、ワークシートの枚数を増やすことが可能です。 ワークシートを右クリック>[挿入] これでワークシートを増やせます。 タイトル」と「2. 見出し」と「3. 値」と「4. 計算式」を入力して行きます。 タイトルは「一目で内容が理解できる文字列」が理想です。 「セル」はエクセルで一番小さい単位で、四角いマス目のことです。 このセルには、「数字」「かな」「カナ」「英字」「文章」「数式」「関数」などが入力できます。 エクセルの構造ですが、ひとつのブックは複数のシートからなり、ひとつのシートは複数のセルからなります。 ブック(ファイル)>シート(ワークシート)>セル(マス目)>値 ちなみに、日本は以下のような構造になっています。 見出しのキーワードをつけるポイントは、 他の列のキーワードと被らないものを選びましょう。 今から、上記に気を配って見出しを付けるようにしておきましょう。 値を入力する 見出しが入力できたら、次は値を入力します。 値を入力するコツは、 各個人毎(横方向)に入力するとミスが少ないです。 カーソルを横のセルに移動する方法は、キーボードの【Tab】キーを押せば「右のセル」に移動します。 計算式を入力する 値の入力の次は計算式を入力します。 この計算式はエクセルに用意されているさまざまな「」を使うのが便利です。 SUM関数 は、指定したセル範囲の合計を自動計算して返す関数です。 まず青木さんの5教科の合計点を求めます。 青木さん以外の合計点と、国語以外の合計点を求めていませんが、後の手順で計算式をコピーしますので、今はこれでOKです。 AVERAGE関数 は、指定したセル範囲の平均を自動計算して返す関数です。 まずは青木さん5教科の平均点を求めます。 青木さん以外の平均点と、国語以外の平均点を求めていませんが、合計点と同様に後の手順で計算式をコピーしますので、今はこれでOKです。 SUM関数とAVERAGE関数を他のセルにコピーする 計算式の入力の仕上げです。 コピーしたSUM関数とAVERAGE関数に指定した引数の参照先 「関数」をコピーすると、に指定した参照先のセル番地が自動で調整されます。 今回は参照先が相対的に調整されています。 「相対参照」以外にも「絶対参照」「複合参照」の3種類あり、相互に関係しています。 ・相対参照:参照セルは全く固定されない• ・複合参照:参照セルが半分だけ固定される• ・絶対参照:参照セルが完全に固定される 今は気にしなくていいですが、脱初心者を目指すなら避けては通れない知識です。 「相対参照」「複合参照」「絶対参照」については、以下の記事で詳しく解説しています。 ぜひご覧ください。 次はて表の見た目を装飾して整えていきましょう。 芸術作品ではなく仕事で使う資料ですから「見やすさ」「伝わりやすさ」を重視した装飾にします。 [A2セルをクリック]>[H9セルまでドラッグ]>[マウスの左クリックから指を離す] 次に、内側に細い罫線を指定します。 [ホーム]> [罫線]>[格子] 選択範囲はそのままで、外側に太い罫線を指定します。 [ホーム]> [罫線]>[外枠太線罫] これで枠線(罫線)が引けました。 見出しを目立たせる 次は、データ部分と区別するために、見出し部分を目立たせましょう。 見出しの範囲を選択します。 [A2セルをクリック]>[H2セルまでドラッグ]>[マウスの左クリックから指を離す]>[左手で【Ctrl】を押しながらA2セルをクリック]>[A9セルまでドラッグ]>[マウスの左クリックから指を離す] 次に、見出しを装飾します。 ・文字の中央揃え• ・太文字(Bold)• データの小数点やカンマなどの書式を整える 合計の値や、平均の値との区分け線を追加します。 集計部の小数点位置を設定 次に、小数点位置を揃えます(ここでは小数点一位まで表示)。 以下の方法でA9~H9セルとH3~H9セルを選択します。 表のタイトルを目立たせる タイトルにする範囲(セルA1~H1)を選択します。 コツは 表の横幅と同じ範囲を選択することです。 セルが選択できたら、 [ホーム]>[セルを結合して中央揃え] これで複数セルがひとつのセルに結合され、さらに文字が中央に揃います。 [フォント]を大きくして目立たせましょう(20ポイント程度がおすすめです)。 セルの高さや幅を調整しスペースを設ける 全セルを選択します。 A列とB列の間にある線をマウスの左ボタンでドラッグし、列の幅を調整します(幅10. 00(85ピクセル)程度)。 次に1行目と2行目の間にある線をマウスの左ボタンでドラッグし、行の高さを調整します(幅25. 50(34ピクセル)程度)。 文字の書体やサイズを設定する 文字は見やすい書体(フォント)を設定しましょう。 明朝系は細くて癖があり見にくいので、ゴシック系を設定しましょう。 個人的なおすすめは 「メイリオ」又は「MS UI Gothic」です。 原因は、プリンターにP付フォントが無い場合、代わりの書体が選ばれてしまい、思った印刷結果にならない場合がります。 次は表を用紙に印刷しましょう。 仕事で使う資料はA4サイズが基本です。 用紙にピッタリとバランスよく印刷できるよう設定しましょう。 印刷設定は、表の大きさ、文字の大きさ、余白のバランス、ファイリングのパンチ穴を考慮しておきましょう。 印刷範囲の設定 まずは、印刷したい範囲を選択します。 [印刷する範囲を選択]>[ページレイアウト]>[印刷範囲]>[印刷範囲の設定] もし印刷範囲を設定していない場合は、データが入力されているセルの範囲が印刷範囲になります。 ページ設定 ページ設定のメニューは以下のボタンをクリックすると出てきます。 [ページ]>[印刷の向き][拡大縮小印刷]を設定します。 印刷プレビューと調整 印刷ボタンで印刷プレビューと確認します。 印刷プレビューを見ながら調整します。 印刷 印刷ボタンを押すとプリントアウトされます。 プリンターが使えるようするためには以下の準備が必要です。 上手く印刷されない場合は確認しましょう。 ・プリンタの電源ONや、ネットワークプリンタの場合はオンライン• ・パソコンとプリンタの接続(有線(LANやUSB)or無線(LAN))• ぜひご覧ください。 最後の締めくくりとして、データを保存しましょう。 ファイルは後から探しやすいように、適切な場所に、適切な名前を付けて、保存しておきましょう。 名前を付けて保存 [ファイル]>[名前を付けて保存]>[場所][ファイル名]を指定 ここでは探しやすいように保存場所は「デスクトップ」、ファイル名は「エクセルで簡単に表を作る手順. xlsx」としています。 xlsx(日付+文書タイトル+拡張子)」と名前を設定すると、後で探す時間が省けて便利です。 パソコンの設定で見えない場合もありますが、ファイル名の後ろの「拡張子」は「. xlsx」です。 古いエクセル(2007より前のバージョン)で作ったものは「. xls」です。 【完成】表が完成しました 説明に使ったサンプルファイルを用意しましたのでしてご自分のパソコンで確認してください。 基本的な表の作り方がわかりましたら、次はの使い方を覚えて、様々な表が作れるようになりましょう。 まとめ この記事では、エクセルで表の作り方を、以下の「5つ」の手順に分けて説明してきました。 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の

