行政書士 よく分かる。 『よくわかる』シリーズは確かによくわかる!内容やおすすめの使い方は?

行政書士の資格に、独学で受かる10のコツ【半年で合格した体験談】

行政書士 よく分かる

行政書士試験に一発で合格する方法とは? 行政書士試験に一発で合格する 行政書士試験に1回で合格することはできるのでしょうか? 気になっている方も多いのではないでしょうか? 一発で合格する方法を紹介する前に現状のことを知っておくことも大事です。 (不合格者は下記のデータには含まれていません。 合格までに2回、3回とかかる方も多くなっていますが、 3回受験すると85%の方が行政書士に合格しているという結果も分かります。 ここで知っておいて欲しいのは 学校を利用していてもこのような結果になっているという現実があるということです。 一発合格を狙っているあなたはどのように感じたでしょうか? 思ったよりも多いと感じた方もいらっしゃるかもしれません。 さて、次は1回で合格するためにどのくらいの勉強をしたのか?気になるところではないでしょうか? つまり「学習期間」ということになります。 次はいつからいつまで勉強をしたのか?学習期間について見ておきましょう。 一発で合格された方が対象となっているため優秀な方が多い傾向にありますが、それでも一発で合格するためには1年程度の学習期間が必要であることが分かるでしょう。 上記表では分かりませんが、4ヶ月や6ヶ月の短期間で合格された方に話を聞いてみました。 4ヶ月~6ヶ月の学習期間の短期合格した方のってどういう人なのか聞いてみました。 すると・・ ・社会保険労務士の方 ・司法試験受験生だった方や司法書士受験生だった方 ・公務員だった方 ・民法・商法などの法律知識がある方 ・法律事務所に勤務をしている方 といった普通ではない方が多い傾向にありました。 また、比較的時間を取ることができる専念タイプの方も何人かいらっしゃいました。 つまり、法律初学者で社会人の方が一発で合格するためには6ヶ月以内という短期合格は無理ではありませんが、難しいかもしれないということが分かります。 そのため一発合格を狙う社会人の方は1年程度の学習期間を確保する必要があります。 行政書士試験に一発合格する方法 これまでの説明で一発で合格するためには勉強方法以前に「1年程度の学習期間」が必要であることが分かりました。 次は実際にどのように勉強をしていくのがいいのか見ていきましょう。 1.テキストの利用 行政書士の勉強を1年近くかけて勉強をすると、時間があるような錯覚に陥ってしまうことがあるので注意をしなければなりません。 行政書士試験に限った話ではありませんが、一発で合格する多くの人に共通していることはテキストにあります。 テキストに何があるのかいうと、テキストに合格に必要な情報を集約することができているということです。 つまり、講義で必要な情報を書くだけではなく、問題をやって必要だと思ったらテキストに書き込んだり、付箋を貼ったりして自分だけのオリジナルのテキストを作っていきます。 また、答練・模試といった実践的な演習をすることで合格に足りないものが見えてくるので、そういった情報もテキストに書き込む・付箋を貼るといいでしょう。 そうすると、テキストを読み返して復習をするとき、それ一冊のテキストを見ればいいことになります。 問題集のあそこが重要だ、ここの論点は答練のあの解説だ・・と抑えておくべき重要な事柄がバラバラでは頭の中が整理できるはずもありません。 また問題集や答練をいちいち開くという手間がかかるとそれらを開くという作業自体をしなくなってしまい、結局重要な事柄がどこにあるのかも忘れてしまうことになってしまいます。 そして、答練・模試を解いて間違えて、「あ、ここか、そういえばここは以前間違えて覚えるべきところだった」というようなことをやっていると時間がいくらあっても足りません。 そのため手間はかかりますが、テキストに合格に必要な情報を集約すると効率も増し時間の短縮もできるようになります。 そうすると他の科目に時間を割いたり、問題集を解くといった時間を有功に使うことができるようになるでしょう。 2.過去問の利用 次に大事なのは過去問の利用というか利用するタイミングになります。 時々インプットが終わってから直前期に入って過去問を解く方がいらっしゃいます。 また、過去問は大事だということを知っていて最初に過去問を一回だけ解くか眺めるだけして終わりにする方もいらっしゃいます。 