マース クライン。 Japan

世界最大のコンテナ船「マースク・トリプルE」が建造されているドックの風景

マース クライン

主要コンテナ海運会社 [ ] ばら積み船や専用船などカウントせず、コンテナ船のみをカウントしたランキングである。 多国籍企業については親会社が本社を置く国名を表記 2018年6月における容量順のコンテナ海運会社上位10社 海運会社 容量 市場占有率 船舶数 デンマーク) 3,879,439 15. (Mediterranean Shipping Company S. A、)(船腹面積では世界第一位のについで第二位を誇る。 () 事業社名:() 世界最大手 ()、 ()の経営権を所有する海運会社グループ• モラー・マースク(デンマーク)に買収された• (イギリス) 、、 ()、 ()、 ()、 アメリカ合衆国)、 ()の経営権を所有する海運会社グループ 2005年、 が経営権を所有、事業合理化のため ()と統合• (イギリス) 2002年、(台湾)が、Hatsu Marine(イギリス)を創設• (Senator Lines、ドイツ) Hanjin-Senator と経営統合したコンテナ海運会社 2009年に営業を終えた• (ドイツ) 事業社名: 1970年、 Hapag (ドイツ)と NGL North German Lloyd (ドイツ)が統合 1998年、 TUI AG Touristik Union International A. (観光業を主業務とする企業グループ (ドイツ)が、 Hapag-Lloyd の経営権を所有 2005年、 TUI AG が CP Ships の経営権を所有• ( Compagnie Maritime d'Affretement, Compagnie Generale Maritime、)• Delmas、フランス) (フランス)が経営権を取得• ( Zim Integrated Shipping Services、)• (Wallenius Willhelmsen、・)• A、ドイツ)• (Hoegh Autoliners、ノルウェー)• (Italia Marittima S. a、イタリア) (Evrgreen Marine Co、台湾)が、ロイド・トリエスティーノ (Lloyd Triestino) の経営権を所有 2006年、ロイド・トリエスティーノ(Lloyd Triestino) より、イタリア・マリッティマ (Italia Marittima S. a)へ改称• (ドイツ) アジア [ ]• 上記以外の日本の海運会社についてはを参照• (China COSCO Shipping、中国遠洋海運、中国)• (Orient Overseas Container Lines、) 事業社名:OOIL(Orient Overseas International Limited、東方海外国際有限公司)• (Hyundai Merchant Marine、現代商船、)• (Hanjin Shipping、韓進海運、大韓民国)• (長榮海運、台湾) 台湾の大手航空会社の親会社• (萬海航運、台湾)• (ヤンミンラインズ、台湾)• (TS LINES、台湾)• (Neptune Orient Lines、) (Amertican President Lines、) の経営権を所有する海運会社グループ• (United Arab Shipping Co. 、) 南北アメリカ [ ]• (Amertican President Lines、アメリカ合衆国) (Neptune Orient Lines Co、) 傘下の海運会社• Lykes Lines (アメリカ合衆国) (CP Ships、イギリス) 傘下の海運会社• Canada Maritime、Cast、Contship Containerlines () (CP Ships、イギリス) 傘下の海運会社• A、チリ) 2000年、Norasia の経営権を取得し、CSAV Norasia、香港)を設立 アフリカ [ ]• (Safmarine Container Lines N. 、) 1999年、 () が、サフマリンの経営権を取得 オセアニア [ ]• () 脚注 [ ].

