ポケモン 剣盾 ドリュウズ 育成論。 【ポケモン剣盾】育成論まとめ|おすすめの育て方【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】育成論まとめ|おすすめの育て方【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣盾 ドリュウズ 育成論

ドリュウズ 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早 88 じめん はがね 合計種族値 508 特性 すなかき 天気がすなあらしのとき、素早さのステータスが2倍になる すなのちから 天気が「すなあらし」の時、自分のいわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1. 3倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない 隠れ特性 かたやぶり 攻撃する時、相手の特性の影響を受けない。 攻撃後に効果が表れる特性は影響を受ける ドリュウズの特徴 ドリュウズの長所 砂嵐の状況下で力を発揮 天候「すなあらし」状態であれば、ドリュウズの特性「すなかき」「すなのちから」が最大限の効果を発揮します。 特性によって「すなあらし」の天候ダメージを受けなくなり、「すなかき」であれば素早さが2倍、「すなのちから」であれば特定タイプ じめん・はがね・いわ の攻撃威力が1. 3倍になります。 相手の特性を無視できる ドリュウズの隠れ特性「かたやぶり」は、名称の通りかたやぶりな特性で、相手ポケモンの特性を無視して攻撃することが可能です。 強力なポケモンの1体であるミミッキュの特性「ばけのかわ」を無視して攻撃することができます。 「ダイロック」によって自ら砂嵐を起こせる ダイマックス時のいわタイプ技「ダイロック」は、天候を「すなあらし」に変更することができます。 そのため、ドリュウズがいわタイプ技を覚えていれば、「ダイロック」によって自ら天候を変更し、自身特性を最大限発揮させる運用が可能となりました。 ドリュウズの短所 耐久力が低い ドリュウズは種族値のほとんどをHASに配分されており、弱点タイプも4種類 ほのお・みず・じめん・かくとう と多めで耐久力が低くなっています。 Hの種族値と半減タイプが豊富なので、紙耐久ではありませんが、ローブシンのタイプ一致「マッハパンチ」で確1なくらいの耐久力です。 「やけど」や「こんらん」に弱い タイプ相性によって、状態異常「どく」「まひ」になりにくいが、「やけど」「こんらん」には耐性がありません。 ドリュウズが「やけど」状態であれば火力を発揮することができず、「こんらん」状態では自傷ダメージによってHPのほとんどんを削ってしまいます。 受けが成立していても、つのドリルで一撃必殺を狙ってくることが多いので起点にするのはリスキーなので早めに処理するのに越したことはないです。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論・対策

ポケモン 剣盾 ドリュウズ 育成論

ドリュウズ 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早 88 じめん はがね 合計種族値 508 特性 すなかき 天気がすなあらしのとき、素早さのステータスが2倍になる すなのちから 天気が「すなあらし」の時、自分のいわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1. 3倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない 隠れ特性 かたやぶり 攻撃する時、相手の特性の影響を受けない。 攻撃後に効果が表れる特性は影響を受ける ドリュウズの特徴 ドリュウズの長所 砂嵐の状況下で力を発揮 天候「すなあらし」状態であれば、ドリュウズの特性「すなかき」「すなのちから」が最大限の効果を発揮します。 特性によって「すなあらし」の天候ダメージを受けなくなり、「すなかき」であれば素早さが2倍、「すなのちから」であれば特定タイプ じめん・はがね・いわ の攻撃威力が1. 3倍になります。 相手の特性を無視できる ドリュウズの隠れ特性「かたやぶり」は、名称の通りかたやぶりな特性で、相手ポケモンの特性を無視して攻撃することが可能です。 強力なポケモンの1体であるミミッキュの特性「ばけのかわ」を無視して攻撃することができます。 「ダイロック」によって自ら砂嵐を起こせる ダイマックス時のいわタイプ技「ダイロック」は、天候を「すなあらし」に変更することができます。 そのため、ドリュウズがいわタイプ技を覚えていれば、「ダイロック」によって自ら天候を変更し、自身特性を最大限発揮させる運用が可能となりました。 ドリュウズの短所 耐久力が低い ドリュウズは種族値のほとんどをHASに配分されており、弱点タイプも4種類 ほのお・みず・じめん・かくとう と多めで耐久力が低くなっています。 Hの種族値と半減タイプが豊富なので、紙耐久ではありませんが、ローブシンのタイプ一致「マッハパンチ」で確1なくらいの耐久力です。 「やけど」や「こんらん」に弱い タイプ相性によって、状態異常「どく」「まひ」になりにくいが、「やけど」「こんらん」には耐性がありません。 ドリュウズが「やけど」状態であれば火力を発揮することができず、「こんらん」状態では自傷ダメージによってHPのほとんどんを削ってしまいます。 受けが成立していても、つのドリルで一撃必殺を狙ってくることが多いので起点にするのはリスキーなので早めに処理するのに越したことはないです。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣盾 ドリュウズ 育成論

