サビ猫性格。 サビ猫の魅力とは。性格や柄が人気の猫

猫の毛色によって性格が違う?ハマる人急増!雑種サビ猫の性格と特徴とは

サビ猫性格

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます。 でも、本当でしょうか? それを真面目に調べた研究があります。 その調査を指導した元東京農業大学教授で、『トラねこのトリセツ』(東京書籍)などの監修がある動物学者の大石孝雄さんに説明してもらいました。 飼い主との相性についても傾向があるそうです。 調査は、東京農業大学で首都圏の飼い猫244匹を対象にして飼い主にアンケートして、2010年にまとめたそうです。 「おとなしい」「おっとり」「甘えん坊」「気が強い」など17項目について、それぞれ5段階で評価してもらったものです。 茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、ミケ、サビ、黒、黒白、白の9種類に分けて、平均値を出しました。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いと考えられるそうです。 茶トラなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) ミケなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) 「穏やかな茶トラ」は初心者向き トラ柄は毛色によって性格が少し異なるといいます。 中でも「茶トラ」はフレンドリーで飼いやすいようです。 「トラの毛柄に共通するのは『甘えん坊』な面です。 茶トラはわかりやすい結果で、『おとなしい(3. 6)』『おっとり(3. 6)』『温厚(3. 3)』が、他の毛柄に比べて高く、『攻撃的』な面が一番低い。 穏やかな『茶トラ』は初めて飼う方に向きそうですね」 トラの中でも「キジトラ」は原種とされるリビアヤマネコに似ていて、野生の本能がもっとも色濃く残っているといわれます。 好奇心旺盛といわれるキジトラ白 「キジトラとキジトラ白は、『人なつこい』『好奇心旺盛』『賢い』面が目立ちます。 キジトラの毛柄は、身を隠すのに好都合で自然界で生き延びやすく、ハンターとしても優れています。 その利点がイエネコにも引き継がれたのでしょう。 ただし、茶トラ同様『食いしん坊』なので肥満しやすい面も。 サバトラのデータはありませんが、経験から、キジより消極的な場合が多いようです」 ちなみに野良猫と放し飼い猫の調査では、510匹のうち約55%がトラ猫で、キジ(白含む)は164匹、茶トラ(白含む)は107匹。 キジとトラの比較ではキジが倍(74:36)で、キジトラは全体でも32%を占めたといいます。 お嬢様気質だとされるミケ 「ミケはお姫様、白猫は賢い」 ミケは遺伝子の仕組みからほぼメスに限られ、オスは3万匹に1匹しか生まれないとされています。 「ミケは人の好き嫌いがはっきりしていてマイペースなタイプが多い気がします。 『甘えん坊』や『賢さ』が目立つ一方で、『気が強い』面も。 わが家でもミケはパンチが得意で、猫からも人からも一目置かれる存在(笑)。 毛柄の遺伝子から見るとミケに近いのがサビ(茶と黒のニケ)で、この毛柄もほぼメスのみ。 サビはミケよりわがままで、『臆病』な傾向があります。 「全体的にキジの結果と似ていて、ある意味、猫らしい猫、と言えるでしょう。 口元にハートがあったり頭にかつらのような模様があったり、模様の大きさの違いが性格に影響を及ぼします。 白い部分が多いブチ猫は、単色の白猫の性質に似ているかもしれません」 同じ単色でも、白猫と黒猫では性格に違いがあるそうです。 「白猫で目立つのは『賢い』こと。 自然界で、目立つ白い色で生き残るためには、慎重さ=賢さが必要なのかもしれません。 同じ単色でも黒猫は『甘えん坊』な子が多いようです。 黒猫はもらい手探しが大変という話も聞きますが、一度飼うと魅力にハマるようです。 幸運のお守りという説もありますよ」 自然界で生き延びるために賢くなった?白猫 人との相性もそれぞれ 飼い主のライフスタイルによって、合う猫と合わない猫がいるそうです。 「たとえば1人暮らしや共働きなどで一緒にいる時間が少ない場合は、活発すぎる猫より、おっとりした傾向の猫と暮らすほうが良いのかもしれませんね。 臆病で神経質な傾向の猫は、騒がしい環境よりは静かな家の方が向くでしょう」 猫の性格によって、飼い主に求められる資質もあるそうです。 「甘えん坊な性格の猫とは、しっかりコミュニケーションをとってあげてください。 気分屋の猫の相手をするには、飼い主さんにもある程度の余裕が必要かもしれませんよ」 個々の猫が持つ性格を見きわめて飼い始めることも可能です。 また、猫の毛柄と性格の関連性については、色素を形成する遺伝子と感覚機能や行動、神経機能に関わる遺伝子との関係などが推測されていますが、詳しく解明されているわけではないそうです。 【関連記事】 ・ ・.

