サイレン スズカ。 サイレンススズカ伝説 あの天皇賞秋を忘れない【競馬動画】

サイレンススズカとは (サイレンススズカとは) [単語記事]

サイレン スズカ

誕生日:5月1日• 身長:161cm• スリーサイズ:B70・W53・H79 言葉少なで物静か。 不思議な透明感と、どこか影のある憂いを秘めたクールな美少女。 クラスはスペシャルウィークの一年先輩にあたる。 トレセン学園最強チーム<リギル>所属だったが、チーム方針で控えるレースを強いられスランプに陥っていた。 しかし、チーム<スピカ>に移籍してからは本領発揮。 得意戦法はスタートダッシュから終始先頭に立ち、ひたすら逃げ続ける"大逃げ"。 その圧倒的なスピードは、一度走り出すと誰も彼女の影を踏むことはできないほど。 まさに走るために生まれてきたようなウマ娘。 彼女の目標は、観ている人に夢を与えられるようなウマ娘だという。 寮ではスペシャルウィークと同部屋となり、互いに良い影響を与えている。

次の

サイレンススズカ

サイレン スズカ

「私にできることは、走ること。 それだけなので」 サイレンススズカ ウマ娘 とは、「」の登場。 の、をとするである。 : 概要 年 最速の機 は、か孤独か。 言葉少なで物静か、常に「走る」ことを考えており、ストイックにに打ち込んでいる。 を基調に、のアクセント入りの勝負も、麗ながらもどこか折れてしまいそうなさを思わせる。 アニメでの活躍 のがに出て最初に見たで、と登場。 持ち前の圧倒的なで快勝してみせる。 そのはからいきなり先頭に立ち、最後までぎる「大」である。 当初はの「リ」に所属していたが、の方針により中のを抑えるように導され、に陥っていた。 その後、思うところあり、自性を重んじる「」に移籍する。 「夢を与えられるになりたい」とは言う。 学園の寮では奇しくものとなる。 と心を通わせ、やがて二のを築くのだが…。 <以バレ> 第7話「」の回にて、に出走したは、の辱を誓うら「リ」の面々や、、といった強敵をものともせずに序盤から快走。 後方を全にブッチぎる「て差す」を展開した。 しかし、好事魔多しの言葉通り、3で事態は急変。 左足に痛を感じたカは体制を乱したまま、減速もままならない状態となる。 観客席からしてきたに受け止められて何とか止まることができ、の導によって適切な処置がされた。 はその場で意識を失い、ので覚めた。 左足は折しており、再び元のように走れるようになるかはわからないと言われるが、カは「夢を与える」ために再起を誓うのであった。 そしてを終え、スペが出走するの前日の特別戦で復帰。 直後に出遅れるものの、直線で一気に挽回し先頭で。 あの日から1年(史実からは20年)の時を経て、止まっていたの針が再び動き出した。 <以上、終了> ゲームでの能力 は開始前のため、はありません。 をお願いします。 史実 は、ワというからの輸入から生まれた。 に新戦で。 その後は勝れなかったものの、周囲からは来年はだと期待された。 そして、その中で必勝のである「大」をしていく。 そして、とのも固まりつつあった。 円熟期のの走りは「て差す」と称された。 中を短のを維持して走れるため、中に走っているだけで先頭を引っる形になり、最後の直線でスをかけたらもうもついてこられない。 差しや追込でをかわすのはとも言われた。 は最初から何身もつけるようなブッチギスで連勝し、いよいよに挑戦。 そのでは、こそ南井己氏だったが、抑え気味の内容ながらも初を上げた。 そして、において、とという強敵をものともせずに、「 どこまで行ってもてやる!! (by)」と言わんばかりに、2身半の差をつけて見せた。 つぎは本命の標だった。 これまでの6連勝という強さに圧倒的1番を獲得。 後はを経て、への遠征も計画されていた。 がし、は後続に一時は10身差をつける圧倒的でをした。 いや、したというよりは、彼だけが別を突っ走っているかのようだった。 だが… 3を過ぎた時、いきなり彼は姿勢を乱し、ガクッとを落とした。 その左足は粉砕折していたのである。 治療のを開いて生きながらえてほしいというたちの願いも虚しく、とされ、はへをしに立ってしまった。 そして、でも悲劇の史実を覆す活躍をたるがえるべし、である。 関連項目•

