内祝 お返し。 結婚内祝い|結婚のお祝い・お返し・プレゼントは【リンベル】カタログギフト

結婚祝いのお返し・内祝いにギフトカード・商品券を|三井住友VISAカード

内祝 お返し

長寿(賀寿)祝いのお返しはケースバイケース 昨今ではお返し・内祝いと聞くと、プレゼントのお返しという意味合いが強くあります。 しかし、内祝いには本来「良いことがあったので、みなさんにおすそわけします」という意味があります。 長寿祝いのお返しを用意するかどうかは、はっきりとした決まりはありません。 したがって、どのようなお祝いをしていただいたか(したか)によって、ケースバイケースで判断すると良いでしょう。 長寿祝いの種類については、こちらの記事も参考にしてください。 お招きした場合には長寿(賀寿)内祝いをご用意 ご自身やご家族で長寿(賀寿)祝いの席を設けてゲストをお招きした場合には、宴席がお開きになったときに内祝いを手渡しするか、または、後日早めに配送にて内祝いをお送りします。 お招きしたけれど欠席された方にもお送りすると良いでしょう。 お祝いの品をいただいた場合は状況によって判断 ご家族や、とても親しい方にお祝いの品をいただいた場合には、お礼の言葉やお礼状で済ませることもマナー違反ではありません。 ただし、仕事関係の方にはお返ししたほうが良い場合もあります。 豪華なお祝いをいただいた場合には、お祝いの半分もしくは3分の1程度の金額で長寿(賀寿)内祝いを用意しましょう。 ささいなお祝いに対して豪華なお返しをすると、お相手は恐縮してしまいます。 相手との関係性や、お祝いの内容をふまえて内祝いをお贈りするかどうかを検討しましょう。 喜ばれる長寿(賀寿)内祝いの品とのしのマナー 長寿(賀寿)内祝いの熨斗(のし)と水引き 長寿(賀寿)祝いの内祝いは、お品はもとより体裁も大切です。 包装紙に熨斗をかけ、紅白の蝶結びの水引を選びます。 長寿(賀寿)内祝いのお品選び かつては金銀の盃や赤飯など、長寿の名称にちなんだお品を親類縁者に配りましたが、昨今では「年輪」をイメージしたバームクーヘンや、紅白饅頭、お煎餅、お酒など、消え物と呼ばれる品をお贈りすることが増えています。 価格: 5,000円 税抜 幻の酒米と言われている「改良信交」を使用した山形の純米大吟醸です。 米の旨味や香りとともに、後味のキレの良さを感じられます。 お酒好きな方に贈ると、喜ばれるでしょう。 価格: 1,200円 税抜 程よい甘さのショコラバームクーヘンなら、受け取ったご家族全員で美味しさを味わえます。 しっとりしており、食べやすいのもおすすめのポイントです。 季節にもよりますが、賞味期間は基本的に常温で30日です。 価格: 2,500円 税抜 米どころで作られた草加煎餅は、香りが高く豊かな味わいが特徴的です。 性別や年齢を問わず誰でも美味しく食べられるため、内祝いの品としても贈りやすいでしょう。 醤油、ざらめ、海老などさまざまなバリエーションに富んだ内容となっています。 食器や写真立てなど、気軽に使える実用品も内祝いの定番です。 実用品をお贈りする際には、相手の使いやすさを考えて、名前や年齢、記念の名称といった刻印はあえて入れないのが近年の主流です。 刻印の代わりに、お品に添えるお菓子に焼印を入れる、お酒のビンのラベルに印刷を入れるのがおすすめです。 価格: 5,000円 税抜 太陽をイメージして作られた美しいフレームが写真を引き立てます。 どのような写真にも合うシンプルなデザインなので、どなたにも贈りやすいでしょう。 光が当たるとキラキラと輝くため、お部屋のインテリアとしても活用できる一品です。 価格: 15,000円 税抜 高級なタオルの名産地として知られる今治で作られたタオルケットの2枚組です。 職人の手によって丁寧に作られています。 暑い時期は1枚だけで掛けられますし、肌寒い時期には毛布や掛ふとんと合わせて使えます。 価格: 5,000円 税抜 三島模様と唐草模様が対比になっているデザインの湯呑です。 派手すぎず、程よく華やかな印象があり、食卓にも馴染みやすいでしょう。 休憩時や食後のお茶の時間など、さまざまなタイミングで使用できます。 内祝い・お祝い返しで迷ったときはカタログギフトがおすすめ 昨今では、長寿(賀寿)祝いの内祝い・お返しとして、バームクーヘンや、紅白饅頭、お煎餅、お酒など、消え物と呼ばれる品をお贈りすることが増えています。 その反面、気軽に使える実用品も内祝いの定番になっており、実際には何を選べばよいのか迷うこともあるかもしれません。 相手の好きな品物を贈りたい場合や何を選べばいいのか迷っている場合は、受け取った人が自由に品物を選べるカタログギフトがおすすめです。 価格: 10,800円 税抜 特別感のある食事を楽しめる体験型のカタログギフトです。 受け取った人は、自分の好みに合わせて好きな店舗での食事を楽しめます。 価格: 30,950円 税抜 雑貨カタログとグルメカタログの2冊に分かれています。 さまざまなバリエーションの中から品物を選べるので、贈るお相手の好みが分からない場合でも安心です。 価格: 10,950円 税抜 服飾・生活雑貨を約760点、グルメを約330点掲載しています。 さらにwebから閲覧できる「e-Gift」には、約560点の商品が載っています。 多くの人に喜んでもらえる内容です。