【MS

エクセル 表 タイトル 固定

タイトル行を全てのページで印刷する 表のヘッダー部分を固定して印刷するには この記事で「タイトル行」「先頭行」あるいは「見出し行」と表現するのは、作表したときに各列項目のヘッダー行や表のタイトル部分のことです。 それには タイトル行の設定 が不可欠です。 タイトル行の設定 印刷タイトルの設定・解除 では、実際にタイトル行を固定する設定方法について説明します。 メニューの「ページレイアウト」にある「 印刷タイトル」をクリックします。 [タイトル行] の部分の右のボックスをクリックします。 これでタイトル行を指定できるモードになります。 サンプルでは、シートの1行目の表題と2行目のヘッダー行を「タイトル行」としたいので、1~2行目の行全体(セルではなく)を選択します。 選択すると 1行目と2行目全体が点線で囲まれる。 Enterキーをクリックして「ページ設定」のフォームに戻ったら [OK] をクリックして設定完了です。 正しく設定されていれば、下図のように2ページ目以降にも表のヘッダー部分が表示されているはずです。 タイトル行が設定できない方へ ページ設定フォームの表示方法をチェック 今回紹介した「ページ設定」のフォームは、メニューの「ページレイアウト」以外の場所からも表示させることが可能です。 そして、その方法によっては、 タイトル行の設定ができない場合 があります。 この画面から [シート] タブを選択しても「タイトル行」を設定することはできません。 タイトル行の設定ができないという方は、前述のとおりメニューの「ページレイアウト」から「印刷タイトル」をクリックして「ページ設定」のフォームを表示させてみてください。 以上で『 エクセルの先頭行(カラムヘッダー部分)を全ページ固定で印刷する方法』は終了です。 次回は、画面を下方向にスクロールしてもタイトル行が画面上部に固定される方法です。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 印刷・名前の管理 エクセルの印刷範囲を「可変型」に設定して印刷範囲の拡大・縮小を自動化する方法です。 データが入力されている行数分だけを印刷範囲に設定する方法をご存知ですか? ページ設定・印刷 エクセルのフッターでページ番号を任意の番号から開始する方法を解説します。 たとえば、エクセルで作成した資料を会議資料の6ページ目以降に差し込むのでページ番号は「6」から、といったケースです。 印刷・作業グループ エクセルで別シートを1枚の用紙に両面印刷できないときの対処法について解説します。 「作業グループ」を設定すれば、かんたんに複数シートの内容を両面印刷することができます。 コメント・印刷 エクセルのコメントを印刷する方法について解説。 デフォルトでは印刷されないコメントを印刷する手順です。 『コメントとは?』という方のために、コメントの基本的な使い方にも触れています。 印刷 「印刷範囲」の設定・解除・変更・表示などで、ユーザーが「できない」と悩みがちな点に着目。 印刷範囲を表す青線・点線を消せない、移動できない、など。 印刷・枠線 エクセルの 枠線を消す・枠線が表示されない・枠線を印刷したい、という場合の対処法を解説。 枠線の表示設定や印刷設定など、枠線に関するテクニックを図を入れながらわかりやすく解説します。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 条件付き書式・COUNTIF関数 エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。 Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。

次の