次の

【人気拡大中】サビ猫の性格や特徴、魅力を解説

サビ猫性格

とても個性的な柄の子が多いですが、その独特な柄から人間に嫌われがちです。 しかしサビ猫には、実際一緒に過ごした人にしかわからない魅力がたくさんあります。 一度サビ猫の魅力を知ってしまったら、サビ猫の虜になってしまうかもしれません。 唯一無二の個性的な柄 サビ猫の特徴は何と言ってもその柄です。 サビ猫と言われているように、錆が付いているかのような毛柄は、人によっては好ましくない柄かもしれません。 ですが、個性的な柄を好む人や普通と違うものに魅力を感じる人などからすれば、その見た目はとても魅力的に見えるのです。 また、生まれたばかりの子猫の頃は、柄のせいで顔がはっきりしていなくてかなりぼやけた見た目ですが、大人になると顔立ちがはっきりしてきて美人になる子も多いです。 顔立ちがはっきりしていくことに伴って柄も微妙に変化していきますから、成長が楽しみな猫であることもサビ猫の特徴であり、魅力のひとつとなっています。 頭が良い、賢い サビ猫は、他の種類の猫の中でもとても頭の良い猫です。 柄のせいもありますが、サビ猫は頭の良さそうな神妙な顔をしている子が多いです。 その見た目の印象通り、賢くてとても空気の読める猫です。 例えば、人間の言うことをとてもよく聞き分けます。 やって良いことと、悪いことをきちんと理解して行動します。 また、人間に見られると都合の悪いようなことをする場合、人間の行動をよく観察し、人間の見ていない状況を見計らって見つからないように行動する賢さもあります。 サビ猫と一緒に生活すると、このように知性の高さを目の当たりにすることが多いので、知的好奇心をくすぐられとても面白く楽しんで生活できると思います。 絆を深められる サビ猫は、一度心を開いた人間に対しては、よほどのことがない限り猜疑心を持ちません。 まるで人間同士のような深い絆を持つことも可能です。 人間とペット、というより親友とか、相棒と表現した方がしっくりくるかもしれません。 もちろん、絆を深めるためにはそれ相応の行動が必要です。 これは猫全般に言えることですが、猫と絆を深めるためには信頼されることがとても重要です。 決してからかったり、余計なことをしたりして嫌われないようにすることが大事です。 もちろん好き勝手にさせて良いのではなく、悪いことをしたときにはきちんと叱ることも大切です。 このように誠実に接していくことで、サビ猫の自分に対する絆の深さは他の猫よりもとても深いものになります。 健康、丈夫である サビ猫は健康で体が丈夫な子が多いです。 めったに体調を崩しませんし、少し風邪気味かな? と思ってもすぐに元に戻ることが多いです。 もちろん、生まれつき病気を持っている場合や、遺伝性の病気である場合は例外です。 そうでない場合はほとんど病気にならずに生涯を終える子が多いので、とても飼いやすい猫とも言えます。 また、サビ猫は子どもの頃からやんちゃでよく遊びます。 そのため運動量が多い子が多いので、体が鍛えられ、運動神経も抜群です。 性格が良く、奥ゆかしい サビ猫は性格の良い子が多いです。 例えば多頭飼いをしていておやつをあげるとき、自分が先に食べるのではなく、他の子に譲ったりします。 他の猫は我先にと、他の猫を押しのけておやつを食べようとしますが、サビ猫は他の猫の様子を窺いながら大人しく待っています。 猫と言えば、自分勝手でわがまま、というイメージが付きまといますが、サビ猫の場合はそのイメージとは相反して、とても性格が良く大人で、奥ゆかしい猫です。 冷静に物事を見据えているような趣があるところも、サビ猫の大きな魅力です。 ですがその奥ゆかしさから、知らず知らずのうちにストレスを溜める場合もあります。 もしサビ猫を飼う場合は、ストレスを溜めないよう、常に気を遣ってあげることが大事です。 愛情深い サビ猫は遺伝子の関係からそのほとんどがメスです。 ですから子を持ち育てる猫も多いですが、サビ猫は子育てのときも、子に対してとても愛情深く育てます。 どこかの野良猫が近付こうものなら身を呈して子猫を守ろうとしますし、狩りの練習や取っ組み合いの相手も嫌がらずに引き受けています。 また、子猫が遊びたがっているときには自らの尻尾をおもちゃ代わりにして、子猫の相手をすることもあります。 先程、人間との絆を深められると言いましたように、人間に対してもとても愛情深い猫が多いです。 その愛情深さから、一緒に居て幸せな気分になれることも多いでしょう。 サビ猫の魅力に触れよう このように、サビ猫には実に多くの魅力があります。 雑巾猫などとも呼ばれているように、見た目のせいで避けられたり、憂き目に合ったりする子がとても多いです。 ですが、もし一緒に暮らし始めてサビ猫の魅力に多く触れるようになると、始めはヘンな見た目の猫だな、と思っていてもその見た目すら愛らしく思えてくるようになると思います。 サビ猫の魅力を知って、幸せなサビ猫ライフを楽しみましょう。

