六角 レンチ。 六角棒スパナ

【通販モノタロウ】

六角 レンチ

穴のサイズの合うボルトと六角ナットを用意します。 ボルトにナットをはめて、巻きつけながらボルトの先端に寄せます。 六角ナットがついているボルトの先端をしめたいネジ 外したいネジ の穴に入れて、ボルトに巻きつけた時とは反対方向に回します。 穴が緩いときは穴にゴムをかませて回すと摩擦で滑ることがないので回しやすいでしょう。 続いて、 レンチ モンキーレンチ の代用品についてご紹介していきます。 レンチがなくても余ったネジとナットで外すことができるので、覚えておくと色々な大きさのネジに対応できますよ。 大きめのネジやナットの方が安定があるので使いやすいですよ。 特に穴にはめ込んで使う場合、サイズが合わないものを無理して使うと穴から取れなくなってしまうこともありますので、気を付けましょう。 ゴミが入っているとうまく回せなかったり、滑ってしまい上手く作業を行うことができませんので注意しましょう。 また、金属の削りカスなども破損の原因となるため必ず取り除くようにしましょう。 特に家具や自転車はその場限りではなく、ずっと使うもので安全性も重要ですよね。 代用品ではしっかり締めたつもりでも、ぐらつきや緩みが出てくる可能性がありますし、ネジ穴が削れてしまったり、ネジが破損してしまうこともあります。 そうなると次にネジをしめたりはずしたりする時に非常に作業が行いにくくなってしまいます。 そのため、できるだけ代用品は使用せず、緊急時のみ使用するようにしましょう。

次の

トルクについて|技術資料|六角レンチの株式会社エイト

六角 レンチ

六角棒レンチとは 六角棒レンチは、六角穴付きボルトのねじを固定したり緩めたりするための工具です。 様々な呼び方があり、六角棒スパナ、六角棒レンチ、ヘキサゴンレンチ、ヘックスなどと呼ばれることもあります。 自転車、家具、機械設備などで用いられる工具で、組み立てが必要な家具に付けられていることがあります。 六角棒レンチはボルトの穴に差し込む時の接触面積が大きく、ボルトが壊れにくいという性質を持ちます。 例えば、プラスドライバーやマイナスドライバーをねじに使用する際に、ねじ穴を壊してしまった経験がある方もいるかもしれません。 しかし、六角棒レンチの場合は、ぴったりと合うサイズで使用するため、ドライバー使用時のようなボルトの損傷を防ぐことができます。 六角棒レンチの種類 六角棒レンチのうち使用頻度が高いのは3mmと6mmの2種類ですが、小さなサイズのものだと紛失しやすく、セット売りで販売されている商品を選ぶ方法もあります。 六角棒レンチには、ドライバータイプ、L型タイプ、T型タイプ、折りたたみタイプ、ヘキサゴンソケットなどの種類があるので使い分けてみましょう。 ヘキサゴンソケットタイプ ヘキサゴンソケットタイプとは、ラチェットハンドルなどと組み合わせて使用するタイプです。 アタッチメントやハンドルと組み合わせることで、狭い場所や複雑な場所でも簡単に作業ができます。 六角棒レンチの先端形状の種類 六角棒レンチの先端は、標準の六角形状と、ポールポイント形状、トルクス形状があります。 六角形状はボルトに六角形の穴が付けられており、ポールポイント形状は先端が丸みを帯びており、斜めからアクセスが可能です。 0〜25度くらいの角度からレンチを挿入できる点が特徴です。 六角棒レンチの使い方 六角棒レンチはボルトに対してサイズの合う工具を使うのが基本で、L字型のものでは長い方を差込み、短い方を手持ちにすれば早回しが可能です。 短い方を差し込むと、強い力で締めたり緩めたりでき、使用用途に合わせて両方の使い分けができます。 先端が丸いポールポイントでは、六角棒レンチはボルトに対して斜めに差し込んで下さい。 この場合は接触面が少ないため、強いトルクで先端が破損することがあります。 そのため、最終的な締め込みや、緩める際に使用するのは避けるようにしましょう。 六角棒レンチの注意点では、強い力はボルトだけでなくレンチも壊れることがあります。 L字レンチを上や下に傾くように動かしたり、軸を倒しながら回したりすると六角の先端が破損します。 レンチが壊れると危険ですので、JIS規格を参考にしながらレンチの能力以上のトルクをかけないようにしましょう。 六角棒レンチでネジやボルトを締め付ける際の目安としては、レンチが20ミリほどたわむ程度までで十分です。 締め付けをする時は、それ以上強いトルクをかけても効果が出ません。 もし、ネジやボルトが入っていかないように感じるのであれば、穴の掃除をして下さい。 ボルトが錆び付いて外れなくなった場合、過大なトルクが必要となり破損の可能性があります。 そのようなケースでは、事前に浸透性潤滑剤を使用すれば摩擦を軽減できます。 スプレーをナットとボルトの接合面全体にかけ、10分以上経過してから緩める作業に入ります。 再び締め付ける場合は、浸透性潤滑剤をよく拭き取ってから六角棒レンチを入れて締め直して下さい。 潤滑剤の成分が残るとトルクが小さくなり、締め付けすぎてボルトが切れやすくなります。 六角棒レンチは複数のサイズがセットになって売られていることが多く、コンパクトに収納できる商品もありますから、1つ用意しておくと便利です。 ポールポイントは斜めからも工具を入れられるメリットがあるため、回すスペースが足りない場合には準備しておきましょう。 六角棒レンチは組み立て家具の設置など日常生活でも使用することがある工具なので、使い方を覚えておくと便利です。 六角棒レンチの種類別の商品一覧.