次の

【ウマ娘】武豊騎手の「サイレンススズカが背中を押してくれた」が10話で再現されてて泣いた

サイレン スズカ

はの「スマート」と英語でを意味する「ファルコン」が由来となっている。 おもな勝ち鞍は(、)、(2011年)、(2010年、2011年)、(2012年)など。 半兄には東京大賞典()優勝馬の(父マジックミラー)がいる。 2010年・2011年度を受賞。 逃げからの圧勝、鞍上・の姿を重ねて「砂の」とも呼ばれる。 経歴 [ ] 2歳 [ ] にで行われた2歳で騎手を鞍上にデビュー。 1番人気に応え快勝すると、2戦目の2歳500万下の2着を挟み、3戦目の2歳500万下でを背に2勝目を飾る。 3歳 [ ] 翌、緒戦は初の芝のレースとなるジュニアカップを選択。 5番人気となるが、見事勝利しクラシック戦線に名乗りを上げる。 しかし、続く、を惨敗すると、でも全くいいところなく最下位の18着と大敗してしまう。 レース後、・厩舎から・厩舎に転厩することが決まり、グリーンウッドにリフレッシュ放牧に出された。 転厩後、再びダート路線に転換すると、交流重賞()のでの2着に入り、改めてダートでの能力の高さを窺わせる。 続く初の勢との対戦となったKBC杯で鮮やかな逃げ切り勝ちを収める。 これが最後のJRA開催の競走への出走となる。 にで行われたでもスタート後ハナに立つとそのまま勝利し、初の制覇を果たした。 なお、この勝利は産駒、調教師の小崎憲ともに交流重賞初勝利となった。 続くではダートではを外していないことから、初JpnI制覇の期待がかけられたが、逃げる2番人気のを最後まで捉える事が出来ず、1馬身差の2着に敗れた。 この後は賞金を満たしていることから、との両睨みであったが、後者を選択。 に行われたレースでは重馬場も苦にせず、2着のに7馬身差を付ける逃げ切りで重賞2勝目を挙げた。 さらにでは、これまでの実績から単勝1. 0倍の断然人気に推された。 レースではスタートで出遅れ後方からとなったが、最後の直線で後続を突き放し2着に4馬身差を付け、交流重賞3勝目を挙げた。 4歳 [ ] 第21回ブリーダーズゴールドカップ 緒戦は、にで開催されたから始動。 ここでもテンからハナに立つと楽に逃げ切り、2着に4馬身差の圧勝劇で、単勝1. 1倍の人気に応え交流重賞4勝目を挙げた。 続くに行われたでも、大外枠ながらハナを奪うとそのまま逃げ切り、2着に半馬身先着し、圧倒的1番人気にここでも応えた。 続くに行われたでもスタートからハナを奪うと、直線に向いてさらにリードを広げ、に5馬身差をつけて圧勝、交流重賞5連勝を達成した。 続くに行われたでは2、3番手追走から4コーナー付近で先頭に並びかけ、に1馬身半差をつけて優勝、交流重賞6連勝となった。 その後、のでは3番手でレースを進め、4コーナーで逃げるに並びかけたものの最後の直線で4馬身差離されて2着に敗れ、交流重賞7連勝はならなかった。 その後、のでは2番手追走から直線抜け出して快勝、2分2秒2のレコードタイムで交流重賞8勝目を挙げた。 休養を挟み、連覇がかかったの浦和記念に圧倒的1番人気で出走。 いつも通りに逃げるものの直線で失速し7着に敗れ、ダートで初めて掲示板を外す結果となった。 5歳 [ ] 第56回東京大賞典 緒戦は、連覇のかかったのかきつばた記念。 スタートから積極的にハナを奪い、最後の直線でも脚色も衰えることなく逃げ切り勝ちを収め連覇を果たし、重賞9勝目となった。 続くのさきたま杯では3番手追走から向正面半ばで先頭に立ちそのままゴール、前年に続いて連覇を収め重賞10勝目を挙げた。 2008年JBCスプリント以来の交流JpnI挑戦となったのでは3番人気で出走したが、の6着に敗れた。 のでは岩田康誠が落馬負傷したため、とのコンビで挑んだが斤量2キロ重く背負う勝ち馬フリオーソに対して全くいいところを見せることが出来ず、3着に惨敗した。 のでは再び武豊とのコンビで挑み、大外枠から果敢にハナを奪い、道中は終止楽な手ごたえで進み、4コーナーでは他馬が手ごたえがいっぱいとなる中、直線で後続を突き放し7馬身差の圧勝でGI初制覇となった。 続く浦和記念でも、一度もハナを譲ることなく逃げ、直線に入るとムチを入れることなく他馬を突き放し、6馬身差で圧勝した。 暮れの大一番の東京大賞典では、好発したフリオーソからハナを奪うと4コーナー付近からのスパートで後続をふるい落とし、が持っていた従来の日本レコードを0. 6秒、コースレコードを1. 7秒上回る、驚異的なレコードタイムを樹立して勝利した。 