徹甲ライト 真業物。 【MHWI】熔山大砲マグダゲミドの装備紹介!万能ヘビィが強い!

【アイスボーン】徹甲榴弾ライトのおすすめ装備【モンハンワールド(MHW)】

徹甲ライト 真業物

金獅子砲【万雷】のメリット・デメリット 金獅子方【万雷】のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリット ・攻撃力が高い。 金獅子砲【万雷】は2019年12月時点では最高火力のライトボウガンになります。 徹甲榴弾のダメージは攻撃力依存になるので、多くのダメージを与えたい場合は攻撃力を上げるのにつきます。 ・装填数が多い。 デフォルトで2発装填可能で、装填拡張スキルを3つつけると3発まで拡張が可能です。 継戦能力が高く、また弾数管理も行いやすいのがメリットです。 デメリット ・反動が大きい 反動が大きいです。 徹甲榴弾Lv3を撃てるライトボウガンのほとんどは、反動が大きく設定されています。 反動軽減パーツを2つつけても、反動大になります。 リロードも遅いため、回避装填パーツをつけないと使用は難しい武器です。 赤龍ノ狙ウ弩・水のメリットデメリット メリット ・覚醒能力でシリーズスキルを付与できる。 これが赤龍ノ狙ウ弩・水を使う上での最大のメリットだと思います。 素火力は低めでも、シリーズスキルを付与することによって、火力を高めることが可能です。 砲術5、真・弾丸節約の両立や、砲術5・KO術5の両立なんてことも可能になります。 砲術5・KO術5で使用すると、かなり火力が高く、面白いくらい相手がスタンしまくります。 また、武器にシリーズスキルを付与できることで、ビルドに幅を持たせることができることも意味しています。 金獅子砲【万雷】より武器の火力は低いですが、同じスキル構成だけど金獅子ビルドより攻撃を盛れる、なんてことも可能です。 覚醒能力として、ゾラマグナがあまり出てこないのがネックですね。 ・反動が普通になる。 こちらもかなり大きいメリットではないかと思います。 反動軽減パーツを2つ使用すると、反動が普通になります。 反動が普通以上になると移動しながら、発射が可能になり、非常に戦いやすくなります。 デメリット ・弾数が少ない デフォルトで1発しか装填できないのが、赤龍ノ狙ウ弩・水の最大のデメリットです。 装填拡張スキルを入れても、2発にしかなりません。 参考動画 参考動画として、真・弾丸節約を使用した時のダメージを載せておきます。 「金獅子砲【万雷】と」「赤龍ノ狙ウ弩・水」、真・弾丸節約は共通して使用し、ほぼ同じスキル構成での威力比較を行っています。 「赤龍ノ狙ウ弩・水」は覚醒能力としてシリーズスキルを付与し、砲術5・真・弾丸節約をいれています。 金獅子砲【万雷】 金獅子砲【万雷】のスキル構成です。 徹甲榴弾Lv3を使用する際、今までメインで使っていた構成です。 業物の護石を持ってなかったので、このような構成で使用していました。 KO、砲術、フルチャージは基本ですね。 スタミナ急速は回避装填を行うので、あるとかなり便利なスキル。 赤龍ノ狙ウ弩・水 対して比較対象、赤龍ノ狙ウ弩・水のビルドはこちら。 攻撃に関する構成は、金獅子砲【万雷】とほとんど同じです。 覚醒能力の構成としては、迅竜の真髄と攻撃6555です。 そのため、余った1枠にゾラマグナ防具を入れ、砲術5を導入しました。 また、挑戦者スキルや特殊射撃強化スキルも入れることができました。 似たようなビルドですが、中身は結構変わりますね。 武器にシリーズスキルを使用できるだけでこれだけ変わります。 砲術5を使用しているため、攻撃力は金獅子砲【万雷】より低いですが、威力はこちらのほうが高くなりました。 最後に 同じ砲術5で比較すれば、金獅子砲【万雷】の火力のほうが高いでしょう。 また、継戦能力も金獅子砲【万雷】のほうが高いです。 しかし、赤龍ノ狙ウ弩・水は金獅子砲【万雷】にはないビルドの幅の高さがあります。 ビルドによっては金獅子砲【万雷】以上に狩りやすくなるでしょう。 赤龍ノ狙ウ弩・水でいろんなビルドを試してみてくださいね。 ではまた次回〜。 赤龍ノ狙ウ弩・水の徹甲榴弾ビルドはこちらに書いています。 著者の基本的な食事 これにプロテインなどがプラスされます。

