きめつのやいばおばみつ。 【鬼滅の刃 考察】鬼滅の刃の恋愛事情について【きめつのやいば ネタバレ】炭カナ・狛恋・おばみつ・●●カナ etc

【きめつのやいば】おばみつ運命の2人の全て 伊黒&密璃 ※ネタバレ注意!【鬼滅の刃】

きめつのやいばおばみつ

おしながき• 玉壺 元上弦の伍は玉壺です。 玉壺は刀鍛冶の里編で、無一郎の朧によって首を斬られ、死んだとされています。 確かに、玉壺の首は消滅しています。 しかし噂では、玉壺が生きているという説もあります。 これはどうなのでしょうか。 ポイントは、玉壺が首を斬られた後、体が登場していないということです。 というのも、猗窩座は首を斬られ一度首は消滅したのですが、体は消滅しませんでした。 なので、首は消滅したとしても体が残っていれば、何とか生き残ることができるということです。 おそらくですが、体全体が消滅しない限り、鬼は生きることができるのでしょう。 もしかしたら玉壺も体だけどこかに逃げて、息を潜めているのかもしれません。 あともう一つ、玉壺が生きている根拠があるとするなら、上弦なのに過去の回想が何も無いということです。 堕姫と妓夫太郎、半天狗、猗窩座、童磨、黒死牟。 半天狗に関しては少し少なめでしたが、他の上弦は死ぬ前に全員回想がありました。 この事から、回想がない上弦は生きている、という考え方もできるようです。 補充 次は、玉壺は死んで、新しい上弦の伍が補充されているという線に関して、考えてみましょう。 無惨は今まで上弦が倒されても、すぐに新しい上弦を補充してきました。 元上弦の陸である堕姫と妓夫太郎が倒された時は、新しく獪岳を上弦の陸として据えています。 獪岳を勧誘したのは黒死牟ですが、無惨の意思もそこにはあったのでしょう。 そして、元上弦の肆である半天狗が倒された時も、鳴女を上弦の肆として据えています。 おそらく無惨は、上弦に穴が空くのを嫌い、すぐに補充したいという気持ちがあるのだと思います。 さみしがり屋で臆病な無惨様、といったところでしょうか。 では、新しい上弦の伍とは誰なのか。 新しく上弦になった獪岳も鳴女も、過去に登場していた人物でした。 なので、可能性としては既出の人物から選ばれる可能性のほうが、高いと言えます。 新上弦の伍 今一番、新上弦の伍として有力視されているのが、天元の弟です。 天元の弟は、コミックス10巻の天元の回想に出てきています。 厳しすぎる天元の父親を、複写したような弟。 部下は駒。 妻は跡継ぎを産むためなら死んでもいい。 本人の意思は尊重しない。 ひたすら無機質。 それが天元の弟です。 これほど上弦の鬼にピッタリ当てはまる人物は、他にはいないでしょう。 天元と同じ元忍ということから、強さも申し分ないと思います。 気になるのは登場タイミングですよね。 おそらく登場するなら、天元のいる場所だと思います。 今天元は、輝利哉様のいる本部にいます。 輝利哉様がいる部屋の前で、煉獄槇寿郎と共に護衛を務めています。 ここに、新上弦の伍である天元の弟が現れ、天元と因縁の対決を繰り広げる。 もうそれしかないでしょう。 今現在本部には、禰豆子と鱗滝もいます。 元炎柱・煉獄槇寿郎、元音柱・宇髄天元、元水柱・鱗滝左近次と、元柱の三人が本部に集まっています。 これは白熱したバトルが見られそうですね。 バトル これから本部では、白熱したバトルが見られると思います。 さすがに、このままみんな正座して終わり、ということはないでしょう。 天元と槇寿郎が正座して座っているシーン。 よく観察してみると、いくつか気付く点があります。 まず、天元は片手だということで、刀を一本しか持っていないということ。 今の天元は、上弦の鬼とまともに戦っても勝てないと思います。 