過去問をこのように使っているようですと一発で合格することは難しくなると思ったほうがいいかもしれません。 1回で合格するためには講義でインプットをする段階から徹底的に使い込んでいくことが重要になります。 講義第1回を聴き、それが終わると今日はどんな講義を聴いてどこが大事で・・とテキストと講義・レジュメなどを見ながら復習をしていくことになるでしょう。 しかし、このやり方は一見普通のように感じるかもしれませんが、一発合格は難しい可能性があります。 ではどのようにしたらいいのか? 講義第1回目を視聴しそれを復習します。 そうしたら講義で学んだ箇所の過去問を解きます。 実力もない今の段階から過去問に挑むことが大事です。 講義を聴いた直後というのは理解もある程度あるので過去問を見るとなんとなく分かることがあるでしょう。 しかし、問題を解く事で理解できていない・抑えるべきところが抑えられていない箇所が分かるのですぐにそれらをつぶしていきます。 もし、テキストに過去問・解説がないのであればテキストに書き込むか付箋に書き込んでテキストに貼っておきます。 そして、面倒ですが、数日以内に再度過去問を解き、解けない箇所はテキストを見て確認をしていきます。 試験直前のようなことをインプットの段階で行うことで合格に必要な知識を一所懸命吸収しようとします。 この日々の努力の積み重ねがあって直前期に合格可能性が見えてくるかと思います。 しかし、まだまだ合格の可能性という話であって、合格するためにはここから合格に足りないものを補っていくことになります。 このようにインプットの段階で過去問を抑えていくことが重要になり、このようにしておくことで直前期に実力をアップさせることができます。 3.教材・学校を信じる 当サイトが行政書士試験で最もおすすめしている学校は伊藤塾とLECになりますが、もしこの2校のどちらかを利用しているのであれば教材と講師のことを信じるようにしましょう。 勉強をしていると不安というものは誰しもが経験をすることであり、不安があるという人は一生懸命勉強をしているという証でもあります。 一発で合格している優秀な人であっても、不安を持っている人も少なくありません。 そのような中でSNSなどからいい教材がある、これを使うと得点がアップするなどといった情報が耳に入るとどうしても気になってしまうでしょう。 合格できるか不安だと特にその情報が気になるでしょう。 しかし、一発合格するためには学校が設けた教材以外を利用する時間的余裕というのはほとんどありません。 また、先ほどあげた2校は他の教材は一切必要ないくらい完成された学校ですので、与えられた教材と講師を信じることが一発合格の秘訣にもなります。 4.弱点の発見と克服 一発合格するためには弱点を早い段階で見つけてそれを克服することが大事です。 これはなぜ早期発見が重要なのかというと、弱点というのは知らないところで徐々に増える可能性があるからです。 問題を解く事で、自分の実力がアップすることで今まで見えなかった箇所が見えて理解していない箇所というものが分かったりします。 その分かるタイミングは人それぞれですし、科目も複数あったり論点も様々です。 そのため直前期にあわてないためにも苦手箇所を発見したらすぐにそれを克服するために工夫をするといいでしょう。 弱点・苦手論点があると得点が安定しないため、最悪の場合不合格になってしまう可能性があるのでバランスよく得点できるように科目間の状況把握もやっておかなければなりません。 これらをいつするのかと気になる方もいらっしゃるようですので、目安となる月を紹介しておきます。 試験は11月ですので、7、8、9、10月の4ヶ月の直前期では全体的なバランスを見ながら弱点の発見とそれをつぶす対策が必要です。 例えば弱点だけを集めた論点集などを作って日々それを持ち歩いて見るようにしたりするといいでしょう。 何か特別なことをするわけでもありませんが、ちょっとした努力が合格に影響を与えることになります。 行政書士と一発合格方法 まとめ 以上、行政書士試験に一発で合格する方法について紹介をしましたがいかがだったでしょうか? おすすめの記事 学校の評判や料金はどうなってる? ・ ・ 専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。 講座 ・「LEC」は合格しやすいおすすめの専門学校です。

