倍増 類語。 「倍増:ばいぞう」(倍が入る熟語)読み

「一助」の意味と使い方とは?類語や英語表現も例文で解説

倍増 類語

「一助」の意味と読み方とは? 「一助」の意味は「多少の助け」 「一助」とは「多少の助け」という意味があります。 何か困っていることがあったり、何かが足らないような状況において、全部とまではいかないが「多少の助け」となるもの、「何かの足し」という意味で使われます。 「一助」の言葉が示すように、十や百のの助けではなく「一つばかりの助け」という意味を持ち、少しの力、支えになるようなことを表す言葉となります。 「一助」の読み方は「いちじょ」 「一助」は「いちじょ」と読みます。 「一助」は誤読が多い言葉の一つで、「いちすけ」や「かずすけ」などど読んでしまう場合があるようです。 正しい読み方は「いちじょ」となりますので、気をつけましょう。 「一助」を使い方と例文 「一助」は力を貸す時に使う控えめな表現 「一助」は基本的に困っている相手やネガティブな状況を助ける、という意味を持ちますが、全面的な協力や大々的な支援をするといったニュアンスとはややかけ離れます。 「一助」とは、大したことはできないかもしれないが、部分的に役に立つと考えられることをしたい、または出来る限りの力や支援を提供し、少しでも役に立つことを望む、といった意味で使われます。 そのため「一助」は相手に対してやや控えめで謙虚な印象を与えることが多い表現となります。 「一助」は相手に尊敬の意を表し、相手への真摯な気持ちを伝えることができる控えめな表現です。 こちらから「何かをしてやる」といったニュアンスはなく「力添えをさせていただく…」といったニュアンスを含むため、ビジネスシーンでも好んで使われる一語となります。 「一助」は「少しの足し」という意味でも使われる また「一助」は純粋に「少しの足し」という意味でも使われます。 たとえば、普段の生活の中では「家計の一助(家計の助け)」や「学校生活の一助(学校生活を助けるもの)」、また「募金活動の一助(募金活動を支えるもの)」などのように使ったりします。 また、状況が常に動いているビジネスシーンでは、情報や関係データ、資料や社内メールなどに対し「理解の一助(理解を助けるもの)」と言ったり、「進行の一助(進行を足しになるもの)」と言ったりすることがあります。 もっとも、繊細なビジネスシーンではやや堅苦しい表現を用いるあえて傾向があるため、「一助」という表現が好んで選ばれているのかもしれません。 「一助」を使った例文• ビジネスマナーや社会人としての心得も、新人教育での一助としたい。 月に3000円ずつ貯金すれば、いずれ最新の携帯電話を購入する一助となるだろう。 SNSを使って自分の店を紹介したことが、利益倍増の一助を担ったなったようだ。 ほんの一助にすぎないが、ボランティアで募金活動を手助けをした。 ベンチャー企業に対する理解の一助になるべく、経験談を踏まえたインタービューを決行した。 私の意見が学童再建の一助になれば幸いです。 新人でございますが、企業の一助になれるように努力してまいります。 ここは地元の皆様のお力添えを頂戴したく、何卒応援のほどよろしくお願い致します。 両親の力添えがなければ、こんな一流企業へは就職できなかった。 「一助」の英語フレーズと英語例文 「一助」は英語で「help」「support」 「一助」を英語で表す時は、難しいことは考えずシンプルに「help」や「support」を使いましょう。 「多少の助け」「わずかな支援」という細かい意味にとらわれて「little help」や「small support」などと忠実に訳さなくても意味はしっかり通じます。 「一助」をつかった英語例文• Please refer to this marketing data to support your understanding. 理解の一助として市場データを参照して下さい。 Even though a small amount of saving can be the help when in emergency. 少しの貯金でも必ず非常時の一助となる。 まとめ 「一助」は「多少の助け」「何かの足し」という意味を持つ言葉です。 普段の生活でも使うことはありますが、ややフォーマルな印象を与えるため、ビジネスシーンや公共の場面で用いることが多い表現となります。 また「一助」はビジネスシーンにおいて相手に謙虚な姿勢を見せることができる言葉でもあります。 謙虚な姿勢を表し「助けたい」気持ちを伝えることができるため、相手に好印象を与えることもできるでしょう。 ぜひ、類語や英語表現もあわせて理解し「一助」を適切に使っていきましょう。

次の

「訴求(そきゅう)」の意味とは?類語や英語表現を例文で解説!