次の

六角棒スパナ

六角 レンチ

六角レンチとは? 六角穴付きボルトをまわす工具 六角レンチは六角棒レンチ。 ヘキサゴンレンチ・ヘックスレンチと呼ぶこともあります。 六角レンチとは、先端が六角形になっている工具です。 このような六角穴付きボルトや六角穴付き止めねじを締め付けたり緩めたりするのに使用します。 せっかくなので、あまり知られていない六角穴付きボルトのメリットもご紹介します。 六角穴付きボルトのメリット 六角穴付きボルトの頭は、プラスマイナスのネジやスパナでまわす角ばったネジとは違い、角ばった部分がなく服や皮膚などが引っかかりにくい丸みを帯びた安全な形状なのが特徴です。 また、押し込む方向にかなり力を加えながら回さなければならないプラスマイナスネジとは違い、回転方向に力を加えるだけで良い(厳密にはベクトル方向にも力は入れますが)頭を傷めにくいネジでもあり、様々な場所に採用されています。 自転車にも六角穴付きボルトはかなり使用されており一番使う工具でもありますので、自分の自転車の調整やパーツ交換などをやってみたいと思ったら真っ先に揃えましょう。 自転車によく使われている六角レンチのサイズ 自転車では主に2mm〜10mmの六角レンチを使用します。 ステム、ハンドル、サドル、ブレーキや変速機の固定には5mmまたは4mm、ペダルやクランクなど太めのボルトには8mmや6mmが比較的多く使われています。 その他イモネジなどの小さめのネジには1. 5mm、2mm、3mm、2. 5mmが使われています。 10mm以上のものだとハブのフリーボディ固定部分やクランクなどで使われています。 セットで購入するのであれば10mmまでの太さのセットで、2. 5mmや1. 5mmも含まれる9本セットのタイプを購入しておけばまず不足はないでしょう。 L字型六角レンチを選ぶ際のポイント等について詳しくご紹介していきます。 Y型六角レンチ 一つの工具で3つの異なるサイズのネジを回すことができる便利なタイプ。 L字型には短い方と長い方があり、長い方の先端はボール状になっているものが多いです。 短い方はしっかりとトルクをかけるときに使い、長い方のボールポイントはある程度緩んだ状態のネジをスピーディに緩めるときに便利です。 ホルダーにまとめておくと可愛らしい雰囲気になるのでデザイン的に選ばれることも多いですが、間違って違うサイズを手に取ってしまったりすることを防ぐことができるのでとても便利です。 一流メーカーは、その塗装部分の剥がれにくさにも工夫をこらしています。 黒くザラザラしたものが黒染め、銀色に輝いているものがメッキと思ってまず問題ないでしょう。 メッキ処理が施されたモノも黒染めのモノも両方長年使ったことがありますので、参考まで両方の個人的な感想を書きます。 品質のよい工具メーカーの製品であれば難しいことは考えず見た目の好みで全然いいと思います。 大きく二種類の表面処理がありそれぞれメリットデメリットがある程度で問題ありません(笑 メッキタイプの六角レンチ 黒染め 黒染めはメッキに比べると 厚みの誤差が少ないのが特徴で製品の寸法精度を高く保つことができるというメリットがあります。 工具のような狂いを嫌うものに多く採用されています。 黒染めは頻繁に使用しているとちょっとずつ落ちてしまいますが、メッキ剥がれのような怪我の恐れもありません。 極端に痩せてしまう印象もほとんどありませんが、これは工具そのものの材質や熱処理次第だったりするので、やはり信頼性の高いメーカーのものがおすすめです。 使い倒すにしたがって角や手で握っている部分を中心にちょっとずつ黒染めが落ちていき銀色の地が出てきます。 それがまた味わい深く、手に馴染んできているような感じでもあり愛着感が増していくという楽しさも味わえます。 黒染めはメッキより錆びやすいので使い終わったらオイルを塗っておくのがおすすめです。 L字の普段握る側『長い柄の方の長さ』は使い勝手にとても影響しますので、六角レンチ選びでいい加減に選んではいけない重要なポイントです。 バイクプラスでは、頻繁に使う5mmや4mmで握りやすく力を入れやすい長さで邪魔になりにくい短さというサイズ感を重視し、8mmや10mmといった強いトルクが必要なサイズでは長いものを使うようにしています。 セット販売のモノの多くはショートなタイプとロングなタイプ、ボールポイント付きのタイプとそうでないタイプの複数種類販売されています。 それぞれ使ってきた感想としては、ショートタイプは収納の場所を取らないコンパクトさこそありますが、トルクが必要になってくる5mm以上のサイズになってくると小さくて力を入れにくい印象があります。 規定トルクまでトルクをかけるのに多くの力が必要になる計算になります。 