次の

誠実性【初心者でもよく分かる許可要件】

行政書士 よく分かる

行政書士の仕事がよくわからない、今は全く関係のない仕事に就いているなど、行政書士業務の経験が無い方のための実務講座です。 全くのゼロからスタートして短期間で効率よく学ぶ「ゼロからの開業」を実現するための実務講座となっています。 保育士、保険の営業、フリーター、学生、元公務員、定年退職、エンジニア、運転手、主婦、兼業農家、インストラクター、塾講師など、さまざまな職業の方が全く未経験の状態から実務を学んで開業されています。 「ゼロからの開業」を実現するために、実務講座では委任状の書き方、委任項目の考え方、捨印、契印など印鑑の取り扱い、実印のチェック方法、職務上請求書の書き方など行政書士実務の基本の基本からはじめて実際に分割協議書などの完成書類を作成するところまでを学びます。 「ゼロから学ぶ行政書士実務」をコンセプトにした講座となっておりますので、ベテランの行政書士の先生方や、他士業の事務所などですでに士業の実務を経験された方を対象とした講座ではございませんのでご注意ください。 行政書士事務所に勤めながら実務を学ぶメリットは、実際の仕事に触れ、お給料をもらいながら、実務を覚えられるということです。 デメリットとしては、行政書士事務所で働くチャンスが少ないという点と、勤めている事務所が扱う業務しか覚えることができないという点にあります。 日本全国で行政書士の補助者を求人募集しているところは、あまり多くありません。 運良く求人情報を見つけても、通勤圏でなかったり年齢的な制限があったりで、非常に狭き門となっています。 また、その事務所が建設業が専門の事務所なら、当然ながら学べる実務も建設業の実務が中心となります。 相続や遺言、帰化や在留など幅広く学ぶことはできません。 また書類提出や書類受領などの実務の一部しか覚えることができないことが多々あります。 独学で実務を学ぶメリットは、自分の学びたい実務、身につけたい実務を選択でき、学び方によっては費用があまりかからないという点です。 デメリットとしては、身につけたい実務を選べる反面、どこまで勉強してよいか分からないという点があります。 どこまで勉強すれば開業してやっていけるのか、今、自分はどの程度の実務ができるのかが、とてもわかりにくい状態になります。 その結果、学習の上に学習を重ね、とても時間がかかるという側面もあります。 また、学習のやり方が書類の作成という点に偏ってしまう傾向があり、依頼者との関係や役所との付き合い方などがわからないまま、開業する可能性があります。 そして独学の一番の問題点は、準備不足で開業し、間違ったやり方で行政書士業務を行ってしまい、懲戒等処分などの対象となる可能性があることです。 各種スクールの実務講座で学ぶメリットは、短期間に効率的に実務を学べるという点です。 補助者として何年もかけて学ぶ内容や、独学で長い期間をかけて学ぶ方法を短期間に濃縮して学ぶことができます。 また、書籍などでは学べない現場のリアルな内容や各講師の先生方の体験談、失敗経験なども学ぶことができ、予め開業当初にはまりそうな落とし穴、ミスを防ぐことができます。 デメリットとしては、費用がかかるという点と、各種スクールの実務講座の質によって、習得できる実務スキルに差があるという点です。 費用は各種スクールによってさまざまで、比較的低価格のものから高額なものまであり、どの実務講座を選択してよいか判断が難しいという問題もあります。 最初に買った講座では不安が残り、2箇所以上の実務講座を購入する人もいます。 私は保育士をしていました。 夏、ビニールプールの中でコケてしまった子供を抱きかかえようとした時に、腰を痛めてしまいました。 腰痛をきっかけに、以前に取得した行政書士で開業することを決めました。 しかし、何年も前に取得した資格です。 受験勉強でやった法律知識なんかは、ほとんど忘れていましたし、仕事柄、書類作成や許認可の申請に触れる機会も全くなく、「開業したい」と思いながら時間だけが過ぎていく毎日でした。 そんな時、ネットで検索して行政書士実務研修センターの存在を知りました。 「この実務講座、受けてみたいけど、ちょっと高い」これが第一印象です。 まずは、Amazonで開業関連本をと思い、数冊購入することにしました。 数冊の実務本を読んだ感想は「分かるようで、分からない」。 なんと言うか、分かるんだけどできる気がしない、「理解はできるけど実務ができる実感が持てない」とでもいうのでしょうか。 そんなことを感じながら、保育園のXmasの飾り付けの時期になりました。 Xmasの飾り付けの入ったカゴを持ち上げようとした時に、ぎっくり腰になってしまい、このぎっくり腰が決定打になって家で安静にしながら実務講座を購入し、受講を始めました。 受講を始めて、一番の変化は、「できる気がする」ようになったことです。 今まで本を読んで感じていた「理解はできるけど実務ができる実感が持てない」が、「お客様の話を聞いて講座の手順通りにやれば、私にもできるかも」と思えるようになったことです。 実際、開業してお客様が来られた時は、実務講座で学んだ手順通りにやりました…というか他にやり方もわからないので、講座で学んだ通りに進めたら意外にすんなり業務が終わりました。 長いこと悩んだけど「これで良かったんだ」と思いました。 私のように不器用じゃなく、理解が早い人はテキパキと開業してしまうとおもいます。 でも、私にはこの講座が必要でした。 腰を痛めた時に転職も考えていましたので、受講していなかったら別の仕事に就いていたかもしれない思うと、ちょっと怖い気もします。 開業前、実務を学んだり、手順通りに進めている時は気づかなかったのですが、行政書士の仕事はやりがいがあって、行政書士の仕事をやり終えた時の充実感、満足感がとてもあります。 体の芯が熱くなるような感じです。 私の事務所は、私ひとりだけの事務所なので、自分の力でやりきったという達成感が大きいです。 以前の私には考えられなかったのですが、自分の事務所を持って、依頼者を迎えて仕事をする、この仕事の魅力を実感しています。