性格・努力値振り すばやさは「砂嵐」状態であれば無振りでも、最速ドラパルトを抜く事もできますが、 最速調整をすれば砂嵐なしでも、環境に多いギャラドスやロトムを抜く事ができるので、悩むところです。 性格ようき 砂下すなかきドリュウズ同キャラ対策 努力値:HP4 こうげき:252 すばやさ252 性格いじっぱり 砂下スカーフアイアント抜き 努力値:HP56 こうげき252 すばやさ200 砂下スカーフサザンドラ抜き 通常時最速ラプラスニンフィアバンギラス抜き 努力値:HP120 こうげき252 すばやさ136 「もちもの」 「きあいのタスキ」 攻撃を一度耐えるので、安定して「つるぎのまい」を積む事ができるようになります。 「ラムのみ」 主に「おにび」「あくび」などの状態異常の対策の為に持たせる。 敵には起点を作らせず起点を作る。 「じゃくてんほけん」 完全にダイマックス前提の型だが、読まれにくいです。 通常時であれば一撃で落とされてしまう水技、炎技などの弱点を、ダイマックスで一度耐え、「じゃくてんほけん」で火力をあげます。 返しのダイロックで「すなかき」を発動し、すばやさを上げて一気に畳みかけます。 「とつげきチョッキ」 環境に多い「トゲキッス」や「ロトム」を対策した型。 特に「トゲキッス」対策として用いられる事が多い。 もともと、ドリュウズの耐久が脆いので、押し切られてしまうこともあり、そもそも物理には意味がない為、個人的には微妙。 「じしん」 じめんタイプ攻撃技。 「いわなだれ がんせきふうじ 」 岩タイプ攻撃技。 「ダイロック」で砂嵐を発生させるために必須。 ダイマックス状態でしか撃たないわけではなく、ギャラドスやリザードン対面には有効。 「いわなだれ」はダイマックス技の威力130 「がんせきふうじ」は110になる。 受けループに強くなれる。 相手のダイマックスターンを枯らすための「ダイウォール」が打てるようになるのも良い。 「かたやぶり」型 技の通りの良い「かたやぶり」で採用し 環境の「ミミッキュ」「ロトム」に強く出る事ができます。 「こだわりスカーフ」の効果ですばやさの高い「ドラパルト」やすばやさが1段階上昇した「ギャラドス」「トゲキッス」などを対面から抜き去る事ができるので抜きエースにも多少強く出れます。 性格:努力値 ようき 最速ロトム抜き HP:8 こうげき:252 すばやさ:248 中速アタッカーで、抜きたいポケモンが沢山いる為、素早さはほぼ極振り。 トゲキッスや草ロトム、などに出来るだけダメージを入れたいので攻撃も極振りが良い。 もちもの こだわりスカーフ 同じ技しか出せなくなるが、素早さが1. 5倍になる。 「かたやぶり」で技の通りを良くしたドリュウズの高い攻撃から繰り出される。 広い技範囲の攻撃技で高い対面性能を誇り、掃除役としての役割遂行力も非常に高い 「きあいのタスキ」 HP満タンなら必ずHP1で攻撃を耐える。 必ず1回は攻撃を耐えるため、対面性能が非常に高い。 「すなあらし」のスリップダメージもうけないため、タスキを削られる可能性も少ない。 「とつげきチョッキ」 「すなかき」の欄に書いた理由と同様の為、微妙。 「じしん」 地面タイプ攻撃技。 「ギャラドス」「リザードン」などの飛行タイプに有効。 3割ひるみの効果が強いため、こだわりスカーフなど上から打てる状況での使用が望ましい。 「がんせきふうじ」 すばやさ操作技。 起点回避としても使える。 タスキを持たせればドリュウズ同キャラミラーに確実に勝てるようになる。 「つるぎのまい」 受けポケ対策に。 「ダイウォール」が打てるようになるのも強い。 「こうそくスピン」 今作から威力が50に上昇。 追加効果に「すばやさ」1段階上昇が加わった為一気に使える技に。 ニトロチャージのように削れた相手へのトドメとして使用すれば、打ち分けできるスカーフドリュウズが爆誕する。 「かわらわり」 「ダイナックル」でこうげきが上がるので、積み技として使える。 「バンギラス」へのダメージは地震と変わらないため、壁張り対策での採用となる。 「つのドリル」 アーマーガアやヌオーなどの受けポケモン対策に。 「サニーゴ」には当たらない。 「じわれ」 サニーゴやヌオーなどの受けポケモン対策に。 「アーマーガア」には当たらない ステルスロック 起点作り型ドリュウズ。 「タスキ」を持たせ、先発に投げて確実に役割遂行する。

次の