次の

【MHWアイスボーン】真業物+砲術極意が強い!赤龍ノ狙ウ弩・水の徹甲榴弾用装備

徹甲ライト 真業物

熔山龍の真髄(砲術・極意) 砲術スキルのレベル上限が開放される。 まず徹甲榴弾ライト装備でおすすめなシリーズスキルが 「 迅竜の真髄」と「 熔山龍の真髄」になります。 徹甲榴弾は調合分を持っていっても足りなくなる時があるので、弾丸節約は必須になってくると思います。 砲術スキルのレベル上限が開放される熔山龍の真髄も同じように、徹甲榴弾の爆破ダメージを上げる為の必須火力スキルになるので必ず発動させたいです。 武器は覚醒水ライトでスキル[迅竜の真髄]を付けよう 武器は 覚醒水ライト(赤龍ノ狙ウ弩・水)にシリーズスキル[迅竜の真髄]を付けたものが必要になってきます。 覚醒武器の覚醒能力で[迅竜の真髄]で付けることで、3部位装備で発動できる[迅竜の真髄][熔山龍の真髄]の2つが同時発動できます。 ムフェトジーヴァの覚醒武器ならではの装備構成になっていますので注意してください。 ちなみに覚醒水ライトに付けるべき覚醒能力は、[迅竜の真髄]と残りはすべて攻撃力強化で大丈夫です。 覚醒能力は違いますが、こちらの覚醒水ライト(属性速射)の記事で覚醒武器についてまとめてるので、覚醒武器についてわからないことがあれば、見てください。 発動スキル• 耳栓LV5• 砲術LV5• 耐震LV3• 体力増強LV3• KO術LV3• フルチャージLV3• スタミナ急速回復LV2 最初に言いましたが、今回は 徹甲ライトに必要なスキルに加えて、対激昂ラージャン用に 耳栓、耐震、KO術を発動させています。 fa-caret-right耳栓LV5 激昂ラージャン対策で耳栓というよりは、徹甲ライトは耳栓と相性がいいのでLV5で付けたいますが、実際アプデ後に対戦してあまり咆哮をしてこないのであれば外すかもしれないです。 fa-caret-right耐震LV3 耐震LV3ha必須になってきます。 通常個体のラージャンも飛び上がりからの突進攻撃は、回避できても広範囲に振動によるよろけで、死につながるケースも少なくありません。 激昂ラージャンは飛び上がりからの攻撃が3回連続攻撃になっているので、必ず付けたいスキルです。 fa-caret-rightKO術LV3 KO術はモンスターをスタンさせやすくなり、徹甲ライトと相性が良いスキル。 特にマルチでは、パーティーにKO術の徹甲ライトが1人居ると狩りが非常に楽になります。 その他のスキル 体力増強、装填拡張、砲術LV5(シリーズスキルで上限解放)も徹甲ライトでは必須になります。 フルチャージは近接武器より被ダメのリスクが少ないボウガン系と相性が良く、少ないコストで火力の底上げが出来るので今回付けています。 ですが、体力維持が難しいモンスターの場合は恩恵が少なくなるので、これも実装後にもしかしたら外すかもしれません。 ただ今回は、装填拡張のスキルを装飾品ではなく、護石で発動してるので、耳栓を護石で発動させ装填拡張を装飾品の組み合わせでも同じスキルが組めると思います。 耳栓の護石の作成方法はこちらにまとまてます どちらの組み合わせでも装飾品がまだ集まってなく作れない場合は、フルチャージ(無傷珠)を外しても大丈夫です。 その時は空いたスロットにスロ3防音珠を4つ使用します。

次の

【MHWアイスボーン】ムフェト覚醒水ライト装備(KO術&砲術・極意搭載)で徹甲ダメージ最大を出す強化法『しろのモンハンワールドブログ』

徹甲ライト 真業物

武器にナルガのシリーズスキルをつけて、残りは攻撃に全振り。 防具はゾラマグナ3部位とナルガ2部位で真業物と砲術極意を発動させます。 必須スキルは体力増強3、砲術5、装填拡張3、フルチャージ3てところでしょうか。 徹甲榴弾には威力に天井があるのでフルチャ程度でOKです。 補助としてひるみ軽減や耳栓5、体術やスタ急があると快適になります。 足マグナに耳栓1があるので護石と合わせて耳栓5にできます。 徹甲ライトの立ち回りですが、回避装填を2つ付けて運用しますので2発打って回避装填、2発打って回避装填、ショートカットで調合、の繰り返しになります。 戦術上スタンが何度も取れますがスタン中はスタン値が蓄積されないので頭以外の部位破壊を狙います。 また、回避装填中に攻撃を受けてリロード失敗した場合は起爆竜坑をその場で打てば回避装填できます。 こんなところですかね。 慣れれば非常にお手軽高火力なので是非お試しあれ。 長文失礼しました。

次の