倍増 類語

みなさんは、類語辞典って使ったことありますか? 僕は 2浪して語彙力の必要性を意識するまで、正直使ったことがありませんでした。 だって、類語辞典って使いどころが難しいと思いませんか? 普通の辞典なら「この言葉の意味ってなんだろう?」と思ったらすぐ引けばいいわけですが、しかし 「この言葉の類義語はなんだろう?」と考えることって少ないですよね。 というか、そんなことを思ったことのある人のほうがまれだと思います。 だからこそ、 類語辞典は使いどころが難しい辞書です。 しかし実は、類語辞典を使って類義語を調べるのは、 手っ取り早く語彙力を身に付ける最適な方法なんです。 どれとどれが同じ言葉で、どういうふうに使い分けられているのかを理解できます。 たとえば「日和見主義」の類義語はなんだろうと調べて「事大主義」「御都合主義」などの類義語を理解し、その使い分け方も同時に調べる。 「この言葉とこの言葉は一緒なんだ!」と言葉同士のつながりを理解し、 言葉のネットワークを作っていくと、多くの語彙をいっぺんに身に付けることができるようになるのです。 類語辞典は、違う言葉にジャンプするために使う 僕は類語辞典を、 「その言葉の類義語」を調べ、さらにその類義語を他の辞書で調べるために使っていました。 「え!? 類義語なのに、わざわざもう1回調べる必要あるの?」と思う人もいるかもしれませんが、これが意外と有効です。 言葉が変わると、たとえ類義語でも説明が結構変わったりするのです。 たとえば日和見主義は「自分の都合のいいほうにつく態度」といった説明がなされていますが、その類義語の事大主義は「勢力の強いほうに付き従う態度」とった説明になっています。 微妙に意味が違いますね。 また、意味が1つだけという言葉は、あまり多くはありません。 むしろ2つか3つの意味があるほうが多く、そしてその意味の中の1つが類義語となっていることが多いんです。 この「日和見主義」にも2つほどの意味が存在し、そしてその中の1つが「事大主義」と類義語になっているのです。 だからこそ「日和見主義」と「事大主義」は同じ部分もあれば違う部分もあり、双方を調べる価値があるわけです。