なので、槇寿郎や鱗滝の助けがあって、ようやく倒せるといったところなのではないでしょうか。 槇寿郎の刀をよく見てみると、鍔が杏寿郎の使っていたものと同じ鍔をしています。 槇寿郎は酒に溺れていた時期があるものの、元炎柱ですので、実力は相当なものがあると思います。 ただ、やはりブランクがあると思うので、一人で上弦を倒すのは難しそうです。 そして、鱗滝についてですが、鱗滝も元水柱ということで、元々はかなりの実力を持っていたと思われます。 しかし、鱗滝はやはり歳がネックとなりそうです。 上弦相手では、まるで歯が立たない可能性があります。 それに、鱗滝は刀を持ってきていません。 ここがどうなるのかも見物です。 そして、眠っている禰豆子。 禰豆子が参戦するのかどうか。 そこ次第で、上弦が襲来した際倒せるのかどうか、命運が分かれると思います。 それにしても、もしここに新上弦の伍として天元の弟が来るとするなら、絶妙なパワーバランスによる戦いになりますよね。 元柱は一人で戦っても勝ち目はないですが、三人なら勝ち目があるかもしれない。 天元の弟はかなり強いと思うので、もしかしたら禰豆子無しでは勝てない可能性もあります。 この戦い、非常に楽しみです。 死亡 怖いのは、誰かが死んでしまうことです。 話の流れ的に、いつ誰が死んでもおかしくはない状況です。 本部へ襲撃があった際に、全員が無事で済むはずはありません。 みなさんの気持ちも分かりますが、ワニ先生も言っているように、死闘をうまく描くために犠牲は必要なのです。 犠牲があるからこそ、作品がより一層面白いものとなります。 最悪、元柱三人とも亡くなってしまう、という展開も考えられます。 三人の犠牲があり、禰豆子が最後にトドメを刺すような展開です。 そうすると、禰豆子は鬼のままでないと、まともに戦えないですよね。 もしかしたら、バトル勃発を感じて目覚めるかもしれません。 個人的には、鬼の禰豆子の活躍をもう少し見たかったので、目覚めてほしいところではあります。 戦闘能力のない輝利哉様たちに関してですが、ここは命をかけて、元柱が守り抜くと思います。 そういった熱いシーンが想像できます。 救援 もう一つ考えられる展開として、本部に救援がくるという展開があります。 今後無惨との戦いがあるとして、無限城のメンバー全員で無惨と戦った場合、かなりの大人数で戦うことになります。 そこを散らすためにも、本部へ戻るメンバーもいるのではないでしょうか。 候補としては、善逸・伊之助・カナヲ・村田さんあたりでしょうか。 もしくは、鳴女を倒した恋蛇かもしれません。 本部急襲の知らせは、鴉の伝令で全員に伝わると思います。 炭治郎は禰豆子を心配すると思うのですが、無惨を倒すのに炭治郎の力は不可欠。 そこで誰かに炭治郎が、本部の救援を頼むような展開。 ありえそうです。 ということは、無限城を脱出しなければならないので、新上弦の伍襲来は、鳴女を倒した後になるのかもしれません。 まとめ的なもの 今のところ、新上弦の伍は天元の弟以外、考えられません。 血鬼術がどんなものなのかも、気になるところです。 忍術と血鬼術、両方使えるとしたら、かなりの強敵です。 獪岳は鬼になって日が浅かったため、善逸にやられました。 天元の弟はどうなるのでしょうか。 獪岳と同じ展開ということはないと思うので、完全な強さを持って戦いを挑んでくるのではないでしょうか。 そうなると、戦いの行方はやはり禰豆子次第となりますね。 というか、天元の弟、強さ的には上弦の弐あたりでも申し分ないのではないでしょうか。 今現在の最新話は、177話。 この時点で、上弦はほとんど残っていません。 無惨は余裕がない状態なので何とも言えませんが、天元の弟は上弦の伍としての登場ではなく、弐か参での登場もあるかもしれないですね。 実に楽しみです。