6歳 [ ] 緒戦はの。 スタートから主導権を握り軽快に逃げ、直線で後続を突き放し8馬身差をつけ圧勝した。 この勝利で、を抜き、JRA所属馬でトップの重賞14勝となった。 のでは序盤から主導権を握ると直線でも後続を寄せ付けずに9馬身差をつけ圧勝した。 9月23日の日本テレビ盃では序盤で先手を奪うとそのまま逃げ切り後続に4馬身差をつけ圧勝した。 11月3日のJBCクラシックでは馬なりで先手を奪い、に1馬身差をつけ逃げ切って連覇を飾った。 暮れの大一番の東京大賞典では先手を奪い軽快に逃げ抜群の手応えのまま直線に突入するが、2番手につけたも渋太く食い下がりゴール前でデッドヒートとなったが写真判定の末ハナ差で勝利、連覇を飾った。 7歳 [ ] 緒戦はの。 好スタートからすんなり先手を奪うと直線で更に脚を伸ばし後続勢に4馬身差をつけ、従来ののレコードを2秒上回る2分10秒7のコースレコードで圧勝した。 トランセンド、とともにに招待された。 のドバイワールドカップではゲートが開く前に飛び出そうとし、ゲートに顔面を強打。 ゲート奥に下がったところでゲートが開き 、スタート直後に脚を滑らせた上にから不利を受け、後方からの競馬を強いられ10着に終わった。 帝王賞については、調子の回復が思わしくないことから出走を回避した。 その後は放牧に出され、8月に帰厩して 復帰に向けて調整されていたが、にを発症したため、引退することとなった。 引退後はで種牡馬入りする。 14 3 3 2. 9 (1人) 1着 55 ダ1600m(重) 1:39. 1 36. 0 -0. 2 (シベリアンケン) 11. 東京 2歳500万下 13 2 2 4. 3 (3人) 2着 岩田康誠 55 ダ1600m(良) 1:39. 1 37. 4 0. 4 12. 2歳500万下 15 3 5 4. 8 (3人) 1着 55 ダ1800m(良) 1:55. 6 39. 5 -0. 1 (ラッシュストリート). 中山 ジュニアカップ OP 13 6 8 12. 2 (5人) 1着 56 芝1600m(良) 1:34. 1 34. 4 -0. 1 () 2. 東京 JpnIII 16 6 12 6. 7 (2人) 7着 横山典弘 56 芝1800m(良) 1:48. 5 35. 3 0. 9 3. JpnIII 12 2 2 11. 2 (4人) 10着 56 芝1600m(良) 1:35. 7 33. 4 1. 1 4. 中山 JpnI 18 6 11 66. 6 (17人) 18着 57 芝2000m(良) 2:04. 1 36. 7 2. 4 7. JpnI 15 4 8 15. 5 (3人) 2着 岩田康誠 56 ダ2000m(不) 2:05. 1 37. 0 0. 6 8. KBC杯 OP 15 8 14 3. 3 (1人) 1着 岩田康誠 53 ダ1700m(良) 1:43. 6 37. 0 -0. 0 (ベルモントプロテア) 10. JpnIII 11 8 11 1. 5 (1人) 1着 岩田康誠 54 ダ2100m(重) 2:14. 1 -0. 5 () 11. JpnI 12 5 6 5. 7 (3人) 2着 岩田康誠 56 ダ1400m(良) 1:25. 8 36. 7 0. 2 11. JpnII 11 1 1 1. 6 (1人) 1着 岩田康誠 54 ダ2000m(重) 2:04. 8 38. 2 -1. 3 () 12. 園田 JpnIII 12 5 6 1. 0 (1人) 1着 岩田康誠 57. 5 ダ1400m(稍) 1:26. 5 37. 6 -0. 7 (). 11 JpnIII 12 5 6 1. 1 (1人) 1着 岩田康誠 58 ダ2000m(良) 2:07. 4 37. 6 -0. 7 (ロールオブザダイス) 3. JpnIII 11 8 11 1. 3 (1人) 1着 岩田康誠 58 ダ1900m(良) 2:01. 8 38. 9 -0. 1 () 5. 名古屋 JpnIII 12 2 2 1. 0 (1人) 1着 岩田康誠 58 ダ1400m(良) 1:25. 5 37. 9 -1. 0 (トーセンブライト) 5. 浦和 JpnIII 12 5 5 1. 2 (1人) 1着 岩田康誠 58 ダ1400m(良) 1:26. 4 36. 4 -0. 2 (バンブーエール) 7. JpnIII 13 4 4 1. 1 (1人) 2着 岩田康誠 58 ダ2000m(良) 2:04. 