次の

《初心者でもわかる》行政書士のためのマーケティング7step戦略!

行政書士 よく分かる

この記事を見ている方は、行政書士開業前の方でしょう?若しくは開業1年目の真っただ中で、依頼がなくて焦っているのかもしれません。 行政書士の廃業率は弁護士や司法書士、税理士などと比べると高いとも言われています。 廃業率の高さは【 一年目に依頼が無いから】だと私は考えています。 開業前の人は想像してみてください。 【 苦労して行政書士試験に合格して、ようやく開業できたと思ったら開業して一年ずっと依頼がない】 そんな状態が続いたら『 やはり行政書士はダメなのか…廃業しよう』となるのはある意味自然です。 実際に私も開業一年目は散々たるものでした、後述しますが依頼はほぼありませんでした。 そこで本記事では以下を紹介します。 行政書士一年目の年収と依頼件数について• 仕事が無い理由• 一年目にすべきこと これから行政書士を開業しようとしている方、又はまさに今開業一年目の方は是非参考にして下さい。 行政書士開業一年目は仕事が無いと断言しよう|その理由を教えます。 見出しの通りなのですが、開業一年目はとにかく仕事がありません。 これは私に限ったことではなく、今バリバリ活躍している先生方も口を揃えて『一年目は仕事なかったよ』と言います。 もちろん一部では一年目からバリバリ依頼を取って仕事をする方もいるかと思いますが、9割の行政書士は コネなし経験なし状態で開業すると思うのである意味依頼が無くて当然かもしれません。 さて、では私の開業一年目の年収と依頼件数について紹介します。 遺言書の作成1件• 道路使用許可1件• 農地転用3件• 同業者からの紹介(主に車庫証明) 一年目はこんな感じでした、特に開業半年は依頼は0でかなり厳しい状況だった訳ですね。 後半はネット集客に力を入れだして少しづつ依頼が増えていきました。 とはいえ年収50万では生きていけません。 私なんてまだ良いほうで、『開業一年は依頼が何も無かった』なんて同期もチラホラいました。 で現実的にこの状態の行政書士ってたくさんいるんですよ。 開業前は『仕事ないとか言うけど、大げさでしょ』みたいに思うんですけど本当に仕事ないんです。 こればっかりは開業してみないと分からないんです。 でここからが重要なんですが、じゃあ【 なぜ仕事が無いのか?】ということを考えなくてはいけません。 仕事が無い理由 結論からいうと仕事がない理由って【実務経験が不足しているから】だと思うんですね。 『じゃあ開業前に補助者として働けよ』なんて思うかもしれませんが、そんな都合よく求人はありません。 仮に求人があったとしてもあなたが経営者だったら近い将来独立する奴を雇いますか?せっかく丁寧に教えても辞めるのならば時給いくらでパート雇った方が良いですよね?なので開業前に補助者として働くことってまず無理なんです。 そうなると実務経験が不足している状態で開業をしなくてはいけません。 実務経験が不足しているってことは=営業先が分からない=仕事の取り方が分からないということなんですよ。 この状態ってかなりやばいです。 ただこれって仕方なくて試験に合格した方なら分かると思うのですが、試験内容と業務内容って関係ないんです。 相続辺りは知識としてありますけど、例えば風俗営業許可の申請手続きについてや農地転用の手続なんかは試験に一切出てこない訳です。 新人の行政書士が相続・遺言業務をメインにしたがるのってこのせいだと思います。 相続・遺言業務はターゲットを絞りやすいですよね?私も開業半年は相続業務をメインで考えて営業してました。 でも相続業務って司法書士だったり税理士が独占してる状態なので参入してくのかなり難しいです。 私は諦めました。 100%無理って訳じゃないですよ?実際に相続業務で食ってる先生も少なからずいます。 でも他の業務した方が依頼に繋がりやすいと思うんです。 じゃあ『他の業務って何なの?』ってなると思うのですが、これは許認可系の業務しかありません。 要は農地転用許可とか運送業許可とか建設業許可とかそういったジャンルですね。 この辺りの業務って『ベテランの先生方が独占してるから無理でしょ』なんて言われますけど、実は狙い目なんです。 