次の

ヤフオク!

きめつのやいばおばみつ

「惡鬼滅殺」 概要 を狩る力を有した剣士、そしてその剣士を支える者たちが集まった、 政府非公認の組織。 そのルーツは1000年以上も前に遡り、現在の構成人員は数百名を超える。 人喰い鬼は、人ならざるにして人を蹂躙するモノ。 人の天敵である。 は文字通り人外の力を振るう上に陽光を浴びる以外には不死であり、たとえ頭を砕かれようとも瞬く間に治癒して生者を喰らう。 只人(ただひと)は宵闇に怯えて暮らし、降りかかった血の災厄に悲嘆と怨嗟の声を上げる以外、出来ることなど無い。 しかし人は弱くとも心在るが故に、智慧(ちえ)ある者は智慧を、業(わざ)ある者は業を、力ある者は力を出し合い寄り集め、鬼を退治する術を編み出した。 そして時は。 されど彼らは決して幻想に消えることなく、今宵もまた闇の中で悪鬼を滅殺する。 を祓う、その時まで。 (うぶやしき かがや) 声: 組織の全てを纏める頂点。 隊士たちには「お館様」と呼ばれる。 産屋敷家の男子が世襲しているようで、すでに次の後継者(嫡男)も隊の管理業務を務めている。 彼自身は鬼と戦う力を持たないばかりか、額から目元にかけて火傷のような傷痕で覆われており、失明している。 そもそもにして、産屋敷の血統の男子は身体が弱く寿命も短いと、戦士としての資質は皆無である。 このため如何なる剣士も、最上級の敬意と共に頭を垂れる。 また、上記の体質のため本部となる屋敷から出ることはないが、無数の鎹烏から逐次報告を受けており、隊士各員の活動状況を細やかに把握している。 更に上述したように鬼殺隊は政府公認の組織ではないが、統括する産屋敷家は政府に対しても一定の影響力があるようで、一部の隊士にはその権限によって公的機関の管理下から引き抜かれた者もいる。 鬼殺隊の最終目標であるの滅殺のためとも交流があり、一部の情報を共有しているようである。 童子 声:【黒髪】 【白髪】、、 耀哉の側近を務める五人の童子。 全員が耀哉の実子であり、黒髪の子が嫡男で跡継ぎ。 藤襲山での最終選別の説明役や、耀哉の身の回りの世話などをこなす。 なお、上述の通り産屋敷の男子は病弱なため、厄除けとして十三歳まで嫡男も女児の格好をして育てられている。 顔は全員母親似。 鬼殺隊士(鬼殺の剣士/鬼狩り) 任務地にて鬼と戦い、この頸を落とす剣士。 隊士の卵たちは大抵がまだ十代前半の少年少女たちで、それでいて育手による修練は下手をすれば命を落としかねない程の過酷さであり、最終選別では十数匹の鬼が囚われた藤の花の結界内で七日七晩生き残らなければならず、命懸けの修練を乗り越えても通過率(生存率)は三割以下と非常に厳しい。 修練・選別ともに死者が後を絶たない凄絶なまでの苛烈さで、現代なら児童保護団体やら人権団体やらが発狂しそうな もビックリな超スパルタ教育である。 しかも、辛うじて生き残り、隊士になったものは、 すぐさま鬼狩りの最前線に投入される。 おまけに鬼狩りで重傷を負っても、治療の時間すらなく次の任務に向かわされることが珍しくない。 隊士からすれば超がつくブラック組織と言ってよいだろう。 このような過酷さから、隊士の死亡率は非常に高い。 そのため、当時の日本の平均寿命の低さも相まってか、育手などの例外を除けば鬼殺隊の構成員たちの年齢層はかなり若い。 なお、彼ら・彼女らが剣士を志し、危険な鬼狩りの任務を続ける理由は、金銭的な物を含め各々であるが、縁者を鬼に喰い殺されたことでも多く、それ以外にもや、・も少なくないことから、そうした者たちの受け皿になっている面もある。 著しく増強させた心肺により一度に大量の酸素を血中に取り込むことで、瞬間的に身体能力を大幅に上昇させる呼吸法。 詳細は個別記事を参照。 支給装備 最終選別を終えた剣士は、下記の装備を隊から支給されて任務へ送られる。 刀、隊服ともに個々人に誂えられたものとなる。 詳細は個別記事を参照。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 その特殊性から、縫製にも相応の技術(技能)が必要とされるようである。 (かすがいがらす) 人語を解し、話す。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 カラスごとに性分があるらしく、中には隊士に不躾な暴言を吐く個体も居るが伝達任務は身を賭してこなす。 また、やはり産屋敷には忠実。 なぜか一名、カラスではなくをもいる。 藤の花の家紋の家 かつて鬼殺隊によって救われた者達が、鬼殺隊員に無償で尽くしてくれる施設。 その尽力は傷の治療に留まらず、食事・宿泊・隊服の洗濯などありとあらゆる世話をしてくれる。 依頼をすれば次の任務に必要なものの用意や、準備の手伝いもする。 再び任務に赴く際は切り火をして隊員の武運を祈る。 階級 鬼殺隊最高位に立つ剣士。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており、文字通り鬼殺隊を支えている。 詳細は個別記事を参照。 一般隊士 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸のに階級が分かれており、選別を潜り抜けたものは癸から始まる。 戦勲にあわせて階級が上がり、給金も見合ったものに上昇するようであるが、上述の通り生物として圧倒的に超越している鬼との戦いにより凄まじい速度で殺されていくため、実質的には柱の露払い、または斥候となっている現実がある。 (かまど たんじろう) (あがつま ぜんいつ) 詳細はにて。 蟲柱の私邸であり、隊士たちの治療所として開放されているにて看護・訓練の担当をしている少女たち。 神崎アオイと異なり最終選別を受けていないため隊士ではないが、しのぶの下で隊士たちの治療に奔走する鬼殺隊の一員である。 育手(そだて) 鬼殺の剣士の育成者。 全国の至るところに居り、才覚を見初めた若者を指導して、仮の日輪刀を渡した上で最終選別に送り出す。 多くは老齢により引退した剣士が担っているようで、人的損耗率が非常に高い鬼殺隊士を勤め上げた彼らの実力、経験による知見は極めて高い。 特に柱としての経験を持った育手は、弟子の剣士の練度も高い傾向がある。 なお、育成方法や弟子の勧誘方法は特に決まっておらず、育手によって大きく異なるが、厳しい修練を経た弟子の剣士達は、師である育手に親のような信愛を抱く者も少なくない。 (うろこだき さこんじ) (くわじま じごろう) 元・炎柱。 現・炎柱の父。 400年前に当時の産屋敷家当主がに殺害されたのを契機に、結成されている。 鬼と剣士の戦いの後処理や隠蔽、負傷した剣士の救護を行う。 剣才に恵まれなかった者が担っているが、鬼殺隊に関わっている時点で育手の修練は受けた経験があると思われ、列車横転など大きな事件でも(鬼殺隊の組織力と合わせて)隠蔽することができる。 (ごとう)• (まえだ まさお) 刀匠 日輪刀を打つ鍛冶師たち。 としての生業を自ら揶揄してか、(ヒヲトコ/火男)の面を被っている。 で、自分の打った刀に対して変質的なまでの情熱と愛情をかけている者が多く、作品を粗雑に扱う剣士に対しては刃傷沙汰を起こすこともしばしば。 しかしながら刀匠としての腕は確かなので、たとえ相手が37歳を越えていても、優しく応対してあげるのが吉。 (はがねづか ほたる) (かなもり こうぞう) 刀匠の見習い。 刀鍛冶の里の里長。 (つぐこ) 「柱」が直々に育てる隊士。 相当才能があって優秀でないと選ばれないとの事。 それぞれの柱が決定権を持ち、育てる人数に制限は無いようである。 関連タグ• … をと戦う事を使命の一つとする剣士達の組織。 組織に所属する剣士達は を、と特殊な剣術を組み合わせて用いる。 また、 が出る事もある。 …人ならざる超常の存在を、その弱点となる武器を用いて討伐する戦士たちの組織。 加えて共にその存在は公ではない共通点がある(ただしこちらは非公然とはいえ公式な国家機関の一部署である)。 …を密かに討伐する剣士達の組織。 こちらも人間を守る事が使命であるが、をも守らなければならないためにも少なからず存在する。 関連記事 親記事.