6 0. 6 8. JpnII 15 6 11 2. 2 (2人) 1着 岩田康誠 57 ダ2000m(重) R2:02. 2 37. 8 -0. 2 (アドマイヤスバル) 11. 浦和 浦和記念 JpnII 11 7 8 1. 4 (1人) 7着 岩田康誠 57 ダ2000m(重) 2:10. 0 42. 8 2. 9 ブルーラッド. 名古屋 かきつばた記念 JpnIII 12 4 4 2. 3 (2人) 1着 岩田康誠 58 ダ1400m(良) 1:25. 3 36. 7 -0. 3 () 5. 浦和 さきたま杯 JpnIII 12 7 9 1. 3 (1人) 1着 岩田康誠 58 ダ1400m(稍) 1:26. 2 38. 0 -0. 8 (スーニ) 6. 大井 JpnI 15 6 10 4. 5 (3人) 6着 岩田康誠 57 ダ2000m(稍) 2:04. 8 39. 2 1. 4 9. 船橋 JpnII 14 2 2 3. 9 (3人) 3着 56 ダ1800m(良) 1:49. 3 36. 5 0. 5 フリオーソ 11. 船橋 JpnI 13 8 13 16. 1 (4人) 1着 武豊 57 ダ1800m(良) 1:49. 9 39. 3 -1. 3 (フリオーソ) 11. 浦和 浦和記念 JpnII 10 6 6 1. 1 (1人) 1着 武豊 58 ダ2000m(稍) 2:05. 8 36. 7 -1. 2 (ボランタス) 12. 大井 JpnI 14 8 13 2. 5 (1人) 1着 武豊 57 ダ2000m(良) R2:00. 4 37. 3 -0. 3 (フリオーソ). 船橋 JpnII 14 4 5 1. 0 (1人) 1着 武豊 56 ダ2400m(良) 2:33. 2 39. 8 -1. 6 (カキツバタロイヤル) 6. 大井 帝王賞 JpnI 11 6 6 1. 2 (1人) 1着 武豊 57 ダ2000m(良) 2:01. 1 36. 0 -1. 8 () 9. 23 船橋 日本テレビ盃 JpnII 12 8 12 1. 0 (1人) 1着 武豊 58 ダ1800m(重) 1:50. 6 37. 8 -0. 7 (フリソ) 11. 3 大井 JpnI 12 7 10 1. 2 (1人) 1着 武豊 57 ダ2000m(良) 2:02. 1 37. 3 -0. 2 () 12. 29 大井 東京大賞典 GI 12 8 12 1. 0 (1人) 1着 武豊 57 ダ2000m(良) 2:01. 8 38. 2 -0. 0 (). JpnI 12 5 5 1. 1 (1人) 1着 武豊 57 ダ2100m(不) R2:10. 7 38. 5 -0. 8 (ランフォルセ) 3. G1 14 - 14 - (2人) 10着 武豊 57 2000m(良) - -• タイム欄の Rはレコード勝ちを示す 種牡馬時代 [ ] 新種牡馬として2013年から種付けを行っており、初年度は60万円(受胎確認後)で164頭に種付けを行い、種付け数は135・141と推移。 2016年から初年度産駒がデビューした。 同年4月ののドリームChでシェナトウコンが勝利して産駒初勝利。 同年7月の新馬戦でビーチマリカが勝利してJRA初勝利。 2016年の種付け数は181頭に増加した。 翌2017年の4月にスターレーンがに勝利して重賞初勝利。 同年の7月にのにダンストリアンが勝利。 しかし2年目以降の産駒に活躍馬が出ずに2017年の種付け数は101頭に激減。 2017年12月3日、社台スタリオンステーションからに移動した。 翌2018年も種付け数は64頭まで減少した。 主な産駒 [ ]• 2014年産• スターレーン(2017年)• ダンストンリアン(2017年)• 2016年産• アイオブザタイガー(2018年、)• 2017年産• ティーズダンク(2019年)• 主な近親 [ ]• 半兄にワールドクリーク(東京大賞典、父マジックミラー)• 母ケイシュウハーブの半妹にキョウエイコロナ(2着、父ノーパスノーセール) その他、近親は主に4代母Nucciolinaから広がる牝系から輩出されている。 Nucciolinaの孫にNishapour()、Nassipour()。 いずれも母Alama産駒。 Nucciolinaを同じく4代母として持つ近親には(など)、Albanova(など)、Alborada()、Allegretto()がいる。 脚注・出典 [ ] [] 注釈 [ ].

次の