次の

海運会社の一覧

マース クライン

即時オンラインブッキング 海運最大手のマースクラインが11月1日、同社のオンラインブッキングにて危険品・特殊コンテナを除く即時ブッキング確定サービスを開始したと発表しました。 海運各社がオンラインブッキングへと舵を切る中、マースクラインは他社より頭一つ抜けた形となります。 リリースノート: 海運各社は人手不足と効率化を図るためオンラインブッキングへと舵を切っています。 その中でもトップを走っているのが海運最大手、マースクラインです。 マースクラインでは数年前からブッキングの受付をオンラインのみに切り替えています。 サービス開始当初は様々な障害もありましたが、改良を重ね今では最も進んだオンラインブッキングとなっています。 今回、即時ブッキングが可能になったことで、今までの懸念であったブッキングスペースの確認についても即時に判明することとなり、他社を検討するかスケジュールをずらすかの判断が迅速にできるようになりました。 従来のオンラインブッキングの課題 日本企業では船積みのブッキングはいまだにメールや電話で行われているケースが多いです。 そのため、オンラインブッキングはなかなか日本にはなじんでいませんでした。 その理由として、電話であれば即時スペースが確保できるのに対し、オンラインではスペースの確認が取れるまでタイムラグがあるというものがありました。 そのため、オンラインブッキングは情報が残り便利ではあるけれど、特にフォワーダー業界においては敬遠されてきたのです。 また、スペースの確保と同様にオンラインフォームへの入力の煩雑さがありました。 電話などであれば過去のブッキング実績から即ブッキングが可能なのに対し、オンラインフォームでは細かいところまで入力する必要がありブッキングが煩雑になっていたのです。 しかし、マースクラインはブッキング履歴の利用、さらにオンラインフォームへの入力もAIを活用したサジェスチョン機能を利用しているため非常にスムーズに行えることができるのです。 今回、最大の障壁であった即時ブッキングを可能にしたことで、さらに利便性が高まりました。 フォワーダー業界もマースクラインを今後積極的に利用していくべきでしょう。 他社の動向 オンラインブッキングで一つとびぬけているのがマースクラインですが、追従するように他社も次々とオンラインブッキングへと舵を切っています。 コンテナ船社各社の動向をまとめてみました。 コンテナ船社 オンラインブッキング 概要 Maersk Line 即時ブッキング 半自動化・入力の手間は最小限 CMA-CGM オンラインブッキングのみ 契約番号の入力、乙仲の連絡必要。 少々手間ではあるものの、Maersk Lineに次いで使いやすい APL オンライン・メールのみ CMA-CGMに統合されたものの、独自のシステムを使用。 ブッキング番号、参照番号など様々な番号があり煩雑 SITC オンライン推奨 簡易的スペース確認が可能。 危険品も受付。 ただし確認は人海戦術で行っているため、営業時間外はブッキングが遅くなる WAN LINES オンライン推奨 担当営業番号の入力の必要があり、少々煩雑 OOCL 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない MSC オンラインはInttra経由 Inttraは入力項目が多く、煩雑。 現在改善中 SINOTRANS 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない COSCO Shipping 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない INTERASIA 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない ONE Ocean Network Express 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない EVERGREEN 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない Hyundai 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない Yangming 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない TS Lines 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない このように欧州系のコンテナ船社はオンラインブッキングを推奨しているのに対し、ONE(Ocean Network Express)他中国系や台湾系の船社はなかなかサービスの開始まで進んでいるところは少ないのが現状です。 各社オンラインサービスは進めようとしているものの、オンラインブッキングの障壁は高く、入力項目であったり料金の紐づけであったりと課題が山積しています。 そのため、完全オンライン化を実現できているのは欧州系船社のみになっているのです。 日系企業はもっと危機感を持て! さて、マースクラインが即時オンラインブッキングサービスを開始したことで、マースクラインの利用顧客はますます増加することが見込まれます。 高度な自動化を実現しているマースクラインではコスト削減が進んでいて、海上運賃も非常に低コストでの展開が可能になっています。 競争が進む昨今、最終的には物流コストで船社を選定する企業も少なくありません。 少々ブッキングの手間が煩雑でもコスト重視でマースクラインに流れている企業も少なからず存在するのです。 そんな中、日本を代表するONE(Ocean Network Express現在はシンガポールに本社を置いている)はサービス開始当初はオンラインブッキングを設けておらず、自動化には後れを取っています。 合理化を進めるとの錦の御旗の元、MOL、NYK、K-Lineの統合が進められましたが、実際には合理化は困難を極めています。 結果統合後初の決算では赤字となってしまいました。 マースクラインの営業スタイルは日本ではなかなか受け入れられていません。 しかし、高度な自動化を進め、徹底したコスト削減、合理主義を進めることで海上運賃の削減、そして最終的には顧客サービスの向上を実現しています。 日本企業はもっと危機感を持ち、自動化への投資を進めるべきではないでしょうか。