次の

【ゼクシィ内祝い】出産内祝い|出産祝いのお返しならゼクシィ内祝い

内祝 お返し

結婚内祝いとは 内祝いは結婚祝いの「お返し」 結婚や出産など、おめでたいことへのお祝いを戴いた後、そのお返しとして贈られるのが 「内祝い」。 慶事に貰ったお祝いへの「お返し」というのが内祝いの一般的なとらえ方です。 内祝いは喜びのおすそ分け 「内(自分のところの)のお祝い」という意味の「内祝い」。 家でおめでたいことがあった際に、その喜びの気持ちを祝いの品に変えて周りの家に おすそ分けしたことがはじまりなのだとか。 おすそ分けすることで、一緒に喜びをわかちあい祝ってもらったのだといいます。 元々はおめでたいことがあったら、お祝いを戴く前に先に内祝いを贈るというのが一般的だったようです。 内祝いは「数」や「柄」で縁起をかつぐ 内祝いの品は、「数」や「柄」も縁起の良いものにこだわるのが基本です。 奇数が慶事にはふさわしく、 「三・五・七」が吉数です。 四・九は凶数ですので避けましょう。 偶数ですが、 八は末広がりの意味で吉数となります。 ペアカップなどの一対以上の組み合わせのものは、偶数でも慶事に使われています。 柄は、 松竹梅、鶴亀、宝尽くしなどが吉祥文様とされ、慶事にふさわしいです。 最近は柄や数の縁起を気にしない人も増えていますが、目上の方に贈り物をするときは、ご注意を。 結婚内祝いの相場と贈る時期 内祝いの相場 結婚式に招待した方への内祝いは、 引き出物がこれにあたりますので、基本的には贈り物をする必要はありません。 結婚式に招待しなかった人からお祝いをもらった場合や、招待したけれどご祝儀に対して引き出物が不十分であった場合に、結婚内祝いを贈ります。 「結婚内祝い」の「相場」は、戴いたお祝い額の3分の1~半額程度です。 頂いたお祝い額が3万円なら、1万円~1万5千円相当の内祝いを贈るのがよいでしょう。 いただいたお祝いの品の金額が分からない場合はインターネットを活用するなどして、大体の価格を把握しておきましょう。 内祝いを贈る時期 結婚祝いをいただいてから1ヶ月以内に内祝いをお返しするようにしましょう。 もし遅れてしまった場合は、「遅くなって申し訳ございません。 」と一言お詫びをすると失礼がなく良いです。 出来るだけ手渡しが良いですが、遠方の方や都合が合わない場合は郵送でも問題ないとされています。 結婚内祝いに人気のギフト 内祝いで多く贈られている人気のギフトをご紹介します。 特に「消えもの」と呼ばれている、食べ物や日用品が定番です。 おしゃれなお菓子 お菓子は結婚内祝いの中でも、最もポピュラーな贈り物です。 ただし、賞味期限が極端に短いものは避けましょう。 結婚内祝いらしい、ウェディングにまつわるデザインや、華やかなデザインのお菓子を選ぶのがおすすめです。 日持ちのする食品 缶詰や瓶ものなど 日持ちする食品がよく贈られています。 「La Cantine ラ・カンティーヌ 」など、パッケージがおしゃれなものを選ぶのもいいですね。 便利な日用品 日用品の中でもタオルのような消耗品はもらうと嬉しいですよね。 「今治タオル」など日本製で、 もらって嬉しいリッチなものを選ぶのがおすすめです。 定番人気のキッチン用品 カップやお皿など、よく使用するアイテムが人気のようです。 迷ったら、有名ブランドをチョイスしてみましょう。 選べるカタログギフト 好きな物を自分で選べるという点から、定番人気のギフトです。 現在は様々なカタログギフトあり、旅行やエステなどの体験を選べるカタログも登場しています。 お祝いしていただいたお返しの「内祝い」。 失礼のないよう、マナーを守って贈りたいですね。

次の

出産内祝い(お返し)で人気の定番ギフト23選!人気の売れ筋商品でお返ししよう!

内祝 お返し

重くて大きくて不要なものをお返しするよりも、カタログギフトでコンパクトで自由に選んでもらうことにしました。 (男性 46歳)• 家族がいる方だったので、毎日使ってもらえるように調理器具を贈りました。 (女性 38歳)• お返しでもらって嬉しかったので、ギフトカードを贈りました。 お菓子や練り物など地元の品物もつけてお返ししたところ、とても喜んでもらえました。 (女性 43歳)• 有名店の洋菓子なら間違いないかなと思い贈りました。 喜んでもらえました。 (男性 46歳)• 目上の方だったので、少しハイブランドのお菓子を贈りました。 喜んでいただけました。 (女性 36歳)• お互いにワイン好きだったので、ペアのワイングラスを贈りました。 (男性 49歳).

次の