ホタルイカ 醤油 漬け。 ホタルイカ 醤油漬け 1kg 業務用サイズ 蛍烏賊 ほたるいか ・ホタルイカ醤油漬け・ :Y

ホタルイカ 醤油漬け 1kg 業務用サイズ 蛍烏賊 ほたるいか ・ホタルイカ醤油漬け・ :Y

ホタルイカ 醤油 漬け

ホタルイカの沖漬けには寄生虫はいる? 生のホタルイカには寄生虫が生息している 冒頭で生で食べることは基本的に禁止されていると書きましたが、そこからも判断できるように ホタルイカの体内にはぼく達の人体に影響を与えるような寄生虫が生息しています。 このデータは非加熱の状態で生食用として東京都内の大手小売店で販売されているホタルイカのものですが、全国的にもこのくらいの割合で寄生虫が生息していると考えてもいいでしょうね。 ということなので、 生のホタルイカの中にはおよそ1割に近い確率で、寄生虫が生息しているということになるので、10匹のホタルイカを生の状態で食べれば、ほぼ確実に寄生虫に当たってしまうということになります。 こうした危険性も踏まえて、ホタルイカに関しては基本的に生のままで食べることは禁止されているのです。 まぁ、この事実を知ってしまったら、禁止されていなくても生のままでは食べたくないですけどね(笑) 沖漬けには寄生虫はいるのか? それでは、こちらの記事の一番の本題になっている「ホタルイカの沖漬けに寄生虫はいるのか?」ということですが、これに関しては、「正直どちらとも言えない」というのが本音です。 それはどういうことなかというと、 寄生虫は沖漬けを作る前にきちんとした処理をしていれば除去することができる(正確には死滅させる)からです。 なので、入手したホタルイカがしっかりと寄生虫対策の処理がされていれば沖漬けであっても、寄生虫による感染の心配をする必要はありませんのでご安心ください。 スポンサーリンク 沖漬けとはそもそもどういうもの? さてさて、それではそもそも、沖漬けとは一体どういったものなのでしょうか? 個人的には、なんとなく「生のホタルイカを醤油やみりんに浸けて味付けをしたもの」というイメージです。 ということで、調べてみたのですが、沖漬けは「イカやアジなどを醤油で漬け込んだ料理」ということでした。 ぼくのイメージもあながち間違えてはいませんでしたね。 一説では、「漁師さんたちが、船の上に自家製のタレを持ち込んで、釣り上げたホタルイカをそれに漬け込み食べる」なんて話もありましたが、先ほどの寄生虫の話もあるので、生のまま漬け込むというこの話はさすがにないでしょうね(笑) (本当にそうしている漁師さんがいらっしゃいましたら、すいません……) 寄生虫が感染するとどうなる? ここまでは、ホタルイカに生息する寄生虫についてお話をしてきましたが、それでは一体寄生虫に感染するとどうなるのでしょうか? 実は、 ホタルイカの体内に生息している寄生虫(主に旋尾線虫幼虫)に感染すると「腸閉塞」や「皮膚病」「急性腹症」「皮膚爬行症」などを引き起こす可能性があります。 ぼくはホタルイカとは関係ないのですが、個人的に何度か「腸閉塞」にはかかったことがあるのですが、かなり苦しかったですね。 1週間程度の入院も必要でした…… こうした症状は、発症までの時間にも差があって、「急性腹症」は早いと数時間から数日程度で発症しますし、「皮膚爬行症」は2週間程度で発症したりもします。 安全な沖漬けを作るには? ここまで読んで来て、ホタルイカの寄生虫による怖さについては、理解していただけたでしょうか?いや、ぼくはまとめていて、正直ホタルイカの沖漬けを食べるのが怖くなって来ましたよ…… ただ、安心してください。 先述しましたが、 ホタルイカの体内に生息している寄生虫はきちんとした処理をしていれば死滅してしまうので、安全に食べることができるんです。 ホタルイカを安全に食すためには、「加熱処理」もしくは「冷凍処理」をすれば寄生虫は死滅してくれます。 ということなので、販売されているホタルイカを購入する際には「ボイルしたホタルイカ」であれば、加熱処理がされているので、寄生虫の心配をすることなく食べることができますね。 スポンサーリンク ホタルイカの冷凍処理をするには 加熱処理とは別の、ホタルイカの寄生虫を処理する冷凍処理の方法ですが、ホタルイカに生息している寄生虫は、 -30度以下の冷凍庫に4日間冷凍しておくことで、死滅すると言われています。 この 冷凍処理に関しては、温度が低ければ低いほど効果が高く、-35度以下であれば15時間程度、-40度以下であれば40分〜1時間程度で死滅してしまうということが先ほどの厚生労働省の「生食用ホタルイカの取扱いについて」でも、公表されています。 ということなので、生のホタルイカを使って沖漬けをする場合には必ず「冷凍処理をしたホタルイカを使う」ようにしてください。 