ベンツ e クラス ステーション ワゴン。 Cクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

Eクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)のカタログ・グレード

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

Eクラスステーションワゴンはメルセデス・ベンツが製造・販売している、CクラスとSクラスの中間にあたるミディアムクラスのEセグメントの乗用車だ。 米国道路安全保険協会 による調査では、2000年から2003年にかけて、死亡率の最も低い車種と発表されている。 後輪にエアサスペンションのセルフレべリング機構が採用されているため、荷物の出し入れをするときの姿勢変化がおさえられる。 座席は5人乗りモデルのほかに、カーゴルームにも2人座れる7人乗りモデルもある。 初代モデルは1985年より発売されている。 2002年に行われたフルモデルチェンジでは世界初のドア内蔵のサイド・エアバッグが採用された。 2009年にフルモデルチェンジした4代目では、それまでの楕円型4灯式ヘッドライトから斜め四角形のヘッドライトへとデザインが変更され、安全面ではエアバッグを9つ搭載するなど、さらに安全装備の改良がされている。 また、2013年に行ったマイナーチェンジでは、最新の低燃費エンジンを追加するなど2000箇所以上の変更を行った。 Eクラスで初めてのハイブリッドシステムも導入し、リッターあたり15. 2kmのクラス最高水準を実現している。 比較される他社の競合車にはBMWの5シリーズなどがあげられる。 エリアから探す - Eクラスステーションワゴン E240ステーションワゴン メルセデス・ベンツ の中古車 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

Cクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

プロダクト・マネージャーのアンドレア・ルーランドに質問をぶつけてみよう。 MBUXの狙い ーー今回のフェイスリフト、注目すべき点は? 何よりも強調したいのは、車内の快適性を高めたことです。 最大の目的は、インテリジェンスを感じさせるクルマにし、インテリアをモダンにすることでした。 改良新型メルセデス・ベンツEクラス 改良新型にはMBUXを導入しました。 もはやアナログの計器類は存在しません。 内装のクオリティアップ ーーEクラスを買い続けてくれたカスタマーを納得させるために、どんなチャレンジがありましたか? Eクラスというのは、プライベートにも、ビジネスシーンにも使われてきました。 長い時間ドライブをするユーザーなら、乗り心地を重要視するでしょう。 改良新型メルセデス・ベンツEクラスの内装 それに、座り心地のいいシートは外せません。 ローンチラインナップにPHEV ーーEUの環境規制を満たすために、プラグイン・ハイブリッドが果たす意味とは? Eクラスにとって電動化は重要なポイントになっています。 プラグイン・ハイブリッドは、まさに適しているのです。 改良新型メルセデス・ベンツEクラス 発表当初からプラグイン・ハイブリッドをラインナップすることにしました。 もちろん、右ハンドル車もご用意しています。 それ以外のパワートレインを採用したモデルにもスターター・ジェネレーターが搭載されていますよ。 環境性能を高めるうえで、大いに役立つはずです。

次の

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン の口コミ・評価

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

プロダクト・マネージャーのアンドレア・ルーランドに質問をぶつけてみよう。 MBUXの狙い ーー今回のフェイスリフト、注目すべき点は? 何よりも強調したいのは、車内の快適性を高めたことです。 最大の目的は、インテリジェンスを感じさせるクルマにし、インテリアをモダンにすることでした。 改良新型メルセデス・ベンツEクラス 改良新型にはMBUXを導入しました。 もはやアナログの計器類は存在しません。 内装のクオリティアップ ーーEクラスを買い続けてくれたカスタマーを納得させるために、どんなチャレンジがありましたか? Eクラスというのは、プライベートにも、ビジネスシーンにも使われてきました。 長い時間ドライブをするユーザーなら、乗り心地を重要視するでしょう。 改良新型メルセデス・ベンツEクラスの内装 それに、座り心地のいいシートは外せません。 ローンチラインナップにPHEV ーーEUの環境規制を満たすために、プラグイン・ハイブリッドが果たす意味とは? Eクラスにとって電動化は重要なポイントになっています。 プラグイン・ハイブリッドは、まさに適しているのです。 改良新型メルセデス・ベンツEクラス 発表当初からプラグイン・ハイブリッドをラインナップすることにしました。 もちろん、右ハンドル車もご用意しています。 それ以外のパワートレインを採用したモデルにもスターター・ジェネレーターが搭載されていますよ。 環境性能を高めるうえで、大いに役立つはずです。

次の