藤原 チカ。 かぐや様は告らせたいアニメ4話感想。藤原書記の破壊力ヤベェ

藤原千花とは (フジワラチカとは) [単語記事]

藤原 チカ

アニメ「かぐや様は告らせたい」3話放送 今期注目のアニメとして様々な所で高評価を得ている「かぐや様は告らせたい」ですが第3話では本編の面白さはもちろん、終盤のまさかの演出が大きな話題になっています。 かぐや様は告らせたい3話ではかぐやと御行のいつもの面白コントはもちろん、ヒロイン藤原千花の「初体験」トークに関するちょっといやらしい話もありました。 「ペスといつもしてる」はマズいですよw そんなかぐや様は告らせたい3話で本編を超えてしまう勢いの衝撃を与えたのがエンディング。 通常エンディングの「センチメンタルクライシス」は今回はおやすみ。 ミニスカのJKがエチチなダンスをするのもいいですが藤原ちゃんみたいなスカート長めゆるふわ巨乳なお嬢様が踊るもの最高です。 ダンス中の全身の細かい動き、表情、スカートのリアルさが素晴らしいです。 めちゃくちゃヌルヌルな動きで食い入るように見入ってしまいました! 膝丈の長めなスカートですがふと千花ちゃんの太ももがチラリズムし、あわよくばパンツが見えそうな絶妙なダンス。 たまりません。 ありがとうございます。 引用元:かぐや様は告らせたい というか黒が見えてる?いーや、影だな! 一休さんのアノ曲を連想した人が多いと思いますが「ポクポク」言ってみたり早口言葉みたいな「しゅきしゅき書記書記」みたいな歌詞あったりで激カワ。 このダンスは是非全国の可愛いゆるふわ巨乳JKにコピーして頂きたいですね。 よろしくお願い申し上げます。 ・チカッとチカ千花、トレンド入りしてて笑う ・このままでは藤原書記に日本が乗っ取られてしまう… もう乗っ取られて頂きましょうこの国。

次の

かぐや様は告らせたいアニメ4話感想。藤原書記の破壊力ヤベェ

藤原 チカ

;ゝ リ. ', ノ ', ',. \" i! ハ ',.. ::::::::::::: :::::::::::::::::::::. ::::::::::::: :::::::::::::::::::::. ::::::::::: ::::::::::::::::::::: \. Y  ̄. 』とは、『』の登場人物、のだYO!! 概要 は2巻18話「は言わせたい」より。 交換留歓迎会の買い出しに行くを三人の中から二人決めるため、が(互いに定されたを言うと負けの)で負けた人が行くことを提案する。 その際、やがを言ってしまった時に放ったのがこのである。 なぜが「YO」なのかというと、このの最中、はよく使う言葉を避けるため、あえてラッパーっぽく話していたからである(なお図らずもから「ら」と定されていたので逆効果だった模様)。 では4話にて登場。 「ドーンだYO!! 」の時の絵面がとだいぶ違うので、見べてみると面いかもしれない。 ちなみに、3話のED曲「」には、 「よーい、よーい、どーんだYO!」というがある。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

チカっとチカ千花っ

藤原 チカ

青々としていた葉が茶色くその色を変え、 はらりはらりと落ちていく季節の生徒会室に 石上優は藤原チカは遅くまで残っていた。 藤原「珍しいね石上くん、いつもはささっと仕事 終わらせて帰るのに」 石上「今度のイベントの会計はいつも以上にシビアになりますからね、失敗するわけにはいきませんし。 」 藤原「ふーん」 藤原はさして興味もなさげに相槌をうった。 石上「藤原先輩はどうして残ってるんです? 仕事量そんなに多いでしたっけ。 」 藤原「あはは、うん、、ちょっとね」 石上「?」 歯切れの悪い藤原に疑念を抱きつつも自分のことで手一杯の石上は深く追求することもせず、 仕事を再開した。 〜2時間後〜 (今日はここまでかな) その日のノルマをクリアした石上は帰り支度を始める。 以前までは家に仕事を持ち帰っていたが それは学校に居場所を感じられなかったからであり、今はもうその必要はない。 石上「お先でーす」 藤原「、、、」 石上「?」 藤原「んぅ すぅ、、すぅ、、」 返事の無い方へ目をやると藤原が寝息を立てていた。 (え、何この状況!) 石上は童貞である。 性格はともかく顔の造形は かぐやとも張り合う美形の先輩が、こうも無防備に自分の前で寝ていると正気を保つのは至難の技である。 しかし、寝ている女性にナニができる勇気があるはずもない、それが童貞、それが石上優なのである。 石上「ほら、藤原先輩起きてください、、って」 何かおかしい、僅かながら感じた昼間の異変を 石上は思い出していた。 石上「熱い、風邪か。 」 医務室に運ぼうにも、先生は殆ど残っていない。 石上「仕方ない、、送ってくか」 石上「藤原先輩、起きてください」ポンポン 藤原「あぅぅ。 あー石上くーん」 石上「熱っぽいんで送って行きますよ」 藤原「ねつぅ?」 石上「そうです。 歩け、、そうに無いですね。 おぶりますんで、乗ってください」 藤原「わかった、、」 (いつもこれくらい素直ならいいのに) 藤原「えへへ、石上くんの背中おっきいんだね」 石上「っ、、!はいはい」ドギマギ 途中藤原のチカッとした部分がフォチュンテラ した気がしたが気にしない事にした 夜風が彼女の香りを届け、鼻先をくすぐる。 その甘い香りにクラっとしそうになるも、 道を聞きながら、なをも歩みを進める。 石上は藤原の事が嫌いでは無い、寧ろ油断するとその気になってしまいそうになることも多々ある 背中に伝わる体温が彼女が一人の女性である事を 否が応でも伝えてくる。 藤原家に着くと直ぐに萌葉が出迎えた。 ことの次第を伝えると大変感謝され家にあがるよう勧められたが、やんわりとその誘いを断り石上は帰路に着いた。 〜石上家〜 家に帰り、自室に入った石上はいつも通り夕飯を食べ、風呂に入り、歯を磨き、宿題を途中で放棄し、ゲームに興じた。 そして寝ようとベッドに入ると、急に今日のことがおもいだされた。 藤原の声、息遣い、華奢な身体、そして香りが 急激に頭に浮かんでは消え浮かんでは消えを繰り返した。 苦しかった。 初めてのことだった。 以前に一度だけ恋というものした彼だったが、それとは比べ物にならない。 胸の奥がきつく、彼の心を締め付けた。 女心は分かるものの自分の事にはとことん疎い 石上でも、どうしようもなく自覚してしまった。 (あぁ、僕は今恋をしているのか) 続け.

次の