ロングタイプは8mmや10mmといった太いサイズでは力を入れやすくて重宝するのですが、6mm以下のサイズだと長すぎて細かな部分での作業に不向きで使いにくい印象があります。 頻繁に使う4mmと5mmのロングタイプは取り回しに小回りがきかないというか煩わしくて個人的にはあまり好きではありません。 トルクを掛けすぎる可能性もあります。 個人的に趣味でも仕事でも様々なタイプの六角レンチを買い漁って使用してきて30年、 頻繁に使う5mmや4mmでは12〜10cm程度の長さが持ちやすく使いやすく、8mmで16〜17cm程度、10mmで18〜19mm程度以上の長さがトルクを掛けやすくて使いやすいと感じています。 ボールポイントは、ボルト軸に対し工具を真っ直ぐに当てなくてもネジをくるくると回すことができるので緩んでいるネジを素早く回すのに適しています。 ボールポイントを使う場合は両手で持って回転させると作業スピードがアップします。 おすすめ六角レンチ イチオシの六角レンチ 色々と使ってきた結果、個人的にイチオシなのがこちらのVESSEL(ベッセル)の六角レンチセット! その理由はこちら。 VESSEL(ベッセル)について: ベッセルと聞くとホームセンターに並んでるリーズナブルなドライバーを思い浮かべる方も多いかも知れませんが、ベッセルは日本の工具メーカーでなんと2016年で 創業100年を迎えている老舗メーカーなんです。 アメリカの スナップオンよりも前に設立されています。 ベッセルはドライバー、エアツールや電動ツールなどのビットが中心なので、ラチェットハンドルやソケット、スパナなどが多いKTCやKOKENなどの他の国内メーカーと比べると少々地味な存在ではあるものの、その道のプロに選ばれている信頼の工具メーカーです。 ドライバーの握り部分は素材・形状的に握りやすいアイテムが多いですが、それに加えてビットでも評判がいいメーカーなので、工具先端の変形、軸の捻れや折れなど、耐久性や精度といった部分の品質の信頼性が高いメーカーと言えます。 こちらの六角レンチもおすすめ その他のおすすめ六角レンチもあわせてご紹介します。 一流メーカーの六角レンチは高価といっても数千円から高くても1万円くらいで手に入りますので、最初に工具を買うときにしっかりといいモノを選ぶことをおすすめします。 リーズナブルだけどすごいメーカー ボンダス 世界で初めてボールポイント六角を開発したアメリカのメーカー。 NASAからの依頼で作られた特殊なレンチはなんと国際宇宙ステーションで使われたことがある! 日本ブランドの六角レンチ エイト 国産で六角レンチと言えばエイト!! ということで、バイクプラススタッフの間でもユーザーが多いブランドです。 KTC 1950年創業の国内の総合工具メーカーKTC。 カラー部分は 樹脂製でやや太く握りやすい。 自転車関連にも近年力を入れていてペダルレンチはとても優秀。 その他の人気六角レンチ WERA 1936年創業のドイツのドライバー専門メーカー。 丸棒をL字に曲げ先端を六角に削り出したこのタイプは 細いサイズでもしなり難いのが特徴。 PB SWISS 1878年創業のスイスの老舗工具メーカー。 ドライバーを中心に1200種類もの工具を作る。 当店スタッフには最も 人気。 ロングタイプ。 最後に 六角レンチ選びは長さが最も重要なポイントではあるのですが、バイクプラスのテックエリアでメインで使用している六角レンチは使い勝手のいい長さに加え、(滅多に剥がれるものではないですが)メッキ剥がれを嫌って黒染めタイプをあえて選んでいます。 パークツールのHXS2. 2が使い勝手がよく長年使用していますが残念ながら廃盤になっており、戸田彩湖店で新しく採用したのがイチオシとしてご紹介したVESSELの六角レンチです。 2015年後半に発売されたばかりの工具としてはまだ歴史が浅いアイテムですが、頻繁に使用する4mmと5mmの握りの長さが絶妙で8mmと10mmはパークツールよりもやや長く自転車いじりにぴったりだと感じています。 スタッフ個人が所有するものとしてはやはり巷で人気のPB SWISSのレインボーが多いです。 特に長年この仕事に従事しているスタッフは必ず所持していると言ってもいいくらいです。 品質や精度もさることながら、メッキの銀色に輝く高級感とポップなカラーリングがメカニック心を満たしてくれるアイテムです。 若いスタッフは国産のエイトが圧倒的に多く、ボンダスもちらほら。 PBを昔から使っているスタッフも最近はエイトやベッセルを新調したいたりしています。 人それぞれのこだわりが色濃く反映される工具選び。 『その工具どう?』と使っている人に聞いてみると色々なストーリーを聞けて楽しめます。 こちらもおすすめ.

次の