ということなので、 寄生虫の処理がされていない生のホタルイカは絶対に口にしないようにしましょう。 処理のされていないホタルイカを「踊り食い」なんてしようものなら、「救急車を呼んでください」といっているようなものです。 ちなみに、出荷時にもこうした危険があることを注意書きによってラベルなどで喚起するようにしている場合もあります。 ただ、これには特に法的な制限もされていないので、小売の段階では注意書きがされないまま販売されていることが多いです。 ということなので、こうした生のホタルイカを購入するときには、消費者の方がしっかりと注意をしておかなくてはいけないのです。 最後は食べた自分の責任になりますから、自分の身は自分で守るようにしっかりと注意しておきたいですね。 ホタルイカの沖漬けの作り方 ホタルイカの沖漬けに必要な材料• ホタルイカ• 醤油 2• 料理酒 2• ホタルイカの分量で量を調整してみてください。 ホタルイカの沖漬けの作り方の手順• 用意した醤油・料理酒・みりんを使って浸けダレを作ります。 この分量はあくまで目安で、特にこうしなくてはいけないという決まりはないので、作りながら自分なりの好みの味付けの割合を見つけるといいですよ!• ホタルイカの下準備をします。 ホタルイカの目・口・内臓・中骨などを取り除きます。 ピンセットなどを使うと取りやすいです。 一度、水で洗った後に軽く水気を取り、1. で用意した漬けだれに浸けます。 時間はだいたい一晩〜2日ほど漬けるといいですね。 付けている間はラップなどで蓋をして、冷蔵庫で保存するようにしてください。 スポンサーリンク 醤油や料理酒、みりんの量については先述しましたが、自分の好みの量でいいです。 好みによっては醤油のみしか使わない場合もあるので、そこまで気にしなくても大丈夫ですよ! そして、最も注意すべきことは、用意するホタルイカは必ず冷凍ものを購入するようにしてください。 先ほども書きましたが、自分で冷凍処理をしようと思っても、家庭の冷凍庫では-30度まで温度が下がらないものが多いので、自分で冷凍処理をしようと思っても、なかなかできるものではありません。 不安であれば、一度ボイルなどで加熱処理をした方が安全ですね。 ホタルイカの沖漬けの賞味期限 ホタルイカの沖漬けの賞味期限についてですが、基本的には生物であるので、作ったらその日のうちに消費してしまうのが理想的です。 残ってしまった場合には、しっかりとラップなどをして冷蔵庫で保存して、最悪でも次に日には食べきるようにしましょう。 もし、それでも余ってしまった場合には、残念ですが、食べずに捨ててしまうことをオススメします。 何よりも体の健康が最優先ですからね、無理に食べて病院行きなんてぼくは勘弁したいところです。 お取り寄せしたホタルイカを使用する場合にも、「解凍から何日以内に……」という注意書きがありますので、しっかりと注意書きを守るようししましょう。 それから、解凍後のホタルイカには、すでに菌が増殖し始めています。 一度、 解凍したものは再び冷凍せずに、使い切るように解凍する分量には注意しましょう。 あとがき お酒のつまみなどには絶品のホタルイカの沖漬け、せっかく美味しいものを食べるのであれば、安心して食べたいですよね。 基本的には加熱処理もしくはしっかりとした冷凍処理が行われていれば、寄生虫による危険はなくなります。 作り方自体は難しいものでもないので、しっかりとした管理をして、自宅でも美味しいホタルイカの沖漬けに挑戦してみましょう! インターネットを利用して、買い物や予約をすると24時間365日利用することもできるし、ほとんどのサービスを安く利用できるので便利ですよね。 ただ、全てのサービスが安く利用できる訳ではないので、せっかくネットを利用しても残念なことになってしまうことも・・・ 「これから利用するサービスもお得に利用できたらいいのに」 そう感じることもたくさんあります。 そんなあなたに嬉しいサービスをご紹介。 洋服やコスメ、食材など、ネットでショッピングをする時に、あるサイトを経由するだけで現金が戻ってきます。 よく、ポイント還元っていうサイトを見ますが、こちらはまさかの現金還元! ポイントなどではなく、シンプルにお金が戻ってくるのは嬉しいですよね? なんか怪しいサービスに聞こえるかもしれませんが、東証一部上場のファンコミュニケーションズが運営しているサービスだから安心です。 単純なネットショッピングだけでなく、ホテル予約などについても現金還元のサービスを受けることができるので、様々な場面でお得な現金還元サービスを受け取ることができます。 とりあえず無料登録をしてみて、ちょっとしたときに使っていくと色々と節約しながらショッピングを楽しむことができますよ。