理由は2つあります。 そもそも独占してない• ニーズがあるのに気づいてない又は周知されてない 1は単純に新規開業者の思い込みのケースです。 実際に動いてみると許認可系は行政書士が入ってないところはあります。 例えば建設業許可なんて『無理だろうな…』と考えながら近隣の建設業者に『更新の手続やらせてください』と電話してみたら、2割程度は自社でやってました。 そうなるとすぐには無理でもどこかのタイミングで依頼に繋がるかもしれませんよね?なので頭から『他の行政書士が入ってるから無理』と考えるのは勿体ないです。 2の方が多いかと思うのですが、一般的には『行政書士って何が出来るの?』って方が圧倒的多数です。 そうするとあなたが『その業務は行政書士が出来ます』ということを周知できれば仕事に繋がる可能性は十分にあります。 何しろ行政書士が扱える許認可は山ほど多い訳ですから、誰も気づいていないニーズは必ずあります。 次に『行政書士がこれが出来る!』ということを伝える必要があります。 それが次に説明する【 暇ならとにかくHP記事を作成しろ】です。 暇ならとにかくHP記事を作成しろ! 前述したように開業一年目の行政書士って実務経験(実務知識)が不足している状態なんです。 それを解消する為にHP記事を作成することをおススメします。 ここから少々専門的な話になるのですが、HPを検索上位に上げる為にはSEO対策をする必要があります。 簡単に説明すると検索した人の要求を100%満たす記事を作成するということです。 ひとつ例にあげると『地域名+業務名』で検索してみて下さい。 すると恐らく行政書士のサイト出てきますよね?そこに記載してあることって大体• 許可の要件• 提出先• ご利用料金• 当事務所に依頼するメリット みたいな情報だと思うんですね。 でもこれって検索している人のニーズを満たしてるかと言うとそうでもなくて。 そもそも単純に許可の取得方法を知りたい方だっている訳です。 そんな方に上記のような情報与えても『いや、自分で申請したいんだけど…』となるのがオチですよね? だから以下の情報を記載すると検索する人のニーズを満たせると思うんです。 許可の要件+必要書類+書類の記載方法と取得方法• 提出先+期限があれば期限+申請するときのポイント(地域独自ルールなど)• ご利用料金+申請手数料• 行政書士に依頼する理由+自分で申請する際に気を付けることなど ここまで記載してあげると【申請方法が分かってかつ自分でやるか行政書士に依頼した方が良いか】検索した人が判断できる状態になります。 『全部教えたら依頼が来ないじゃないか!』なんて言う方もいますが、それは違います。 そもそも行政書士が申請する許認可って時間と根気さえあれば誰でも出来る訳です。 でも実際には『時間が無いから出来ない…』や『面倒だから丸投げしたい』って方がほとんどです。 そうなると大事なことは、いかに検索上位に上げるかです。 検索上位に上げる為には検索した人にニーズを満たす記事を書く。 でその記事を書くためには実務知識が必要です。 つまり検索上位に上がる記事を書く=実務知識を付けるということです。 開業一年目ってとにかく暇なので役所や書籍などで実務知識をつけてそれを記事にしていく。 そうすることで検索上位に上がる=依頼に繋がるという図式が出来上がる訳ですね。 なのでとにかくHP記事を作成して下さい。 まとめ 行政書士の開業一年目はどうやっても厳しい現実が待ってます。 でも依頼が無くても仕事を得るための仕事をする必要があります。 私はそれをHPの作成だと思ってます。 実際に検索上位に挙がってくると依頼はちゃんと来ます。 もちろんアナログ営業をするというやり方もありますが、個人的に好きでないのとあまり意味がないと思ってます。 依頼の取り方はどんな形でもいいのですが、この記事で伝えたかったのは行政書士の一年目はとにかく厳しい!ということです。 もしあなたが開業前であればこの事実をしっかり受け止めて未来に向けて動いて下さい。 あなたが行政書士で大成功することを祈っています。 もしネット集客の仕方が分からない方がいましたら当事務所でSEO対策コンサルを行っていますのでお気軽にお問合せ下さい。

次の