次の

キジトラ・サバトラ・サビ模様の猫を特集|特徴や性格、飼う方法は?|コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリ~

サビ猫性格

日本猫として古くから存在しているのが 「サビ猫」です。 三毛猫ばかりが注目されていますが、こちらも オスがほとんどいないことで有名です。 飼ってみたいけど、どんな性格をしているのか分からないのはちょっと不安ですよね。 ここでは、 サビ猫の性格6つの特徴について紹介します。 サビ猫の性格6つの特徴 サビ猫はその名の通り「錆び」のような模様をしているため、あまり人気がないのが現実です。 しかし、実は サビ猫はとても飼いやすい性格をしていると言われているのです。 オスがほとんどいないので、メスの性格がサビ猫全体の性格として把握されています。 では、 サビ猫の性格6つの特徴を詳しく見ていきましょう。 1.社交的で喧嘩を嫌う平和主義者! サビ猫に見られる性格で、最も挙げられるのが 「社交的」という部分です。 猫は単独で狩りをしてきたため警戒心が強く、集団での生活に馴染まない性質を持っているのですが、サビ猫は正反対なのです。 むしろ 集団での生活を好んでいる様子が見られ、社交的で他の猫とも仲良くできます。 スポンサーリンク 多頭飼いを考えている家庭において、これほど相性が良い猫種はないでしょう。 多頭飼いをすると縄張り意識や飼い主との接し方の違いなどで、 ストレスを感じる猫が多いですがサビ猫はそういう傾向が見られません。 他の猫同士の喧嘩を仲裁したり、 エサの取り合いになれば譲るなど寛容な態度を示す場合もちらほら見られます。 サビ猫が猫の中で最も社交的と理由がよく分かりますよね。 2.神経質で環境の変化や騒音が苦手!ちょっとしたことでも気になっちゃう?! 多頭飼いにおいてストレスをあまり溜めないサビ猫ですが、 神経質な性格を持っていることも分かっています。 たとえば、 自分が生活する環境が大きく変わったり、猫砂の質が変化したり、いつもの食器じゃなくなったりするとストレスを抱えてしまいます。 スポンサーリンク 他の猫も神経質な一面はありますが、サビ猫は特に 生活環境への「こだわり」が強いと言われるので、基本的に部屋のレイアウト等は変えないほうが無難でしょう。 また、工事や電車、飛行機などの 騒音はサビ猫にとってかなりのストレスとなります。 できるだけ 静かな環境を提供してあげるのがベストでしょう。 3.かなりの甘えん坊!構ってもらえないと寂しさで病気になることがある? 猫は気ままで自由奔放なので、しつこく触ると嫌がるし、遊んであげないと甘えてくるという性格を持っています。 それが猫好きにはたまらない訳ですが、サビ猫はその性質はあまり見られないのだとか。 サビ猫は かなりの甘えん坊で、自分の方から「触って〜!」と鼻を足元にすり合わせてきたりします。 それだけなら普通の猫と一緒かもしれませんが、 どれだけ触っても遊んであげても嫌がるような素振りを見せません。 「猫をずっと触っていたい、猫に甘えられたい!」という願望があるなら、サビ猫は最適と言えるでしょう。 甘えん坊な性格をしているサビ猫ですが、 ストレスが溜まって病気になりやすいので注意してください。 