次の

東大生が厳選「語彙力がグングン伸びる」3冊

倍増 類語

続いては、「倍旧」という言葉を使った、例文をご紹介していきます。 「倍旧」の意味や使い方は、上記でも考察しました。 しかし、理論上の意味や使い方だけでは、実際にコミュニケーションにおいて「倍旧」という言葉を使用したい場合、どのように使えば良いかわからないという方も、いらっしゃるでしょう。 例文を確認してみることで、「倍旧」の実践的な使用方法や使いどころ、言い回しなどを、学ぶことができます。 ぜひ、確認してみて下さい。 倍旧のご支援 「倍旧」という言葉は、上記でも述べたとおり、「倍旧の」といった形で使われることが多いと言われています。 「倍旧の」という言い回しで使用する場合、「ご支援」という言葉とともに使われることも多いとされており、以下の例文のような使い方が可能です。 ・本年も、倍旧のご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・今後とも、倍旧のご支援いただけますよう、お願いいたします。 ・倍旧のご支援を願い上げます。 倍旧のお引き立て 上記でピックアップした、「倍旧のご支援」と並んで、ビジネスシーンなどの挨拶で使用されることが多いフレーズが、「倍旧のお引き立て」というフレーズです。 以下の例文のような使い方ができ、さらに親密な関係やさらなる支援などを求める挨拶をする際に、使われることが多い言い回しだと考えられます。 ・今後とも倍旧のお引き立てを、お願い申し上げます。 ・倍旧のお引き立て、よろしくお願いいたします。 ・本年も倍旧のお引き立てを、何卒お願いいたします。 倍旧のご厚誼 上記でご紹介した2つの言い回しに加えて、「倍旧のご厚誼」という言い回しが使用されることもあります。 「倍旧のご厚誼」というフレーズもまた、これまで以上の親密な関係や支援を相手に願うニュアンスの挨拶をする際に、使用されることが多いと考えられそうです。 ・今年も倍旧のご厚誼いただけますよう、お願いいたします。 ・今後とも、倍旧のご厚誼賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・倍旧のご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。 倍旧の努力 「倍旧」という言葉は、相手にさらなる支援などを求めるケースのほかにも、自分自身がこれまで以上に努力することを表現する際にも、使用されることがあると言われています。 「倍旧の努力」というフレーズで「倍旧」を使用した場合は、これまで以上に努力していることを表現することができると、考えられそうです。 ・今後は倍旧の努力をして参ります。 ・倍旧の努力をして参りますので、何卒お願いいたします。 ・さらなるサービス向上に向けて、倍旧の努力をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。 「旧倍」の意味 まずは、「旧倍」という言葉がどのような言葉なのか、意味を通して考察していきます。 結論から言うと、「旧倍」という言葉は、正式には存在していないと考えられそうです。 インターネットで検索してみても、「旧倍」という言葉に対する、辞書などの正式な解説は、見つかりませんでした。 しかし、「旧に倍して」という言い回しは、正式な言葉として、存在していると言われています。 「旧に倍して」の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように説明されています。 引用から、「旧に倍して」とは、旧来よりも、物事などの度合いが、いっそう強まることを表現する言葉だと、言えそうです。 旧来よりも程度をいっそう強くする。 程度を増す。 「旧に倍して」と活用して動詞に続けることが多い。 「倍旧」と「旧倍」の違い 上記で考察した意味などから、「倍旧」と「旧倍」の違いについて、考察していきます。 結論から言うと、「旧倍」という言葉は、正式には使用されていないと考えられるため、これまでよりも程度や度合いが強まることを表現する場合は、「倍旧」という言葉を使用するのが正しいと考えられます。 しかし、似たような言葉の1つとして、「旧に倍して」という言葉もあり、「旧に倍して」と「「倍旧」は、意味や使い方も似ていると考えられそうです。 「倍旧」の語源 「倍旧」という言葉への理解を深めるためにも、続いては「倍旧」の語源や由来について、考えていきます。 しかし、「倍旧」という言葉の正確な由来について、説明などはされていませんでした。 そのため今回は、「倍旧」に使用されている「倍」「旧」という漢字の意味をもとに、「倍旧」の成り立ちや由来について、考えてみましょう。 「倍」の意味 「倍」という漢字は、日常的に使用する頻度が高い、身近な感じの1つですが、どのような意味を含んでいる漢字なのか、気になるところです。 「倍」という漢字の意味については、「漢字/漢和/語源辞典」にて、以下の引用の様に解説されています。 「倍」という漢字は、幅広い意味を含んだ感じだとされており、増えることやますますといった意味の他、そむくことを表現する意味もあると考えられそうです。 「旧」という漢字もまた、日常的に使用されることが多い漢字の1つです。 「漢字/漢和/語源辞典」では、「旧」の意味について、以下に引用した解説のように述べています。 引用の内容から、「旧」には、さまざまな意味が含まれていると読み取ることが可能です。 「旧」という漢字には、古いという意味やもとよりといったニュアンス、ふるくからの友人や年寄りと言った意味もあると言われています。

次の