次の

ほたるいか醤油漬け200g ほたるいか ホタルイカ 醤油漬け イカ 烏賊 珍味 越前かに職人 甲羅組

ホタルイカ 醤油 漬け

PayPayボーナスライトは譲渡できません。 有効期限は付与日から60日間です。 詳しくは対象のをご確認ください。 支払方法限定のキャンペーンが含まれる際、上記数値は、お客様がヤフーカードで全額を決済した場合のものです。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 何卒ご了承下さい。 返送又は商品写真が必要となる場合がございますので、商品は破棄されませぬようお願いいたします。 jp Copyright C 2004-20018 Seafoodmax Co. Ltd. All Rights Reserved.

次の

ホタルイカ 醤油漬け 1kg 業務用サイズ 蛍烏賊 ほたるいか ・ホタルイカ醤油漬け・ :Y

ホタルイカ 醤油 漬け

ホタルイカの沖漬けとは? 皆様は、ホタルイカの沖漬けをご存知ですか。 これはホタルイカを醤油に漬け込んだもののことなのですよ。 ホタルイカ漁をする漁師さんは、醤油や酒、みりんなどで作った特製の漬けだれを、漁をする時に船に持ち込みます。 そして捕ったばかりのホタルイカを、その漬けだれに漬け込みます。 つまり、船の上でたれに漬け込むので「沖漬け」と呼ばれているのですね。 ホタルイカはこの漬けだれを吸い込むので、内側も外側もしっかりとタレが染み込みます。 これでホタルイカの美味しい沖漬けが出来上がります。 ただしホタルイカは、ご自分で作る場合はひとつ注意が必要なことがあります。 それは、ホタルイカの内臓に、旋尾線虫という寄生虫が潜んでいることがあるのです。 寄生虫と聞くとなんだか怖い気がしますね。 でも冷凍すると寄生虫は死んでしまうので大丈夫。 ひと手間かけないといけないのは面倒に思われますが、この冷凍がさらにおいしくなる秘結なのですよ。 それは冷凍するとホタルイカの組織が壊れて、アミノ酸が出てくるため旨味と甘みがさらに増すというわけです。 ホタルイカの沖漬けの食べ方は? ホタルイカの沖漬けは本当に美味しいものです。 お酒のおつまみや、おかずの一品としていくらでも食べることができますよ。 そのまま食べても美味しいホタルイカの沖漬けですが、このホタルイカを使って他のメニューも作ることができます。 それでは、ホタルイカの沖漬けを使ったレシピをご紹介しましょう。 まずはホタルイカの沖漬けを入れた炊き込みご飯はいかがですか。 すでに醤油の味がしっかりしているので、普通の炊き込みご飯を作る時よりは薄味にした方が良いでしょう。 他にはホタルイカの沖漬けのパスタも美味しいですよ。 ニンニクとオリーブ油を炒めて、ほうれん草や長ネギなどと一緒に炒めるだけです。 もっと簡単なレシピと言えば、大根おろしとあえるだけでも美味しいですよ。 このように、ホタルイカの沖漬けはいろいろなお料理に使えるので、とても便利な食材といえますね。 ただ、先ほどもご紹介した通り、ご自分で沖漬けを作る場合は寄生虫を死なすための冷凍を忘れずにしてください。 ボイルをしたり、-30度以下の冷凍庫に4日間冷凍したりすれば寄生虫は死んでしまうので大丈夫です。 もし、-40度の冷凍庫がある環境でしたら、40分から1時間ほど冷凍するだけで、寄生虫は死んでしまいます。 もちろん、漬けだれに着けたままで冷凍しておいて大丈夫です。 寄生虫は、すべてのホタルイカにいるわけではないので、特に怖がる必要はありませんが念のために冷凍すると安心ですよね。

次の