次の

鬼殺隊 (きさつたい)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばおばみつ

おしながき• 恋愛 鬼滅の刃の恋愛要素。 そういう漫画ではないと言ってしまえばそこまでなのですが、あると面白い組み合わせもありますよね。 この中から、私が気になったモノだけピックアップしています。 中には実弥と禰豆子でさねねずや、伊之助と禰豆子でいのねずなど、面白い組み合わせも掲載されていました。 これは二次創作の要素も含まれているようなので、そこには今回触れていません。 あくまでも、鬼滅の刃本編の内容から考えていくものとなります。 いくつかの経緯を経てカナヲにとって炭治郎は、特別な存在になっていきました。 コミックス7巻では胡蝶カナエが「カナヲにも好きな人ができたら変わる」と発言しています。 そして、そのセリフが書かれたコマには炭治郎の姿が。 これが示すことは「ゆくゆくカナヲは炭治郎の事を好きになるのであろう」という事です。 今の状態はというと、LIKEからLOVEの間といったところでしょうか。 カナヲにとって炭治郎への気持ちは、生まれて初めての気持ちだと思います。 なので、それが恋だという事にすら、気付いていない可能性があります。 一方の炭治郎はどうかというと、まだカナヲに対して意識しているという事はないでしょう。 炭治郎は誰にだって誠実で、優しい男です。 そこに誰かを特別愛する気持ちが芽生えるとしたら、全ての戦いが終わり、禰豆子が人間に戻った後の事になるのではないでしょうか。 ぎゆしの ここに恋愛要素はないように思えます。 でも、ここだけはお似合いだったなぁと思っています。 年齢も柱になった時期も義勇の方が先で、しのぶよりは先輩です。 しかしながら、しのぶは義勇を「天然ドジっ子」だと思っていました。 この二人は、柱として任務を共にこなしている時期がありました。 そこでは仲良くご飯を食べている姿も。 生きてさえいれば…。 平和な時代であれば…。 二人が今後結ばれる事もあったかもしれません。 意味深柱絵が現実になってしまい義勇が倒れるとするならば、二人は天国で…。 それはちょっと複雑ですね。 狛恋 これは「はくこゆ」でいいのでしょうか? 猗窩座の人間時代の名前「狛治」と、恋雪ちゃんの組み合わせです。 猗窩座の回想は何度見てもいいですよね。 病気がちな女の子って鉄板です。 この二人は悲しい別れ方をしてしまったけど、今は地獄で仲良くしてるのかな…? 狛治は確実に地獄行きだろうから、恋雪ちゃんも一緒に地獄に行くのでしょう。 累の親と同じように。 コミックス18巻ではやっとこの二人が見られるので、12月の発売が楽しみです。 さねカナ 個人的にかなり好きな組み合わせです。 カナエに関しては、ぎゆナエ・煉カナ(炎花)・ひめカナと、色々なカップリングが掲載されていました。 というのも、実弥の柱入りの際に、この人達が集合していたからなのでしょう。 この人達のいずれかの組み合わせが、当時あったのではないかと。 その中でも特に私が好きなのは「さねカナ」の組み合わせです。 それは何故か。 実弥がお館様に食ってかかるシーンで、そっと実弥の腕をつかむカナエがいたからです。 そして、優しく実弥を諭すカナエ。 こちらもしのぶと同様生きていれば…。 悲しい。 おばみつ 最後はこのカップリング。 もうこれは、正式にカップリングと呼んでもいいのではないでしょうか。 間違いないのは、小芭内は蜜璃にべた惚れだという事です。 公式でも小芭内は、蜜璃に一目惚れしたと公表されています。 そして、蜜璃の中でも小芭内は、少し特別なようです。 この二人に関しては「あとはタイミングだけ」といったところでしょう。 私が今回恋愛事情について考える事になったのも、この二人の行く末を案じてのものでした。 今まさに、おばみつ対鳴女の決戦が始まろうとしています。 無限城に入ってから二人は行動を共にしており、二人の距離はグッと縮まっていると思います。 ここから鳴女と無惨さえ倒してしまえれば、あとはゴールインを待つのみとなるでしょう。 しかし、ここでも意味深柱絵が立ちふさがります。 意味深柱絵では、小芭内も蜜璃も死亡してしまうという示唆が出ています。 どちらかが残されるよりはいいものの、死亡してしまうのはやはり悲しい。 できればこの世で二人、結ばれる事を願いたいものです。 でも、ワニ先生は甘くない。 ここは物語を盛り上げるために、綺麗な恋愛感情が描かれる可能性もありますよね。 狛治と恋雪のように。 死ぬと分かっていながら、結ばれる二人。 そんな展開が想像できてしまいます。 まとめ的なもの もしも、カナヲとおばみつが亡くなるような事があれば、私のお気に入りの恋愛事情は全滅です。 全て悲しい末路となってしまいます。 それだけは何とか防いでほしい。 小芭内の覚醒と蜜璃のギャグ補正で、何とか乗り切ってほしい。 カナヲはもう戦わなくてもいいのではないでしょうか。 ワニ先生、頼みます。

次の