次の

Japan

マース クライン

即時オンラインブッキング 海運最大手のマースクラインが11月1日、同社のオンラインブッキングにて危険品・特殊コンテナを除く即時ブッキング確定サービスを開始したと発表しました。 海運各社がオンラインブッキングへと舵を切る中、マースクラインは他社より頭一つ抜けた形となります。 リリースノート: 海運各社は人手不足と効率化を図るためオンラインブッキングへと舵を切っています。 その中でもトップを走っているのが海運最大手、マースクラインです。 マースクラインでは数年前からブッキングの受付をオンラインのみに切り替えています。 サービス開始当初は様々な障害もありましたが、改良を重ね今では最も進んだオンラインブッキングとなっています。 今回、即時ブッキングが可能になったことで、今までの懸念であったブッキングスペースの確認についても即時に判明することとなり、他社を検討するかスケジュールをずらすかの判断が迅速にできるようになりました。 従来のオンラインブッキングの課題 日本企業では船積みのブッキングはいまだにメールや電話で行われているケースが多いです。 そのため、オンラインブッキングはなかなか日本にはなじんでいませんでした。 その理由として、電話であれば即時スペースが確保できるのに対し、オンラインではスペースの確認が取れるまでタイムラグがあるというものがありました。 そのため、オンラインブッキングは情報が残り便利ではあるけれど、特にフォワーダー業界においては敬遠されてきたのです。 また、スペースの確保と同様にオンラインフォームへの入力の煩雑さがありました。 電話などであれば過去のブッキング実績から即ブッキングが可能なのに対し、オンラインフォームでは細かいところまで入力する必要がありブッキングが煩雑になっていたのです。 しかし、マースクラインはブッキング履歴の利用、さらにオンラインフォームへの入力もAIを活用したサジェスチョン機能を利用しているため非常にスムーズに行えることができるのです。 今回、最大の障壁であった即時ブッキングを可能にしたことで、さらに利便性が高まりました。 フォワーダー業界もマースクラインを今後積極的に利用していくべきでしょう。 他社の動向 オンラインブッキングで一つとびぬけているのがマースクラインですが、追従するように他社も次々とオンラインブッキングへと舵を切っています。 コンテナ船社各社の動向をまとめてみました。 コンテナ船社 オンラインブッキング 概要 Maersk Line 即時ブッキング 半自動化・入力の手間は最小限 CMA-CGM オンラインブッキングのみ 契約番号の入力、乙仲の連絡必要。 少々手間ではあるものの、Maersk Lineに次いで使いやすい APL オンライン・メールのみ CMA-CGMに統合されたものの、独自のシステムを使用。 ブッキング番号、参照番号など様々な番号があり煩雑 SITC オンライン推奨 簡易的スペース確認が可能。 危険品も受付。 ただし確認は人海戦術で行っているため、営業時間外はブッキングが遅くなる WAN LINES オンライン推奨 担当営業番号の入力の必要があり、少々煩雑 OOCL 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない MSC オンラインはInttra経由 Inttraは入力項目が多く、煩雑。 現在改善中 SINOTRANS 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない COSCO Shipping 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない INTERASIA 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない ONE Ocean Network Express 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない EVERGREEN 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない Hyundai 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない Yangming 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない TS Lines 2018年10月時点で日本ではサービスを行っていない このように欧州系のコンテナ船社はオンラインブッキングを推奨しているのに対し、ONE(Ocean Network Express)他中国系や台湾系の船社はなかなかサービスの開始まで進んでいるところは少ないのが現状です。 各社オンラインサービスは進めようとしているものの、オンラインブッキングの障壁は高く、入力項目であったり料金の紐づけであったりと課題が山積しています。 そのため、完全オンライン化を実現できているのは欧州系船社のみになっているのです。 日系企業はもっと危機感を持て! さて、マースクラインが即時オンラインブッキングサービスを開始したことで、マースクラインの利用顧客はますます増加することが見込まれます。 高度な自動化を実現しているマースクラインではコスト削減が進んでいて、海上運賃も非常に低コストでの展開が可能になっています。 競争が進む昨今、最終的には物流コストで船社を選定する企業も少なくありません。 少々ブッキングの手間が煩雑でもコスト重視でマースクラインに流れている企業も少なからず存在するのです。 そんな中、日本を代表するONE(Ocean Network Express現在はシンガポールに本社を置いている)はサービス開始当初はオンラインブッキングを設けておらず、自動化には後れを取っています。 合理化を進めるとの錦の御旗の元、MOL、NYK、K-Lineの統合が進められましたが、実際には合理化は困難を極めています。 結果統合後初の決算では赤字となってしまいました。 マースクラインの営業スタイルは日本ではなかなか受け入れられていません。 しかし、高度な自動化を進め、徹底したコスト削減、合理主義を進めることで海上運賃の削減、そして最終的には顧客サービスの向上を実現しています。 日本企業はもっと危機感を持ち、自動化への投資を進めるべきではないでしょうか。

次の