猫の要求に毎回飼い主が応えられていれば問題ありませんが、忙しかったり気分が乗らなかったりして、無視してしまうときもあるかもしれませんよね。 甘えん坊な性格をしているサビ猫は、 飼い主から遊んでもらえなかったという現実に強いストレスを感じてしまいます。 ストレスは病気の原因ですので、なるべく要求に応えてくださいね。 4.頭脳明晰!成猫になってからもしつけを覚えることができる? サビ猫は 頭脳明晰で、しつけは楽なほうだと言われます。 トイレは1回すれば覚えてくれますし、無駄鳴きや暴れまわるような迷惑行動も、しっかりとしつけをすればすぐに学習をしてくれます。 スポンサーリンク サビ猫は 「生涯学習」に強いと言われていますので、成猫になってから何度もしつけをして学習させると良いでしょう。 「生涯学習」というのは猫が一生かけて習得する部分を指し、1歳から寿命まで続きます。 また、猫にとって重要な 「社会化期」という時期が、生後3週から7週にかけてあるのですが、この時期をどう過ごすかによって猫の性格が変わるとまで言われているのです。 サビ猫の場合は「社会化期」も大切ですが、その後の 「生涯学習」で様々なものを理解してくれるため、時間をかけてゆっくりと教えていくようにしましょう。 時々、「人間の言葉が分かるのではないか?」と思うことも決して珍しくはないそうです。 5.自由奔放でマイペースな一面がある!甘えたくないときはそっけない? 甘えん坊なサビ猫でも、ずっとベタベタしてくるワケではありません。 他の猫種にも見られるように、サビ猫も 自由奔放な性格を持ち合わせています。 遊んであげるととても喜ぶのですが、一定時間を経過したら急に興味を無くしたかのように違うところに行ってしまう。 あるいは、 さっきまで甘えてきていたのに、突如としてセルフグルーミングを開始してそのまま寝てしまう、なんてことも・・・。 こういった面白い場面に遭遇することも、決して珍しくはありませんよ。 6.食欲旺盛で肥満になりやすい!あればあるだけ食べちゃう! サビ猫は、 非常に食欲旺盛で飼い主もビックリしてしまうほどです! ほとんどがメスなので、穏やかで あまり運動をしない傾向が見られますが、食べる量はとにかくスゴイです。 飼い主が食事量を調節してあげないと、すぐに太ってしまうのでおやつの与えすぎなどに注意してください。 肥満は、様々な病気のリスクとなるので体重管理は飼い主の大切な役割です。 サビ猫はエサがあればどんどん食べてしまうので、獣医と相談しながらコントロールしていきましょう。 まとめ サビ猫の性格は、猫とずっと触れ合っていたいと願う人にとって、まさに理想ともいえる性格をしていますよね。 社交的で多頭飼いをしても仲良くできますし、エサの取りあいをすることもありません。 他の猫に譲って自分は待っていることがあるほどです。 甘えん坊なので甘えるときは思いっきりベタベタしてあげてください。 無駄鳴きをしつけすれば、マンションでも飼える猫なので初めて猫を飼おうと思っている人でも問題ありませんよ。 ただし 環境の変化や騒音にはストレスを感じますので注意してあげましょう。 【instagram】猫好き必見! おすすめアカウント5選 キキちゃん(トラ柄)と、ココちゃん(白)の日常。 うっとり眺めてしいます。

次の